5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

プレバトのお題で一句詠むスレ [無断転載禁止]©2ch.net

1 :詠み人知らず:2017/02/04(土) 11:09:21.19
名無しである限りアマチュア同士の感想だと思いましょう
玄人を自負する方はコテ(+トリップ)で特定されない程度で経歴や入賞歴をつける事をオススメします
【募集】お題をキャプチャーしてくれる方

2 :詠み人知らず:2017/02/04(土) 11:21:30.64
こちらのスレはテレビ番組板の
プレバト 5
http://echo.2ch.net/test/read.cgi/tv/1483965703/
から派生しました。

3 :詠み人知らず:2017/02/04(土) 11:33:12.73
いちおつ

4 :詠み人知らず:2017/02/04(土) 11:34:00.73
おつ

5 :詠み人知らず:2017/02/04(土) 11:56:45.40
えっ!

6 :詠み人知らず:2017/02/04(土) 12:13:09.95
こないだのテーマは節分でしたね。

今後の予定は

9日俳句のテーマ 梅と太宰府天満宮

16日俳句のテーマ つくしと富士山

7 :詠み人知らず:2017/02/04(土) 14:17:04.73
ほしゅ

8 :詠み人知らず:2017/02/04(土) 14:52:20.50
>>1
才能あり!

9 :詠み人知らず:2017/02/04(土) 15:32:26.58
母米寿
娘うらやむ
豆の数

今年88になる私の母の福豆の数に、娘がうらやましがってるという句です

10 :詠み人知らず:2017/02/04(土) 15:50:13.79
「鬼は外」
扉閉められ
酔い覚める

11 :詠み人知らず:2017/02/04(土) 16:00:56.80
>>1
スレ立て乙です
こんなスレ欲しかった
ダラダラ書いてもオケだし

12 :詠み人知らず:2017/02/04(土) 16:03:24.01
腐れ縁
背中合わせの
恵方巻き

13 :詠み人知らず:2017/02/04(土) 16:16:26.13
>>10
「鬼は外」と扉を閉めた嫁さんの方がよっぽど鬼ですよねw

14 :詠み人知らず:2017/02/04(土) 17:19:42.56
>>9
詠み手にとっての母と娘なら孫と表現した方がいいような
米寿の母の子だと50〜60の子が羨ましがってるのもちょっと薄ら寒い気も

15 :詠み人知らず:2017/02/04(土) 17:31:58.84
>>9
豆単体では季語にならないのでは
あと母と娘の関係も気になった
羨ましがることから見て自分の母と自分の娘ってことだと思うけど
母→娘と来るとどうも・・・

添削、は自信ないのでしません

16 :詠み人知らず:2017/02/04(土) 17:39:47.60
>>10
サ行の音が効いてる
外 閉め 覚め

17 :9:2017/02/04(土) 17:49:46.90
福豆や
孫がうらやむ
祖母の歳

こういう感じだと季語が入り、2人の関係も自然でしょうか?
採点されると才能ナシですねorz

18 :詠み人知らず:2017/02/04(土) 18:01:13.63
孫が米寿の祖母を羨むだろうか

19 :詠み人知らず:2017/02/04(土) 18:09:38.69
豆つつく
立春の朝
すずめ二羽

20 :詠み人知らず:2017/02/04(土) 18:09:52.16
>>17
詠み直した句は結構好きかな
「老い」のネガティブさを孫の無邪気さで消化できてる感じがする

21 :詠み人知らず:2017/02/04(土) 18:14:25.87
節分に
食う豆だけが
増えにけり

22 :詠み人知らず:2017/02/04(土) 18:21:25.98
>>18
豆がたくさん食べられてうらやまってことでしょw

23 :詠み人知らず:2017/02/04(土) 18:22:23.23
>>18
豆がたくさん食べれて羨ましいってことかな?

24 :詠み人知らず:2017/02/04(土) 19:20:19.35
>>22>>23
なるほど
でも子どもなら分かるけど、孫は40過ぎだよ
羨むか?

25 :詠み人知らず:2017/02/04(土) 19:39:48.79
ほんとですね
小さなお孫さんだとばっかり

26 :詠み人知らず:2017/02/04(土) 20:29:35.51
うちの祖母米寿だけど一番若いいとこは十代前半だよ〜
そのくらいならイメージに合うんじゃない

「祖母の豆の数を孫が羨ましがっている」ということを
5・7・5にしただけという感じがしてしまう
散文的というか、毒舌先生の言い方をまねすると映像がない
「祖母」と言わなくても「孫がうらやむ豆の数」で十分意味がわかるので、
あと5音でたとえば「春隣」とかどうでしょう

と思ったけど祖母と母娘(息子?)ののんびりした温かい光景の描写にふさわしい
もっといい5音はないかなあ
すいません私もプレバトが好きなだけのド素人です

27 :詠み人知らず:2017/02/04(土) 21:28:03.62
給食の
豆撒くクラス
食うクラス

28 :詠み人知らず:2017/02/04(土) 23:05:25.92
>>24
なぜそんな決めつけをw
>>17
はいい句、別に米寿に拘らなくてもこの場合良いのでは
歳、だと直接だから、数とか言いかえると良さそう

29 :詠み人知らず:2017/02/05(日) 09:21:32.77
>>19
いいね

節分と言わず「立春の朝」と「豆」で表現したこと、
「すずめ」で庭先の光景を描いて、そこから暖かく見守る作者を見せている
(だからひらがなにしたのかな)
昨日の節分を思い出しているのもわかる

語順も面白い
「豆つつく」でおや?と思わせたあと、清々しい朝からの「すずめ二羽」。
ああ、雀がつついてたのか、とわかるのが楽しいね

30 :詠み人知らず:2017/02/05(日) 09:23:14.56
>>21
節分や
と上五でカットしたほうがしみじみした心情が表現できるんじゃないかな

31 :詠み人知らず:2017/02/05(日) 09:34:12.69
>>17
ちょっと印象変わっちゃうけど

福豆を
吾子と比べし
母米寿

とかどうかな
「孫」ではなく「吾子」としたほうが
作者の姿が伝わるのでは

32 :詠み人知らず:2017/02/05(日) 10:25:19.70
孫40歳ワロタ

33 :詠み人知らず:2017/02/05(日) 12:34:35.29
なにげに隆盛だな、このすれ w

34 :詠み人知らず:2017/02/05(日) 19:57:41.16
みんな血がきれいになりますように

35 :詠み人知らず:2017/02/05(日) 20:10:34.78
せ、先生

36 :詠み人知らず:2017/02/06(月) 12:49:55.70
サツキと喜代さん、ええ感じやったのに帰ってくんなw

37 :詠み人知らず:2017/02/06(月) 12:55:17.32
>>36
春寒や誤爆でしたと深々と

38 :詠み人知らず:2017/02/06(月) 20:07:52.89
独り身や
食む半額の
恵方巻き

39 :詠み人知らず:2017/02/06(月) 21:21:00.90
恵方巻が季語になるのか大いに問題があるな
今後季語になっていくのかもしれないけど

40 :詠み人知らず:2017/02/06(月) 21:36:11.26
>>38
恵方巻と言えば食べるに決まってる 食べられない恵方巻があったらもってこい
さらに「半額」だと4音でしょ? これを「半値」と言い換えれば3音に減らせる
これだけで3音も無駄使い これだけあればもっといろんなことを描写できるんです

たとえば時間情報を入れてみる
「独り身や 九時に半値の 恵方巻」
これだと作者はサラリーマンで残業だったのかな それとも節約のために半額になるまで待ってたのかな
と読み手は勝手に想像してくれる

41 :詠み人知らず:2017/02/06(月) 21:41:31.55
>>40
なるほど
自分自身しっくりこないと思ってたところをスカッとしていただき感謝です

42 :詠み人知らず:2017/02/06(月) 21:59:38.22
どんな恵方巻か具体的に言ってみても面白い
「独り身や 半値の恵方巻 硬し」

43 :詠み人知らず:2017/02/07(火) 03:04:29.16
寂しい……(T_T)でもぐっとよくなるね

44 :詠み人知らず:2017/02/07(火) 12:05:33.41
なるほど、かたくなって冷たい恵方巻きに侘びしさも寂しさも感じました。
でも、恵方巻きは切らないことから縁を切らないという意味もあるので
来年こそは二人で食べようという希望も読みとれます。

45 :詠み人知らず:2017/02/07(火) 12:30:03.07
映像が少ないので上五も変えてみる

「ワンルーム 半値の恵方巻 硬し」

わざわざ「独り身や」で詠嘆せずとも独身者であることと場所の情報が伝わる
上五でまず全体の映像を見せてカットを切って中七から部屋の恵方巻にグーッとズームする
場所の情報と半額になってることから夜という時間情報もわかる
ワンルームで視覚 さらに恵方巻で味覚 硬しで歯ざわり舌ざわりなどの触覚 読み手の五感が刺激される

46 :詠み人知らず:2017/02/07(火) 15:25:34.54
独り身の男(女)が買った半額シールの貼られた恵方巻のパック…

十分な映像だとは思うが

47 :詠み人知らず:2017/02/07(火) 16:56:05.31
俳句って面白い!
こんな面白いとは思わなかった。

48 :詠み人知らず:2017/02/07(火) 17:02:38.09
上五が「独り身や」だと一人暮らしの寂しい感じが読み手の胸に残るし
「ワンルーム」とすると、いつかは一戸建てを買うぞ!みたいな野心や向上心が見え隠れするように感じる。

49 :詠み人知らず:2017/02/07(火) 17:56:41.26
>>1
スレたて乙 あなたはスレ立ての「才能あり!!」です

50 :詠み人知らず:2017/02/07(火) 18:00:21.36
>>40
夏井先生、これはこれはどうもです

51 :詠み人知らず:2017/02/07(火) 18:05:44.16
プレバト2017.2.2
https://www.youtube.com/watch?v=DzbE8NgKJFg

52 :詠み人知らず:2017/02/07(火) 22:06:59.88
>>48
うんうん
ただあの節分の写真ありきだと「独り身や」の方が効いてる気もしますね

53 :詠み人知らず:2017/02/08(水) 06:10:24.48
豆よりもチョコが欲しいとオニが言い

これじゃ川柳かW

54 :詠み人知らず:2017/02/08(水) 12:38:12.07
チョコで浮かびました。

放課後の
夕日 頬染め
バレンタイン

55 :詠み人知らず:2017/02/08(水) 14:21:52.00
>>54
誰にチョコ渡そうとしてるのか書いた方が良くね?

56 :詠み人知らず:2017/02/08(水) 14:32:46.20
立春の陽気や庭へ豆二つ

どう?

57 :詠み人知らず:2017/02/08(水) 14:46:14.20
>>56
季語の立春が引っ掛かる
立春は節分の翌日に来ることがほとんどみたい

58 :詠み人知らず:2017/02/08(水) 14:51:47.32
節分は晩冬の季語 立春は初春の季語
「庭へ豆」で豆を投げているので時間を遡っておかしなことになっている

59 :詠み人知らず:2017/02/08(水) 15:02:14.44
やっぱり伝わりにくかったか
立春の日に拾い残してた豆が二つ庭へ転がってたという俳句だったんだけど

60 :詠み人知らず:2017/02/08(水) 15:16:01.39
あーなるほど
プレバトのお題で一句なのでてっきり節分で詠んだものと勘違いしてしまいました
たしかに立春が時候の季語なのでちゃんとそういう意味にとれますね
ただ立春という季語を信じて「陽気」の3音を別の描写に使ってもいいと思いました

61 :詠み人知らず:2017/02/08(水) 15:29:02.94
>>56
結構いいと思う
立春と陽気がかぶり気味だけどまだまだ寒い時期だからね、寒い中にある陽気に誘われて豆がぽろっと庭へ落ちたみたいで好きよ
変えるなら陽気だよね、変えなくてもいいと思うけど

62 :詠み人知らず:2017/02/08(水) 15:35:30.23
>>56
>>58の言うように今「庭へ豆」を投げているような印象になるので
「庭に豆二つ」 のほうがいいんじゃない?
助詞難しいんでもっと適切なのがあるかもしれないけど

63 :詠み人知らず:2017/02/08(水) 15:40:28.85
>>60 61
どうもどうも
>>62
立春の日に豆を投げると想像する人はいないと思って書いたんだけどダメだったかな
庭に豆二つだと豆の動きが無くなるからそれは却下かな

64 :62:2017/02/08(水) 15:53:21.25
さようかー、>>59で「転がってた」って意図だったって書かれててたので
すでに転がっていて停止している状態かと思ったのでそう書いたんですが、
今目の前で、っていうのなら、思い切って「陽気」を削って今転がったって動きを
ちゃんと書いたほわかりやすいかもしれないですね

65 :詠み人知らず:2017/02/08(水) 17:11:43.56
>>56
個人的にそのままでいいと思うよ
投げたとか思ってる人は立春の1日前に節分があるのを理解してない人だと思う
陽気をなくすと陽気に誘われてる感じがあんまり伝わらないし、下手にいじらない方がいいんじゃないかな?

66 :詠み人知らず:2017/02/08(水) 17:45:18.39
待春の枡を大豆が溢れけり

擬人化を入れてみました
プレバトだと失敗することも多いみたいですが評価お願いします

67 :詠み人知らず:2017/02/08(水) 18:38:00.83
>>66
枡を溢れるほどの大豆が収穫出来た
節分の時に豆を溢れんばかりに枡の中に入れて豆撒きをした
のどちらかに受け取れる、下でOK?
個人的に凡人判定かな
節分の邪鬼を追い払うイメージと待春のイメージが少し食い違ってる気がする

68 :詠み人知らず:2017/02/08(水) 19:38:16.36
>>67
ありがとうございます
調べたら大豆が秋の季語だったんでダメダメでした

冬終る四角い枡へ丸い豆

うーん…こねくり回してどんどん自分で判断つかなくなってくるなこれ…

69 :68:2017/02/08(水) 19:49:23.80
訂正

冬終る真四角枡へ丸い豆

四角い何々、丸い何々と続くのが気持ち悪かったので訂正
「ま」の頭韻も狙ってみました

70 :詠み人知らず:2017/02/08(水) 19:53:05.98
節分と共に冬を終えることを言いたいなら季重なりはしょうがないんじゃないの?
豆撒きや 鬼も冬をも 退治する
みたいな感じで

71 :詠み人知らず:2017/02/08(水) 20:23:23.42
>>68
調べたら、秋の季語になるのは新大豆であって
大豆だけなら問題ないようだぞ

72 :詠み人知らず:2017/02/08(水) 20:27:03.25
>>69
個人的には最初のやつが一番好きだな
ただ、助詞を下のように変えたほうが
より良いように思う

待春の枡や大豆の溢れけり

73 :詠み人知らず:2017/02/08(水) 22:13:10.07
剛腕の新横綱の撒ける豆

74 :詠み人知らず:2017/02/08(水) 22:22:21.76
激怒するヤツやな

75 :詠み人知らず:2017/02/09(木) 10:46:57.68
泣き疲れ眠る吾子の手 豆みっつ

鬼役のお父さんのお面に泣きまくりだった我が子がいつの間にか寝てしまった
その手に自分の年と同じ数の豆が握られていた

やはり出だしの動詞三連はいただけないかな?

76 :詠み人知らず:2017/02/09(木) 12:32:10.49
>>75
それ以前に、豆だけでは季語にならない

それにこの句だと、まだ手掴み食べの乳児が
癇癪を起こして泣きわめいた末とうとう寝てしまったので、
握りしめたままの豆を剥がそうと
親が手のひらを開いたって印象だ

手の中の豆の数がわかったということは、
寝てる子の手のひらを開いたってことだし。

「父親が鬼役」という情報は読み手に委ねればいいとして、
「自分の年と同じ数の豆」のほうは書かないと伝わらないと思う

77 :68:2017/02/09(木) 12:42:47.43
>>71
新大豆の後にみそまめ/大豆とあるので大豆も季語だと思うのですが
>>72
初心者は「や」「かな」「けり」のような詠嘆を併用するのは避けた方がいいと聞きました

たびたび訂正失礼します
冬終れ枡ま四角へ丸い豆
「ますまし」という語感と季語を命令形に変えて「え」の音の脚韻も加えてみました

78 :詠み人知らず:2017/02/09(木) 14:45:30.40
綿雪の抱擁
花を惑わせる

79 :詠み人知らず:2017/02/09(木) 16:29:30.85
今夜のお題は「梅と太宰府天満宮」

80 :詠み人知らず:2017/02/09(木) 17:04:47.11
夏井いつき先生の代表句だよ 才能ありかなしか!
・仏法僧廊下の濡れている理由
・遺失物係の窓のヒヤシンス
・惜春のサンドバッグにあずける背
・さっきまで音でありたる霰(あられ)かな
・新大久保の大根キムチ色の空
・空蝉となるべく脚を定めけり

81 :詠み人知らず:2017/02/09(木) 17:11:46.36
>>80
遺失物係の句はふと寺山修司を彷彿とさせるね

82 :詠み人知らず:2017/02/09(木) 21:39:08.69
>>78
梅沢「擬人化が多くて鬱陶しい」

83 :詠み人知らず:2017/02/09(木) 22:36:18.92
横綱が
余寒を連れて
里帰り

お題と関係なくて、すみません。新横綱で一句詠みたくて…

84 :詠み人知らず:2017/02/09(木) 23:56:51.24
灯を逃れ
君待ち梅は
淡く白く

夜の駆け落ちで愛しい人を約束の梅の樹の下で待っているという句です

85 :詠み人知らず:2017/02/10(金) 00:25:10.92
>>84
これだけじゃ駆け落ちしてるのは伝わらないかな

86 :詠み人知らず:2017/02/10(金) 00:39:24.05
>>84
駆け落ちなら「日を逃れ」の方がいいような

87 :詠み人知らず:2017/02/10(金) 05:04:33.68
雪かきて
伸ばした腰に
香る紅

88 :詠み人知らず:2017/02/10(金) 06:08:09.51
>>84
「灯を逃れ」の方が逃避行っぽいかなと、私は思います。
「君待ち梅」って言葉が素敵ですね。

「白く淡く」だと字余りになってしまいますので「ほの白く」とされたらどうでしょうか?
恋人を待つ姿に白梅と、
もしかしたら季節はずれの雪もひとひらふたひら舞い落ちてきたのではなかろうかと
イメージが膨らむような気がします。

初心者の戯れ言です。失礼しました。

89 :詠み人知らず:2017/02/10(金) 08:55:56.49
長谷川櫂とやらいう変態山出しオカマ風情なら
西宮の前田某に限らず、男であれば誰彼の見境なしに色気を出していたようだ 。

最近では未成年者のポルノをNPO法人をつくって撮りまくってるとかいう噂だし

東海大学でも対処に困惑しているらしいぞ!

藤沢住民は、この長谷川隆喜という山出しオカマを追放するプランを練っているとか

90 :詠み人知らず:2017/02/10(金) 09:14:47.05
>>84>>86
日を逃れ
灯を避け待つや
梅白し

う〜ん、「君」がないと意味をなさない気もしますね…
>>88さんの下五「ほの白く」は確かにいいですね

91 :詠み人知らず:2017/02/10(金) 09:43:12.32
名にし負はば
いざ飛び立たん
梅も吾も

飛び梅を見ていて、よし、私も思い切って恋しい人の元に飛んで行こう!と決心しました。

92 :詠み人知らず:2017/02/10(金) 09:52:27.16
>>84
これだと説明なしで見た人はこそこそ夜中に合ってると受け取る人が多いと思うよ
駆け落ちなら何処かに行く描写がないとダメなんじゃない?

93 :詠み人知らず:2017/02/10(金) 12:28:23.64
冬尽きて
絵馬に旅立つ
君の夢

進学か就職か
冬が終わり春が来れば遠くに行ってしまう「君」に対し
春が来なければと思う反面
それでも気丈に君の夢を願おうと絵馬に託す
そんな少女目線のつもりでおっさんが詠んだ句です

94 :詠み人知らず:2017/02/10(金) 13:44:48.48
>>93
説明ないと伝わらないと思う

95 :詠み人知らず:2017/02/10(金) 14:56:54.60
>>93
句だけ見てると可憐な少女の姿しか浮かんでこないやw

96 :詠み人知らず:2017/02/10(金) 20:29:28.41
>>93
冬尽きて がマイナスイメージで
絵馬に旅立つ君の夢 というプラス志向と乖離しているように思う。

97 :詠み人知らず:2017/02/10(金) 20:49:58.52
歳時記を開いてみると
冬尽く、冬終る、冬の名残、冬去る
[解説]冬が終わること。地方によって時期がずれる。
北国では長かった冬が去っていくという、わきあがるような喜びがあり、
南国では冬の名残をやや惜しむ思いがある。

プラスイメージの季語ですね
ただ尽くや去るの動詞自体はマイナスイメージを含んでるのかも
そのマイナスを利用して初心者ながら添削してみます

冬と去る
君の志望を
絵馬に書く

98 :詠み人知らず:2017/02/10(金) 21:05:34.51
>>97
「冬と去る」だと冬が来るとともに君もどこか行くと受け取れるぞ、冬去るのままじゃないと意味が変わるんじゃない?

春来たる
行く君追えず
濡れる絵馬

無理に冬使わなくても良いんじゃない?

99 :詠み人知らず:2017/02/11(土) 00:25:40.63
恥じらう子
合格祈願の
絵馬隠す

親が神社で絵馬を最前列に掲げるも、
「そんなに前に飾らないでよ」と子供が目立たない後列に掲げた様子を表してみました

100 :詠み人知らず:2017/02/11(土) 06:54:04.88
>>98
なるほど
@「冬と(一緒に)去る君」とA「冬と(なったら)去る君」にとれるわけですか
季語の持つ言葉の力は強く「冬去る」という季語があるから@の冬が去ってると受け取ってくれると思うんだけど・・・
この文で「去る」の主語はあくまで「君」だから季語として成立してないのかなー
まあ初心者の限界ですね。俳句経験者の方がいればご教授ください

101 :詠み人知らず:2017/02/11(土) 11:18:31.50
>>91
名にし負はば
いざ飛び立たん
梅も吾も

飛び梅のことだろうけど、名にし負はばが何のことか分からない
また業平のパクリとしか思えない

単なる素人で偉そうでゴメン

102 :詠み人知らず:2017/02/11(土) 12:04:01.80
>>91
飛梅を見て私も頑張るぞ!と奮起する発想はいいと思うのだけど
その表現に「名にし負わば」を使い、
さらに並列を用いるのは悪手ではと思います。

理由として、まず、飛梅は「飛んでいこうとする梅」ではなく「飛んできた梅」であること。
長い距離を越えてようやく主人のもとへ来た梅に対し、「飛ぼうよ!」と呼びかけるのはずいぶん可哀想では。
ついでに呼びかけた理由が「名にし負わば」。
自分から飛梅と名乗った訳でもないのに、そんな名前を背負ってるんなら飛べよと。
かつあげに近い印象があります。
次に、並列なのだから、「名にし負わば」は「吾」にも掛かっていますから、
この作者は飛助のような名前なのだろうか、と思ってしまいました。

なので、悲願達成した飛梅を望み、
我も続かんと決意を固めるような句にしてはどうでしょうか。

103 :詠み人知らず:2017/02/11(土) 13:26:20.15
>>99
句だけ見ると合格祈願の絵馬を見られたくないから隠してるだけの光景しか見えないよ

104 :詠み人知らず:2017/02/11(土) 13:40:45.19
>>98
動詞四つは流石に多い
しかも来る行く追うで説明すぎる

105 :詠み人知らず:2017/02/11(土) 14:07:51.52
>>104
動詞多くしてぐちゃぐちゃだけど説明的ではないと思うぞ

106 :詠み人知らず:2017/02/11(土) 18:48:46.08
絵馬静か学生溜まる飛梅や

やってみた

107 :詠み人知らず:2017/02/11(土) 18:52:35.46
「付け火して 煙楽しむ 朝日かな」 売国朝日新聞は解体せよ。

108 :詠み人知らず:2017/02/11(土) 18:55:41.05
プレバト2017.2.9
https://www.youtube.com/watch?v=sXVMZCL-zaM

109 :84:2017/02/11(土) 20:01:50.84
人に見せるためにここに書いているので意見してくれるとうれしいです

>>85,>>86,>>92
とにかく夜に人目を忍び会っているというのは伝わったみたいなので良しとします
描きたかったのは夜に愛しい人を待つ人と待ち合わせ場所の梅の樹なので(駆け落ちといっておいてちょっとずるいですが)

>>88
「ほの白く」とても素敵なことばですね
自分が言いたかった白はまさしく「ほの白く」のような白です

110 :102:2017/02/11(土) 20:10:43.26
>>91
ちなみに、すごく簡単に添削するなら

飛梅や
我もまた
いざ飛び立たん

恋の歌として、どうにか
「君」の情報を入れてみるといいかもですね。

111 :詠み人知らず:2017/02/11(土) 20:29:56.21
かたぐるま
子の鼻先に
触れる梅

フジモン

112 :詠み人知らず:2017/02/11(土) 22:18:37.58
>>102
本当にどうもありがとうございました。
飛梅や
我も遥かへ
旅立たん

遠く離れた恋しい人の元へ行こうという決意を飛梅伝説に託しました。
「はるか」に遠い所と季節の春を掛けたつもりなのですが
短歌と違って俳句は掛け詞とかはやらないのでしょうか?
詳しい方がいらっしゃいましたら教えていただきたく、よろしくお願いします。

113 :詠み人知らず:2017/02/11(土) 23:02:37.50
>>112
掛詞は使うけどその句だと分かりにくいから読者には伝わらないかな、有名な芭蕉のやつ書いとくから調べて参考にしてみ
早苗とる 手もとや昔 しのぶ摺
蛤の ふたみに別れ 行く秋ぞ

調べたら分かるけど掛詞の部分は両方とも平仮名にして両方の意味に取れるようにしてる

114 :112:2017/02/11(土) 23:52:53.21
>>113
どうもありがとうございます。

芭蕉の例をあげてくださったので良くわかりました。
また勉強してきます。

115 :詠み人知らず:2017/02/12(日) 09:09:32.27
>>93
濡れし絵馬
春に旅立つ
君の夢

絵馬が濡れたのは、夢を叶える為に旅立つ人を見送る少女の涙の跡でしょうか…?

