5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

日本のフライフィッシングの衰退の原因を考える [無断転載禁止]©2ch.net

1 :山菜取り名人:2016/11/14(月) 21:53:17.03 ID:scUwtNVE
絶滅危惧といわれる日本のフライフィッシング人口。
その原因を考えるスレです。

2 :名無し三平:2016/11/14(月) 21:56:06.96 ID:HcowEj/7
ここは風来満さんになんとかして貰わないと

3 :名無し三平:2016/11/14(月) 22:01:18.94 ID:l1YPgUVq
>>1
キミ渋谷くんか?

4 :名無し三平:2016/11/14(月) 22:06:59.50 ID:vW6nBjEu
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a

5 :名無し三平:2016/11/14(月) 22:07:03.29 ID:TqzjQ6Jx
くそつまらんから

6 :名無し三平:2016/11/14(月) 22:46:23.76 ID:scUwtNVE
ま、良くも悪くも某素人を起用のちんこの作戦が功を奏さなかった
のもひとつでしょうな。そりゃ無理もないでしょうな、彼じゃね。

7 :名無し三平:2016/11/14(月) 22:59:20.94 ID:Ob3vaJSP
海外だと10キロ以上になる魚の稚魚釣って喜べるか?

8 :名無し三平:2016/11/14(月) 23:05:37.26 ID:CxC+9q+n
ごく少数の愛好者がひっそり楽しめればいいんじゃね?

9 :名無し三平:2016/11/14(月) 23:57:06.80 ID:WUGs77Rl
とりあえず敷居と言うか覚える事ありすぎて何から始めたらよいかわからんよねー
自分も師匠がいなかったら絶対始められんと思うわ
ラインと直で魚とやり取りする楽しさは他の釣りにはないと思うんだけどねー

10 :名無し三平:2016/11/15(火) 10:25:20.84 ID:5UjrMvTW
フライフィッシングフェスタってやってたの知ってる?
あのころがフライ人口も最盛期だったんじゃないかな。

11 :名無し三平:2016/11/15(火) 11:07:02.81 ID:Q3tH2JDl
日本にはフライが振れる広い場所でトラウトが住んでるというシチュエーションが少ないからじゃない
同じ毛鉤釣りならテンカラの方が使える

12 :名無し三平:2016/11/15(火) 11:45:30.37 ID:g1+rlCbx
鴨が葱背負ってやってきちゃったからかなー

13 :名無し三平:2016/11/15(火) 11:53:09.76 ID:yz25Tarr
キャスティングで挫折する

14 :名無し三平:2016/11/15(火) 12:02:54.50 ID:x7jA83oL
重篤な統合失調症の人間が居る

最悪だwww

15 :名無し三平:2016/11/15(火) 12:29:35.78 ID:jVvHoChB
バンブーロッドに漆塗り始めたら末期

16 :名無し三平:2016/11/15(火) 12:56:22.29 ID:qDkWwKui
手軽、気軽じゃないのが現代ではね

17 :名無し三平:2016/11/15(火) 13:02:22.83 ID:5UjrMvTW
>>12
カモといえば、某プロフライマンが、公の場で
お客はカモ!発言をかまし、のちに謝罪したという伝説があるが、
それもはるかかなたの話となったなあ。

18 :名無し三平:2016/11/15(火) 13:18:42.72 ID:iEkqTb3H
>>9
自分はほぼ独学だったなー、客をカモ扱いする人の本やビデオを見てw

19 :名無し三平:2016/11/15(火) 14:03:21.84 ID:5UjrMvTW
もしかしたら独学でやる人が少なくなったから
破滅の道を歩み始めているのかもしれない。
無責任なろくでもないこと自慢げにおしえる人間しか
今はいないもんな。

20 :名無し三平:2016/11/15(火) 14:12:59.84 ID:exKyXt+z
とあるヘラ師のオッサンが感違いのうえ
調子コイて「えぇフライとは・・・」
なんてやり始め、な〜〜んにも知らん
バカで新し物好きなクズどもを集めて
徒党を組んで、ケツ出しタイコ叩きを
「これがキャスティングです」とやりやがった
糞色のミットもねぇ”チョッキ”着せられた
馬鹿な取り巻きと、ヘラ師上がりの田舎釣師が
この国のフライを根底から蝕んだ

21 :名無し三平:2016/11/15(火) 14:44:09.70 ID:XjUbTyNb
芦ノ湖でも邪魔くさいから、フライなんか絶滅してもいいけどな

22 :名無し三平:2016/11/15(火) 14:52:01.59 ID:5UjrMvTW
>>20
誰それ?w
しかしその構図、昔も今も変わらないな。
田舎釣り師の大胆な勘違い行動から悲劇は始まる。
ほら、みなさんがお好きなあのお方も、現在進行形で、、、。

23 :名無し三平:2016/11/15(火) 15:05:35.59 ID:CwKFk7wa
確かにな
サワダさえいなかったら
ずいぶん良かっただろう
残念でならないが
もう遅いwww

24 :名無し三平:2016/11/15(火) 15:16:23.17 ID:KTVQ66Yd
じゃあ、そういうことで(笑)
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