116 :詠み人知らず:2017/02/12(日) 12:16:53.15
夢とか入れない方がいいと思う
すごいダサい

117 :詠み人知らず:2017/02/13(月) 08:36:12.45
ニュース速報+のスレタイが俳句のようになっていました。

雪中の行軍
伝統かみしめる

行軍だから「ふみしめる」の方がいいかな…?

118 :詠み人知らず:2017/02/13(月) 09:29:36.94
関係ないけど「雪中行軍」って映画『八甲田山』を思い出すね

119 :詠み人知らず:2017/02/13(月) 09:50:45.76
>>117
いいね
「雪中の行軍」で匂う戦争のきな臭さが、「伝統」の出現で演習風景に変わる
読み手の心をほっとさせる効果があって面白いね
「ふみしめる」のほうが、この演習を真摯に行っている姿が見えて、なおいい

気がかりがあるとすれば、
この句の「伝統」を大切にしている様子が、そしてそれがおそらく陸自のものであるということが、反発を招くだろうこと
中七が字余りなんだし、「行軍」を別の三音の単語に変えるのも手だけど、「行軍」が持つ描写力と、上に書いたような「伝統」からの急激な印象転換がなくなるのが残念でもある

120 :詠み人知らず:2017/02/13(月) 11:15:25.19
>>119
同意 ふみしめる いいですね

121 :詠み人知らず:2017/02/14(火) 12:43:10.42
>>93
もとの句を活かして添削…できなかったので作り替えてみた。

東風揺する
叶わば去りし
君の願

添削を断念した理由
1.「冬尽く」が使いづらい。「冬尽きて」のままだと何もかも終わってしまった印象が強いし、「冬尽かば」など仮定にしてしまうと季節が定まらなくなる。
2.おそらく一番書きたかったであろう「少女の気丈さ」が最も句の質を落とす。何故なら、少女自身が読み手の句なので気丈さを込めてしまうと「私可愛いでしょ」アピールにしかならないから。

ちなみに、わずかな行動と複雑な心情、というテーマは短歌向きだと思う。
短歌なら季節感出さなくてもいいし、心情を書ける字数があるし、気丈さアピールも問題ない。

122 :詠み人知らず:2017/02/14(火) 23:00:46.45
>>121
最初読んだ時は難しいと思ったのですが、
『君の願いが叶うと遠くに行っちゃうんだ〜』というところが
心が嬉しいと寂しいに裂かれるようで切なくていいですね。

叶わば去りし
君の願

何度も読み返すと味わい深くていいなと思うようになってきました。

123 :詠み人知らず:2017/02/15(水) 12:13:45.31
>>122
ありがとう。
少女の句なのに文語体で作ってしまって申し訳ない…。
若々しさがなくなるし、解りづらいし。

いちおう、恥ずかしながら解説を。

東風が揺する願=絵馬、を意図してる。
東風は早春の、まだ冷たさが残る強い風ながら、いよいよ春本番近しと明るくさせる季語なんだ。
そんな東風が揺する絵馬だから、願いは叶うのではないかと思わせるし、
句全体も季語の力でポジティブになっているから、詠み手もそれを望んでいる。
けれど「叶わば去りし」だし、
「揺らす」でも「揺れる」でもなく無理矢理感のある「揺する」。
この辺で、叶って欲しくない心情を出したつもりです。
「揺」の動詞で「揺れる想い」を連想させる狙いも。
それと、絵馬の位置と内容を知ってるのだから、詠み手は絵馬を書いた本人か、書いた人と連れ立って参拝に来た人。
絵馬を吊るしたあと、風に揺れる絵馬を見つめて詠んだ、という具合です。

124 :詠み人知らず:2017/02/15(水) 15:06:44.66
>>123
俳句って深いですね。
学生時代は百人一首が好きで暗記していましたが俳句はあまり…でした。
でも、遅まきながらその面白さを知ることができて
プレバトとこのスレの皆さまに感謝!です。
以前は別段感じなかったのですが、最近日本語が愛おしくて大好きになりました。

125 :詠み人知らず:2017/02/15(水) 15:23:17.63
>>123
の解説を読んでいて一句浮かびました。

手袋で
鳴らぬ柏手
揺れる絵馬

絵馬を書いて結んだ後、手を合わせたのですが
手袋をしたままだったのでパフって感じで音が出ませんでした。
そのぎこちなさと揺れる絵馬で願い事が叶ってほしいようなほしくないような…
揺れる少女の胸の内を表現してみました。

126 :詠み人知らず:2017/02/15(水) 15:38:00.14
>>123
具体的な映像が無さすぎて何言ってるか分かんないと思うよ

127 :詠み人知らず:2017/02/15(水) 17:58:57.17
>>126
確かに。
ちょっと変えてみた。

東風揺する
絵馬や叶わば
去りし君

128 :127:2017/02/15(水) 18:14:13.90
ただ、書かれているのが君の願いかどうか判らなくなるのがネックだな。
うーん、ノータイムで変えるもんじゃないね。

129 :詠み人知らず:2017/02/15(水) 19:58:48.34
東風揺する絵馬や
叶わば去りし君

こう書いた方がいいのでは…

130 :詠み人知らず:2017/02/16(木) 06:30:23.73
今夜はプレバト♪

131 :詠み人知らず:2017/02/16(木) 08:30:43.29
語順を逆にしたらどうでしょう。

叶わば去りし君や
東風揺する絵馬

132 :詠み人知らず:2017/02/16(木) 09:54:23.01
絵馬抱(いだ)き
こぼれし涙
東風香る

133 :詠み人知らず:2017/02/16(木) 11:00:03.92
>>93は句としての上手い下手は置いておくとしても発想は凄くいいと思う
だから皆の喰い付きもいいんだろうな
お題から如何に飛躍するかも才能なんだろうとは思うけど
飛躍しすぎずにお題をきちんと拾って発想するのも好きだな

134 :詠み人知らず:2017/02/16(木) 11:25:50.36
>>131
いい発想だけど、デメリットのほうが多いかも。
最初に具体的な映像を出した方が場が整うから良いし、破調するほど強烈な内容の句ではないから定型の調べのほうが良いと思う。

135 :詠み人知らず:2017/02/16(木) 16:48:08.58
今夜のお題は「つくしと富士山」

ニョキニョキと
富士を越えたし
土筆かな

これで凡人4位あたりか…

136 :詠み人知らず:2017/02/16(木) 17:24:40.02
>>132
また違った印象の句だね。
第三者視点の色が濃く感じる。
(正しい意味の)お礼参りに来た少女が、願いの叶った絵馬を手のひらに抱いて涙を流しており、それを見た光景を詠んだように感じた。

137 :詠み人知らず:2017/02/16(木) 17:34:20.37
つくしんぼ
さがせど見えぬ
街の庭

138 :詠み人知らず:2017/02/16(木) 18:03:48.29
空の青
作る魔杖の
ごと土筆

これで才能ありは貰ったぜ

139 :詠み人知らず:2017/02/16(木) 18:07:19.67
【春】土筆(つくし)、つくづくし、つくしんぼ、筆の花、土筆野、土筆摘む
[解説]
トクサ科の多年草杉菜の胞子茎。地下茎で栄養茎とつながっている。
春先早く顔を覗かせる。形が筆に似ていることから土筆と書く。
古名は「つくづくし」などといわれ、古くから食されてきた。
通称、袴といわれる部分を取って茹で、酢の物などにする。

140 :123:2017/02/16(木) 18:35:52.32
>>124
百人一首が好きと聞いて合点がいきました。
題材を見たときに、平安時代の貴族が詠んでいても違和感がないものだなと思ったので。
自分も俳句はプレバトがきっかけで、もともとは和歌の方が好きなやつです。
ただどちらであれ、日本語の奥深さを味わえるいいものですよね。

戯れに、平安お貴族っぽい短歌も作ってみました。

絵馬を書く間をだに惑ひなくあらむ
叶はば花の頃去りし君

直訳
せめて絵馬を書く間だけでもこころの迷いなくあろう
願いが叶えば桜が咲く頃に去る君よ

文法やら間違ってそうだけど、ずっとこういう感じの短歌が作れそうだ、ともやもやしていたので、個人的に満足。

141 :詠み人知らず:2017/02/16(木) 19:06:25.10
>>138
うん、いいね

142 :詠み人知らず:2017/02/16(木) 19:42:15.23
レンズ越し
富士よりはえる
土筆かな

写真を撮るとき
富士山はとおくて思ったよりきれいに撮れない
それよりも近くに生える土筆を撮影したほうがいい感じになるという句です

143 :詠み人知らず:2017/02/16(木) 20:08:39.57
>>138
うん、素敵。

上五を「富士の青」とされたみたらいかがでしょうか?
根雪が解けて富士山の青みが増す春の魔法をかける杖ですよ、みたいな。

144 :詠み人知らず:2017/02/16(木) 22:06:08.78
>>138
ファンタジー俳句の才能あり!

145 :詠み人知らず:2017/02/16(木) 22:24:57.70
これなー、ダメな句を添削する流れが面白いんであって
皆のように上手く詠めんのよ
俳句は面白い、この番組で思った

俳句サイ廻って着まーす

146 :詠み人知らず:2017/02/16(木) 22:31:00.42
だいだらぼう
富士に腰かけ
土筆摘む

ファンタジー俳句詠んでみた
前半の壮大な始まりから土筆という小さき物に目を向ける面白さを感じていただければ

147 :詠み人知らず:2017/02/16(木) 22:42:12.63
>>142
これだとレンズ越しに富士と土筆が一緒に写ってて富士よりも土筆の方にピントが合ってるように感じるかな
あとレンズだけでカメラと伝わるか分からんな
いちゃんもんばっかつけてすまんな

148 :詠み人知らず:2017/02/16(木) 22:47:39.72
皆さん完成度高いですね。
「直しは要りません、このまま味わいましょう。」
って言われそうなのばかりです。

149 :詠み人知らず:2017/02/16(木) 23:27:50.84
富士山

http://kurome.asablo.jp/blog/img/2011/12/11/1c393c.jpg

https://imgur.com/ho2guuh.jpg

http://i.imgur.com/b8Mljzr.jpg

150 :詠み人知らず:2017/02/17(金) 01:08:00.87
土筆の茶 草木の緑 富士の青
峯村リエの句を映像化してみた、三段切れだけどこれならわかりやすくない?

151 :詠み人知らず:2017/02/17(金) 01:16:50.86
>>146
いいね
まさに意図した面白さを感じた
一生懸命腰を曲げて摘んでる様が想像できて笑えるw

152 :詠み人知らず:2017/02/17(金) 01:19:44.78
>>150
いいね
青の富士 緑の草木 茶の土筆
にした方が映像と季語をしっかりと強調できる気がする

153 :詠み人知らず:2017/02/17(金) 01:24:16.29
>>135
好きな句だけど、凡人判定だろうなあ
夏井先生いつも「凡人はすぐ高いものを見ると背比べさせたがる」って言ってるし

154 :詠み人知らず:2017/02/17(金) 01:30:32.29
>>142
>>147の言うように、言いたいこととずれてる
その説明の通りを詠むならこんな感じになるんじゃないか?

レンズ映え
せしは富士より
土筆かな

155 :詠み人知らず:2017/02/17(金) 01:38:41.23
>>146
良い悪い無視して好き

156 :詠み人知らず:2017/02/17(金) 01:40:51.38
でもやっぱり富士が勝っての日本なんかなあ
なんのために土筆詰んでんの?
てなことを玄人さんは言うのかな

157 :詠み人知らず:2017/02/17(金) 01:41:16.56
つくしには
キリギリスを
さがす蟻

蟻とキリギリスの句です
冬越えの準備をしてなかったキリギリス君をさがす蟻さんです

158 :詠み人知らず:2017/02/17(金) 01:43:32.33
>>142
富士を背に土筆にシャッターを切る日

と添削してみた。写真を撮る人物の方を詠む方法もあるね
レンズだと曖昧だけどシャッターとかファインダーだったら写真ということが明確に伝わると思う

159 :詠み人知らず:2017/02/17(金) 01:44:12.60
>>146
面白いけどこれどうなんだろうね?
現実とファンタジーをうまく融合せてこその詩な訳で、これだと昔話の一説を読んだだけのようにも感じる

160 :142:2017/02/17(金) 02:11:10.04
自分の説明が悪かったです、すいません

>>147,>>154,>>158
>レンズ越しに富士と土筆が一緒に写ってて富士よりも土筆の方にピントが合ってるように感じるかな
こんな光景を描いてたつもりなんですがすいません説明が下手でした

レンズでカメラはちょっと曖昧でしたか勉強になります

161 :詠み人知らず:2017/02/17(金) 02:24:26.66
>>137
街の庭 というのがよくわからない
自分ちの庭ならそう言わないし、他人の家の庭を覗き込んでるのも変だし

162 :詠み人知らず:2017/02/17(金) 02:27:56.64
>>157
動植物出すときは季重なり注意な
蟻もキリギリスも季語だ

163 :詠み人知らず:2017/02/17(金) 02:45:02.08
鼻歌で
つくし炒めて
富士見酒

164 :詠み人知らず:2017/02/17(金) 02:58:28.18
筆の花
小説新人賞
佳作

夏井先生が土筆の傍題で筆の花云々言ってたけど
あえて土筆じゃなくて筆の花で詠むなんてこんなのしか思いつかんわ

165 :詠み人知らず:2017/02/17(金) 05:26:48.93
富士にのみ春見つけたり無重力

宇宙飛行士の気持ちになって詠みました。

166 :詠み人知らず:2017/02/17(金) 06:21:32.95
>>161
ご指摘ありがとうございます。

つくしんぼ
探せど見えぬ
散歩道

もひとつ追加で

芝生では
愚痴こぼされたり
つくしんぼ

167 :詠み人知らず:2017/02/17(金) 07:47:41.59
>>140
東風ゆらぎ
いま業平の
詠みし歌

168 :詠み人知らず:2017/02/17(金) 09:04:47.97
>>164
背景に
富士描くごと
筆の花

こんなのどう?

169 :詠み人知らず:2017/02/17(金) 10:15:36.70
ウィキペディアにも長谷川櫂という変態オカマの実態が明記されているぞ
男性と見ると誰彼の見境なしに色目をつかい言い寄っては
全員から嫌悪と侮蔑の情もあからさまに無視され
いつも赤恥をさらし続けて来た事実や
オカマであるコトを偽り隠して女と「結婚」して、哀れな「家庭」を作りだした事実。
挙げ句の果てには

170 :詠み人知らず:2017/02/17(金) 11:02:42.28
>>166
>つくしんぼ
>探せど見えぬ
>散歩道

つくしを探しても見つからないことで何を伝えたいのか見えてこない。
訂正前の句から判断して、都会は緑が少ないという嘆きだろうか。
それに、せっかくの季語が「見えぬ」は寂しいので、もしも望郷を詠みたいなら、こういう風に変えたらどうだろう。

散歩道
郷(さと)はつくしを
探す頃

「散歩道」を変えれば、都会だからつくしがない様子がより伝わると思う。
字余りだけど「ビルまたビル」など。


>芝生では
>愚痴こぼされたり
>つくしんぼ

これは芝生に生えられると困るので、厄介者扱いされるということかな。
季語を蔑ろにするのはご法度では。

171 :詠み人知らず:2017/02/17(金) 12:29:25.85
春の空
届いてみたい
俺294

なんとなく…

172 :詠み人知らず:2017/02/17(金) 12:34:10.91
>>170
ありがとうございます。
昨日お題を探しに近所の公園に行ってみたのですが見つからなかったので
そのような句になってしまいました。

舗装路や
郷(さと)はつくしを探す頃

舗装された道路は歩きやすくて安全ではあるけれども
地面からひょこっと顔を出した可愛らしいつくしんぼを見つけて春を感じる風情は乏しくなってしまいましたね。

173 :詠み人知らず:2017/02/17(金) 12:54:15.69
土筆野に
ミサイル立てる
北朝鮮

174 :詠み人知らず:2017/02/17(金) 13:23:56.10
>>173
東国原「自然の土筆と現代兵器の対比。そして国民は二の次の瀬戸際外交。
貧しい北朝鮮国民の気持ちも詠み込んだ、これは名句なんだけどな〜」

175 :123:2017/02/17(金) 13:30:23.13
>>167
東風をめぐる一連の俳句作成の流れの末に、今、業平の詠んだような歌が詠われた。
という解釈でいいのかな。
「ゆらぎ」は時空のゆらぎを連想させる狙いもあるのかな。

褒めて下さってありがとう。
これ解釈違ってたら恥いなw

176 :詠み人知らず:2017/02/17(金) 15:28:39.43
>>140
和歌には和歌でお返しするのが作法なのでしょうけれど
私にとりまして和歌は読むものであって詠むものではなく上手くできませんでした。

でも、どうにか見よう見まねで一首できました。
拙いのですけど…

春の野に化粧ままごとする童
つくし紅筆たんぽぽの刷毛

177 :詠み人知らず:2017/02/17(金) 17:29:09.52
土筆野や
美し日本の
澪標

178 :詠み人知らず:2017/02/17(金) 18:42:53.63
細かいこと言っちゃ新しく俳句を詠む人が減るだろう
少々雑なとこがあっても、いいところを誉めようよ

179 :詠み人知らず:2017/02/17(金) 21:12:30.43
>>176
良い題材を頂いて、おかげで満足できるものが詠めました。
こちらこそありがとう。

童謡のような可愛らしい一首ですね。
音符を当てはめて歌いたくなるような。
つくしはやはりこういうのが合うなあ。

180 :詠み人知らず:2017/02/17(金) 21:19:40.25
>>163
鼻歌で炒めるっていう表現がユニークでいいね

181 :詠み人知らず:2017/02/18(土) 03:37:36.97
そよ風に 揺れゆくつくし 咲(わら)いけり

ゆれゆくつくってゆとくの韻を響かせたのと、つくしを擬人化してみた、どうかな?

182 :詠み人知らず:2017/02/18(土) 07:21:21.23
靴擦れの痛みやわらぐつくしんぼ

183 :詠み人知らず:2017/02/18(土) 10:35:20.98
>>165
上五と中七までは平凡な流れで、そこから唐突な「無重力」だから、さすがにこれで宇宙飛行士だと思わせるのは厳しい。
印象的な「無重力」は上五に置いて、どういうことだろうと思わせるほうが得だと思う。
それと、最初は「のみ」の意味がわからなかったんだが、宇宙から見た日本のなかで認識できるほど大きなものが富士だけだったという意味だろうか。
「のみ」を使わなくても宇宙飛行士だとわかってもらった上で「富士は春」と言い切れば読み手には伝わるんじゃないかな。
もとの句の言葉をできるだけ使って添削するのなら、

無重力で日本見つけし富士は春

宇宙飛行士だと強調するなら、

無重力の青き地球や富士は春

こっちだとわかりやすいがベタな単語だから質は微妙かも。

宇宙から逆さの日本富士は春

などなど。

しかしこれ、めちゃくちゃいい発想だね。
巧く詠めば凄くいい句になりそうだ。

184 :詠み人知らず:2017/02/18(土) 10:49:47.10
学び舎の
隅の土筆にも
別れ告げ

「にも」が大事なんだけど中七字余りはリズムが悪くなるね、で

別れ告ぐ
学び舎隅の
つくしにも

185 :詠み人知らず:2017/02/18(土) 11:52:31.34
>>183
宇宙飛行士が滞在してるステーションの中って
季節はおろか夜昼時間さえもよく分からなくなるくらいなんじゃないかと推測して
そんな時に小さな丸窓の彼方に富士山が見えて裾野の青の部分が以前より広がってて
あぁ地上は暖かくなって春が来たんだなぁと唯一実感しましたよ。
なので「富士にのみ春見つけた」と言ってみたのです。
発想飛ばしすぎましたね(笑)

186 :詠み人知らず:2017/02/18(土) 12:04:18.59
飛行士に春告げ富士の裾の青

お粗末

発想の最長距離は無重力

187 :詠み人知らず:2017/02/18(土) 12:46:54.77
>>182
「痛くない靴擦れがあるなら持って来い」

靴擦れを癒やす土筆の背伸びかな

188 :詠み人知らず:2017/02/18(土) 14:24:29.58
>>186
富士が飛行士に春を告げてるなら告げじゃなくて告ぐるにしないとダメだと思うよ

189 :sage:2017/02/18(土) 14:56:23.50
>>165.>>183
富士って最初に言っちゃったら詰まんないんじゃないかな

宇宙より
発見せし春
富士のあおさ

こうやって最後に富士をもってきたほうが上五と中七で読者が想像できていいと思う

190 :詠み人知らず:2017/02/18(土) 15:39:11.01
宇宙って書いて(うつ)って読んだりしますか?宇宙皇子(うつのみこ)って小説があったような。
宇宙を(うつ)とか(そら)とか読んだら字数が稼げますね。

191 :詠み人知らず:2017/02/18(土) 15:45:23.39
宇宙船(そらふね)が見つけし春や富士の青

192 :詠み人知らず:2017/02/18(土) 15:51:06.19
宇宙船(そらふね)に土筆炒めて届けたし

宇宙飛行士に春の味覚を届けてあげたいです。

193 :詠み人知らず:2017/02/18(土) 15:57:08.41
>>190
宇宙はうちゅう
そらもうつも当て字

194 :詠み人知らず:2017/02/18(土) 16:31:35.14
つくしんぼ宇宙ステーションをめざす

これくらい大胆に詠んであとは読み手を信じて託す
めざすは目指すと芽差すの掛詞で上へと伸びる土筆と
ロケットの形に似ている土筆が宇宙に滞在する人にも春をもたらした感じも出るのではないでしょうか
他人の発想を自分で詠んでみるのも面白いね
パクリといえばそれまでだけど上達方法のひとつだと思う

195 :詠み人知らず:2017/02/18(土) 16:43:23.27
>>194
面白いね

つくづくしめざす
宇宙ステーション

にした方がいいと思う

196 :詠み人知らず:2017/02/18(土) 17:47:44.51
>>194
つくしんぼみたいな子どもが空を見上げて「大きくなったら宇宙飛行士になりたいんだ」
と夢見てる景色も見えました。

197 :183:2017/02/18(土) 21:11:08.82
>>189
その語順いいね。
ただ、さすがに字余りが多い気がするなあ。
あと、題材的にインパクトがある言葉を使って表現できないかなと思うんだ。
夏井先生がよく具体的な数字があると良いと言ってるから、こんなのとか。

春めくは眼下400kmの富士
400kmを抜けて春告ぐ富士の青
高度400kmを抜け富士の春

この中では最初のものが一番かな。

198 :詠み人知らず:2017/02/18(土) 21:19:51.97
>>192
土筆の炒め物が庶民的でお袋じみた料理だから、宇宙船というスケールとの対比でくすりとしたおかしさがあっていいね。
「届けたし」でまごころを感じられるのもいいな。
空気読めないけど温かくて可愛らしいおかん、みたいな。

199 :詠み人知らず:2017/02/18(土) 22:44:39.53
>>189
宇宙から見つけた春は富士の青

フジモンがよく言うけど「は」を使えば上で言われてたような
季節のない宇宙空間からただ地球上の富士山にだけ春を感じたことを言うことができるんじゃないかな

>>197
確かに宇宙と直接言わない方が面白いかも

大気圏ごし下萌を見上げけり

「ごし」「下」「上」で読み手の空間認識を揺さぶり上下のない宇宙空間や無重力を表現してみた

200 :詠み人知らず:2017/02/18(土) 22:47:19.74
>>197
あ〜っ、そうか〜!
無重力も宇宙ステーションも飛行士も「眼下400km」でまるっと言い切れますね。
かっこいい!

201 :詠み人知らず:2017/02/19(日) 02:22:28.99
>>177
つくし、つくし、つくし、の韻が巧いね。
ただ、代わりに欠点がいくつか。
「つくし」が入った単語を並べるために、やや強引な内容の句になっていること。
(土筆野は例えば菜の花畑ほど美しいと思えないし、澪つくしと言われても川中にない上かなり近付かないと目立たない。川辺ではあるが目立つという点ではやはり菜の花のほうが上)
三段切れであること。
中七の字余り。字余りとは思わず、初見では「美し」を「うまし」と読んでしまった。

下ふたつの欠点解消のため「や」は削ってもいいのでは。

土筆野美し
日本の澪標

202 :詠み人知らず:2017/02/19(日) 03:58:30.93
∞(無限大)銀河の果ての春ひとつ

無限に広がる宇宙の銀河の果てに小さな小さな春がぽかりとひとつ浮かんでおります。

203 :詠み人知らず:2017/02/19(日) 08:32:20.13
>>177
>>201
もっと語感を全面に押し出して詠めばいいと思う
日本と言ってしまうのも少々野暮ったい感じがする
土筆野が場所で日本も国名だから場所だしね

つくづくしうつくし陸のみおつくし

つくづくしうつくし邦のみおつくし

つくづくしうつくし我のみおつくし

204 :詠み人知らず:2017/02/19(日) 08:43:04.44
>>202
言っちゃ悪いが季語の春で詠む必要性が感じられない
逆に言えば「夏」「秋」「冬」のどれかでもいい
むしろ銀河との取り合わせで春以外の方が面白い

205 :204:2017/02/19(日) 08:46:43.06
銀河は秋の季語でした
失礼しました。

206 :詠み人知らず:2017/02/19(日) 09:00:36.83
一人鬱陶しいのいるな

207 :詠み人知らず:2017/02/19(日) 09:00:50.31
>>177
つくし
うつくし
みおつくし
なんですね。いま気づきました。
初心者なのでうまく言えませんが、すごいテクニックだなぁと思いました。

208 :詠み人知らず:2017/02/19(日) 10:33:22.47
>>201>>203>>207
ありがとうございます

韻ありきの句ですが、土筆野は福島の土筆野で日本が進むべき航路の標という意味で詠んだものです
説明しなきゃわからないし上手い表現でもないし、どう考えても韻だけのものだしw

209 :詠み人知らず:2017/02/19(日) 11:29:59.79
>>208
でしたら、日本ではなく磐城とか会津とか云われた方が読み手にもっと伝わってきますかね?

210 :詠み人知らず:2017/02/19(日) 11:47:20.61
つくしって矢印みたいじゃね?

富士登山
標のごとく
土筆生ふ

211 :詠み人知らず:2017/02/19(日) 12:29:34.76
富士の登山道につくし生えてるのかな?

212 :201:2017/02/19(日) 12:34:54.82
>>208
福島の土筆野という地名でしたか。
良いところなのだろうな、と思わせる句ですね。

>>209の言うように、地域を入れると「これはもしや地名ではないか」と気付きを促せるので、よりわかりやすくなりますね。

213 :詠み人知らず:2017/02/19(日) 12:36:37.26
登山は夏の季語だった気がする

214 :詠み人知らず:2017/02/19(日) 12:58:55.12
今日の15時からEテレで「俳句王国がゆく」が放送されます。
主宰は辛口批評の夏井いつき先生。

215 :詠み人知らず:2017/02/19(日) 13:08:00.09
>>212
福島の地名ではないのです
立ち退き区域に生えた土筆の野原
それを踏まえての日本の進むべき航路の標という意味です
ややこしくて申し訳ない

216 :詠み人知らず:2017/02/19(日) 13:24:09.76
>>211
頂上付近じゃなければ生えてるのでは?

217 :詠み人知らず:2017/02/19(日) 13:27:55.17
>>214
情報ありがとうございます。録画予約しました。

218 :詠み人知らず:2017/02/19(日) 15:00:47.50
>>215
復興の土筆美しみをつくし

311以降震災の句がかなり読まれてるみたいですね。
>>207のレスがそのまま綺麗な調べになっていたので使わせてもらいました。
和歌でよくある身を尽くしの掛詞も入れて。
立ち退き区域の話を聞くとまだ復興してないと考えて上五は「被災地の」でもよかったかなー

219 :詠み人知らず:2017/02/20(月) 06:34:37.16
無限大の果て富士のみ春めきぬ

無限大の宇宙の片隅で富士山だけが春めいておりました。
その孤高を遥か400km彼方から眺めている宇宙飛行士。

220 :詠み人知らず:2017/02/20(月) 08:39:50.85
つくし指す日本の行方うつくしくと

土筆美し澪標の調べが消えてしまうのがもったいないのですが作者さんの思いを大切にしました。
日本の未来が美しくあってほしいという気持ちを最後の「と」にこめて、あえて字余りにしてみました。

221 :詠み人知らず:2017/02/20(月) 10:41:45.78
>>218
うまいな!特待生でもいける句なんじゃないか?

222 :詠み人知らず:2017/02/20(月) 10:42:52.17
>>214
句会のコーナーで夏井先生が詠んだお題「合格」の句

危険物取扱乙4合格目刺焼く

危険物取扱までが上五らしい

223 :詠み人知らず:2017/02/20(月) 11:50:36.34
>>214
先ほど録画見終わりました。
たいへん楽しくてかつ勉強になりました。ありがとうございます。
私の俳句歴は2週間なのですが、今かなりハマっております(笑)
こんな楽しい世界があったんですね!

224 :詠み人知らず:2017/02/20(月) 13:01:09.34
復興とか被災地というと散文的な気もいたします。
福島の象徴たる猪苗代湖にしてみてはいかがでしょうか?
澪標との相性も良いと思われます。

225 :詠み人知らず:2017/02/20(月) 15:04:44.55
菖蒲葺く
背伸びの空や
鯉3つ

梅沢富美男

226 :詠み人知らず:2017/02/20(月) 15:05:28.82
>>225
この句よく分からんわ

227 :詠み人知らず:2017/02/20(月) 17:12:27.32
>>225
勝負服
背伸びの空や
恋ミッツ

228 :詠み人知らず:2017/02/20(月) 18:31:14.68
>>222
上五が11文字はありえん
せめて危物取と略字にしろよな

229 :詠み人知らず:2017/02/20(月) 19:00:03.99
>>228
漢字五文字で面白いなと思ったけど
「危物取」だと意味の読み取りに時間がかかるし、定型に合わせました辻褄合わせで楽しくない

230 :詠み人知らず:2017/02/20(月) 19:34:46.63
梅沢さんはたまに調べ作ってくるけど他の特待生は全然しないよな
もっといろんな技を使えるとこ見せないと名人より上は難しそう
・湯気ましろましらましろよ雪の出湯
・冷やし瓜甘し肩上げたくし上げ

231 :詠み人知らず:2017/02/20(月) 19:49:58.76
>>181
たぶんそれ韻じゃないし擬人化じゃないと思うわ

232 :詠み人知らず:2017/02/20(月) 19:57:35.71
>>222
それ夏井先生が詠んだ句だったのかw

233 :詠み人知らず:2017/02/20(月) 20:23:27.96
>>157
筆の花執ってイソップ物語

234 :詠み人知らず:2017/02/20(月) 20:32:30.28
>>233字余りだがやはりこっちで
筆の花を執ってイソップ物語

235 :詠み人知らず:2017/02/20(月) 23:10:12.40
>>230
調べは整っていたらなお良しのオプション要素だから。

それに横尾の句は韻を踏んでるの多い。

サングラス外して対す海の青
→ 母音aの頭韻
夏帽子夜行列車の網棚に
→ 母音aの頭韻等
秋の夜の酒に肴は選ばざる
→ 母音aの頭韻等
春愁の言わで別れし日の記憶
→ 母音iの頭韻等

特に 秋の〜 は最初は間隔開けて、最後は母音aの音の畳み掛けなのでかなりリズムがいい。

236 :詠み人知らず:2017/02/21(火) 00:08:36.40
Eテレで2月22日(水)15時より、NHK俳句 題「草の芽・ものの芽」が放送されます。
選者は夏井いつき先生。

237 :詠み人知らず:2017/02/21(火) 00:13:58.35
>>235
上二つは良いけど下二つ微妙だな
光景があんまり無いからかな

238 :詠み人知らず:2017/02/21(火) 06:13:53.17
>>236
どうもありがとうございます。録画予約しました。

239 :詠み人知らず:2017/02/21(火) 08:23:29.58
誕生日すみれ手向けし青い空

240 :詠み人知らず:2017/02/21(火) 09:38:30.97
>>237
同感。
でも調べだけだったら下ふたつのほうが良いんだよね。

調べにこだわって使う単語縛って作品の品質落とすようなら、特待生も降格だと思うわ。
横尾はそういうタイプではなく、自分好みのものを作ったら自然と韻ができるタイプだろうけど。

鰯雲蹴散らし一機普天間に

これも母音iの頭韻と脚韻だな。
だから自然と「に」で締めたんだろうな。

241 :詠み人知らず:2017/02/21(火) 10:08:32.92
>>235
春愁の言わで別れし日の記憶

「記憶」は「鉄路」と替えると、長く続く線路の映像が残る。
「春愁の 言わで別れし 日の鉄路」「駅で想いを残しながら別れた」と映像が入ると
物語が動き出すと先生がアドバイスされていました。

お題は菜の花と電車でした。

242 :詠み人知らず:2017/02/21(火) 10:58:23.31
>>241
そうだね。
韻を優先するのなら「記憶」だけど作品の質を優先するのなら「鉄路」だということだと思う。

243 :詠み人知らず:2017/02/21(火) 12:39:45.11
次のお題は菜の花と自転車らしい
季語はたくさんあるのに毎年似たような兼題で繰り返してる・・・

244 :詠み人知らず:2017/02/21(火) 12:51:13.85
「2人に頼まれて…」って中西は言ってたけど、さくらに恫喝されたのかな
あるいは色仕掛けとか

245 :詠み人知らず:2017/02/21(火) 12:53:20.97
>>244
誤爆すみません(汗

246 :詠み人知らず:2017/02/21(火) 14:18:43.27
>>242
じゃあ「軌道」でいいじゃん
と思ったけどそれだと趣がないか
しかしあんまり使わない言葉持ってきて逆に面白いとも評価されそう
俳句は奥が深い

247 :詠み人知らず:2017/02/21(火) 16:22:35.11
>>246
軌道だと曖昧じゃん
鉄路にすればイメージしっかりしてる

248 :詠み人知らず:2017/02/21(火) 18:05:05.86
軌条とか…?
でも、軌条=レールなんてほとんど知られてないしな。
やっぱり鉄路がモアベターなのかな。

249 :詠み人知らず:2017/02/21(火) 19:16:23.58
鉄路だと、個人的にだけど
鉄錆びの匂いも浮かんでくるから
そういう理由もあるのかも

250 :詠み人知らず:2017/02/21(火) 20:38:33.66
鉄路は鉄の質感も映像化できるから結構便利な言葉だね

251 :詠み人知らず:2017/02/22(水) 05:48:48.31
おはようございます。

手のかかる義父(ちち)と見つけたつくづくし

お舅さんはいろいろ手のかかる人で家族みんなが振り回されちゃって
思わず心の中で「つくづくだよ」と言いたくなっちゃうくらいなんですけど
どこか憎めないところもあって
手がかからなくなったらそれはそれで寂しいんだろうな〜なんて思ったりもして
そんなお義父さんと一緒につくづくしを見つけてほっこりしておりますという句です。

252 :詠み人知らず:2017/02/22(水) 09:18:17.14
>>184
下は下で語順と余韻がもったいないな。
ほんわかした土筆の描写からの「別れ告げ」という軽い驚きの転換がなくなってるし、「告げ」の形で終わることで存在した言外の続く言葉がなくなってる。

253 :詠み人知らず:2017/02/22(水) 09:28:28.46
>>239
語順変えたほうがいいよ。

青空へすみれ手向けり誕生日

254 :詠み人知らず:2017/02/22(水) 09:56:53.77
>>253
あぁ、ほんとですね。
空の青に菫色の花の輪郭が滲んでゆくようにも見えて素敵になりました。
どうもありがとうございます。

255 :詠み人知らず:2017/02/22(水) 10:14:05.04
忘却の鉄路のそばの土筆かな

256 :詠み人知らず:2017/02/22(水) 10:38:28.23
>>254
ごめん。
助動詞「り」は「手向ける」に使えなかった。
切れなしになるけどこっちで。

青空へすみれ手向けし誕生日

爪が甘くて申し訳ない。

257 :詠み人知らず:2017/02/22(水) 10:51:26.53
ウィキペディアにも「長谷川櫂」がオカマだという事実が買いてある

258 :詠み人知らず:2017/02/22(水) 12:00:41.53
昼下がり花芽のように寝る子犬

259 :詠み人知らず:2017/02/22(水) 12:16:52.96
>>255
北海道でしょうか?廃線になって赤錆た線路
降りる人もなく忘れ去られた駅の跡地
ただ土筆だけが顔を出して春の訪れを告げに来てくれました。
で、いいのでしょうか?
人間の造った廃墟の空しさを土筆の愛らしさが慰めてくれるように感じられました。

260 :詠み人知らず:2017/02/22(水) 13:05:35.30
具体的な数詞に迫力があったりするわけですよ

涅槃西風50個ハンバーガーを買う

261 :詠み人知らず:2017/02/22(水) 13:54:34.66
>>258
季語なくね?
仮に花芽が季語になるなら子犬の比喩として使ってるから季語を蔑ろにしてるパターンになるんじゃない?

262 :詠み人知らず:2017/02/22(水) 14:30:29.80
>>258>>261
俳句で花といえば桜ですが、花芽=桜の花芽とも言い切れないですね
つぼみではなく、花芽を活かして

待ち遠し桜の花芽寝る仔犬

う〜ん…才能なしスミマセン

263 :詠み人知らず:2017/02/22(水) 14:33:49.82
>>259
いい感じに詠んでいただきありがとうございます
まさにそのイメージです
忘却の鉄路はまた自分自身の人生ともかけてあるのですが、その解釈を読ませて頂いた後では蛇足な気もします

264 :詠み人知らず:2017/02/22(水) 15:03:07.29
>>261
そうなんですね。教えていただきありがとうございます。
ほんとに勉強になります。

>>262
実は私が詠んだのは木蓮の花芽なのです。
街路樹に木蓮が植えられていまして、それを見てました。
言葉が足りませんでしたね。

木蓮の花芽まるまる寝る子犬

265 :詠み人知らず:2017/02/22(水) 15:11:06.77
>>244
たぶんドラマの話なのでしょうね。見てないから分かりませんが
ちょっとお遊びw

中西にさくら恫喝色仕掛け

266 :詠み人知らず:2017/02/22(水) 16:23:41.47
>>264
かわいい句だと思います

267 :詠み人知らず:2017/02/22(水) 16:44:33.45
圧力で枠を取るジャニ目指し焼く

268 :詠み人知らず:2017/02/22(水) 16:45:44.57
ジャニ枠を空けるMBSの春

269 :詠み人知らず:2017/02/22(水) 16:48:37.55
フジモンの句は物語脳冴ゆる

270 :詠み人知らず:2017/02/22(水) 16:50:45.81
なっちゃんの上から目線や鷹の舞

271 :詠み人知らず:2017/02/22(水) 17:01:22.71
月曜の明石家電視台にて
http://jlab-cache.portfolio24.xyz/jlab-ssd/other/s/ssd148760687616546.jpg

ふくらみや由里絵のつぼみ風光る

272 :詠み人知らず:2017/02/22(水) 17:07:16.67
梅の沢叩かれるほどギャラ上がる

273 :詠み人知らず:2017/02/22(水) 17:09:31.87
嘘泣きは東の国のハゲ鷹か

274 :詠み人知らず:2017/02/22(水) 17:13:08.12
ジャーニ枠の誰が作るか駄句名句

275 :詠み人知らず:2017/02/22(水) 17:28:57.06
春めいて熟れるミッツの生き血かな

276 :詠み人知らず:2017/02/22(水) 17:35:15.22
春の風バス間違える柴田理恵

277 :詠み人知らず:2017/02/22(水) 17:46:02.93
雪催い杉山の出ぬ今年かな

278 :詠み人知らず:2017/02/22(水) 17:48:29.28
>>264
木蓮でしたか
ついつい桜で解釈してしまいました
「まるまる」がいいですね

木蓮に乗っかりまして

蒼天のふたり白木蓮ふわり

あれっ?蒼天って春の季語でしたっけ?
まさかの季重なり?

279 :詠み人知らず:2017/02/22(水) 17:53:53.11
季語がある川柳ばっかだな

280 :詠み人知らず:2017/02/22(水) 17:54:04.28
名人の上はレジェンド?春浅し

281 :詠み人知らず:2017/02/22(水) 18:15:43.85
>>276
座布団3枚

282 :詠み人知らず:2017/02/22(水) 18:17:10.18
猫の日や吾は猫アレルギーですが

283 :詠み人知らず:2017/02/22(水) 18:18:52.44
>>281
元の句を知らない人には駄目だな
やり直し

284 :詠み人知らず:2017/02/22(水) 18:20:47.61
フルポンのトークの後に余寒あり

285 :詠み人知らず:2017/02/22(水) 18:33:48.13
>>278
>蒼天のふたり白木蓮ふわり

素敵です。蒼い空と白い花びらの対比も際立っています。
そうそう、木蓮の花びらってふわりと落ちてくるんですよね。
歩いてるふたりはどんなふたりなんだろう?いろいろ想像が膨らみます。

あ、ちょっと調べてみましたけど「蒼天」は季語ではないみたいです。

286 :詠み人知らず:2017/02/22(水) 18:53:53.78
>>278
蒼天を二人だね
蒼天の二人って変な日本語だよ

287 :詠み人知らず:2017/02/22(水) 19:06:33.85
>>285>>286
ありがとうございます

蒼天をふたり白木蓮ふわり

確かにこっちの方がしっくりきます

288 :詠み人知らず:2017/02/22(水) 19:15:19.23
【春】猫の恋、恋猫、猫交る(ねこさかる)、うかれ猫、
猫の夫(ねこのつま)、猫の妻、春の猫、孕猫
[解説]
猫の交尾期は年に数回あるが、特に早春の発情期を迎えた猫の行動をさす。
発情期に入った雄猫は昼夜となく雌猫を恋い、彷徨う。
数匹が狂おしく争いわめきたてたり、切ない声を立てて恋情を訴える。
飼い猫が数日家を空けたあとで憔悴し傷つき汚れて帰ってくるのは哀れである。

【春】猫の子、子猫、猫の親、猫の産
[解説]
猫の繁殖期は不定であるが、一〜三月、五〜六月に多く見られ、
約二カ月の妊娠期間を経て出産する。子猫を孕んだものうげな親猫、
出生してまだ目のあかぬ子猫、離乳し遊び始めたころの子猫、いずれも可憐で可愛い。

289 :詠み人知らず:2017/02/22(水) 19:18:46.96
>>288
恋猫といえば

ランボーを五行とびこす恋猫や (寺山修司)

290 :詠み人知らず:2017/02/22(水) 22:35:05.72
展示中止なれど嬉しき大熊猫(パンダ)の恋

291 :詠み人知らず:2017/02/22(水) 22:45:04.74
つくし摘み吾子の手地球とつながれり

292 :詠み人知らず:2017/02/22(水) 22:51:14.82
>>290
かわいらしい句じゃないですか
「なれど」とか「うれし」とか直接言っちゃうところが俳句としては一見陳腐だけど
かえってそれがパンダの恋心とそれを見守る人々の温かみを感じさせる
これはこのままで味わいましょう

293 :詠み人知らず:2017/02/23(木) 00:03:46.74
>>292
本物?
それとも言葉遣いを似せた偽物?

294 :詠み人知らず:2017/02/23(木) 06:01:39.88
血まみれの鼻くそ丸めて梅仁丹

295 :詠み人知らず:2017/02/23(木) 06:18:28.50
39光年彼方の星で水ぬるむ

296 :詠み人知らず:2017/02/23(木) 06:34:56.76
>>291
>つくし摘み吾子の手地球とつながれり

小さな手が小さなつくしを介して大きな地球と握手してるのかな。
絵本の絵のような景色が浮かんできました。
作者さんの子どもへの愛情が伝わってきます。
そして地球を思う気持ちも…

297 :詠み人知らず:2017/02/23(木) 07:52:01.68
いてくれるだけでいいよと土筆茹で

298 :詠み人知らず:2017/02/23(木) 08:42:04.12
>>295
さっそくw いいね!

299 :詠み人知らず:2017/02/23(木) 08:46:07.79
>>295
こういうのは早いものがちだもんねw
素晴らしい

300 :詠み人知らず:2017/02/23(木) 14:51:28.44
>>295
そのネタ、東国原が絡めて来そう

301 :詠み人知らず:2017/02/23(木) 15:03:54.54
MBSラジオのリスナーからのお便り
兵庫県加東市の道の駅にて土筆一袋20本くらい入って200円で売られてたらしい
「これ売れたらボロい商売やで〜」とのこと

道の駅つくし売られる時代かな

川柳やな、これは

302 :詠み人知らず:2017/02/23(木) 15:12:08.40
なんかこのスレ川柳をバカにする人多いよね
俳句の方が崇高なもの
私はその崇高な俳句をやってるのよ
そんな感じ

303 :詠み人知らず:2017/02/23(木) 15:24:28.64
詩は七歩和歌は踏み見ぬうちに詠み

304 :詠み人知らず:2017/02/23(木) 16:43:49.81
>>302
バカにしたり下に見たりした覚えはないのですが、自身の不勉強ゆえ気を悪くされたらすみません
川柳に対してはMBSラジオでのタイガース川柳とかを楽しんでるレベルなので…

305 :詠み人知らず:2017/02/23(木) 18:24:33.37
プレバト、本日のお題は「菜の花と自転車」

306 :詠み人知らず:2017/02/23(木) 18:39:14.43
菜の花のおひたしにすればいいのに

307 :詠み人知らず:2017/02/23(木) 18:43:51.49
房総半島の菜の花は1月がいいよね

308 :詠み人知らず:2017/02/23(木) 18:49:48.22
補助輪をガラと鳴らして花菜空

309 :詠み人知らず:2017/02/23(木) 18:54:22.23
【春】菜の花、花菜、菜種の花、油菜、菜種菜、花菜雨、花菜風
[解説]
アブラナ科の越年草の油菜の花。日本で古くから栽培されていたのは油菜であるが、
現在では西洋油菜にほとんどが取って代わられた。
菜種は秋に蒔種すると翌春、薹が立ち先端に黄色い十字花をつける。
種子から菜種油を採るために菜の花を栽培したが、近年は栽培は減少した。

310 :詠み人知らず:2017/02/23(木) 19:43:52.64
ピカピカのチャリ
四月から
角を右

311 :詠み人知らず:2017/02/23(木) 20:33:50.56
快晴や
菜の花畑の
風の色

312 :詠み人知らず:2017/02/23(木) 20:47:44.82
菜の花やサドルペダルの錆落とす

313 :詠み人知らず:2017/02/23(木) 20:49:45.18
>>309
無断転載禁止の所じゃないよね

314 :詠み人知らず:2017/02/23(木) 20:54:09.26
菜の花や乗り手が行方不明です

315 :詠み人知らず:2017/02/23(木) 20:56:15.10
>>314
陳腐で詩の欠片も無いってあのババアなら言うかな

316 :詠み人知らず:2017/02/23(木) 20:56:57.30
さらに日本語を勉強して下さいとか
上から目線でヘラヘラ笑いながら人をけなす

317 :詠み人知らず:2017/02/23(木) 21:00:52.61
菜の花や陳魂二十九万頭

ひまわりでも菜の花でもいいじゃん
これ季語が動くんだよね

318 :詠み人知らず:2017/02/23(木) 21:01:38.78
畜魂だった 申し訳ないです

319 :詠み人知らず:2017/02/23(木) 21:03:46.19
菜の花や盗んだチャリで走り出す

320 :詠み人知らず:2017/02/23(木) 21:03:52.94
>>317
埋められた29万頭の畜魂の上に植えられた向日葵の波
やはり向日葵以外はダメな気がします

321 :詠み人知らず:2017/02/23(木) 21:30:13.57
>>320
埋められた29万頭の畜魂の上に植えられた菜の花の波
やはり菜の花でもいい気がします

322 :詠み人知らず:2017/02/23(木) 21:31:07.59
>>319
どこかで聞いたフレーズです

323 :詠み人知らず:2017/02/23(木) 21:36:30.33
>>320
埋められた29万頭の畜魂の上に植えられた水仙の波
やはり水仙でもいい気がします

324 :詠み人知らず:2017/02/23(木) 21:43:06.60
>>320
蓄魂の上に実際に植えられたのは向日葵です
でももし植えられたのが菜の花だったら…

そう考えた時 色々思うものがあります

325 :詠み人知らず:2017/02/23(木) 22:10:19.88
独裁者春愁ゆえに兄殺す

326 :詠み人知らず:2017/02/23(木) 22:13:38.12
>>325
果たして春愁ゆえだったのでしょうか

327 :詠み人知らず:2017/02/23(木) 22:15:58.67
>>326ちょっと散文的だったので語順変えます

独裁者ゆえに春愁兄殺す

328 :詠み人知らず:2017/02/23(木) 22:18:49.87
殺されたお兄様は春ゆえに浮かれていたのでしょう
狙いやすかったのでは…

329 :詠み人知らず:2017/02/23(木) 22:19:37.40
チャプリンの演説のごと菜花燃ゆ

330 :詠み人知らず:2017/02/23(木) 22:21:36.50
>>329
× チャプリン
○チャップリン

331 :詠み人知らず:2017/02/23(木) 22:23:08.17
>>295
おおっ、ちょっと感動しました

332 :詠み人知らず:2017/02/23(木) 22:28:17.31
>>330
文字数合わせのためにわざとでしょ

333 :詠み人知らず:2017/02/23(木) 22:41:46.60
菜種油(なたねゆ)に浮かぶかき揚げ朧月

334 :詠み人知らず:2017/02/23(木) 22:49:19.67
一両車菜の花畑の中へ消ゆ

335 :詠み人知らず:2017/02/23(木) 22:49:30.52
>>333
ここであぶらって読む人いないよ

336 :詠み人知らず:2017/02/23(木) 22:51:17.56
>>333
朧月って言う綺麗な季語が
かきあげ扱いかよw

337 :詠み人知らず:2017/02/23(木) 22:53:06.39
>>334
誰もが想像しそうなよくある風景?