25 :名無し三平:2016/11/15(火) 15:45:39.66 ID:5AVRLBnQ
>>18
スゲーなー
自分は初めてフライ見たのがルアー初心者の頃の管釣りで
なんかスゲーけど何やってんだかわかんねって感じだったけど
師匠に教えてもらって始めたよ
キャス練で管釣りきてアホみたいに釣れまくったのとラインで直に魚とやり取りする楽しさにハマッた

26 :名無し三平:2016/11/15(火) 16:15:19.67 ID:5UjrMvTW
10年後には日本からフライショップは消えるな。
通販もできなくなるかもしれない。
俺はその日のために、海外入手ルートを今開拓している。

27 :名無し三平:2016/11/15(火) 18:28:26.79 ID:iEkqTb3H
キャスティングはツベでも見て練習出来ると思うが、
川を歩く沢を登る立ち位置とかの基礎をどう覚えるか?

28 :名無し三平:2016/11/15(火) 19:14:45.61 ID:kdasUDv7
>>27
それこそ経験積むだけの話
動画も先生も必要ない

29 :名無し三平:2016/11/15(火) 20:47:56.60 ID:XiixhM42
衰退の元凶はサワダだ
そんなことは百も承知だ
だがな、いまさらどうでもいい

埋め立て屋さん、お願いします
こんなくだらないスレはぶっ潰せwww

30 :名無し三平:2016/11/15(火) 20:50:57.62 ID:H6j1gMT5
呼ばれた気がするが?

まぁ、慌てるなよ(笑)
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

31 :名無し三平:2016/11/15(火) 20:56:16.72 ID:YJtx2wUv
29 :

名無し三平

2016/11/15(火) 20:47:56.60 ID:XiixhM42

衰退の元凶はサワダだ
そんなことは百も承知だ
だがな、いまさらどうでもいい

埋め立て屋さん、お願いします
こんなくだらないスレはぶっ潰せwww


おまえだろ原因はwww
ホホホホホ

32 :名無し三平:2016/11/15(火) 21:08:43.03 ID:YJtx2wUv
>>29
サワダの真似をしたくてもできないw
できないんでシブヤの真似に励むお前w
それならサワダのケツの穴でもなめれば
お前も教えてもらえる、かもなw
どうだ、なめる気になったかw
失せろや

33 :名無し三平:2016/11/15(火) 21:16:18.08 ID:YJtx2wUv
>>30
岡山の底辺学科の論文だすなやw
糞だぞこれw

34 :名無し三平:2016/11/15(火) 21:25:36.61 ID:tX94/LOH
フライって結果以上に過程を重視する面が大きいと思うんだけど、
そこがイマイチ受け入れられにくいんのもあるんじゃないかね

35 :名無し三平:2016/11/15(火) 21:48:52.34 ID:B21x9Q8h
誰が書いたんだろうねぇ?
このクソ論文(笑)
とっても便利だわ♪

本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

36 :名無し三平:2016/11/15(火) 21:49:49.07 ID:B21x9Q8h
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

37 :名無し三平:2016/11/15(火) 21:50:04.89 ID:B21x9Q8h
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

38 :名無し三平:2016/11/15(火) 21:50:27.65 ID:B21x9Q8h
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

39 :名無し三平:2016/11/15(火) 21:55:50.16 ID:tMdojZm8
なるほどね〜
糞ぶっ潰すのには
糞で十分ってワケね♪
ぶ ラジャー♪♪♪

本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

40 :名無し三平:2016/11/15(火) 22:04:53.84 ID:YJtx2wUv
>>35
おまえが悪い頭つかって書いたんだろ(大笑い)
おいつめていくよおお〜
覚悟はいいかな〜
アドレス検索開始!!

41 :名無し三平:2016/11/15(火) 22:24:35.57 ID:YJtx2wUv
荒らし屋逆探知大好き〜〜!
データとるから書き込みヨロw

42 :名無し三平:2016/11/15(火) 22:43:56.05 ID:B21x9Q8h
がんばれ〜〜〜!
糖質キチガイ♪

本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

43 :名無し三平:2016/11/15(火) 22:44:18.42 ID:B21x9Q8h
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

44 :名無し三平:2016/11/15(火) 22:44:43.31 ID:B21x9Q8h
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

45 :名無し三平:2016/11/15(火) 22:47:31.59 ID:tMdojZm8
あはははは。まったくもって
キチガイは最高のオモチャだな(笑)
何回やっても飽きねぇわ♪

本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

46 :名無し三平:2016/11/15(火) 22:48:07.63 ID:tMdojZm8
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

47 :名無し三平:2016/11/15(火) 22:49:31.42 ID:B21x9Q8h
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

48 :名無し三平:2016/11/15(火) 22:49:49.12 ID:B21x9Q8h
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