338 :詠み人知らず:2017/02/23(木) 22:53:35.51
>>336
しかも菜種油に浮かんでるという

339 :詠み人知らず:2017/02/23(木) 22:54:30.30
>>333
そういえば番組でも
秋の夕日を目玉焼きに例えた句があったね
扇子は近いかも

340 :詠み人知らず:2017/02/23(木) 23:01:53.68
お遍路を足で法輪転じ行く

341 :詠み人知らず:2017/02/23(木) 23:37:02.48
菜の花や考妣に写メ送りたし

342 :詠み人知らず:2017/02/23(木) 23:38:57.96
>>341
誰でも同じこと考えそうだよね

343 :詠み人知らず:2017/02/23(木) 23:47:06.77
>>342
素人の俳句ってそんなものですよ
かといって玄人の俳句が常に飛躍の発想してるわけもなく

344 :詠み人知らず:2017/02/23(木) 23:54:02.40
>>343
ふーん

345 :詠み人知らず:2017/02/24(金) 00:32:23.05
菜の花の牧場産声四十頭

千葉県のマザー牧場で仔羊44頭のベビーラッシュだそうです。

346 :詠み人知らず:2017/02/24(金) 00:38:09.46
牧場で産声で四十言ったら頭でしょ
頭いる?
素直に四十四でいいんじゃない
個人的には菜の花の後はやで切りたいし
中7の字余りを何とかしたい

347 :詠み人知らず:2017/02/24(金) 01:03:58.05
>>346
中七は「まきばうぶごえ」でいいのかしら

348 :詠み人知らず:2017/02/24(金) 01:20:08.17
>>345
菜の花や
産声四十四頭

でいいんじゃね?
牧場言わなくても伝わるでしょ

349 :詠み人知らず:2017/02/24(金) 01:44:36.34
>>348
微妙だけどいいかもしんない

350 :詠み人知らず:2017/02/24(金) 02:22:22.36
自転車のチェーン外れし花菜の香

351 :詠み人知らず:2017/02/24(金) 03:52:36.90
>>345
下五の頭数の呼び方次第でリズムを悪くしたりするので「しじゅうし」なら

四十四の産声駆けて菜花燃ゆ

352 :詠み人知らず:2017/02/24(金) 05:18:31.58
あと三頭いれば討ち入りできたのに

353 :詠み人知らず:2017/02/24(金) 05:55:12.23
動詞部分も討ち入りっぽいな

354 :詠み人知らず:2017/02/24(金) 06:20:36.09
江戸の浜御殿
菜の花の絨毯

浜離宮に30万本の菜の花畑があるんですね。

355 :詠み人知らず:2017/02/24(金) 07:56:38.11
自主練や 菜の花畑 走る朝

どう?

356 :詠み人知らず:2017/02/24(金) 09:14:33.52
>>354
才能なしがよく言われる文章の一部分を切り取ったやつだよね
江戸の浜御殿には菜の花畑の絨毯がありました

357 :詠み人知らず:2017/02/24(金) 09:16:39.55
>>351
菜の花燃やしたらダメだと思うんだけど・・・

358 :詠み人知らず:2017/02/24(金) 09:20:22.29
>>355
どう?と言われても困りますが
中七は動かせないとして、菜の花畑で自主練と言うと走るに決まってるわけだから

自主練や菜の花畑ひかる朝

359 :詠み人知らず:2017/02/24(金) 09:40:20.43
>>351
動物要素がなくなってるのも問題じゃないか?
赤ん坊が燃える菜の花で泣き叫んでる

360 :詠み人知らず:2017/02/24(金) 09:50:18.15
>>359
結局、>>345が1番伝わってるね

361 :詠み人知らず:2017/02/24(金) 11:05:15.55
>>308
下5は一考のような気がしますが、好きな句です

362 :詠み人知らず:2017/02/24(金) 12:33:33.54
>>317
季語が動くのは同意だけど
菜の花じゃおびただしい家畜の屍
受け止められなくないか?

363 :詠み人知らず:2017/02/24(金) 12:35:56.47
>>308
私も好きです。
自転車→補助輪という発想が自分になかったので、おぉ!と思いました。

364 :詠み人知らず:2017/02/24(金) 12:41:16.64
>>362
なるほど、ジリジリ焼けつくような真夏の太陽に負けない向日葵だからこそ、なんですね。

365 :詠み人知らず:2017/02/24(金) 12:48:58.41
春めきてレジにバイトのあくびかな

366 :詠み人知らず:2017/02/24(金) 13:53:50.21
>>362
別に菜の花でなくてもいいと思う

367 :詠み人知らず:2017/02/24(金) 15:00:10.61
菜の花や さてプレミアムフライデー

368 :詠み人知らず:2017/02/24(金) 15:09:29.92
>>367
菜の花関係ないやんw

369 :詠み人知らず:2017/02/24(金) 15:27:45.35
>>308
花菜空って何?

370 :詠み人知らず:2017/02/24(金) 17:29:33.62
春温し
浮かれる仔犬
前カゴに

371 :詠み人知らず:2017/02/24(金) 18:31:20.19
>>369
たぶん花菜空って言葉はないのかな
花菜(はなな)は菜の花
菜の花の黄色と空の青が連なっている、その中のゆるやかな坂道を小さな男の子(女の子)が補助輪をガラガラ鳴らしながら自転車をこいでるイメージ

372 :詠み人知らず:2017/02/24(金) 18:50:53.15
>>371
この造語ゴリ押しすぎないか?
ありなの?

373 :詠み人知らず:2017/02/24(金) 19:07:21.47
>>372
気になってググってみたら、菜の花の季語の例句としてあったにはあったが

あしたよりゆふべが広し花菜空 (柳沢白草)

374 :詠み人知らず:2017/02/24(金) 19:16:30.17
>>373
プロに解説して欲しいな
この句はまだ「ゆうべ」の言葉があるから花菜空に対して何かしらのイメージが出来るのは分かるが、いきなり花菜空と書いても読み手に対して伝わるのかね?

375 :詠み人知らず:2017/02/24(金) 19:18:16.45
踏青や三歩進んで二歩下がる

春の散策は色んな発見があって
「さっき何々があったよ」
みたいに一向に進まない
それもまた春の楽しみ方
みたいな感じw

376 :詠み人知らず:2017/02/24(金) 19:29:52.24
どこかで聞いたことある詩
オリジナリティに欠けるのも凡人

377 :詠み人知らず:2017/02/24(金) 19:35:27.85
それ突き詰めちゃうと本歌取りとかできなくなっちゃうけどな
どう見ても誰もが知ってるフレーズをどこかで聞いたとか騒ぎ立てるのもナンセンス

378 :詠み人知らず:2017/02/24(金) 20:35:53.56
>>375
踏青と人生も韻を踏んでたりしてW

379 :詠み人知らず:2017/02/24(金) 23:59:13.66
ベルが鳴り踏み出す一歩春隣

380 :詠み人知らず:2017/02/25(土) 01:08:57.62
誰もが知ってるフレーズにさも自分が考えたかのように俳句の3分の2も使うのはどう考えても駄目でしょう

381 :詠み人知らず:2017/02/25(土) 01:45:44.41
>>375
チータが熊本出身ってこともあり、復興の句ともとれないこともない
いやとれないかw

382 :詠み人知らず:2017/02/25(土) 02:37:56.66
https://goo.gl/c6zrh4
これは、嘘でしょ??
本当だったら、ショックだわ。。

383 :詠み人知らず:2017/02/25(土) 02:57:28.61
朧月すくう両手や水ぬるむ

水面に映る朧月をそっと両手で掬うとその水はほんのりぬるんでおりました。
あえての季重なりでございます。

384 :詠み人知らず:2017/02/25(土) 17:39:23.56
>>383
今週言われてた季語の強弱が出来てないパターンのやつじゃないの?

385 :詠み人知らず:2017/02/25(土) 20:46:49.73
>>383
朧月が綺麗なことに感動してるのか水が思いの外ぬるかったことに感動してるのか判断つかないから、たぶん季語の強弱失敗してる。
冷たいだろう水へ思わず手を入れてしまうくらいなので朧月がメインとして、

吾も水も温む手掌の朧月

このくらいやったら朧月>水ぬるむになるんでは?

386 :詠み人知らず:2017/02/25(土) 21:19:11.83
朧月→春月にして

掬う手に水の春月温むかな

とか?

387 :詠み人知らず:2017/02/25(土) 21:34:14.71
ラジオからレミオ流れて四温かな

388 :詠み人知らず:2017/02/26(日) 00:31:15.29
>>387
3月9日か
「ラジオからレミオ流れて」言いたいだけ?
下五は「朧月」でも「水ぬるむ」でも「猫柳」でも何でもいいわけで

389 :詠み人知らず:2017/02/26(日) 01:53:16.54
>>387>>388
横からだが、レミオロメンと四温の取り合わせはなかなかいいと思うけどダメかなあ。
3月9日ってこともわかるし3、9、4という数列も頭に残って奇妙な心地よさがある。
問題なのは三寒四温が本来は冬の季語ってところだろうね。
歳時記にならうなら俳人は三月のイメージでとってくれないんじゃないかな。
あとそんなに季語が動くのが気になるなら、

ラジオからレミオ流れて祭頭祭

とかね。行事で季語を調べたら鹿島祭頭祭という
防人の旅立ちを祈願することに由来する祭典が鹿島神宮で毎年三月九日にあるらしい。
おあつらえ向きな季語が見つかったよw
ただレミオロメンとかいう特徴的な名詞、固有名詞はできれば略さずに使いたいところ。

390 :詠み人知らず:2017/02/26(日) 03:54:03.34
防人の肩も濡らすか花菜雨

私も横から失礼します。
どこまでも広がる菜の花畑を出発してゆく防人達の背中が見えたような気がしました。
レミオロメン→3月9日→防人と繋がって何か不思議な感じです。

391 :詠み人知らず:2017/02/26(日) 07:00:35.73
雨滴にもつく紅梅の香りかな

392 :詠み人知らず:2017/02/26(日) 07:39:57.04
>>391
も の使い方って難しいよね
これはダメな見本

393 :詠み人知らず:2017/02/26(日) 07:44:00.97
これは紅梅から始めた方が絶対に得です!!!

394 :詠み人知らず:2017/02/26(日) 08:13:19.06
>>392
この句はNHK初心者向け俳句番組の特選句です。
具体的に何が悪いのか、どう直せばいいのかを言ってもらわないと
初心者の私としては困ります。

395 :詠み人知らず:2017/02/26(日) 11:16:14.32
>>394
上で指摘のあるとおり

紅梅や雨滴にもつく香りかな

の方がいいように感じます

396 :詠み人知らず:2017/02/26(日) 11:22:38.53
>>395
「や」「かな」で切れが二つに入るのはよくないので

紅梅の匂い移れる雨滴かな

なんてどうでしょ

397 :詠み人知らず:2017/02/26(日) 11:52:14.79
>>396
香りより匂いの方がいいということでしょうか?

398 :詠み人知らず:2017/02/26(日) 12:26:01.69
>>397
というより切れ字が問題
一句に切れ字が二つ入るのは季重りと同じく俳句では御法度なんです
「降る雪や明治は遠くなりにけり」みたいな例外もあるけど基本的にはNG

399 :詠み人知らず:2017/02/26(日) 12:35:13.25
>>396
それうまいと思う

400 :詠み人知らず:2017/02/26(日) 12:39:38.91
>>394
はいくって算数みたいにきっと答えが出るわけじゃないの
選者によって全く評価変わっちゃうよ

朝顔につるべ取られてもらい水

誰でも知ってる有名な句だけど
これを悪い見本とする俳人も多い

401 :詠み人知らず:2017/02/26(日) 13:57:03.75
>>400
たしかにそうですね
この句は吟行で外国人の人が詠んだ句だったのですが
助詞の使い方とかの細かい事じゃなくて着眼点、発見と句の美しさが評価されていました

402 :詠み人知らず:2017/02/26(日) 14:05:46.80
>>394
特選句だけどあの中ではっていう話
先生が添削したわけでもないし

プレバトで言う特待生の句の添削なしでしょ
異論は色々出てくると思いますよ

403 :詠み人知らず:2017/02/26(日) 14:36:02.34
>>400
加賀千代女は晩年に「朝顔に」を「朝顔や」に直されたりしたらしいけど、「朝顔に」の方が断然いい気もしますし

404 :詠み人知らず:2017/02/26(日) 14:52:45.85
>>403
私個人的な感想ですが
それ以前の問題かと

405 :詠み人知らず:2017/02/26(日) 15:07:40.34
>>404
子規はこき下ろしてましたね

406 :詠み人知らず:2017/02/26(日) 15:13:26.04
>>405
その時代正岡子規って生きてましたっけ?

407 :詠み人知らず:2017/02/26(日) 15:16:34.31
> その時代正岡子規って生きてましたっけ?

申し訳ない勘違いした

408 :詠み人知らず:2017/02/26(日) 15:35:44.56
>>396
雨滴を詠嘆するよりは香りを詠嘆した方が千倍はいいよ

409 :詠み人知らず:2017/02/26(日) 15:40:23.90
>>408
例えばどんな風に?

410 :詠み人知らず:2017/02/26(日) 15:55:38.46
>>409
座布団一枚

411 :詠み人知らず:2017/02/26(日) 15:57:16.44
>>408
千倍はともかく>>395さんの「紅梅や雨滴にもつく香りかな」の切れ字2つを、「紅梅の雨滴にもつく香りかな」にする感じですかね?

412 :詠み人知らず:2017/02/26(日) 16:02:11.92
>>411
やるねぇ
でも も が引っかからない?

413 :詠み人知らず:2017/02/26(日) 16:04:06.19
紅梅の雨滴まで染む香りかな の方が調べはいいかも

414 :詠み人知らず:2017/02/26(日) 16:08:50.81
>>413
紅梅の雨滴に移る香りかな がストレートで
ここからどうするかだと思ってたらやられてしまった

お見事です

415 :詠み人知らず:2017/02/26(日) 16:09:52.84
>>412
確かに香りに感嘆してるのに、他にもあるんかいwってことになりますね

416 :詠み人知らず:2017/02/26(日) 16:11:20.14
>>413
うーん
まで を使わず何か別の言葉も使いたい

417 :詠み人知らず:2017/02/26(日) 16:36:24.08
紅梅の雨滴を包む薫りかな

どうしても まで が字数合わせ的に感じる
でもをも駄目だね
時間や空間の経過を感じないし
散文的?

紅梅の雨滴も包む薫りかな ?

て を に は の沼に…
誰か助けてください

418 :詠み人知らず:2017/02/26(日) 16:45:45.32
雨滴は3音ですが、雨だれはどうなのかな
意味的には同じようでいて、雨だれは雨滴より範囲が広がるイメージになってしまいますが
あとショパン的w

419 :詠み人知らず:2017/02/26(日) 16:52:28.45
ガゼボと小林麻美かいwww

420 :詠み人知らず:2017/02/26(日) 16:56:39.86
そうくると雨音も使える?
あと余滴とか

421 :詠み人知らず:2017/02/26(日) 17:33:57.72
いっそ雨上がりにして

紅梅や晴れて雨滴を芳しく

422 :詠み人知らず:2017/02/26(日) 17:36:40.70
どんどん原形から離れていくなw

423 :詠み人知らず:2017/02/26(日) 17:40:25.03
>>421
それも考えた
日差しとかと余滴をうまく組み合わせれば雨上がりが表現できるかなとか
でも私の能力では無理でした…

や で切ったのはいいと思います

424 :詠み人知らず:2017/02/26(日) 18:10:58.68
雨滴にもつく紅梅の香りかな
でいいじゃん
「にも」がある事で香りが強いことが強調できてるし何がそんなに気に入らないんだよ

425 :詠み人知らず:2017/02/26(日) 18:14:08.14
一周回って…ってヤツですね

426 :詠み人知らず:2017/02/26(日) 20:33:07.10
最初のが一番いいわ
水滴のクローズアップのまま梅の香りだけしてくるのがいい
紅梅から始まると枝やら花やらまで映像化されて雨滴がもったいない

427 :詠み人知らず:2017/02/26(日) 20:49:00.84
《新スレ御案内》
プレバト 6
http://echo.2ch.net/test/read.cgi/tv/1488100014/

いつもスレを盛り上げていただき、どうもありがとうございます。
こちらのテレビ番組板のプレバトスレも合わせてよろしくお願いいたします。

428 :詠み人知らず:2017/02/26(日) 20:55:04.38
>>426
遠くから近く 近くから遠く
大から小 小から大
下から上 上から下
これ一応基本ね

429 :詠み人知らず:2017/02/26(日) 21:04:56.67
>>428
普通は上り立つイメージの香りだけど雨だれによって下にも広がっているという気付き
雨滴と香りの小さな物質要素に終始しているが動きはあるんだよねえ
むしろそこがこの句のいいところ

430 :詠み人知らず:2017/02/26(日) 21:21:43.59
なにげにこの板で一番勢いがあるという

431 :詠み人知らず:2017/02/26(日) 21:29:02.84
>>429
あーこれもいいこと言うね

432 :詠み人知らず:2017/02/26(日) 22:09:20.68
意見が分かれるのも俳句鑑賞の面白さだと思う
そうやってそれぞれの俳句観が生まれてくるんだろうし
「俺ならこう作る!」って気持ちが作句のモチベーションになればしめたもの

433 :詠み人知らず:2017/02/27(月) 10:50:14.77
自販機のしるこ売り切れ二月尽

近所の自販機のおしるこに売り切れランプがついてたんだけど、自分以外に買う人いたのかw

434 :詠み人知らず:2017/02/27(月) 11:09:46.55
>>433
「しるこ」は冬の季語で季重なりになってそうで、自販機の中の商品でしかも売り切れてるので強弱(しるこ < 二月尽)はついてるような? ついてないような?

季重なりって難しいですね

435 :詠み人知らず:2017/02/27(月) 11:22:30.12
しるこは季語じゃないので季重なりにはならないよ
>>433
自分以外にもしるこ好きがいたことを詠みたいなら

おや君も缶しるこ派か二月尽

みたいに口語にしてもいいかも

436 :詠み人知らず:2017/02/27(月) 13:17:10.47
>>387
さっきバイキングでやってた思い出の卒業ソングランキング3位でしたね
ちな2位はユーミンの「卒業写真」、1位は「旅立ちの日に」

437 :詠み人知らず:2017/02/27(月) 15:16:27.03
>>435
「しるこ」は季語じゃなかったんですね
勘違いしてました

438 :詠み人知らず:2017/02/27(月) 16:43:48.34
しるこは季語じゃないけど季節感満載の単語
どうしても季重なりのように見えて
すごく違和感がある無学な私…

439 :詠み人知らず:2017/02/27(月) 17:22:32.75
当然と言えば当然ですが「冷やししるこ」は夏の季語らしいですね
あと「甘酒」は手持ちの歳時記によると、冬の季語だが古くは夏の飲み物で夏の季語だった…と説明されてた

440 :詠み人知らず:2017/02/27(月) 17:48:13.26
歳時記にもよりますが 甘酒は今でも夏の季語
これが一般的な認識ではないでしょうか

441 :詠み人知らず:2017/02/27(月) 17:53:26.87
便利なこのサイト
http://kigosai.sub.jp/27701-2
甘酒は夏の季語になっています
角川合本俳句歳時記も夏

ただ現在では冬の季語というのも有りとは思います

442 :詠み人知らず:2017/02/27(月) 18:57:42.62
卒業の友の証書の字体かな

卒業証書には正式な名前を記すため人によっては旧字体や異字体で書かれることもあります
よく知っていたはずの友達の名前でもなんだか新鮮に感じられる
また自分は常用漢字だらけでちょっとうらやましく思ってしまう
そんな気持ちを詠みました

・卒業の友の証書の字体かな
・卒業の友の証書の旧字体
・卒業の友の証書に旧字体

上記の三つで迷ったのですがどれがいいでしょうか
季語は卒業証書ですがこの長さの言葉は使いづらいですね もっと上手くできたかも

443 :詠み人知らず:2017/02/27(月) 19:07:50.84
あくまで私の好みですが

卒業や友の証書の旧字体

444 :詠み人知らず:2017/02/27(月) 19:14:49.32
>>443
そうですね 「や」の存在をすっかり忘れていました
どうもありがとう

445 :詠み人知らず:2017/02/27(月) 19:18:52.55
>>444
あくまで私の考えですが
や で切っても や 以下が
単なる季語の説明にならず
上手く二物衝撃に… と思います
なお異論は認めます

446 :詠み人知らず:2017/02/27(月) 19:25:23.00
卒業や友の名前に旧字体

具体的に何が旧字体なのか分かりますし
これで卒業証書と書かなくても分かると思います
本当はこんな字だったんだ
という驚きが強調されませんか

447 :詠み人知らず:2017/02/27(月) 19:47:13.08
>>446
なるほど まず「や」でカットを切ってから
「名前に」の「に」で字体ではなく名前の方に軸足を持っていくことで
友達の名前に新発見があったことが強調されていますね

448 :詠み人知らず:2017/02/27(月) 20:04:26.29
>>447
この に がポイントだと思います
この句は動詞がないので
あえてちょっと引っかかるように使ってみました
名前が強調されますがちょっと散文的でしょうか
他の博学な方の意見をも参考にしてください

449 :詠み人知らず:2017/02/27(月) 23:05:06.81
>>448
やっぱり証書は入れた方がわかりやすいと思う

卒業や証書の友は旧字体 

450 :詠み人知らず:2017/02/27(月) 23:45:11.39
>>449
証書の友が旧字体ってボーボボばりのナンセンスな状態なんですがwww

451 :詠み人知らず:2017/02/27(月) 23:48:32.13
>>450
ここはど素人も書き込める掲示板
ほどほどにしなさい

452 :詠み人知らず:2017/02/28(火) 00:05:52.73
卒業証書きみの名前の旧字体

うーん、視覚だけで気持ちが入らないですね

453 :詠み人知らず:2017/02/28(火) 00:07:19.17
俳句に絶対的な答えはないの
それぞれの意見を尊重してね

454 :詠み人知らず:2017/02/28(火) 05:14:54.07
>>442ですが、卒業の季語からすると発想は友じゃなくて我でも良い気がしますね
我だと卒業式の厳かな雰囲気に合っていると思いますし
友だとちょっとずらして春の出会いと別れに持って行く感じがします
もっというと誰かは言わないで音数を節約し表現の幅を広げる方法もあるかなと
貴重なご意見みなさんありがとうございました
技術と発想、どちらも大切に

455 :詠み人知らず:2017/02/28(火) 08:48:51.67
廃句…

456 :詠み人知らず:2017/02/28(火) 09:41:54.21
卒業歌右のポッケを探りけり

高校卒業時に詠んだ句です(遠い目)
今となってはひたすら青臭くちとほろ苦いw

457 :詠み人知らず:2017/02/28(火) 09:53:43.65
>>454
卒業す証書にわが名ふとぶとと 

旧字体と絡められなかった…

458 :詠み人知らず:2017/02/28(火) 10:10:10.69
>>457
卒業す証書にわが名旧字体

でいいんじゃない?

459 :詠み人知らず:2017/02/28(火) 10:12:42.60
>>456
東京キッド乙

460 :詠み人知らず:2017/02/28(火) 12:47:52.48
>>449
友じゃなくて君の場合だとこの句の形が一番しっくりくる気がします

卒業や証書の君は旧字体

「は」の効果がよく出ています
卒業までの学生生活、いつも目で追って色んな顔を知っている君
しかし卒業証書に書かれている君、その見慣れぬ小難しい字は
ひときわ大人びて見えてしまいどこか遠くへ行ってしまうような…
名前の文字そのものを人物に見立てる感覚も恋と相性がいいです

461 :詠み人知らず:2017/02/28(火) 13:29:47.76
自分が一番という人がたくさん集まってまいりました

462 :460:2017/02/28(火) 13:39:51.86
集まるも何も私は>>442ですよ

463 :詠み人知らず:2017/02/28(火) 13:44:50.70
ここは良スレですね

464 :詠み人知らず:2017/02/28(火) 13:52:20.10
>>463
お疲れ様です

465 :詠み人知らず:2017/02/28(火) 13:53:11.19
>>460
>>449を書いたのは俺だけど意図を読み取ってくれて嬉しいです
確かに「友」より「君」の方がいいかもしれないね
いっそう想いがこもる感じがする

466 :詠み人知らず:2017/02/28(火) 14:56:57.56
昨日、この句を書き込もうとして無理があるなと辞めにしたのですが…

卒業証書や君の名旧字体

467 :詠み人知らず:2017/02/28(火) 16:22:29.64
>>466
三段切れ?
意味分かんないんだけど

468 :詠み人知らず:2017/02/28(火) 17:22:20.76
>>466
ちょっと厳しいですね…
君の名や卒業証書旧字体 の方がまだいいかと

469 :詠み人知らず:2017/02/28(火) 17:23:56.52
>>468
あんた優しい人だな
ちょっと厳しいとか…

470 :詠み人知らず:2017/02/28(火) 17:56:00.24
>>467>>468>>469
やっぱり厳しいですね
失礼しました

471 :詠み人知らず:2017/02/28(火) 18:17:06.04
>>470
全然いいですよ
みんなで添削し合うのがこのスレの醍醐味なので
どんどん発表しましょう

472 :詠み人知らず:2017/02/28(火) 20:01:20.29
卒業やボタン取り合う男子校

473 :詠み人知らず:2017/02/28(火) 20:57:24.99
>>456
「〜している」の「をり」の方がいいかも?

卒業歌右のポッケを探りをり

474 :詠み人知らず:2017/02/28(火) 21:22:30.48
>>456
卒業歌右のポッケを探りつつ

の方が臨場感出ないか?

475 :詠み人知らず:2017/02/28(火) 21:35:18.81
つかポケットから手を出しなさいw

476 :詠み人知らず:2017/02/28(火) 21:44:08.60
>>472
えっと、ちょっと意味が分かりませんね…?
第二ボタンの事を言っておられるのかと思いますが…

477 :詠み人知らず:2017/02/28(火) 21:56:07.30
>>475
たしかにw
まあマジレスすると比喩だろ
「右のポッケにゃ夢がある〜」ってやつ

478 :詠み人知らず:2017/02/28(火) 22:01:48.41
>>477
それは出てこなかった

479 :詠み人知らず:2017/02/28(火) 22:24:43.43
>>476
BL俳句ってやつか…?
微妙に季重なりだけど

卒業やボタン取り合う薔薇の園

480 :詠み人知らず:2017/02/28(火) 22:57:43.78
そろそろ兼題写真をキャプチャーしてくれる人が現れてほしい

481 :詠み人知らず:2017/03/01(水) 02:08:57.08
行く春や豊洲移転かベンゼンか

482 :詠み人知らず:2017/03/01(水) 07:21:01.57
卒業の庭の片すみ銀釦

483 :詠み人知らず:2017/03/01(水) 12:28:10.86
ため池のソーラーパネルや春愁う

法事で久しぶりに実家に帰ったら、近くのため池がフロート式のソーラーパネルで埋め尽くされてた
ここ何年かの間に、近隣では屋根の上だけでなくやたらと空いた土地にソーラーパネルが設置されてるらしい

484 :詠み人知らず:2017/03/01(水) 14:35:51.74
電気買取価格の急な低下で
ソーラーパネル系の会社ガンガン潰れてますね
何か悲壮感を感じるのは私だけでしょうか

485 :詠み人知らず:2017/03/01(水) 16:51:34.48
香しい梅ちゃん先生しあわせに

486 :詠み人知らず:2017/03/01(水) 17:41:58.65
夏井先生がブログで新しい本の例句を募集してるね
お題は「リビング」だって

487 :詠み人知らず:2017/03/01(水) 18:03:31.03
クロッカス咲きて家族が揃う居間

488 :詠み人知らず:2017/03/01(水) 18:18:14.09
リビングのルンバ静かに春を待つ

489 :詠み人知らず:2017/03/01(水) 18:39:00.90
クロッカスでもヒアシンスでもチューリップでもシクラメンでも
句として成立しません?

490 :詠み人知らず:2017/03/01(水) 18:42:16.26
カレンダーめくりてもまだ春火鉢

491 :詠み人知らず:2017/03/01(水) 20:08:52.21
みんなスレタイもう一度確認しようね
スレタイってねスレッドタイトルのことだよ

「プレバトのお題で一句詠むスレ」

好き勝手に自分の俳句自慢するとこじゃないから

492 :詠み人知らず:2017/03/01(水) 20:34:06.59
そうだね スレタイを変えるべきだ

「プレバトのお題で一句詠むスレ または自由」

493 :詠み人知らず:2017/03/01(水) 21:07:14.60
>>492
需要があるならフリー俳句のスレ立ててみたら?
今のままじゃスレチって騒ぐやつ絶対出てくるから

494 :詠み人知らず:2017/03/01(水) 21:43:59.75
明日のプレバトのお題は「卒業式」だそうです。

495 :詠み人知らず:2017/03/01(水) 21:45:19.44
次のお題が出るまでの余談でいいんじゃないかな
木曜が来れば本筋に戻るわけだし

ただ何でもありと言うよりは、例えば>>486みたいなお題が提示されての余談ならいいかなと思う

496 :詠み人知らず:2017/03/01(水) 21:47:16.52
では皆様「卒業式」一句お願いいたします

497 :詠み人知らず:2017/03/01(水) 21:50:18.61
明日のお題は「ひなまつり」でしょ?

498 :詠み人知らず:2017/03/01(水) 22:00:17.22
>>497
ごめんなさい。間違えました。明日のお題は「ひなまつり」です。
きちんと確認せずに書き込んでしまいました。以後気をつけます。

499 :詠み人知らず:2017/03/01(水) 22:04:20.01
3月9日放送分のお題が「卒業式」のようです。失礼しました。

500 :詠み人知らず:2017/03/01(水) 22:15:36.18
>>499
もしや>>387みたいなレミオロメンが句に登場したりするかも
凡人扱いだろうけどw

501 :詠み人知らず:2017/03/01(水) 22:16:56.60
「ひなまつり」みたいなお題が結構難しい

502 :詠み人知らず:2017/03/01(水) 22:22:52.36
せめて写真があれば発想広げやすいですよね
「ひなまつり」って文字のお題だけだと俳句初心者には難しいです

503 :詠み人知らず:2017/03/01(水) 22:27:20.73
嫁ぐ日の朝しつらえし雛飾り

504 :詠み人知らず:2017/03/01(水) 22:28:42.75
>>503
事前に準備ぐらいしなさいよ
と突っ込まれそう

505 :詠み人知らず:2017/03/01(水) 22:40:51.42
明日嫁ぐ娘が飾る雛人形

506 :詠み人知らず:2017/03/01(水) 22:41:19.27
>>503
都心だと前日はホテルに泊まってエステとか行く人多いよ
料金もそういうのとセットになってるし
スイートがお得に泊まれるらしい

507 :詠み人知らず:2017/03/01(水) 22:47:30.76
やはり「ひなまつり」は難しいお題ですね。
ゲストの皆さんや梅沢名人がどのような句を詠まれるか楽しみです。

508 :詠み人知らず:2017/03/01(水) 22:51:33.88
>>505
山口百恵の「秋桜」的に母と娘の物語がありそう
詠み人は父かも知れないけど

509 :詠み人知らず:2017/03/01(水) 22:54:06.83
昨年の放送から

70点 ひなあられつまんで今日の日が落ちる → 雛あられつまんで今日の日が落ちる
42点 祖母の家お雛様よりちらし寿司 → 祖母の家雛を言祝ぐ(ことほぐ)ちらし寿司
41点 雛人形辛い時でも笑っている → 辛き日もしずかに笑みてひな人形
35点 なつかしや思い重なる五人雛 → 五人雛如き我らの日々なつかし
30点 闇の中待っていたぞ春の風 → 闇に待つ雛のかんばせへと風を

現状維持 身ごもりし娘にゆずる雛飾り
→ 身ごもれる娘にゆずる雛(ひいな)かな
→ 身ごもれる娘にゆずる内裏雛
→ 身ごもれる娘にゆずる古雛(ふるひいな)

510 :詠み人知らず:2017/03/01(水) 22:57:01.44
ぼんぼりや五十四帖の浮かびくる

511 :詠み人知らず:2017/03/01(水) 23:14:31.27
晩酌や今宵ばかりは白酒で

512 :詠み人知らず:2017/03/02(木) 00:04:00.63
藤本さんが言っています

「 もっと発想を飛ばせ飛ばせ」

513 :詠み人知らず:2017/03/02(木) 00:11:53.39
【子季語】
雛、ひいな、雛飾、雛人形、雛の調度、雛道具、雛屏風、雛段、雛の膳、雛の酒、紙雛、立雛、内裏雛、享保雛、変り雛、糸雛、菜の花雛、京雛、木彫雛、官女雛、五人囃、雛箱、初雛、古雛、雛の燭、雛の宴、雛の宿、雛の客、雛椀

【関連季語】
桃の節句、上巳、雛市、雛流し、雛納め

http://kigosai.sub.jp/archives/1934 より

514 :詠み人知らず:2017/03/02(木) 00:43:54.85
あのおばちゃんってすごい人なの?
つか50代とは思わなかった

515 :詠み人知らず:2017/03/02(木) 02:31:06.22
柿の種ひなあられだとそっと出し

516 :詠み人知らず:2017/03/02(木) 05:13:43.30
床の間に雛人形の如く座し

517 :詠み人知らず:2017/03/02(木) 05:40:30.62
>>516
男雛ですか女雛ですか?
三人官女や五人囃子はどうですか?
五月人形ではダメですか?

518 :詠み人知らず:2017/03/02(木) 05:59:51.84
ピアニカで五人囃子に加わる子

519 :詠み人知らず:2017/03/02(木) 06:06:28.17
>>515
パチンコですってんてんになった小遊三師匠みたいな人が
貧しさからひな祭りでも娘に何もしてやる事が出来なくて
唯一パチンコ中に食べようと思って交換した柿の種を
娘にひなあられだよと言って渡した

こんな感じ…

520 :詠み人知らず:2017/03/02(木) 06:29:42.80
明日嫁ぐ娘が飾る雛人形
嫁がせし親を労う雛の笑み

結婚式が終わって幸せだけど、どこか寂しいような…
そんな両親をいたわるように微笑むお雛様
嫁ぐ娘と嫁がせた親とセットで鑑賞していただけるとちょっとは伝わるかな、、、
小狡いやり方ですね。すみません(笑)

521 :詠み人知らず:2017/03/02(木) 06:43:40.05
>>516
ちょっとわからないですね。
床の間に雛人形のように座っているのは、いったい何なのでしょうか?

522 :詠み人知らず:2017/03/02(木) 06:58:47.20
離婚せし娘を迎う雛人形

とならない事を陰ながらお祈りしております

523 :詠み人知らず:2017/03/02(木) 07:10:12.61
>>521
座敷童を想像しました

524 :詠み人知らず:2017/03/02(木) 07:33:24.59
>>520
言いたい事は分かりますし気持ちも伝わります
でももし雛祭りという兼題で句を募集したら
似たような句がたくさんありそうです
もっとオリジナリティーなワンシーンが
そう考える方が多いと思います

525 :詠み人知らず:2017/03/02(木) 07:53:30.56
>>523
なるほど。それは気づけなかった。

座敷わらし澄まし顔なる雛の宿

古い雛壇が飾ってあるような旅館には座敷わらしが居そうです。
夜中に出てきてお雛様を見て隣で真似っこしてるんですね。
可愛い(笑)
桃の節句のファンタジー俳句です。

526 :詠み人知らず:2017/03/02(木) 08:15:01.83
>>525
相当なお方ですな

527 :詠み人知らず:2017/03/02(木) 08:22:40.83
ひなまつり雛を連れ出す内裏様

528 :詠み人知らず:2017/03/02(木) 08:48:48.19
>>527
連れ出したのがお雛様ですのでよしとしましょう。

ひなまつり官女連れ出す内裏様

こうなると相当もめてしまいそうです。

529 :詠み人知らず:2017/03/02(木) 09:02:45.41
>>528
相当なお方ですな

530 :詠み人知らず:2017/03/02(木) 09:07:56.08
将棋盤二個分ほどの雛飾り

531 :詠み人知らず:2017/03/02(木) 09:11:35.91
>>527
>>528
えげつないほど季重なりしてますけど良いんですかね?

532 :詠み人知らず:2017/03/02(木) 09:15:27.38
縁側に並ぶじじばば桃の花

533 :詠み人知らず:2017/03/02(木) 09:25:04.23
うつくしき指より生まれ紙雛

534 :詠み人知らず:2017/03/02(木) 09:52:02.27
>>532
才能なし5点

535 :詠み人知らず:2017/03/02(木) 10:35:13.88
折り紙の雛人形をググりけり

536 :詠み人知らず:2017/03/02(木) 11:37:18.72
>>532
縁側に並ぶじじばば古雛

50年前は人形のような美男美女の夫婦でしたが、じじばばになりました。
いろいろ苦労もしましたが、おかげさまで今でも仲良しですよ。
みたいな。

537 :>>530:2017/03/02(木) 11:37:45.21
上五が名詞一単語、下五も名詞一単語だとちょっとリズムが悪いですよね
これも極力避けた方がいいと聞きかじったことを思い出しました
訂正します

将棋盤二個ほどの雛飾りかな

538 :詠み人知らず:2017/03/02(木) 11:58:11.95
>>537
雛飾り高さは将棋盤ふたつ は?

539 :詠み人知らず:2017/03/02(木) 13:05:38.95
将棋盤二つ?
ガラスケースに入ったそれぐらいの大きさの雛飾りはよくあるような?

540 :詠み人知らず:2017/03/02(木) 14:47:40.73
>>535
折り紙の雛人形は「折り雛」にすべきでしょう

541 :詠み人知らず:2017/03/02(木) 14:58:38.17
>>540
多分字数合わせでしょう
いらない言葉を排除して
さらに情報入れるのは鉄則ですけど

542 :詠み人知らず:2017/03/02(木) 15:31:27.19
ひとり雛サントワマミー歌いだす

543 :詠み人知らず:2017/03/02(木) 15:42:01.86
>>536
>>532の「縁側に並ぶじじばば」で古雛を表現してると思われるところに古雛では蛇足に感じてしまうような?

544 :詠み人知らず:2017/03/02(木) 15:58:13.03
>>543
なるほど、失礼しました。

縁側に並ぶじじばば桃の花

じじばばと平仮名にすることで孫や曾孫の姿も見えてきます。やさしいですね。
お見事です。

545 :詠み人知らず:2017/03/02(木) 16:15:09.78
じじばばって現代ではあまり良い表現ではないですよね
私はそんな感じがいたしました
縁側にじじばばで並んでいるのは想像できます
並ぶを省略しじじばばをもっと愛らしい表現ができればなと思いました

546 :詠み人知らず:2017/03/02(木) 16:45:32.96
>>545
本当なら「じぃじ ばぁば」がいいんでしょうね

547 :詠み人知らず:2017/03/02(木) 18:23:10.08
耳の日に聞こえたのかも雛の声

548 :詠み人知らず:2017/03/02(木) 19:13:55.49
「甘酒は夏の季語」きたーー!!

549 :詠み人知らず:2017/03/02(木) 20:34:02.29
笏欠けた雛を飾りて姉偲ぶ

小さい頃に姉と男雛を取り合ったりして一部壊れてしまったた雛人形を飾り
当時を懐かしみながら姉に思いを馳せる
姉が独立しただけなのか嫁いだのか
はたまたもしかして亡くなってしまったのかと言うのはわざと曖昧なままにしてる
まあ実際には姉もいないおっさんなんですけど

550 :詠み人知らず:2017/03/02(木) 21:23:10.25
>>549
よくあるベタなパターンかな

551 :詠み人知らず:2017/03/02(木) 22:09:26.60
雛雪洞君の白肌ほのりそめ 

552 :詠み人知らず:2017/03/02(木) 22:38:08.82
>>551
発想はよくあるベタなパターンかな

553 :詠み人知らず:2017/03/02(木) 22:55:29.65
>>545
縁側に男雛女雛や老夫婦

なんてどうですか?

554 :詠み人知らず:2017/03/02(木) 23:48:42.58
気にしない
余所広告の
紙雛

555 :詠み人知らず:2017/03/03(金) 00:48:24.58
雛壇に比率みつけし数学家

雛飾りの段は数学の問題の図形のようでそこから発想を飛ばしました。
数学者は自然に数式を見出したりするそうですが、あえて伝統的な人工物の雛壇と数学家の取り合わせで句に新しい発見。
最初は「体積を求める」とか色々考えたんですが、瞬間的に数式に置き換える感じが欲しかったので「比率」にしました。
下五は「数学者」でなくあくまで愛好家である「数学家」で雛祭りの家庭的な印象も入れて。

556 :詠み人知らず:2017/03/03(金) 01:21:00.57
>>555
発想は素晴らしいと思います
これぞオリジナル
言わんとしていることも句のみで伝わります
ただバラエティ番組で芸人さんが座っているのも雛壇
雛壇が季語か否かは微妙です
少なくとも季節感の少ない季語に感じます
またこの季語は動かせちゃうかなとも感じました
でもこの発想に拍手

557 :詠み人知らず:2017/03/03(金) 02:05:22.40
https://goo.gl/J06liu
これは本当??
ショックすぎる。。

558 :詠み人知らず:2017/03/03(金) 04:21:24.20
生まれ来る孫待ち顔なるお雛さま

予定日は3月の終わりと聞いております。

559 :詠み人知らず:2017/03/03(金) 04:25:57.33
ハチローが間違えました雛の歌

560 :詠み人知らず:2017/03/03(金) 07:58:40.67
女子会という名で夜毎ひな祭り

561 :詠み人知らず:2017/03/03(金) 08:35:56.18
縁側のじぃじばぁばはお雛さま

小さな子の目線で、フジモンの「は」を使って詠んでみました。

雛でなく仏だろうとじじ照れる

562 :詠み人知らず:2017/03/03(金) 08:48:47.87
>>549
私は好きです。いろいろ共感できて。

563 :詠み人知らず:2017/03/03(金) 12:07:57.12
>>560
これって川柳だろ

564 :詠み人知らず:2017/03/03(金) 12:58:13.12
俳句と川柳の違いは季語の有無だけではないと言われます
しかしそこに明確な千引きはありません
新語 造語が入ると 確かに俗っぽい感じはします
この場合は女子会という言葉がポイントです
作者が女子会という言葉にこだわりがなければ
他の言葉に置き換えてみると良いと思います

565 :詠み人知らず:2017/03/03(金) 13:51:02.59
女子会よりも一日限りのひな祭りが夜毎あるほうが問題だろ
比喩にしてるうえに使い方も品がない

566 :詠み人知らず:2017/03/03(金) 14:35:12.90
>>555
発想だけで少しも詩を感じないです

567 :詠み人知らず:2017/03/03(金) 16:05:46.63
俳句読んだ後自分で解説するのってありなの?
俳句って作品としては17音があるだけでどう感じるかは読み手に任せますって感じじゃないの?

568 :詠み人知らず:2017/03/03(金) 16:16:11.73
>>555
数学家という言葉から連想される気難しい男性が、娘か孫のために
雛人形を飾ろうと奮闘しつつふとそこに自分のマニアックな楽しみを発見した、という感じ
ストーリーが浮かんできて十分詩的だと思う
雛壇、比率、数学家という言葉の取り合わせが素敵です

569 :詠み人知らず:2017/03/03(金) 16:31:13.74
>>567
プレバトという番組の中では、
先生の添削を頂く前にどういう気持ちで詠んだか説明しています。

このスレ内では簡単なコメントを入れるか否かは作者さん次第でよろしいかと。
私の意見です。

570 :詠み人知らず:2017/03/03(金) 16:33:58.24
あまり堅苦しくならず楽しく詠みたいな〜
と初心者の私は思ってます。

571 :詠み人知らず:2017/03/03(金) 16:57:39.87
>>568
描いてある言葉以上に読み取りすぎやね
雛壇の何処かにある比率を見つけたと書いてあるだけで飾ったとは一切書かれてないね
そう読ませたかったならそう書かないとダメだね

572 :詠み人知らず:2017/03/03(金) 17:29:32.34
ちとフライング気味すみません。次のお題で一句できました。

吾を卒業する背に書いた文字四つ

573 :詠み人知らず:2017/03/03(金) 17:49:42.56
>>572
すみませんちょっと意味がわかりません…
文字四つ=さよならってこと?

574 :詠み人知らず:2017/03/03(金) 17:53:54.99
>>572
「を」の使い方おかしいと思うよ
君が何を言いたかったかによって文字四つの方がいいのか具体的に何が書かれてるのか書いた方がいいのかが変わると思う、この句は

575 :詠み人知らず:2017/03/03(金) 18:04:58.91
>>572
5回点滅 アイシテルのサイン♪的な?

それはさておき、吾を卒業で文字四つが「さよなら」ならば自死をイメージしてしまいます

卒業す吾の背に君が書く別れ

うーん…今ひとつですな

576 :詠み人知らず:2017/03/03(金) 18:58:30.59
>>571
言葉にはそれぞれ持っている辞書的な意味とは別にそこから広がる言葉のイメージと背景があります
17音しかないわけですからそれを利用して皆さん俳句を作っているんです
俳句では特に季語だけでも相当な背景を持っているものです
それは昨日のつるの剛士の句の評価と添削を見れば明らかでしょう
「雛壇」という季語は二文字だけでも
春、3月3日、桃の節句、その日に飾るもの、
女の子のいる家であること、上に雛人形が乗っている状態、
その他もろもろの背景がぎゅっと詰まっているのです
例えば「女の子のいない家の雛壇」や「店で売られている状態の雛壇」を詠む場合なら
それは書かないと伝わりません

577 :詠み人知らず:2017/03/03(金) 19:18:56.42
姉偲ぶ男雛の笏のボンド痕

このくらいの方がズームアップできるかなあ
壊れたままなのも可哀想だし

578 :詠み人知らず:2017/03/03(金) 19:20:10.07
>>576
雛壇というのを季語として使う場合はすでに飾りが完成している状態を思い浮かべるのが普通の人だと思いますよ?
>>555の句を普通に見たら完成された雛壇に比率を見つけた数学家(多分この書き方じゃ父親と伝わらない)を思い浮かべる人がほとんどのはずですよ
仮に飾りの光景を描きたいなら

雛壇に比率飾りし(作りし)数学家

とかにするべきですよ
数学家が父親を表してるなら数学家も変えるべきだと思いますけどね

579 :555:2017/03/03(金) 19:54:36.39
皆さんありがとうございます。この句のすべては“取り合わせ”です。
雛祭りとは本来関係のない比率と数学家。
黄金比という言葉があるように比率には均衡のとれた雛飾りの美しさも表現しています。
>>568のように受け取ってくれる人もいるだろうし、
雛祭りは女の子が主役なので母子が仲睦まじくしている脇で疎外感を感じつつもそこに自分の趣味を見出す父、
あるいはは家庭を持たない数学者が自分が全く関わりようにない祭事を数学的にとらえているさま。
色々と受け取れると思います。
必要最低限のことを言って読者に想像する余地を残すのもひとつの俳句の在り方かと。

580 :詠み人知らず:2017/03/03(金) 20:00:28.93
>>579

> 必要最低限のことを言って読者に想像する余地を残すのもひとつの俳句の在り方かと。

これが俳句だと思います

581 :詠み人知らず:2017/03/03(金) 20:14:16.86
>>555
雛壇に比率みつけし数学家

一周回らずとも、いい句だと思います

582 :詠み人知らず:2017/03/03(金) 20:16:17.97
うん、解釈の余地があるのはいいと思うよ
でもこの句は解釈の余地が広すぎてるから文章から詩が感じられないのよ
自画自賛すならすればいいと思うけど何も生まれないよ

583 :詠み人知らず:2017/03/03(金) 20:45:33.28
>>580
確かにそうなんですけど、
>>578のように下五を変えろという人や独り身ならそれを書けと意見する人も出てきますよね。
必要最低限というのは、そういった枝葉も取り払った取り合わせだけで私が勝負したかったということです。

>>582
自画自賛ではなく批判に対して意見を返しているだけです。
勿論それぞれの俳句観と意見は尊重していますよ。
句会とはそうやって切磋琢磨するために開かれるのでは?