49 :名無し三平:2016/11/15(火) 22:58:05.05 ID:B21x9Q8h
アフィカスってさあ、生きてる価値無いよな、人に依存してだらけで自分じゃ何も出来ない、まさに人間のクズみたいなものじゃないか
依存する人間は自分が無いとか言うけどこの場合っていうのは自分が無いと言い訳して楽してるだけだよね依存生活楽しいですか?
本当にアフィカスという人種は生きてる意味すらもないような奴らだよね自分じゃ何も生まないし、その癖他人のものをさも自分のもののように扱う
何度も繰り返してるようで悪いけれどもアフィっていうのはやっぱりそういう劣等人種なんだと思う劣等っていうか生まれつき劣ってるっていうか
そう、いわゆる障害者なんだよ自分で稼ごうとしても稼げないみたいなアイディアが無いみたいな哀しい哀しい生きてる価値もない障害者
つまらない人間と言い換える事もできるね、とにかく幼い頃からきっと他人に依存しないといけないみたいな障害に悩まされてきたんだよ
一種の青春病であってそこを責める事は出来ないとも最近思い始めてきたよそういう病気だもん、そういう人種だもん、クズだもん、そういう障害者だもの
そうでもなきゃこんな事考え付かないでしょ、「人の会話をコピペしてブログにまとめて金儲けする」とか普通は考えないよ
昔から日本には他人の褌で相撲を取るとかあるけど、そんな次元じゃない、他人の会話で金儲けするとか流石に無いですわ
ほら最近忍者の里の新ルールだとか何だとかで「転載禁止言えといわれても書かなかったら水遁」とか出来たじゃん
いや実はそのルールの議論の中心人物俺なんだけど、だけど早く実施してほしいもんだよ、まだまともに聞かれてないみたいだから
バカは死ななきゃ治らないだとか言うだろ?アフィは水遁でもされて痛い目でも見なきゃ判らないんだよ、●持ってるだろうからVIP二度といきたくなるぐらい絶望の淵に叩き落されるぐらい
だから何十回でも何百回でも水遁されて何百回でも何千回でも後悔して何千回でも何万回でも金銭難の地獄に叩き落せ

50 :名無し三平:2016/11/15(火) 22:58:36.10 ID:B21x9Q8h
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

51 :名無し三平:2016/11/15(火) 22:58:58.55 ID:B21x9Q8h
アフィカスってさあ、生きてる価値無いよな、人に依存してだらけで自分じゃ何も出来ない、まさに人間のクズみたいなものじゃないか
依存する人間は自分が無いとか言うけどこの場合っていうのは自分が無いと言い訳して楽してるだけだよね依存生活楽しいですか?
本当にアフィカスという人種は生きてる意味すらもないような奴らだよね自分じゃ何も生まないし、その癖他人のものをさも自分のもののように扱う
何度も繰り返してるようで悪いけれどもアフィっていうのはやっぱりそういう劣等人種なんだと思う劣等っていうか生まれつき劣ってるっていうか
そう、いわゆる障害者なんだよ自分で稼ごうとしても稼げないみたいなアイディアが無いみたいな哀しい哀しい生きてる価値もない障害者
つまらない人間と言い換える事もできるね、とにかく幼い頃からきっと他人に依存しないといけないみたいな障害に悩まされてきたんだよ
一種の青春病であってそこを責める事は出来ないとも最近思い始めてきたよそういう病気だもん、そういう人種だもん、クズだもん、そういう障害者だもの
そうでもなきゃこんな事考え付かないでしょ、「人の会話をコピペしてブログにまとめて金儲けする」とか普通は考えないよ
昔から日本には他人の褌で相撲を取るとかあるけど、そんな次元じゃない、他人の会話で金儲けするとか流石に無いですわ
ほら最近忍者の里の新ルールだとか何だとかで「転載禁止言えといわれても書かなかったら水遁」とか出来たじゃん
いや実はそのルールの議論の中心人物俺なんだけど、だけど早く実施してほしいもんだよ、まだまともに聞かれてないみたいだから
バカは死ななきゃ治らないだとか言うだろ?アフィは水遁でもされて痛い目でも見なきゃ判らないんだよ、●持ってるだろうからVIP二度といきたくなるぐらい絶望の淵に叩き落されるぐらい
だから何十回でも何百回でも水遁されて何百回でも何千回でも後悔して何千回でも何万回でも金銭難の地獄に叩き落せ

52 :名無し三平:2016/11/15(火) 22:59:24.46 ID:B21x9Q8h
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

53 :名無し三平:2016/11/15(火) 23:01:20.51 ID:B21x9Q8h
(笑)何一つ出来ねぇ、能無し糖質キチガイじじい
はやく死ねばいいのにねぇ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜♪

54 :名無し三平:2016/11/15(火) 23:01:46.42 ID:B21x9Q8h
(笑)何一つ出来ねぇ、能無し糖質キチガイじじい
はやく死ねばいいのにねぇ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜♪

55 :名無し三平:2016/11/15(火) 23:02:46.65 ID:B21x9Q8h
腐れシブヤのケツ舐めるんか    あ?

56 :名無し三平:2016/11/15(火) 23:17:05.07 ID:YJtx2wUv
がんばれ〜〜〜!
錯乱キチガイ♪
涙ふけよお(大笑い)
アドレス逆探知終了!!!

公開しちゃうかな?
いいのかな?

57 :名無し三平:2016/11/15(火) 23:17:47.81 ID:YJtx2wUv
ID:B21x9Q8hさーん、公開しちゃうよ!!

58 :名無し三平:2016/11/15(火) 23:18:51.41 ID:YJtx2wUv
あっちこっちに書き込みしてるねえ!!

59 :名無し三平:2016/11/15(火) 23:19:52.59 ID:YJtx2wUv
サワダのケツなめるか?あ〜ん?

60 :名無し三平:2016/11/15(火) 23:21:34.69 ID:YJtx2wUv
(笑)何一つ出来ねぇ、荒らし屋しかできねえ
能無し錯乱キチガイじじい
はやく死ねばいいのにねぇ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜♪
公開しちゃうよ
全終了でもいいのお?

61 :名無し三平:2016/11/15(火) 23:22:54.88 ID:B21x9Q8h
(笑笑笑)
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

62 :名無し三平:2016/11/15(火) 23:25:09.45 ID:B21x9Q8h
(笑笑笑)
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

63 :名無し三平:2016/11/15(火) 23:25:31.61 ID:B21x9Q8h
(笑笑笑)
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

64 :名無し三平:2016/11/15(火) 23:25:47.82 ID:B21x9Q8h
(笑笑笑)
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

65 :名無し三平:2016/11/15(火) 23:26:06.62 ID:B21x9Q8h
(笑笑笑)
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

66 :名無し三平:2016/11/15(火) 23:26:25.93 ID:B21x9Q8h
(笑笑笑)
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

67 :名無し三平:2016/11/15(火) 23:27:33.65 ID:B21x9Q8h
(笑)何一つ出来ねぇ、能無し糖質キチガイじじい
ケツ舐めるんか? あぁん?

68 :名無し三平:2016/11/15(火) 23:27:57.56 ID:B21x9Q8h
(笑)何一つ出来ねぇ、能無し糖質キチガイじじい
ケツ舐めるんか? あぁん?

69 :名無し三平:2016/11/15(火) 23:28:15.20 ID:B21x9Q8h
(笑)何一つ出来ねぇ、能無し糖質キチガイじじい
ケツ舐めるんか? あぁん?

70 :名無し三平:2016/11/15(火) 23:28:34.53 ID:B21x9Q8h
(笑)何一つ出来ねぇ、能無し糖質キチガイじじい
ケツ舐めるんか? あぁん?

71 :名無し三平:2016/11/15(火) 23:28:49.77 ID:B21x9Q8h
(笑)何一つ出来ねぇ、能無し糖質キチガイじじい
ケツ舐めるんか? あぁん?

72 :名無し三平:2016/11/15(火) 23:29:34.14 ID:B21x9Q8h
ほれ、ケツ舐めろや、キチガイ♪

73 :名無し三平:2016/11/15(火) 23:29:56.09 ID:B21x9Q8h
ほれ、ケツ舐めろや、キチガイ♪

74 :名無し三平:2016/11/15(火) 23:30:14.59 ID:B21x9Q8h
ほれ、ケツ舐めろや、キチガイ♪

75 :名無し三平:2016/11/15(火) 23:30:52.62 ID:B21x9Q8h
ほれ、ケツ舐めろや、キチガイ♪

76 :名無し三平:2016/11/15(火) 23:31:03.61 ID:YJtx2wUv
基地外発狂警報発令中!!!
大爆笑

77 :名無し三平:2016/11/15(火) 23:31:16.35 ID:B21x9Q8h
ほれ、ケツ舐めろや、キチガイ♪

78 :名無し三平:2016/11/15(火) 23:31:50.25 ID:YJtx2wUv
サワダのケツなめてくれるん?
ホホホホ

79 :名無し三平:2016/11/15(火) 23:31:55.75 ID:B21x9Q8h
死ね、能無しキチガイ(笑)

80 :名無し三平:2016/11/15(火) 23:31:56.05 ID:YJtx2wUv
サワダのケツなめてくれるん?
ホホホホ

81 :名無し三平:2016/11/15(火) 23:32:51.78 ID:YJtx2wUv
サワダのケツなめてくれるん?
ホホホホ

82 :名無し三平:2016/11/15(火) 23:33:56.50 ID:YJtx2wUv
おまえを逃がさないぞおっ!
ホホホホ

83 :名無し三平:2016/11/15(火) 23:34:49.80 ID:YJtx2wUv
どこまでもおいつめるぞお!!

ケケケケ

84 :名無し三平:2016/11/15(火) 23:35:25.56 ID:YJtx2wUv
ID:B21x9Q8hさーーーーん
いくよお!

85 :名無し三平:2016/11/15(火) 23:35:42.84 ID:zpZ7L50+
おい、キチガイ
公開マダァ〜〜〜♪
(大爆笑)

86 :名無し三平:2016/11/15(火) 23:36:30.35 ID:B21x9Q8h
あはははは
おい、キチガイ
公開マダァ〜〜〜♪
(大爆笑)

87 :名無し三平:2016/11/15(火) 23:37:03.73 ID:B21x9Q8h
(笑)何一つ出来ねぇ、能無し糖質キチガイじじい
ケツ舐めるんか? あぁん?

88 :名無し三平:2016/11/15(火) 23:37:59.90 ID:zpZ7L50+
がははは♪

(笑)何一つ出来ねぇ、能無し糖質キチガイじじい
ケツ舐めるんか? あぁん?