584 :詠み人知らず:2017/03/03(金) 21:26:23.76
>>583
必要最小限という割には盛りすぎなんだと思う
雛祭り×数学という取り合わせが売りならもっと焦点を絞れるはず
例えばだけど、

雛飾りシンメトリーの崩れざる

とか

白酒や理系女子(リケジョ)進化の話など

とか

585 :詠み人知らず:2017/03/03(金) 22:10:11.68
雛納め初日焦がるる相撲女子

586 :詠み人知らず:2017/03/03(金) 22:15:55.03
腐女子らは五人囃子で妄想し

587 :詠み人知らず:2017/03/03(金) 22:24:33.25
>>583
取り合わせだけやってるから詩が出来てないんだよ
もっと光景を書け

588 :詠み人知らず:2017/03/03(金) 22:56:59.36
白酒を過ごせし理系女子つかみ合い
かの細胞は有りや無しやと

589 :詠み人知らず:2017/03/03(金) 22:57:16.42
>>584
元よりはるかにひどいじゃんwww

590 :詠み人知らず:2017/03/03(金) 23:02:23.95
雛の宴空気凍らす少女A

591 :詠み人知らず:2017/03/03(金) 23:07:43.14
>>590
凍るは冬の季語

592 :詠み人知らず:2017/03/04(土) 00:03:07.99
>>591
この場合は空気を凍らすで物理的な物が凍ってる訳ではないから季語にはならないと思う
でも雛の宴の季語が活きてないからどっちにしろダメじゃないかな

593 :詠み人知らず:2017/03/04(土) 00:09:00.32
開かずの間そこに雛の動きけり

594 :詠み人知らず:2017/03/04(土) 00:32:14.73
>>593
怖いんですけど…

595 :詠み人知らず:2017/03/04(土) 03:18:43.35
>>584
あまりに酷すぎませんか

596 :詠み人知らず:2017/03/04(土) 04:41:21.28
化け雛鵺の鳴く夜は恐ろしく

597 :詠み人知らず:2017/03/04(土) 05:27:16.40
雛が動いたかどうか確認できたら開いてるんじゃね

598 :詠み人知らず:2017/03/04(土) 06:09:29.41
>>584のやつ、もとのより俳句になってると思うけどな

599 :詠み人知らず:2017/03/04(土) 06:11:33.65
>>597
だからおよそ俳句に要らなそうな「そこに」が効いているんだと思う
動詞を詠嘆してもいいが自身の場所を外に持っていくなら助動詞を変えるやり方もありか

600 :詠み人知らず:2017/03/04(土) 09:10:08.69
>>593
比喩の言葉を入れた方が良いと思う

601 :詠み人知らず:2017/03/04(土) 09:45:36.71
比喩?
〉〉596 悪霊島ですかw

602 :詠み人知らず:2017/03/04(土) 09:51:06.58
>>553
男雛女雛を内裏雛に変えると一文字節約できて内裏雛だと夫婦であるから夫婦が消せる。これで4文字使える。その4文字で映像を作るとか、なっちゃんなら言いそう。どうするかは素人の俺にはわからん。

603 :詠み人知らず:2017/03/04(土) 11:11:30.15
>>598
おいwww

604 :詠み人知らず:2017/03/04(土) 11:22:10.77
iDないから自演するやつ多すぎるんだよね

605 :詠み人知らず:2017/03/04(土) 11:25:33.44
>>604
じゃID付き建ててよ

606 :詠み人知らず:2017/03/04(土) 11:32:30.57
IDで立てても自演する人はいるから変わらんよ
問題は自演バレバレなのに堂々と自演してる人ですよ

607 :詠み人知らず:2017/03/04(土) 11:39:23.43
>>606
例えばどれ?
このスレが嫌ならば来なければいいと思いますよ

608 :詠み人知らず:2017/03/04(土) 12:29:44.32
兼題は 雛祭り 卒業式です
どうぞ (^o^)/

609 :詠み人知らず:2017/03/04(土) 12:44:46.58
598だが、584ではないぞ
シンメトリーは新鮮で面白かったし、「崩れざる」と言われると雛壇を思い浮かべて確認したくなる
多少崩れてると思うので、そっちを詠ってるほうが個人的には面白いと思うが。
リケジョは妙な句だが、白酒囲ってするのが進化の話かよ、という滑稽さと、その談義の映像が浮かぶのはいいね

少なくとも酷いと言われるだけの句ではないと思ったので擁護したくなった

もとの句が悪いとまでは言わないが、映像浮かばないからなぁ
説明だけで終わってる句に思える
せめて切れ字が入ってたら違ったかもしれん

610 :詠み人知らず:2017/03/04(土) 13:06:18.55
>>609
>>606見てね

そもそも誰がどれとか何も言ってないじゃん
皆わかってたろうけどね

匿名の掲示板に句を公表するなら
そのくらい覚悟してないと無理だよ
酷評こそ大事だと思うし

自分こそが正しいという人
自分と違う意見には徹底して反論する人に
ここは合わないよ

611 :詠み人知らず:2017/03/04(土) 13:34:41.77
>>596
フジモンのファンタジー俳句に対抗してホラー俳句、怪談俳句をやったら面白いかもね
稲川淳二さんあたりに特待生でやってほしい
ネタも豊富そうだし作風も極めたらすごい一句が出来上がりそう

612 :詠み人知らず:2017/03/04(土) 13:43:11.29
なんかも馬鹿馬鹿しいねここ
さようなら

613 :詠み人知らず:2017/03/04(土) 14:23:33.96
卒業や友と通いし道の草

614 :詠み人知らず:2017/03/04(土) 14:31:37.61
3月5日(日)午前6時より、NHK短歌 題「父」が放送されます。
選者は坂井修一さん。ゲストは俳優の中田喜子さん。
かねてから中田さんのファンだったという坂井さん。
「歌の贈り物」のコーナーでは坂井さんから中田さんに折句を贈る。

3月5日(日)午前6時35分より、NHK俳句 題「卒業」が放送されます。
選者は正木ゆう子さん。ゲストは詩人のアーサー・ビナードさん。
題は「卒業」。子どもを対象に詩のワークショップを行っているビナードさん。
考える力を養えるという。

来週のプレバトの予習にどうぞ。

615 :詠み人知らず:2017/03/04(土) 14:45:39.03
>>614
情報ありがとうございます。
ちょうど木曜と木曜の真ん中あたりで、予習するにはちょうどいい放送日ですね。

こないだ水曜日に『俳句さく咲く』を見ましたが、再放送だったんですね。

616 :詠み人知らず:2017/03/04(土) 17:42:06.34
プレバト 3月2日 「ひなまつり」

https://www.youtube.com/watch?v=sU5jeGRkqgA

617 :詠み人知らず:2017/03/04(土) 17:44:50.50
「お内裏様」・「お雛様」、いずれも男雛と女雛の2人で一対を指すものであり、
男雛のみを「お内裏様」、女雛のみを「お雛様」と呼ぶのは誤りである。
この誤用はサトウハチローが作詞した童謡「うれしいひなまつり」の歌詞から広まった。

618 :詠み人知らず:2017/03/04(土) 18:14:51.15
>>610
>>584は俺なんだけど…
証明のしようもないけど擁護してくれた>>609のために一応名乗る

619 :詠み人知らず:2017/03/04(土) 20:59:28.91
>>617
言い逃れできないレベルの失敗だよね

620 :詠み人知らず:2017/03/04(土) 21:09:15.03
言葉の意味を知った気になって作詩する
夏井先生が一番怒りそうなことをw

621 :詠み人知らず:2017/03/04(土) 23:59:54.18
卒業歌カッターシャツの硬くなる

622 :詠み人知らず:2017/03/05(日) 11:21:52.54
すまん、何故カッターシャツが硬くなったかが想像力不足で理解できん

623 :詠み人知らず:2017/03/05(日) 13:20:52.37
俺もよくわからんかった
三年間着たカッターシャツがなじんで柔らかくなるって言うならわかるけど
「硬い」と「カッター」をかけてるのかな?

624 :詠み人知らず:2017/03/05(日) 13:28:35.24
卒業式なので、おろしたての新しいシャツを着たら襟も袖口もパリッとして固かった
ってことでいいのかな?

625 :詠み人知らず:2017/03/05(日) 13:45:09.94
卒業歌ひとりに戻りまた歌ふ

626 :詠み人知らず:2017/03/05(日) 14:15:12.95
>>624
もしそうならちゃんと新品とか、おろしたてとか書いたほうがいいよね

627 :詠み人知らず:2017/03/05(日) 14:54:17.56
雛霰つかむお転婆お天気屋

628 :詠み人知らず:2017/03/05(日) 15:03:38.54
>>621
カッターシャツだと字数がもったいないような
普通に ワイシャツの襟をきりりと卒業す とかでよくね

629 :詠み人知らず:2017/03/05(日) 15:06:15.91
>>627
おてん:韻を踏んでますね
霰と天気:縁語ですね
なかなかの技巧派

630 :詠み人知らず:2017/03/05(日) 15:10:08.85
>>627
読んでて楽しい句だけど季語の雛あられが下の言葉で完全に潰されてる気がするな

631 :詠み人知らず:2017/03/05(日) 16:47:48.94
こうやってみんなで推敲するの楽しくていいな

632 :詠み人知らず:2017/03/05(日) 16:54:25.48
>>628
こういう字数が勿体ないから他の言葉に置き換えてってなっちゃんも良く言うけどカッターシャツっていう言葉の響きを使いたいとかってあると思う

633 :詠み人知らず:2017/03/05(日) 17:04:53.87
>>632
わかるんだけどよっぽどの必然性がない限り字数を優先した方がいいと思う
初心者のうちは特に

634 :詠み人知らず:2017/03/05(日) 17:11:30.06
発想はベタなよくあるパターンかな

635 :詠み人知らず:2017/03/05(日) 17:54:40.72
卒業の
空の青さを
覚えけり

636 :詠み人知らず:2017/03/05(日) 19:09:17.30
>>635
卒業の 空の青さに おどろけり

どうでしょう

637 :詠み人知らず:2017/03/05(日) 19:52:24.64
中高も第二ボタンを外されず

638 :詠み人知らず:2017/03/05(日) 20:20:29.53
卒業の祝電あふる少年院

639 :詠み人知らず:2017/03/05(日) 20:55:53.98
>>637
季語ないですし

640 :詠み人知らず:2017/03/05(日) 21:08:35.49
>>636
どう考えても覚えけりの方がいい

641 :詠み人知らず:2017/03/05(日) 21:39:11.74
俳句あるある
五七五の間を1マス空けるのは大抵ダメ

642 :637:2017/03/05(日) 21:57:38.36
>>639
「第二ボタン 季語」で調べてみたら
第二ボタンが提唱されている新季語のリストにあったから使っていいかと思った

643 :詠み人知らず:2017/03/05(日) 22:01:29.93
>>635>>636
「空の青さ」を「青天」に置き換えれば残った字数で色々できますよって夏井先生なら言いそう
覚えたり驚いたりしない俳句があるなら持って来い!とも言いそう

644 :詠み人知らず:2017/03/05(日) 22:06:03.52
>>642
それは知らず勉強になりました
ただ現在では仕事しての認識はあまりないようです

645 :詠み人知らず:2017/03/05(日) 22:11:21.95
青天に忘れ物なく卒業す

こんな感じか?

646 :637:2017/03/05(日) 22:11:41.70
>>644
なるほど、現在では認識そういった感じなんですね
こちらこそ教えてくださってありがとうございます

647 :詠み人知らず:2017/03/05(日) 22:12:28.00
>>629>>630
「技に溺れている」「17音の器の量をわかってない」って言われちゃいそうですね
雛霰、お転婆、お天気屋、名詞3つにこれだけで14音も。残りは3音は動詞1つの句
どれか諦めた方がよさそうですよね…

648 :詠み人知らず:2017/03/05(日) 22:19:34.39
>>643
俺作者だけど「空の青さを覚える」のところに詩を入れたつもりなんだよね
青天にしちゃうと他の言葉入って言いたいことぶれそう

649 :詠み人知らず:2017/03/05(日) 22:26:22.37
>>647
雛霰とお転婆の取り合わせは雛祭りのイメージをいい意味で裏切ってていいと思うので

雛霰つかみお転婆走り出す

みたいに動きがあった方が映像が浮かぶんじゃないかな

650 :詠み人知らず:2017/03/05(日) 22:38:56.46
>>648
晴天という言葉に青い空を認識するという意味もあると思います
作者の意図は尊重されるべきと思いますが
匿名の掲示板ではなかなか…
わけのわからない方向への推敲もしばしばです

忘れ得ぬすぎる空卒業す

これでも言いたいことは同じではないですか
色々な人の意見を聞くのは楽しいものです
みんな大きな心を持ちましょう

651 :詠み人知らず:2017/03/05(日) 22:43:37.04
雛霰がお転婆に存在感食われてるのが問題じゃない?

652 :詠み人知らず:2017/03/05(日) 22:51:52.28
>>648
「空の青さを覚えけり」だと抽象的すぎるような
空の青さに何を覚えたかその中身が知りたい

653 :詠み人知らず:2017/03/05(日) 22:56:18.26
>>652
卒業という大きな季語の中て
青い空に何を感じたか
これを読者に想像させるところがこの句と思います

654 :詠み人知らず:2017/03/05(日) 22:56:29.32
卒業しやっと青さが解りけり

青さって未熟さのことでは・・・ないですよね

655 :詠み人知らず:2017/03/05(日) 22:57:56.53
>>651
そもそも季語がないがしろにされてるの
雛霰でも煎餅でもポテチでも成り立つでしょ

656 :詠み人知らず:2017/03/05(日) 23:01:24.79
煎餅ポテチだと意外性がなくない?
女の子っぽい雛霰だからお転婆が生きると思う

657 :詠み人知らず:2017/03/05(日) 23:03:06.92
>>653
だよね
青天を使うって言うのは一考だけど>>635のままでも十分だと思うんだけどなぁ
>>654
この句から卒業する人の決意のようなものを感じ取れるだろ?

658 :詠み人知らず:2017/03/05(日) 23:14:45.11
>>656
意外性なら葬式饅頭

659 :詠み人知らず:2017/03/05(日) 23:16:51.77
>>658
確かにおてんばは生きるw

660 :詠み人知らず:2017/03/05(日) 23:17:51.29
>>650
忘れ得ぬだと覚えけりと違って決意のような物が無くなるよね

661 :詠み人知らず:2017/03/05(日) 23:18:55.04
>>650
すまんが同じには思えない。
もとの句のほうがいいよ。

「忘れ得ぬ」は「忘れられない」であり受動的だが、「覚えけり」は「覚えた」であり能動的だ。
忘れず覚えていようという深い意志を感じる。

「青すぎる空」と「空の青さ」では印象がまったく違う。
「すぎる」が入るとネガティブな要素が付随してしまう。

忘れ得ぬすぎる空卒業す

は、まず「忘れたくても忘れられない嫌に青い空である」と詠んでいるように感じる。
そのあとの「卒業する」では、卒業後に暗雲が垂れ込めているのだろうかと思ってしまう。

卒業の空の青さを覚えけり

のほうは、「今この卒業の日の空の青さを覚えた(覚えていよう)」と詠ってる。
切れなくゆったりとした調べだから、しみじみと空を見ながら詠んでいるように感じるのもいい効果だと思う。

662 :詠み人知らず:2017/03/05(日) 23:28:59.14
いろいろねー
卒業に決意ってすごいよね
卒業とは別れ
自分ではどうすることもできないもやもやした寂しい気持ち
そんなふうに考えてたよ
青すぎる空が上手くぶつかってると思ったけどな

663 :詠み人知らず:2017/03/06(月) 01:18:10.74
>>662
あー、青すぎるの句は「卒業=別れ」と捉えてたからああいう句に添削したのね。
今気づいたわ。

卒業の季語が持ってる感情は惜別だけじゃなく、
これまでの生活は今日で最後だという踏ん切りとか、次の段階への期待や意気込みだとかもあって
もとの句はそっち系統のものだと思ったよ。

664 :詠み人知らず:2017/03/06(月) 06:09:15.05
おはようございます。
他板に書き込むのに、つい五七五になったり韻を踏んでしまったw
俳句初心者あるあるです。

665 :詠み人知らず:2017/03/06(月) 06:36:29.33
卒業後いく年を経てまた学ぶ

卒業して●十年経って再び学ぶことの楽しみに目覚めましたよ。という今の思いです。

666 :詠み人知らず:2017/03/06(月) 07:31:19.37
卒業する君が教えし歌『奇跡』

さだまさしさんの『奇跡―大きな愛のように―』という歌を教えてくれました。

667 :詠み人知らず:2017/03/06(月) 08:49:08.70
知らぬ間にアンパンマンを卒業す

668 :詠み人知らず:2017/03/06(月) 08:50:53.66
良し悪しをすべてまとめる卒業子

669 :詠み人知らず:2017/03/06(月) 09:37:46.43
発想はベタなよくあるパターンかな

670 :詠み人知らず:2017/03/06(月) 11:06:16.58
NHK俳句を見たら
「あたたかいものから食べる寒さかな」
が年間最優秀作品でした。初心者の私は正直ちょっと意外に思いました。

671 :詠み人知らず:2017/03/06(月) 11:13:13.17
厠にて総て流して卒業す

672 :詠み人知らず:2017/03/06(月) 11:22:46.23
排泄物と紙以外流してはいけません

673 :詠み人知らず:2017/03/06(月) 11:24:45.07
>>671
いろんな想いを「水に流す」ってことなら

厠にて総て流せず卒業す

の方が引っかかりがあっていい気もします
汚いイメージではありますがw
「厠」って言い方もどうなんでしょう?

便所より青空見えて啄木忌 (寺山修司)

うーん、便所もどうなんでしょう?

674 :詠み人知らず:2017/03/06(月) 11:40:54.86
便所は句の中に必然性があり詩があります
厠には必然性を感じないだけでなく
詩がありません

675 :詠み人知らず:2017/03/06(月) 12:08:46.93
http://www.casphy.com/bbs/test/read.cgi/haiku/1268381850/

676 :詠み人知らず:2017/03/06(月) 12:23:36.76
>>674
なるほど、勉強になります
前出の寺山の句が厠であったなら確かに詩を感じないです

677 :詠み人知らず:2017/03/06(月) 12:48:47.31
>>676
便所で用を足してる時ふと外見を見ると青空が見えた
その何気ない瞬間にふと思い出した啄木忌
その瞬間を映像で表現した時に便所という単語を使っただけです
便所と厠は単語の意味でなく使い方が全く違います

678 :詠み人知らず:2017/03/06(月) 12:58:42.77
こっちも是非
●●●俳句草庵3●●●
http://tamae.2ch.net/test/read.cgi/tanka/1253630650/

679 :詠み人知らず:2017/03/06(月) 14:11:36.39
俳句草庵を見て来ました。ズルします。

良し悪しをすべてまとめる卒業子

かにかくにまとめ門出る卒業子

覚えたての言葉を使いたくなる
俳句初心者あるあるです。

680 :詠み人知らず:2017/03/06(月) 14:19:17.79
コンビニの新作メニュー蟹角煮

架空のメニューですwあったらちょっと食べてみたいです、カニの角煮。

681 :詠み人知らず:2017/03/06(月) 15:51:52.74
学校を出荷されたり多喜二の忌

蟹に便乗の一句。初心者なので助動詞のあたりがよくわかりませんでした。
使い方ひとつで意味ががらりと変わってしまいますよねえ。

682 :詠み人知らず:2017/03/06(月) 16:02:21.83
をちこちに己が桜を咲かせなむ

683 :詠み人知らず:2017/03/06(月) 16:06:06.93
>>680
コンビニの新作メニューに蟹の角煮がありました

この説明にどうやって自分なりの詩を持ってくかですね
コンビニなどの新語を使うとさらに難しくなります

684 :詠み人知らず:2017/03/06(月) 16:09:58.13
娘等を寝かせた後の立子の忌

ひな祭りが終わり、娘等を寝かしつけた後、今日は立子忌でもあったなぁと…

685 :詠み人知らず:2017/03/06(月) 16:16:56.08
>>684
娘等を寝かせた…
それは後でしょう
後ろは不要と感じました

686 :詠み人知らず:2017/03/06(月) 16:39:15.38
>>679
光景を書いて読み手に想像させる、これが俳句の基本

教室の綴りおしまい卒業さ
教室の綴りを閉じる卒業子

こんな感じじゃない?

687 :詠み人知らず:2017/03/06(月) 16:40:09.40
>>682

咲かなむ 未然形+なむ
咲いて欲しい

咲きなむ 連用形+ (ぬの未然形)な+ (推量の助動詞)む
きっと咲くだろう

咲かせなむ?

688 :詠み人知らず:2017/03/06(月) 16:43:46.44
南無阿弥陀仏 なむなむ

689 :詠み人知らず:2017/03/06(月) 16:50:50.08
なむ より ぞ こそ が一般的ですね

690 :詠み人知らず:2017/03/06(月) 16:55:50.27
係り結びとは違うぞ

691 :詠み人知らず:2017/03/06(月) 16:57:22.18
こっちも是非

●●●俳句草庵3●●●
http://tamae.2ch.net/test/read.cgi/tanka/1253630650/

692 :詠み人知らず:2017/03/06(月) 17:31:57.69
三月十一日明日は卒業式でした

「危険物取扱」ではありませんが上五を字余りにしました。
ニュースで卒業式の前日でしたと回想されておられる方がいらしたので
そのまま詠みました。

693 :詠み人知らず:2017/03/06(月) 17:41:01.22
>>684
娘等を寝かせ立子忌〇〇〇〇〇

下五は…すみません、浮かびませんでしたorz
ほにゃらららです。

694 :詠み人知らず:2017/03/06(月) 17:50:12.28
>>692
何か起こって卒業式が中止された悲惨さは伝わるいい句だけど
三月十二日が卒業式だったのか三月十一日が卒業式だったのか曖昧
ハッキリさせた方がいい

695 :詠み人知らず:2017/03/06(月) 18:00:41.11
>>694
本来なら三月十二日が卒業式だったみたいです。
海水にさらされた制服や靴が画面に映っていました。
明日着て行こうと準備していた品々を津波が飲み込んでしまったのでしょうね…

696 :詠み人知らず:2017/03/06(月) 18:16:22.85
>>695
3.11明日は卒業式でした

もしや上五は「さんてんいちいち」でいいのかもしれません

697 :詠み人知らず:2017/03/06(月) 18:18:21.78
>>695
だったら

三月十一日の明日は卒業式でした

にしないとダメだね
津波で中止になったと伝えたいなら

卒業の予定を弥生の波がのむ

とかも良いんじゃない?

698 :詠み人知らず:2017/03/06(月) 18:33:02.01
>>687
この町を離れても残ってもそれぞれの場所でそれぞれの桜を咲かせてほしい意で詠みましたが、勉強不足でした

699 :詠み人知らず:2017/03/06(月) 20:27:32.59
>>696
ありがとうございます。
3.11だと縦書きにする時どう書いたらいいかちょっと分からなかったので…

700 :詠み人知らず:2017/03/06(月) 21:27:50.93
>>697
ありがとうございます。

卒業の支度や波に潮たれり

701 :詠み人知らず:2017/03/06(月) 21:35:06.32
>>700
これが私は一番好き
3.11だと実際には1日違いますが
東京大空襲と間違えられそうです

702 :詠み人知らず:2017/03/06(月) 22:07:48.52
>>700
卒業がこの場合は季語として成り立たないから他の季語入れなあかんよ

703 :詠み人知らず:2017/03/06(月) 22:10:59.04
>>701
…間違える人はいないと思います

704 :詠み人知らず:2017/03/06(月) 22:48:55.26
>>702
そうしますと、やはり
三月十一日卒業支度潮たれり
ですかね?
すみません、まだ季語のことがよく分かってません。

705 :詠み人知らず:2017/03/06(月) 22:51:13.96
>>704
それだと意味がほぼ通じないかな

706 :詠み人知らず:2017/03/07(火) 05:14:03.41
>>702
「卒業や」だと季語になって「卒業の支度」だと季語にならないのですか?

707 :詠み人知らず:2017/03/07(火) 07:29:07.82
タカラヅカ雛いのち得て踊りだす

宝塚歌劇『新源氏物語』の感想です。

708 :詠み人知らず:2017/03/07(火) 08:33:21.36
>>706
卒業は行事であって時候の季語ではないからね
行事としての光景で使わなければ季語としては成立しないよ

709 :詠み人知らず:2017/03/07(火) 12:39:50.02
>>708
どうもありがとうございます。

うーん、難しいですね(>_<)
勉強させていただきます。

710 :詠み人知らず:2017/03/07(火) 14:15:30.29
卒業やさて吾は何を卒業す

711 :詠み人知らず:2017/03/07(火) 18:03:31.05
卒業す学び舎を背に鉄路行く

712 :詠み人知らず:2017/03/07(火) 20:23:32.52
>>710
才能なし
特に何が言いたいかも分からない、つまらん俳句と言われるはず
>>711
凡人
言いたい事は分かるが光景として書けてない
「卒業す」は終止形なので基本的に下五に持ってこないと切れ味が悪い
卒業の学び舎遠のく車中かな

713 :詠み人知らず:2017/03/07(火) 20:25:13.51
>>712
わけわかんねぇw
まさか卒業の支度が季語じゃないとか言ってるやつじゃないだろうな

714 :詠み人知らず:2017/03/07(火) 20:47:34.33
シャー芯を指揮棒にして卒業歌

715 :詠み人知らず:2017/03/07(火) 21:01:01.31
>>713
>>700の俳句の卒業の支度は季語にはならんだろ
だって卒業の支度が潮垂れてるんだもん
卒業の季語の力は一切生きてないことない?
卒業の支度だけなら季語としては成立するだろうけどね

716 :詠み人知らず:2017/03/07(火) 22:06:41.84
卒業や君への想い留年す

717 :詠み人知らず:2017/03/07(火) 22:40:12.76
かの日かの波が奪ひし卒業式

3.11を連想できるかな?