89 :名無し三平:2016/11/15(火) 23:39:26.09 ID:lEKAw+hL
フライマンはファッションがダサいぞ

90 :名無し三平:2016/11/15(火) 23:40:13.34 ID:B21x9Q8h
おい、キチガイ
公開マダァ〜〜〜♪
(大爆笑)

91 :名無し三平:2016/11/15(火) 23:40:30.82 ID:B21x9Q8h
おい、キチガイ
公開マダァ〜〜〜♪
(大爆笑)

92 :名無し三平:2016/11/15(火) 23:40:50.82 ID:B21x9Q8h
おい、キチガイ
公開マダァ〜〜〜♪
(大爆笑)

93 :名無し三平:2016/11/15(火) 23:41:10.84 ID:B21x9Q8h
おい、キチガイ
公開マダァ〜〜〜♪
(大爆笑)

94 :名無し三平:2016/11/15(火) 23:41:27.02 ID:B21x9Q8h
おい、キチガイ
公開マダァ〜〜〜♪
(大爆笑)

95 :名無し三平:2016/11/15(火) 23:41:54.43 ID:B21x9Q8h
(笑)何一つ出来ねぇ、能無し糖質キチガイじじい
ケツ舐めるんか? あぁん?

96 :名無し三平:2016/11/15(火) 23:42:11.13 ID:B21x9Q8h
(笑)何一つ出来ねぇ、能無し糖質キチガイじじい
ケツ舐めるんか? あぁん?

97 :名無し三平:2016/11/15(火) 23:42:29.31 ID:B21x9Q8h
(笑)何一つ出来ねぇ、能無し糖質キチガイじじい
ケツ舐めるんか? あぁん?

98 :名無し三平:2016/11/15(火) 23:42:50.69 ID:B21x9Q8h
(笑)何一つ出来ねぇ、能無し糖質キチガイじじい
ケツ舐めるんか? あぁん?

99 :名無し三平:2016/11/15(火) 23:43:05.65 ID:B21x9Q8h
(笑)何一つ出来ねぇ、能無し糖質キチガイじじい
ケツ舐めるんか? あぁん?

100 :名無し三平:2016/11/15(火) 23:45:33.96 ID:EAGJ+0UM
キチガイじじい、もうよせ
見るに堪えん。
オマエなんかに勝ち目は無い
ケツでもなんでも舐めて死ね
もう来るなw

101 :名無し三平:2016/11/15(火) 23:57:16.27 ID:B21x9Q8h
死ね、能無しキチガイ(笑)

102 :名無し三平:2016/11/16(水) 00:02:54.78 ID:s6Xod27C
完全なボーダーライン人格障害だな
自殺すんなよ迷惑だから

103 :名無し三平:2016/11/16(水) 00:12:03.61 ID:YBa9DRYk
おまえら、それでもフライフィッシャーか?そうじゃないよな。
情けないなw
精神異常者は自覚できないからなw

PC前に夜な夜な欲求不満晴らしてるのか?
ちょっとからかってやったんだが、ムキになりやがって笑わせるw
さみしいやつだな、おまえら。
じゃあな(大笑い)


どうだ、買ったんだろ、快感か(大笑い)
底辺野郎たち

104 :名無し三平:2016/11/16(水) 00:13:19.71 ID:YBa9DRYk
The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

105 :名無し三平:2016/11/16(水) 00:13:52.57 ID:YBa9DRYk
The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

106 :名無し三平:2016/11/16(水) 00:14:12.54 ID:YBa9DRYk
The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

107 :名無し三平:2016/11/16(水) 00:26:26.69 ID:LFFLTme/
一生懸命頭使ってNG避けようとしてるんだね
いろんなスレもチェックしてがんばってるね
生きがいなんだね すごいね

108 :名無し三平:2016/11/16(水) 00:32:50.02 ID:18UCnB99
こういう異常者ははやく死ねばいいのにね
なんでこんなのが生きてんだろうねwww

109 :名無し三平:2016/11/16(水) 04:57:42.91 ID:gNY9TBJT
?フライ人口減ってんの?
結構なことだな。ポイントが荒れずに済む
でも、そんな感じ全然してないけど、むしろ釣り人口もっと減って欲しいんだが

110 :名無し三平:2016/11/16(水) 07:52:41.29 ID:gW7Rlp04
フライの売り場かなり小さくなってしまったな…

111 :名無し三平:2016/11/16(水) 09:12:22.76 ID:gNY9TBJT
つーか、もともと日本のフライが自作中心なのがダメよ
値段が高すぎる。アメリカだと、一個100円くらいだから自分でまかなくても気軽に行けるし

112 :名無し三平:2016/11/16(水) 09:18:54.06 ID:R9yhqq3y
そうだ
フライは買う物だ
ごくごく一部のヒマ人だけが
毛やら羽根やらヒン毟って巻くもんなんだ
そういうベーシックな部分が抜け落ちて
日本に伝わったwww

113 :名無し三平:2016/11/16(水) 09:58:15.47 ID:6OqXXZd8
というか、もともと大流行するような趣味じゃないんだよ。
1970年代頃と、今、これからが日本での本来のフライフィッシングの実相だよ。
2000年ころのブームは、理屈抜きで釣って釣って釣りまくる岩井プロモーションが
受けただけで、あれは本来のフライとはちと違う。
最近も岩井の二番煎じに必死なやつがいるが、冷やかされているだけだろ。

114 :名無し三平:2016/11/16(水) 10:03:25.20 ID:6OqXXZd8
>>109
岩井ブームでかなり川が荒らされたよね。
勝手なこと言わせてもらうと、二度とあんなブーム来てほしくないね。
金目当てに川に客を誘う守銭奴ガイドや商売人は消えてほしい。

115 :名無し三平:2016/11/16(水) 10:20:30.22 ID:RHSLTrF1
おい、精神異常者
また埋め立てられるだけだ
もう来るなよ、キチガイwww

116 :名無し三平:2016/11/16(水) 10:31:56.95 ID:6OqXXZd8
>>115
不思議だねえ。
なにが気に食わないのかな?
教えてほしい。
このスレ、あんたが管理してるのか?

117 :名無し三平:2016/11/16(水) 10:34:29.81 ID:6OqXXZd8
>>115
ここは自由に書き込みができるスレ。
おまえも好きに書いていい。
ただし、ちゃんと主張を書け、いいな。
その稚拙な文言はやめろ。

118 :名無し三平:2016/11/16(水) 10:51:34.40 ID:qrHaJKKG
お前こそ何様のつもりだよ(笑)
まずは精神分裂症を治療しろよw

119 :名無し三平:2016/11/16(水) 10:53:21.02 ID:s6Xod27C
フライは減ってるけどルアーが増えてるから川は相変わらず人多い
ノースアングラーズっていう雑誌も完全にルアーメインになっちゃったな

120 :名無し三平:2016/11/16(水) 11:05:39.75 ID:6OqXXZd8
>>118
ああそうだな分裂だろうがなんだろうがお好きにいいなさい。
業者か?言いたいことは文章にして書け。

121 :名無し三平:2016/11/16(水) 11:07:21.66 ID:6OqXXZd8
>>119
減ったフライマンの代わりにルアーマンが入っている感じだよね。
ショップのフライコーナーも軒並みルアーコーナーに代わってきている。

122 :名無し三平:2016/11/16(水) 11:18:09.92 ID:0Gd4rKSL
>>121
お前、なんか釣り堀臭えなw

123 :名無し三平:2016/11/16(水) 11:30:06.68 ID:6OqXXZd8
釣り堀って管理釣り場の関係者ってことか?w
業界関係ではないがな。

124 :名無し三平:2016/11/16(水) 11:54:48.46 ID:M01YZZgp
>>121
ルアーのスペースもずいぶん縮小されてるぞ。

125 :名無し三平:2016/11/16(水) 11:55:50.87 ID:b5x+1KTV
おい、釣り堀
つーか、キチガイ
死ねよwww

126 :名無し三平:2016/11/16(水) 15:21:50.48 ID:wpOyhfar
高価な道具の度重なる値上げ
謎の激ムズという風潮
まずもって道具が売ってない(上に高い)
トラウト・ドライ原理主義過激派の席巻

フライの自由さというか柔軟性が知られていないですね
むしろ自由すぎて敷居が高いのかもしれませんね
何でもやればいいし、無ければ作ればいいのにね

127 :名無し三平:2016/11/16(水) 15:38:22.28 ID:6OqXXZd8
↑なかなか核心をついてるなw

128 :名無し三平:2016/11/16(水) 16:02:53.03 ID:EQI4Rptd
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

129 :名無し三平:2016/11/16(水) 16:03:27.08 ID:EQI4Rptd
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

130 :名無し三平:2016/11/16(水) 16:03:48.96 ID:EQI4Rptd
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

131 :名無し三平:2016/11/16(水) 16:04:12.33 ID:EQI4Rptd
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

132 :名無し三平:2016/11/16(水) 16:58:49.05 ID:s6Xod27C
「精神分裂症」という一言からけっこうなおっさん且つ教養レベルは低いことがわかる
精神疾患は遺伝の影響が大きいから親も異常者だった可能性が高い
悲惨な家庭環境でまともな教育は受けられなかったんだろう
かわいそうな人間だよ

133 :名無し三平:2016/11/16(水) 17:02:49.10 ID:ypqbCufA
こういうエサではこういう馬鹿が引っ掛かります。

134 :名無し三平:2016/11/16(水) 17:12:28.19 ID:V8achM5S
ドライ原理主義過激派っていうのは面白いなw
最近でいうと、資金供与を受けてるあいつ、、w

135 :名無し三平:2016/11/16(水) 17:18:27.02 ID:V8achM5S
ふふふ。
図星なこといわれた連中がさわぎだしてきたわw

136 :名無し三平:2016/11/16(水) 17:20:00.10 ID:V8achM5S
底辺学歴のやつの文章は笑える。

137 :名無し三平:2016/11/16(水) 17:30:05.49 ID:s6Xod27C
>>133
フライフィッシャーがエサ使うなよw
教養だけじゃなくウィットにも欠けるな

138 :名無し三平:2016/11/16(水) 17:39:45.77 ID:V8achM5S
糖質だか氏ねだかしらんが、いっつも同じセリフで煩いやつ、あっちいけw
飯ちゃんと喰えてるのかw
ロクな学歴もないんだろ。
人前でちゃんと話もできないんだろ。

139 :名無し三平:2016/11/16(水) 17:44:30.06 ID:V8achM5S
荒らし屋くんや、おまえいっつもおなじもの
ばかり食ってるだろ。だからおなじセリフしかでてこないんだよw