718 :詠み人知らず:2017/03/08(水) 03:20:33.69
卒業の支度は季が定まらないから季語じゃないだろ
卒業は三月だが、卒業の支度は別に一月だろうと二月だろうとできる
卒業式当日に着る服を買いにいくことを支度とするなら、もっと前の例えば九月だろうとそんなに不自然じゃない

719 :詠み人知らず:2017/03/08(水) 09:42:01.61
泥と潮にまみれし卒業証書抱く

720 :詠み人知らず:2017/03/08(水) 10:59:33.67
>>717
>>719
震災を現そうとしてるのかも知れないけど俳句の一番大事なこと忘れてるよ
季語を蔑ろにしてる

721 :詠み人知らず:2017/03/08(水) 11:55:26.66
冬支度は季が定まらないから季語じゃないだろ
立冬は11月だが、冬支度は別に9月だろうと8月だろうとできる
冬に着る服を買いにいくことを支度とするなら、もっと前の例えば6月だろうとそんなに不自然じゃない

722 :詠み人知らず:2017/03/08(水) 13:41:46.66
>>714
ファンタジー俳句なのかな?

卒業歌ネズミ指揮振るシャー芯で

723 :詠み人知らず:2017/03/08(水) 14:10:18.32
>>722
才能なし10点

724 :詠み人知らず:2017/03/08(水) 17:47:35.11
卒業す正子に濡れる枕かな

725 :詠み人知らず:2017/03/08(水) 18:01:46.71
卒業や汗も涙も制服も

726 :詠み人知らず:2017/03/08(水) 18:04:03.07
卒業式で発想飛ばすのは難しいね
ありきたりな句になってしまう

727 :詠み人知らず:2017/03/08(水) 18:07:19.29
>>725
汗は季語やで

728 :詠み人知らず:2017/03/08(水) 21:03:14.15
>>721
冬支度は秋の季語ですよ

729 :詠み人知らず:2017/03/08(水) 21:49:27.78
16日の俳句のお題は「江ノ電と桜 」

730 :詠み人知らず:2017/03/08(水) 21:55:53.56
>>728
バラの小さな蕾についたアブラムシみたいに空気が読めない人ね

731 :詠み人知らず:2017/03/08(水) 23:11:13.35
卒業や一糸乱れぬパイプ椅子

732 :詠み人知らず:2017/03/08(水) 23:27:29.37
放課後のチャイム 花ひらりと肩に

破調でやってみた、ベタかな?

733 :詠み人知らず:2017/03/09(木) 18:31:54.39
今日は楽しいプレバト 俳句だけ見ます

734 :詠み人知らず:2017/03/09(木) 18:58:40.55
友と歌う「3月9日」空青し

735 :詠み人知らず:2017/03/09(木) 19:05:06.03
>>734
上六、中八…

736 :詠み人知らず:2017/03/09(木) 20:06:54.82
>>735
ジュニアかよ

737 :詠み人知らず:2017/03/09(木) 20:15:18.17
無理やりやるなら

ともとうたうさんてんきゅう そらあおし

これでとりあえず字数は合う
そういう問題ではないが

738 :詠み人知らず:2017/03/09(木) 20:46:12.59
>>734
まさにそれっぽい系俳句

739 :詠み人知らず:2017/03/09(木) 20:55:07.09
>>734
3月9日の雑穀の日がどうかしたか?
卒業というイメージは全くないよ

740 :詠み人知らず:2017/03/09(木) 20:57:24.90
次は『江ノ電としらす丼』だぞ

741 :詠み人知らず:2017/03/09(木) 21:02:25.97
>>739
たぶん作者はこれを言いたかったんだと思う
検索したらこの内容がヒットした

90年代生まれの大学生が選んだ卒業ソングトップ3は、次のとおりです。
1位 『3月9日』 レミオロメン
2位 『YELL』 いきものがかり
3位 『道』 EXILE

742 :詠み人知らず:2017/03/09(木) 21:08:59.68
3月9日は雑穀の日w
知らんかったわw

743 :詠み人知らず:2017/03/09(木) 21:09:30.10
>>740
どんな写真だよw

しらす丼妻の手醤油とマヨネーズ

744 :詠み人知らず:2017/03/09(木) 21:14:00.53
行く夏を惜しむ夕陽が浜照らす

745 :詠み人知らず:2017/03/09(木) 21:31:13.70
>>734を勝手に添削すると、作者が譲れないであろう字余りの「3月9日」と「友と歌う」を活かすと

「3月9日」→今日の放送を参考に最初に持ってくる
「友と歌い」→「合唱す」に変えて下五へ
中七は季語や情景を入れて

「3月9日」卒業式で合唱す

ごめん。良い中七思い浮かばなかった

746 :詠み人知らず:2017/03/09(木) 21:39:33.61
>>745
三月が季語でいいと思うよ

747 :詠み人知らず:2017/03/09(木) 21:42:29.48
>>744
行く夏といったら惜しんでる
夕陽といったら照らしてる
「行く夏」と「夕陽」と「浜」だけで十分

行く夏の夕陽や何もなき浜へ
最後の助詞を変えると読み手に対して色々印象変えれるよね

748 :詠み人知らず:2017/03/09(木) 22:14:41.56
>>744
田原総一朗の句だね

749 :詠み人知らず:2017/03/09(木) 22:27:06.09
次は『江ノ電としらす丼』です

750 :詠み人知らず:2017/03/09(木) 22:32:12.88
>>743
ちょっと面白いけど
これ凡人になるのかな?

751 :詠み人知らず:2017/03/09(木) 22:38:00.41
しらす丼にマヨネーズをかけるのが
夏井先生が好きか嫌いかで評価が分かれる

752 :詠み人知らず:2017/03/09(木) 22:52:52.98
>>747
何もなき浜自体が陳腐

行く夏や夕日の浜に一人立つ
行く夏や夕日の浜に我と犬
行く夏や夕日の浜に国憂う

753 :詠み人知らず:2017/03/09(木) 23:06:41.43
>>752
そうかなぁ
行く夏の寂しい所に上手くかかってると思うけど・・・
まぁどうでもいっか

754 :詠み人知らず:2017/03/09(木) 23:17:27.89
>>753
それ夏井先生の添削

755 :詠み人知らず:2017/03/09(木) 23:18:20.66
腰越で降りる江ノ電しらす丼

756 :詠み人知らず:2017/03/09(木) 23:45:21.25
>>754
あの人の添削が正解な訳ではないやろ

757 :詠み人知らず:2017/03/09(木) 23:57:19.49
>>731
何人もの生徒が一糸乱れぬ動きで教師に殴りかかるお礼参りの句かと思ったわ
整然と並んだイスって事なんだろうけど一糸乱れぬだと動的なイメージにならない?

758 :詠み人知らず:2017/03/10(金) 00:13:26.03
桃始笑

759 :詠み人知らず:2017/03/10(金) 04:52:05.29
卒業や明日仲間と街へ行く

760 :詠み人知らず:2017/03/10(金) 06:44:30.89
卒業して私は明日仲間と街へ行きます

761 :詠み人知らず:2017/03/10(金) 07:19:39.76
>>756
ここの住人とはレベルが違うと思いますよ
テレビで添削する機会なんてあります?
視聴者をあそこまでひきつけられます?

762 :詠み人知らず:2017/03/10(金) 07:24:48.61
天井のボールを叩け卒業歌

763 :詠み人知らず:2017/03/10(金) 08:48:25.29
>>762
卒業式前に体育館の天井に挟まったボールを当てて取ろうと別のボールを打ち込みますが、そのボールも挟まりますな

764 :詠み人知らず:2017/03/10(金) 09:16:02.76
>>762
「叩け」があんまり良くないような気がするな

765 :詠み人知らず:2017/03/10(金) 09:59:35.11
ウィキペディアでも、長谷川櫂こと長谷川隆喜とかいう田舎者め!
変態山出しオカマだっていう事実を暴露されてたナ。
隠せば隠すほど露呈される数々の悪事
こんな品性下劣にして臆病無比、陰険陋劣なクズ、
早く叩き殺されればイイのに!
と誰もが心底思ってるのさ。

766 :詠み人知らず:2017/03/10(金) 12:04:05.76
途中下車春の訪れ知らす丼

767 :詠み人知らず:2017/03/10(金) 12:50:08.13
爬虫類卒業証書守りをリ

768 :詠み人知らず:2017/03/10(金) 15:03:51.24
>>740
何嘘ついてんだよ
『江ノ電と桜』じゃねーか

769 :詠み人知らず:2017/03/10(金) 16:16:25.26
ボールは梁に挟まつたまま卒業歌

770 :詠み人知らず:2017/03/10(金) 16:46:18.44
>>769
才能なしではないと思う

771 :詠み人知らず:2017/03/10(金) 17:05:29.14
>>769
着眼点はいいけど文章力が圧倒的に足りないな
そしてなぜ卒業歌なんだ?

772 :詠み人知らず:2017/03/10(金) 17:21:19.77
俳句の説明をしろといってもこまる。
ただ俺は男子高校だったんだが10年後には男女共学になった。
そしたら新しい校歌になった。前の校歌は葬り忘れられ制服も
学ランからブレザーになった。

773 :詠み人知らず:2017/03/10(金) 17:31:08.47
卒業式って何となく天井を見上げてしまいますよね。
卒業歌を歌いながらふと上を見るとボールがひとつ梁に挟まったままになっていて
おかしいような、でもちょっぴり切ないような…
そんなことが自分にもあったかなぁ〜と思いました。

774 :詠み人知らず:2017/03/10(金) 17:39:43.15
はい、773の鑑賞でよろしんではないでしょうか。

775 :詠み人知らず:2017/03/10(金) 17:42:15.24
割合単純に仰げば尊しに掛けたんじゃないかと想像した
仰いで見たらボールがあった

776 :詠み人知らず:2017/03/10(金) 17:46:39.44
梁にボールを 取り残しけり卒業式

なんか、ボール一個分だけ心を残して卒業してゆく、なんて…そんな情景も描けそうで
面白い着眼点だと思います。

777 :詠み人知らず:2017/03/10(金) 17:57:43.88
卒業歌梁はさみたるゴムボール
こんな感じかね

778 :詠み人知らず:2017/03/10(金) 18:05:18.68
江ノ電は過去にやってると思う

779 :詠み人知らず:2017/03/10(金) 18:51:34.34
夜桜や300形ふわり空へ

780 :詠み人知らず:2017/03/10(金) 19:57:04.35
卒業歌仰げば梁に球ひとつ

781 :詠み人知らず:2017/03/10(金) 19:59:28.27
>>780
いいね!

782 :詠み人知らず:2017/03/10(金) 19:59:35.27
>>779
それじゃあ何言っとるか分からんで

783 :詠み人知らず:2017/03/10(金) 20:57:25.63
素直でいいセンス。

784 :詠み人知らず:2017/03/10(金) 21:48:46.74
入場の曲がる直角卒業子

785 :詠み人知らず:2017/03/10(金) 22:16:16.88
凡人以下の句が並んでいます

786 :詠み人知らず:2017/03/10(金) 22:22:00.17
次は『江ノ電としらす丼』です

787 :詠み人知らず:2017/03/10(金) 22:24:56.74
>>786
しらす丼は生か釜揚げか
この辺りで変わってくるな
さらに江ノ電が難しい

788 :詠み人知らず:2017/03/10(金) 22:25:49.67
それ面白いと思ってるの?

789 :詠み人知らず:2017/03/10(金) 22:31:37.49
次は『江ノ電としらす丼』です

790 :詠み人知らず:2017/03/10(金) 22:35:44.05
>>755
> 腰越で降りる江ノ電しらす丼

腰越のしらすの直売やってたか?

791 :詠み人知らず:2017/03/10(金) 22:37:20.07
>>790
腰越のしらすの直売やってたか?

それ
腰越の降りる江ノ電しらす丼

792 :詠み人知らず:2017/03/10(金) 23:41:45.62
江ノ電の触れるかのごとしらす干し

793 :詠み人知らず:2017/03/10(金) 23:44:47.12
次は『江ノ電と桜』です

794 :詠み人知らず:2017/03/11(土) 01:10:10.35
>>792
凡人の上の方

795 :詠み人知らず:2017/03/11(土) 01:11:07.54
16日は『江ノ電としらす丼』です

796 :詠み人知らず:2017/03/11(土) 01:29:55.97
惜春の江ノ電駅で待つかの日

797 :詠み人知らず:2017/03/11(土) 01:32:34.36
>>792
才能ありだな
類重句が多いけど

798 :詠み人知らず:2017/03/11(土) 02:43:17.61
>>797
日本語すら出来てないのに才能あり取れるかよ

799 :詠み人知らず:2017/03/11(土) 06:32:03.56
江ノ電や鎌倉丼としらす丼

800 :詠み人知らず:2017/03/11(土) 07:51:07.53
こすれ合うパンタグラフに散る桜

801 :詠み人知らず:2017/03/11(土) 08:44:05.34
春の海穿つ緑の列車かな

802 :詠み人知らず:2017/03/11(土) 09:11:59.12
>>800です。
散る桜 だと季語を大事にしていないみたいなので 舞う桜に直します。

こすれ合うパンタグラフに舞う桜

803 :詠み人知らず:2017/03/11(土) 09:33:52.87
長谷川櫂とやらいう変態山出しオカマ風情を
今でも雇っている東海大学とは徹底した五流以下の最低の
学校でしか無いな。
長谷川櫂=長谷川隆喜という変質者のクズおかま
に関しては、「長谷川櫂 オカマ」で検索を。
ウィキペディアにも、長谷川櫂がオカマである事実を隠して
相手の女性を欺して「結婚した」ことが記載されているぞ。
こんな品性下劣にして臆病無比の蛆虫にでかいツラをさせておいては
断じてならない!

この長谷川チョンめは癩病に犯されて全身から血膿を垂れ流しつつ、
体じゅうが腐り崩れているらしい。

804 :詠み人知らず:2017/03/11(土) 10:06:36.22
江ノ電へ客を走らすしらす丼

805 :詠み人知らず:2017/03/11(土) 10:52:55.37
>>802
パンタグラフがこすれ合ったら変じゃね?

806 :詠み人知らず:2017/03/11(土) 10:58:28.09
>>802
桜は散るものなんだから散る桜でもかまわないと思うよ

807 :詠み人知らず:2017/03/11(土) 12:13:21.32
>>802
万朶の桜か襟の色

808 :詠み人知らず:2017/03/11(土) 12:28:56.30
パンタグラフ軋みて落花しきりなる

809 :詠み人知らず:2017/03/11(土) 12:42:48.63
>>808
>>800です。
わー、素敵ですね!ありがとうございます。
なっちゃん先生に添削していただいたみたいな気持ちになりました。
こういうふうに詠みたかったんだよなー

810 :詠み人知らず:2017/03/11(土) 12:45:09.03
>>808
しきりなる落花
の語順の方がいいぞ

811 :詠み人知らず:2017/03/11(土) 12:47:22.91
確かに列車には軋むという言葉がよく合いますね。

812 :詠み人知らず:2017/03/11(土) 12:55:46.24
>>810
パンタグラフ軋みて落花しきりなる

パンタグラフ軋みてしきりなる落花

うーん…
目で見た時は落花が中七にある方が漢字と仮名のバランスがいいと思いますが
声に出して詠んでみると後者の方が耳に心地良いかなぁ…

813 :詠み人知らず:2017/03/11(土) 13:33:38.15
>>812
声とかじゃなくて映像が鮮やかなんだよ
最後に桜の花が印象に残る語順になってる

814 :詠み人知らず:2017/03/11(土) 13:43:35.91
江ノ島の車掌の指の先や花

815 :詠み人知らず:2017/03/11(土) 13:47:53.69
>>796
失恋の歌かな?

816 :詠み人知らず:2017/03/11(土) 14:50:38.88
>>813
なるほど。
語順って、そういうものなんですね。ありがとうございます。勉強になります。

817 :詠み人知らず:2017/03/11(土) 15:03:27.32
>>814
いいですね。
文字で描く水彩画ですね。
重存先生のお手本の水彩画の景色が目の奥に浮かんで来ました。

818 :詠み人知らず:2017/03/11(土) 15:09:11.69
>>812
しきりなる はなくても意味通じるね

819 :詠み人知らず:2017/03/11(土) 16:03:57.85
>>818
パンタグラフ軋る音にも落ちる花

パンタグラフ軋る音にも舞う桜花

820 :詠み人知らず:2017/03/11(土) 17:16:31.29
落花 花吹雪 飛花 花散る 花屑 花の塵 花筏
いろんな季語があるんだけどね

何故か凡人以下が花ってやると
舞うと書きたがる

821 :詠み人知らず:2017/03/11(土) 17:26:08.69
>>820
そうそう なっちゃんは「花が舞う」が嫌いですよね

822 :詠み人知らず:2017/03/11(土) 18:47:14.39
桜待つ妣に江ノ電もなか購ふ

823 :詠み人知らず:2017/03/11(土) 18:52:53.47
パンタグラフ軋みて○○○○○落花
この5音を使って何か描写できないか...?

824 :詠み人知らず:2017/03/11(土) 18:57:03.14
>>822
もうちょっといいもん買ってあげろよ

825 :詠み人知らず:2017/03/11(土) 19:00:42.49
>>823
鉄ちゃんかよ
パンタグラフって言葉を使わなくても
線路もしくは線路をイメージさせる言葉あるだろ
最初からやり直し

ちなみにしらす丼にはカマダのだし醤油な

826 :詠み人知らず:2017/03/11(土) 19:12:54.55
>>822
「桜待つ妣に」なのか「桜待つ。妣に」
なのか曖昧じゃね?

827 :詠み人知らず:2017/03/11(土) 19:21:24.31
>>826
毎年「桜咲く季節まで生きとるんやろか」って言ってたからなぁ

828 :詠み人知らず:2017/03/11(土) 19:23:01.78
>>826
普通に考えれば一物だろ
そもそも亡くなられたご母堂様が桜を待つ
この時点でそこら中に…

829 :詠み人知らず:2017/03/11(土) 19:24:32.09
>>827
あと何回桜を見られるかって
桜の季節にじじばば100人いたら
99人は言う

830 :詠み人知らず:2017/03/11(土) 19:33:35.95
残りの一人は今年が最後と悟ってるな

831 :詠み人知らず:2017/03/11(土) 19:43:29.27
>>824
江ノ電もなかは日持ちするから便利
鳩サブレも使いやすい

832 :詠み人知らず:2017/03/11(土) 19:45:01.89
霧雨のさくら且つ散る段葛

833 :詠み人知らず:2017/03/11(土) 19:45:15.22
>>823
落花は季語だけど、桜の花が散り落ちる事を落花だとなんかもったいない気がするんだよな

834 :詠み人知らず:2017/03/11(土) 19:56:15.23
>>828
普通に考えても分からんから書いたんやけど・・
桜を待ってる作者が心の中にいる母に江ノ電モナカを買ったと読むか
毎年桜を待ってた母を思い江ノ電モナカを買ったと読むか
だいぶ違ってくるで

835 :詠み人知らず:2017/03/11(土) 20:00:03.38
>>832
霧雨は秋の季語
しかも且つを使って何がしたいのか全く分からん

836 :詠み人知らず:2017/03/11(土) 20:07:17.84
>>834
待つ は四段だから終止 連体一緒だけど
屁理屈言わなきゃわかるだろ

837 :詠み人知らず:2017/03/11(土) 20:24:45.20
>>836
どこが屁理屈なんだよ
思いっきり筋は通ってるじゃねーか
解釈別れるから変えた方がええやろ

838 :詠み人知らず:2017/03/11(土) 20:26:10.20
>>837
句を読めばわかることさ

839 :詠み人知らず:2017/03/11(土) 20:45:06.61
>>838
花待つや妣の江ノ電もなか購ふ
妣の待つ春や江ノ電もなか購ふ

こうした方がもっとよく分かる

840 :詠み人知らず:2017/03/11(土) 21:25:41.39
花冷えやそっと駆け込み乗車した

841 :詠み人知らず:2017/03/11(土) 22:07:35.01
>>835
霧雨ってのは何だけども
且つ散るってのは弾丸に散ってくってことじゃないの

842 :詠み人知らず:2017/03/11(土) 22:13:42.32
>>841
あっ だんだんね

843 :詠み人知らず:2017/03/11(土) 22:16:56.67
>>835
>>841
今調べたら「紅葉且つ散る」って言葉があったわ
それを桜でやってるのかも
どちらにしても桜且つ散るは成立しなさそう

844 :詠み人知らず:2017/03/11(土) 22:52:51.91
そんな季語あるんだなぁ
てことは雨で見頃の桜が無残に散った様を歌ったのかね
さくら且つ散るじゃ言葉として成立してないけど

845 :詠み人知らず:2017/03/11(土) 22:53:06.10
花散らす小雨重たし段葛

846 :詠み人知らず:2017/03/11(土) 22:56:20.18
散る桜交通事故の謝罪かな

847 :詠み人知らず:2017/03/11(土) 22:57:11.71
>>845
いいね!

848 :詠み人知らず:2017/03/11(土) 23:11:30.70
花の幹中野なのかな君の名は

849 :詠み人知らず:2017/03/11(土) 23:18:35.86
もの凄く今更だけど、スレタイは惜しいよね
五七五に出来たはずなのにw

850 :詠み人知らず:2017/03/12(日) 00:09:44.67
>>848
なっちゃんがペン圧し折りそうなレベルの俳句だな

851 :詠み人知らず:2017/03/12(日) 00:13:18.63
>>848
千原ジュニアが詠みそう

852 :詠み人知らず:2017/03/12(日) 09:38:12.18
変態山出しオカマの長谷川櫂とやらいうクズチョンは

読売新聞に記事を書かせてもらって何を勘違いしたのか、

『万葉集』から引用して恥をかきちらしているようだ。

「『万葉集』の益荒男振りなど下らぬ」などと

吹聴しまくっていた過去も忘れたふりをしてやがる厚顔無恥な山出し

のイモでしかないが。

キヤツめは今でも東海大学の体育会系学生たちの部室を覗いたり、

盗撮カメラを忍び込ませたりと、淫猥極まり無い悪事を重ねているそうだ。

853 :詠み人知らず:2017/03/12(日) 12:50:07.88
なっちゃん先生の新刊『おウチDE俳句』の例句募集中!
第二回のお題は『台所』だそうです

854 :詠み人知らず:2017/03/12(日) 15:30:57.25
富士に手をかざして返す羽根日和

855 :詠み人知らず:2017/03/12(日) 15:59:25.37
>>854
お題と関係ないけど凄い良い句だな

856 :詠み人知らず:2017/03/12(日) 16:11:07.16
夏井いつき「太一と申す」より

・十日目の赤子にさくら便りかな
・酒臭き祖母を許せよ春の宵
・長閑かな赤子の尻の穴眺め
・金玉と呼ぶにはいとけなき涼しさ
・祖父の胸吸うてもみたる裸の子

857 :詠み人知らず:2017/03/12(日) 19:07:52.99
>>855
梅沢がドッキリにあったときに披露した句だよ

858 :詠み人知らず:2017/03/12(日) 19:37:26.91
>>850
> >>848
> なっちゃんがペン圧し折りそうなレベルの俳句だな

その句何がしたいか分かってる?

859 :詠み人知らず:2017/03/12(日) 21:40:47.18
https://www.youtube.com/watch?v=rBYNY1rQ3tc

860 :詠み人知らず:2017/03/12(日) 22:24:36.54
>>858
山本山

861 :詠み人知らず:2017/03/12(日) 23:17:07.33
>>858
回文だろ
技に溺れて内容伴ってないじゃん

862 :詠み人知らず:2017/03/12(日) 23:37:13.41
「君の名は。」○○○○○○○花の幹

上五下五だけにとどめて中七で上手いこと詩を作れば十分通用しそうだがな
映画見てないから内容は知らんけど

863 :詠み人知らず:2017/03/13(月) 01:23:17.25
>>853
妻去りし厨にぽつり春キャベツ

864 :詠み人知らず:2017/03/13(月) 07:53:42.66
>>863
泣ける

865 :詠み人知らず:2017/03/13(月) 08:25:07.90
花に酔い木造駅舎遠ざかる

866 :詠み人知らず:2017/03/13(月) 08:30:14.43
>>863
しんみりしますね。
春キャベツがいい。

867 :詠み人知らず:2017/03/13(月) 09:19:01.97
秋キャベツではだめですか?

868 :詠み人知らず:2017/03/13(月) 11:03:27.62
>>863
やはり台所やキッチンより厨の方が3音だし使いやすいのかな
今ひとつピンとこないけど、「妻去りし」「ぽつり春キャベツ」はいいね
…泣ける

869 :詠み人知らず:2017/03/13(月) 12:29:42.86
わかるかな?