140 :名無し三平:2016/11/16(水) 18:02:01.31 ID:EQI4Rptd
バイバイ、キチガイ♪
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

141 :名無し三平:2016/11/16(水) 18:02:24.88 ID:EQI4Rptd
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

142 :名無し三平:2016/11/16(水) 18:14:06.84 ID:x33Sl/+c
>>138
ナンダかなァ・・・(笑)
その低学歴にコテンパンにされて
シッポ巻いて逃げたヘタレがまた来たのか

まぁ、糖質だからしょうがないか
はやく死んで今度はマトモに生まれてこい

キチガイwww

143 :名無し三平:2016/11/16(水) 18:56:37.80 ID:YBa9DRYk
めっちゃ盛り上がってるね、このスレw

>>126
トラウト・ドライ原理主義過激派の席巻

渋谷のことだろwめっちゃ評判悪いしなw

>>142
ていうかさ、なんだかなじゃねーよwww
おまいみたいなのも吉外っていうんだよwww
どうせおまいもろくな仕事してないんだろ
今度はマトモに生まれてきたいのはおまいのほうなんじゃねwww

144 :名無し三平:2016/11/16(水) 19:12:24.43 ID:ygPdMzB8
統合失調症の発作はほんまオモロイわ(笑)

145 :名無し三平:2016/11/16(水) 19:19:32.86 ID:Y5PQJLmh
ドライしかできないガイドがいるって本当ですか?

146 :名無し三平:2016/11/16(水) 19:22:56.78 ID:LS+z2a+Q
またコテンパン?
死んじゃえば?
キチガイ♪

147 :名無し三平:2016/11/16(水) 19:23:19.01 ID:YBa9DRYk
>>144
今晩も御登場ですか?
社会の負け犬さん。

148 :名無し三平:2016/11/16(水) 19:25:09.71 ID:BdPbJvxZ
俺のホームが福島原発で潰されたから

149 :名無し三平:2016/11/16(水) 19:25:29.66 ID:YBa9DRYk
負け犬がゾロゾロでてきたなw
俺も糖質オヤジと勘違いされたかwww
まあ、頑張ってな、負け犬。

150 :名無し三平:2016/11/16(水) 19:26:20.04 ID:tbAt+lut
でもさァ、オマエ
また潰されるんだよ?
キチガイは惨めだなwww

151 :名無し三平:2016/11/16(水) 19:29:52.47 ID:UvHw21g1
ところで、公開って何公開するの?
あぁ〜〜〜〜ん?
糖質キチガイじじい♪

152 :名無し三平:2016/11/16(水) 19:30:21.25 ID:UvHw21g1
ところで、公開って何公開するの?
あぁ〜〜〜〜ん?
糖質キチガイじじい♪

153 :名無し三平:2016/11/16(水) 19:30:41.68 ID:UvHw21g1
ところで、公開って何公開するの?
あぁ〜〜〜〜ん?
糖質キチガイじじい♪

154 :名無し三平:2016/11/16(水) 19:35:20.19 ID:QYskTO9/
おっ!そろそろかな?
キチガイ発作!

ボクたちの最高のオモチャ♪

155 :名無し三平:2016/11/16(水) 20:46:57.85 ID:YBa9DRYk
>>114
禿同

156 :名無し三平:2016/11/16(水) 20:47:28.24 ID:gNY9TBJT
どういうのが原理主義なんか知らんが、ドライが一番好きよ。ただ、あのクソ長いティペットとか、細いリーダーとか、俺的にはありえん。あと、フライがクソ高いのも
まあ、国内だと、適当な河川ないから、廃れるのもわかるきがする。てか、どんどん廃れていいよ。

157 :名無し三平:2016/11/16(水) 20:58:58.66 ID:8VxyLVOn
>>154
なになに?キチガイ発作って?
やっぱり釣り堀スレ乱立したりするのかな?

158 :名無し三平:2016/11/16(水) 21:04:20.11 ID:YBa9DRYk
>>156
俺もドライは好きだが、だらしなく長い糸だけは勘弁な。
最近は長さ自慢になってるらしいし。
実際そのせいで廃れているだろ。

159 :名無し三平:2016/11/16(水) 22:22:54.28 ID:HXLb7KSX
>>157
イエーイ!そろそろ釣り堀スレ来るな!
キチガイ発作ってエンターテイメントじゃね?

ワクワクするだろ?

160 :名無し三平:2016/11/16(水) 23:28:49.76 ID:YBa9DRYk
ドライフライ原理主義過激派って渋谷でOK?

161 :名無し三平:2016/11/17(木) 01:46:33.73 ID:xjEQFZ/Y
フライってキャストはかっこいいのに、
その後はダサいよなw
リール巻かずに直接ラインを手で引っ張るのかよwwwと

162 :名無し三平:2016/11/17(木) 16:57:35.96 ID:0a/vS2+T
いたちごっこしている異常者が複数いるようだが。
ずいぶん下衆な連中だな。
発端は直人がらみのネタか。
直人本人か?