・1つの疑問から、このオイルに辿りついたのですが、初めて舐めた日はスコーンと爆睡。
身体に塗ぬると、ふわーっと疲れや緊張がとれ、感覚が鋭くなり気持ち良い事をするととっても気持ちいい
ホント、なんだこれー!?でした笑

・お身体をお借りしてヌリヌリ施術をすると、いつも以上に気持ち良いそうで、うつ伏せになるとほぼ皆様ヨダレ垂らして解放され落ちていました*\(^o^)/*
そうなると施術の変わり方も凄い♪
もう、やった!みつけた!とガッツポーズです笑

・CBDオイルを試していますが、毎日夕方になると胃がシクシク痛んで

・数時間続く痛さが急に(無くなったわけではありませんが)かなり楽になった

・87歳の母の足に褥瘡が出来て、悪化する一方だったもので思い切って入院させて治しちゃお!
と約40日間の入院をしたんですね……(中略)
…なんとか元の状態に戻って欲しくて、CBDオイルをせっせと飲ませました。
CBDオイルは舌下吸収なので、飲み込むことができない母でも大丈夫なんです
退院してから二週間ちょっとになりますが、何となくなんですけど目に力が出てきた感じがあります。
声も少し出てきました。
少しは改善してきたのかな?
・使用後30分ほどで気分が落ち着いたり、不安感が柔ぐ気がします。

・摂取し始めてから睡眠の質が改善されたように思います。しばらく続けてみたいです。

・何と言う事でしょう。
あれだけ痛い首が(五十肩になった事があるので)気がついたのが2時間後に、全然痛くなく、あれは夢?くらいの痛み知らずになっていました。

・偏頭痛が起きて早速CBDオイルを使ってみました、少しして気がつけば頭痛がなくなってたんです、とても気に入ったので今回は大きいサイズを注文させていただきました!ありがとうございました!

・2つのブランドのCBDオイルを試しましたが、含有量が高くなると気持ち味が苦くなる気がします。あと、乾燥した手や指に伸ばしたら、お肌がツルツルになりました

870 :詠み人知らず:2017/03/13(月) 12:38:44.47
>>867
キャベツを分けると 一般的な(夏秋冬)キャベツと春キャベツにわかれると思うんですよ
だから春のほうが特別季節感が増すと思う

871 :詠み人知らず:2017/03/13(月) 15:13:13.36
パンタグラフ軋み春雷相和する

別に鉄ちゃんではないのですが、パンタグラフにこだわってます。

パンタグラフの軋る音と春雷が響きあって合奏してるようだと詠みたかったのですが…

872 :詠み人知らず:2017/03/13(月) 17:54:41.79
>>871
集電器よりパンタグラフの方がすぐに電車だとわかりやすいのですね

873 :詠み人知らず:2017/03/13(月) 23:12:05.91
>>871
相和する、まで言い尽くさない方がいいと思います
春雷やパンタグラフの一軋り

874 :詠み人知らず:2017/03/14(火) 04:33:42.47
温度計マイナス1度ホワイトデー

春はまだ遠い

875 :詠み人知らず:2017/03/14(火) 06:10:16.70
>>873
おはようございます。
そうですね、相和するだとちょっと五月蝿いかもですね。
軽く軋むくらいが春の雷にはちょうどいいのかも。
ありがとうございます。

876 :詠み人知らず:2017/03/14(火) 06:21:31.80
夏の句になりますが

パンタグラフ軋み雷鳴相和する

カーブが多くパンタグラフの軋みがけたたましい江ノ電と激しい夕立のコラボがちょっと面白いんじゃないかと。

877 :詠み人知らず:2017/03/14(火) 08:00:14.58
>>876
上とその上の上読んだ?

878 :詠み人知らず:2017/03/14(火) 08:34:36.16
春雷だったら相和するは五月蝿いけれど
夏の雷鳴だったら相和するは面白くなる
同じ江ノ電のパンタグラフでも季節や雷の呼び名の取り合わせによって
さまざまな表情を見せてくれるところに面白さを感じているのですが…

879 :詠み人知らず:2017/03/14(火) 08:39:55.76
春霖や
早咲きの朱
しとど打つ

880 :詠み人知らず:2017/03/14(火) 09:44:00.16
>>878
「相和する」という言葉自体がうるさい
取り合わせももっと柔らかいものを持ってきた方が映えると思う

きしきしとパンタグラフも目借時

881 :詠み人知らず:2017/03/14(火) 10:38:50.53
子と母と微妙な距離で卒業す

近所の中学校が卒業式なのですが、お母さんと息子さんが少し離れて歩いていました。
母親といっしょに歩くのは照れくさい年頃なのかなあと(笑)

882 :詠み人知らず:2017/03/14(火) 11:18:50.35
>>881
よくある光景かと…

883 :詠み人知らず:2017/03/14(火) 11:25:57.22
>>880
やっぱり凄いな。

パンタグラフのきしきしいう音を蛙の鳴き声に見立てたのですかね?
目借時なんて初めて聞いた言葉です。
確かに春先の電車の旅はうとうとと眠くなりますね。

884 :詠み人知らず:2017/03/14(火) 11:53:35.58
映像がパンタグラフしかありません

885 :詠み人知らず:2017/03/14(火) 12:12:11.44
>>880
季語が動きますね

886 :詠み人知らず:2017/03/14(火) 12:53:06.99
椅子ひとつ離して島の卒業子

887 :詠み人知らず:2017/03/14(火) 13:04:18.25
>>881
子と母と微妙な距離で卒業しました…
しました を す に変えただけです
これでは散文です

888 :詠み人知らず:2017/03/14(火) 13:06:49.07
>>880
目借時 (春の季語) を知ってるなんか 田へしたもんだよ蛙のションベンw

889 :詠み人知らず:2017/03/14(火) 13:12:08.68
>>886
喧嘩しちゃったの?

890 :詠み人知らず:2017/03/14(火) 13:18:12.75
>>886
真ん中の椅子の子は転勤しちゃったのかなぁ

891 :詠み人知らず:2017/03/14(火) 13:19:06.35
>>890
転勤 じゃなくて 転校。 ごめんね

892 :詠み人知らず:2017/03/14(火) 13:34:17.30
☆彡 ← 真ん中の子

893 :詠み人知らず:2017/03/14(火) 14:37:46.04
真ん中の子の机には藍微塵

894 :詠み人知らず:2017/03/14(火) 14:52:52.16
>>886
離すより空ける方が喪失感が出ませんか?

椅子ひとつ空けたる島の卒業子

895 :詠み人知らず:2017/03/14(火) 15:23:21.64
>>886
ごめん状況がよくわからない
クラスが一つしかない島の小さな学校
上級生が卒業してしまい教室の席の数も減ってしまった…みたいな意味かな?

896 :886:2017/03/14(火) 15:36:17.32
島の学校に今年の卒業生は一人だけ
そして在校生や島中からの人が集まって卒業式を祝う
でもやはりその子の卒業式だから他の皆とは一定の距離があって椅子は一個だけ離されている
そういう場面を詠んだつもり

椅子ひとつ離れる島の卒業子

の方が正しかったかな
卒業子を卒業式に変えて字余り気味でも・・・

897 :詠み人知らず:2017/03/14(火) 15:46:14.80
>>896
それはあの句からは分からない
でも生きててよかった

898 :詠み人知らず:2017/03/14(火) 15:58:11.90
過疎の島卒業生の椅子一つ
こういうことね

ここからみんな推敲して

899 :詠み人知らず:2017/03/14(火) 15:58:44.52
>>896
特殊な状況の場合はちゃんと説明した方がいいよ

島あげて一人のための卒業式

まあ生きててよかったw

900 :詠み人知らず:2017/03/14(火) 16:51:34.51
なんか笑った(=^ェ^=)
卒業子無事で良かった花咲う

901 :詠み人知らず:2017/03/14(火) 17:19:42.76
江ノ電の窓に入れぬ花片かな

902 :詠み人知らず:2017/03/14(火) 18:34:05.27
>>901
江ノ電って窓開くんですか?

903 :詠み人知らず:2017/03/14(火) 21:28:16.05
>>902
開くよ
俺が乗ったやつは下の方だけ開くやつだった

904 :詠み人知らず:2017/03/14(火) 23:25:38.23
江ノ電107と言えば、映画「 天国と地獄」

905 :詠み人知らず:2017/03/14(火) 23:50:23.35
>>904
はい。
まさにパンタグラフの音にこだわったのは、その映画が念頭にあったからなのです。

906 :詠み人知らず:2017/03/15(水) 02:53:50.72
https://twitter.com/gurindama/status/841708372390903812

907 :詠み人知らず:2017/03/15(水) 15:02:18.63
>>906
見れない 消されてる?

908 :詠み人知らず:2017/03/15(水) 20:38:16.17
23日は二宮金次郎と桜らしいけど
二宮金次郎に興味はないからいいや

二宮金次郎は本を読みながら歩いてて
木にぶつかって怪我をすると伝説となり像まで建てられるけど
俺が歩きスマホをして人にぶつかると文句を言われるんだ
おかしいだろ

909 :詠み人知らず:2017/03/15(水) 21:22:06.75
花影へ尊徳像の一歩かな

910 :詠み人知らず:2017/03/15(水) 22:23:13.98
>>908
その想いを句にするんですよ!

911 :詠み人知らず:2017/03/16(木) 00:27:49.73
>>909
擬人化が生きてないパターンと見た

912 :詠み人知らず:2017/03/16(木) 04:29:50.28
「金次郎、私を見て」と花が呼ぶ

913 :詠み人知らず:2017/03/16(木) 04:38:42.28
>>912
エロすぎ

914 :詠み人知らず:2017/03/16(木) 13:02:06.20
撤去さる尊徳像や花嵐

915 :詠み人知らず:2017/03/16(木) 15:48:58.94
廃校の尊徳像に桜散る

916 :詠み人知らず:2017/03/16(木) 16:43:32.85
>>914
廃校の時点で撤去されてるよ きっと
俳句好きな人って廃校とか好きだよね

917 :詠み人知らず:2017/03/16(木) 17:25:11.25
>>916
好きとか嫌いじゃなくて、新設校に二宮尊徳像がないんだから
廃校率が高くなるだろ

918 :詠み人知らず:2017/03/16(木) 17:46:38.74
廃校は陰
桜散るも陰
せめて季語は陽にしたら

廃校の尊徳蔵に桜咲く
もしくは時間情報を入れて朝桜

こうすれば廃校の金ちゃんにも光が当たらない?
欽ちゃんのいる学校が廃校になって
しかも桜も散っちゃったらかわいそうよ

919 :詠み人知らず:2017/03/16(木) 18:03:53.77
ひとりぼっちの金ちゃんw

920 :詠み人知らず:2017/03/16(木) 18:17:16.50
そこで遊び人の金さんの桜吹雪ですよ

921 :詠み人知らず:2017/03/16(木) 18:50:48.18
春闘や尊徳の像座り込む

922 :詠み人知らず:2017/03/16(木) 18:57:10.07
>>921
春闘や金次郎像座り込む

普通にこっちで

923 :詠み人知らず:2017/03/16(木) 20:54:12.61
>>921
尊徳と像の間に何でのが入るの?
尊徳像の座り… がノーマルだし…
そもそも季語+やで切っておいて
最後の動詞が何で終止形?
四段活用だからって連体形じゃないだろうし
何か特別な意図があったんだろうか

924 :詠み人知らず:2017/03/16(木) 21:22:33.67
>>923
座り込む まみむむめめ 連体形ですが・・・

925 :詠み人知らず:2017/03/16(木) 21:38:50.43
>>924
そもそも上五を季語+やで切ったら
最後が動詞の時は連用形が基本

定石を崩して何故に連体形?
やはり特別な意図があると考えるよ
普通に考えたら終止形で連体形とは考えないし

926 :詠み人知らず:2017/03/17(金) 09:30:37.58
ぞ なむ や か > 連体形
こそ > 已然形

927 :詠み人知らず:2017/03/17(金) 09:42:20.93
>>925みたいな法則あったっけ?

928 :詠み人知らず:2017/03/17(金) 09:45:49.43
>>926
切れ字と係り結びは別モンやで

929 :詠み人知らず:2017/03/17(金) 10:11:28.74
春闘に尊徳像も座るなり

930 :詠み人知らず:2017/03/17(金) 14:20:02.04
プレバト俳句面白いから俳句興味もったけど
連体形とか終止形?
こういう専門用語が俳句をつまらなくしてるわ

わしど素人な

931 :詠み人知らず:2017/03/17(金) 14:59:07.74
損得も是非もなく今花の雲

932 :詠み人知らず:2017/03/17(金) 15:16:59.64
>>931
損得も是非もなくと思わせた光景を書きなさいと言われるよ

933 :詠み人知らず:2017/03/17(金) 19:20:37.79
>>931
季語意外映像が全くありません

934 :詠み人知らず:2017/03/17(金) 19:21:06.42
>>930
中学で習うレベルかな

935 :詠み人知らず:2017/03/17(金) 20:46:24.13
>>932
それ!
写実で損得と是非を表現しないと
説明文じゃねえ

936 :詠み人知らず:2017/03/17(金) 21:10:57.60
この時をみな是と仰ぐ花の雲

937 :詠み人知らず:2017/03/17(金) 23:14:42.32
>>936
季語意外映像が全くありません

938 :詠み人知らず:2017/03/18(土) 02:04:34.02
>>931
尊徳像と損得をかけたの?

939 :詠み人知らず:2017/03/18(土) 03:26:59.04
いっそのこと損得像にしちゃえば

940 :詠み人知らず:2017/03/18(土) 10:09:36.22
損得や是非に関わらず、誰の上にも満開の桜が広がる意味で詠んだのですが、その季語以外(損得も是非もなく)の映像が必要なのですね?

941 :詠み人知らず:2017/03/18(土) 10:36:21.45
映像映像言ってるやつがいるけど基本的には無視していいと思う
この秋は何で年寄る雲に鳥
独り句の推敲をして遅き日を
芭蕉・虚子の句にも映像を伴ってないものはたくさんある
写生は確かに俳句の基本だけど囚われすぎるのはよくない

942 :詠み人知らず:2017/03/18(土) 11:35:55.43
>>941
同意 映像っていうのは視覚だけ。
聴覚、嗅覚、触覚など五感もありますから。

943 :詠み人知らず:2017/03/18(土) 11:40:18.35
映像を伴ってない句で素人がするのは極めて稀だよ
俳句始めたばかりならできるだけ写生俳句をやった方がいい

944 :詠み人知らず:2017/03/18(土) 12:01:48.14
>>941
客観 主観 説明 理屈 この辺りかな
その句は写生
心象や人事の写生ほど難しいものはない

945 :詠み人知らず:2017/03/18(土) 12:15:07.86
あぁ 映像のない写生と説明…
私にはまだ遠い世界なのよね

946 :814:2017/03/18(土) 13:50:39.20
>>817
どうも。水彩画と俳句は構図の切り取り方という意味では通ずるものがあるのかもしれませんな

季語を桜にするか花にするか
夏井先生の音数で決めたらいけないという言葉にハッとさせられました

947 :詠み人知らず:2017/03/18(土) 14:34:41.49
あまり映像映像と言うのも如何かとは思いますが
文字を読んだだけでパッと目の奥に景色が浮かぶような句はさすがに秀逸な出来映えではないかと
個人的には思います。
今回の横尾さんの行け(ど)行けども美しい句でしたね。

948 :詠み人知らず:2017/03/18(土) 14:49:08.05
磨かれて桜花に映える尊徳像

949 :詠み人知らず:2017/03/18(土) 15:09:32.58
>>948
原因と結果 いわゆる説明
磨かれて桜花に映える尊徳像となりました

950 :詠み人知らず:2017/03/18(土) 15:13:12.62
早いもので、そろそろ次スレの準備をしておいた方がよろしいようです。

《スレタイ》
プレバトのお題で一句詠みましょう 2
《テンプレ》
名無しである限りアマチュア同士の感想だと思いましょう
玄人を自負する方はコテ(+トリップ)で特定されない程度で経歴や入賞歴をつける事をオススメします

【募集】お題をキャプチャーしてくれる方

スレタイとテンプレは上記のようで大丈夫でしょうか?
何か直しがあれば、ぜひご教示くださいませ。

>>980前後で宣言した後に次スレを立てようと思っております。

951 :詠み人知らず:2017/03/18(土) 15:30:10.21
ID付きを希望します

952 :詠み人知らず:2017/03/18(土) 15:55:36.51
実に良いスレですね

953 :詠み人知らず:2017/03/18(土) 15:57:09.21
>>950
文句なし 次スレよろしくお願いします

954 :詠み人知らず:2017/03/18(土) 16:01:23.84
>>951
どうも、この五七五・短歌板はIDが出ない仕様のようです。
どこか他のIDが出る板にスレッドごと引っ越さないとならないのかしら?

955 :詠み人知らず:2017/03/18(土) 16:10:13.47
《学問・文系》[詩文学]
こちらの板でしたらIDは表示されるみたいですが…
やはり、IDはあった方がよろしいですか?

956 :詠み人知らず:2017/03/18(土) 16:11:04.89
>>954
無学で失礼致しました

957 :詠み人知らず:2017/03/18(土) 16:18:03.62
>>950
スレタイですが
【俳句】プレバトのお題で一句詠みましょう 2 【??】
のようにどこかに俳句と入れた方が人が集まると思います
現在のスレタイでは俳句と検索してもヒットしません
また??は何かいい言葉をと思います

958 :詠み人知らず:2017/03/18(土) 16:36:13.69
>>957
ありがとうございます。
頭に【俳句】とつけるのはとても良いと思います。

問題は語尾の方の【】ですね。

季語、歳時記
夏井、いつき、なっちゃん
直し、添削
才能アリ、凡人、名人

…何かいい言葉があるといいですね。

959 :957:2017/03/18(土) 17:27:29.12
>>958
今プレバトは勢いのある番組ですから
夏井先生でいかがでしょう

960 :詠み人知らず:2017/03/18(土) 17:46:46.49
浜ちゃんの【先生〜ッ】とか

961 :詠み人知らず:2017/03/18(土) 18:25:52.58
>>960
いいですね!
あの声で脳内再生されました(笑)

【俳句】プレバトのお題で一句詠みましょう 2【先生〜ッ】

962 :詠み人知らず:2017/03/18(土) 18:36:04.65
梅沢名人や横尾新名人、東国原氏やフルーツポンチ君も捨てがたいキャラではありますが
やはりここは夏井いつき先生あってのプレバトですね。

963 :詠み人知らず:2017/03/18(土) 19:08:17.16
>>962
やっぱりフジモンは嫌いなの?

964 :詠み人知らず:2017/03/18(土) 19:21:26.17
そんなことはありません!
フジモンさんも好きです。ファンタジー俳句も好き♪

965 :詠み人知らず:2017/03/18(土) 19:27:41.26
行き行きてこの谷にして雪間草 茂里露城
どっかで見たことのある構成の句だよね

966 :詠み人知らず:2017/03/18(土) 21:07:06.64
金次郎さくらの弁が栞かな

967 :詠み人知らず:2017/03/18(土) 21:15:09.15
>>955
この板のままでいいんじゃないかな
詩文学板だとなんか堅苦しそう…

【俳句】プレバトのお題で一句詠みましょう 2 【昇格】
なんてどうですか?

968 :詠み人知らず:2017/03/18(土) 21:22:17.60
【夏井】 プレバト俳句道場 【梅沢】

969 :詠み人知らず:2017/03/18(土) 21:25:02.62
花嵐尊徳像の動かざる

970 :詠み人知らず:2017/03/18(土) 21:33:19.17
尊徳の学びを飛花の妨ぐる

971 :詠み人知らず:2017/03/18(土) 21:37:17.24
銅像の薪へ頁へ散る桜

972 :詠み人知らず:2017/03/18(土) 22:09:51.61
>>968
もしかしてそれは
【だんきち】お笑いマンガ道場【なおみ】

973 :詠み人知らず:2017/03/19(日) 06:07:03.59
3月19日(日)午前6時35分より、NHK俳句 題「百千鳥(ももちどり)・囀り(さえずり)」が放送されます。

選者は夏井いつき先生。ゲストは和菓子店主人、山口富藏さん。
音楽をイメージした創作菓子など新たな世界に取り組んでいる山口さん。
囀りをテーマに菓子を作ってくれる。

974 :詠み人知らず:2017/03/19(日) 08:43:48.51
>>973
残念、いま知ったから。終わってました

975 :詠み人知らず:2017/03/19(日) 08:44:46.18
夏井いつき「太一と申す」より

・十日目の赤子にさくら便りかな
・孫とは真に膝に春抱くごときかな
・酒臭き祖母を許せよ春の宵
・長閑かな赤子の尻の穴眺め
・抱けば我が胸蹴る赤子夏来る
・蝉の昼名付け親なる和尚来る
・孫の名は太一と申す宮相撲
・金玉と呼ぶにはいとけなき涼しさ
・祖父の胸吸うてもみたる裸の子

976 :詠み人知らず:2017/03/19(日) 13:23:10.41
ここらでこのスレの特選句を選んでみても面白そうだな

977 :詠み人知らず:2017/03/19(日) 15:41:25.63
>>976
1から見直すのはなかなか大変ですね

ザッと見直しての個人的特選句は
>>295
39光年彼方の星で水ぬるむ

978 :詠み人知らず:2017/03/19(日) 16:32:10.23
途中までしか見返してないけど
>>146
だいだらぼう
富士に腰かけ
土筆摘む

に一票
やっぱスケールの大きい句は印象に残る

979 :詠み人知らず:2017/03/19(日) 19:18:34.75
そろそろこのスレも終わりそうな気がする
俳句批判が消えると同時に
みんな消えそう

コテで自分の経歴とか馬鹿だろ

980 :詠み人知らず:2017/03/19(日) 19:23:03.26
2017.03.16

「メロンにミルクをかける」通な食べ方を再現した味わい!
「マックシェイク 北海道メロン」3月22日(水)から期間限定販売
北海道の店舗では3月17日金曜日より先行販売を実施

■商品概要
商品名-「マックシェイク 北海道メロン」(果汁1%)
販売期間-2017年3月22日(水)〜4月上旬(予定)
販売エリア-全国のマクドナルド店舗(一部店舗を除く)
販売時間-午前10時30分〜閉店まで(24時間営業店舗では翌午前1時00分まで)
販売価格(税込)-Sサイズ:120円 Mサイズ:200円
※北海道の店舗では、3月17日(金)より先行販売を実施いたします。(一部店舗を除く)
※「マックシェイク 北海道メロン」の原材料の最終加工国、主な原料の原産地情報を、マクドナルドウェブサイトで3月16日(木)14:00より公開いたします。
 マクドナルドウェブサイト:ttp://www.mcdonalds.co.jp

ttp://www.mcd-holdings.co.jp/news/2017/promotion/img/0316a_1.jpg
ttp://www.mcd-holdings.co.jp/news/2017/promotion/img/0316a_2.jpg
ttp://www.mcd-holdings.co.jp/news/2017/promotion/promo0316a.html

981 :詠み人知らず:2017/03/19(日) 19:40:53.63
>>980
を越えましたので新しいスレッドを立てさせていただきます。
スレタイは幾つか御意見を頂戴しましたが
【俳句】プレバトのお題で一句詠みましょう 2【夏井先生】
とさせていただきます。
皆さん、ご協力どうもありがとうございました。
それでは、立てて来ます。

982 :詠み人知らず:2017/03/19(日) 19:46:54.15
カレー蕎麦

983 :詠み人知らず:2017/03/19(日) 19:47:36.31
天ぷらうどん

984 :詠み人知らず:2017/03/19(日) 19:47:49.39
味噌ラーメン

985 :詠み人知らず:2017/03/19(日) 19:48:08.70
冷やし中華

986 :詠み人知らず:2017/03/19(日) 19:48:24.80
釜玉うどん

987 :詠み人知らず:2017/03/19(日) 19:48:49.39
冷やし担々麺

988 :詠み人知らず:2017/03/19(日) 19:49:06.28
焼きそば

989 :詠み人知らず:2017/03/19(日) 19:49:22.22
ちゃんぽん

990 :詠み人知らず:2017/03/19(日) 19:49:46.21
鴨南そば

991 :詠み人知らず:2017/03/19(日) 19:50:12.36
台南担仔麺

992 :詠み人知らず:2017/03/19(日) 19:50:32.53
ナポリタン

993 :詠み人知らず:2017/03/19(日) 19:50:52.03
かき揚げそば

994 :詠み人知らず:2017/03/19(日) 19:51:11.18
鍋焼きうどん

995 :詠み人知らず:2017/03/19(日) 19:51:31.94
鴨南蛮そば

996 :詠み人知らず:2017/03/19(日) 19:51:48.37
カルボナーラ

997 :詠み人知らず:2017/03/19(日) 19:52:07.84
つけ麺

998 :詠み人知らず:2017/03/19(日) 19:52:33.35
天ざる

999 :詠み人知らず:2017/03/19(日) 19:53:05.39
あさりうどん

1000 :詠み人知らず:2017/03/19(日) 19:53:33.41
うめ終了

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。
life time: 43日 8時間 44分 12秒

1002 :1002:Over 1000 Thread
2ちゃんねるの運営はプレミアム会員の皆さまに支えられています。
運営にご協力お願いいたします。


───────────────────
《プレミアム会員の主な特典》
★ 2ちゃんねる専用ブラウザからの広告除去
★ 2ちゃんねるの過去ログを取得
★ 書き込み規制の緩和
───────────────────

会員登録には個人情報は一切必要ありません。
月300円から匿名でご購入いただけます。

▼ プレミアム会員登録はこちら ▼
http://premium.2ch.net/

▼ 浪人ログインはこちら ▼
https://login.2ch.net/login.php

216 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)