163 :名無し三平:2016/11/17(木) 17:23:10.51 ID:qz0KNkIH
糖質どうしの戦いは、
哀れで笑う気にもならん。

164 :名無し三平:2016/11/17(木) 19:28:28.84 ID:gEG1ehXY
このスレ、まさか渋谷が立てたんじゃないだろうなw
フライ人口がしょぼんできているのを誰かに押し付けたくてさ
もっとも、渋谷なんてなんでも鵜呑みの素人にはよくわからんメソッドを吹き込んだかもしれんが、
大方のフライマンに影響をあたえているような代物でもないけどww

165 :名無し三平:2016/11/17(木) 19:47:09.96 ID:ogtzzRPf
>>161
大物はリールファイトするみたいだけどね
自分もやる前はリールあるのに巻かないで手で引っ張って足元に落とすとか訳わかんねーw
と思ってたけどやってみると魚の引きがダイレクトでむちゃくちゃ楽しいんだよね

166 :名無し三平:2016/11/17(木) 19:57:05.50 ID:xBS9ARG+
>>165
実は俺の場合はリールで巻く方が感触がいいだよね。

167 :名無し三平:2016/11/17(木) 20:00:47.64 ID:Wh5S8nAI
固定観念に縛られることなく合理的にキャスティングを考えれる人から見れば
渋谷の投げ方も「なるほどなぁ」と共感できる部分はある。
しかし、お分かりの通り独善的な人が多いのがフライフィッシャーの特徴。
つまり他者から見れば嫌われ者が多いって事。こんな人達の仲間に入りたいと思うか?
フライをやる人が少なくなるのは当然だわな。

168 :名無し三平:2016/11/17(木) 20:23:08.67 ID:gEG1ehXY
>>167
まあそこまで独善者ばっかりじゃないですけどね。

ちなみに、あなたが例をあげていらっしゃるお方は、あくまでも私の個人的な
意見ですが、独善性においては近年の業界でまれにみる最右翼だとおもいますけど。
ほめているんじゃないですよ(笑)。
まあ、別に仲間をつくらなくてもできますよフライは。
それに嫌われ者ばかりじゃないと思いますけど、仮にそうだとしても
嫌われ者同士も気が合うものです(笑)。

169 :名無し三平:2016/11/17(木) 21:05:32.58 ID:VqBRQL9T
独善者がフライフィッシング道にしてしまい、敷居を高くしたからだろ。
所詮魚釣りなんだから気楽にやれば良いのにな

170 :名無し三平:2016/11/17(木) 21:09:54.38 ID:vBiHseK3
フライやってる連中は”自分たちは高尚な人間だ”と思ってるんだから。

171 :名無し三平:2016/11/17(木) 21:21:02.49 ID:aVMUMLzJ
遠いしデカイ川ないしテンカラのほうがええ

172 :名無し三平:2016/11/17(木) 21:25:45.53 ID:aVMUMLzJ
俺は日本を代表するフライフィッシャーマンや
おのれら下民に言うといたる お前らのチンコはニンフや そしてワイのチンコはフタバカゲロウや わかるか?

173 :名無し三平:2016/11/17(木) 21:27:21.36 ID:NEmQwZLn
へったくそな自演してる奴がいて笑いが止まらねえwwwwwww

174 :名無し三平:2016/11/17(木) 21:36:35.18 ID:2KaH5NUG
今、つり人社のダブルハンドルのムック本見てるんだけどラインシステムとかマジで難しすぎる
近くに教えてもらえる人がいないと詰むだろこれ

175 :名無し三平:2016/11/17(木) 22:01:56.73 ID:gEG1ehXY
釣メーカーは独善者を好んで使いますよね。
それもいいね!あれもいいね!うん、その方法もありだね!だと
自分らの商品が売れないわけで都合悪いからでしょうね。
ということは、フライの自由を狭め、奪ってるのはほかならぬメーカーだっちゅうことに
なりますね。

176 :名無し三平:2016/11/17(木) 22:09:23.13 ID:Sko1Tj34
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

177 :名無し三平:2016/11/17(木) 22:09:41.08 ID:Sko1Tj34
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

178 :名無し三平:2016/11/17(木) 22:10:02.07 ID:Sko1Tj34
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

179 :名無し三平:2016/11/17(木) 22:11:01.47 ID:Sko1Tj34
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

180 :名無し三平:2016/11/17(木) 22:11:31.17 ID:Sko1Tj34
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

181 :名無し三平:2016/11/17(木) 22:11:54.70 ID:Sko1Tj34
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

182 :名無し三平:2016/11/17(木) 22:12:32.58 ID:Sko1Tj34
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

183 :名無し三平:2016/11/17(木) 22:13:16.59 ID:Sko1Tj34
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

184 :名無し三平:2016/11/17(木) 22:13:38.29 ID:Sko1Tj34
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

185 :名無し三平:2016/11/17(木) 22:13:57.87 ID:Sko1Tj34
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

186 :名無し三平:2016/11/17(木) 22:15:12.27 ID:Sko1Tj34
今回はけっこう速く埋まるんじゃないかな?
新記録達成なるか!

187 :名無し三平:2016/11/17(木) 22:54:10.00 ID:Sko1Tj34
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

188 :名無し三平:2016/11/17(木) 22:54:31.61 ID:Sko1Tj34
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

189 :名無し三平:2016/11/17(木) 22:54:49.42 ID:Sko1Tj34
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

190 :名無し三平:2016/11/17(木) 22:55:18.94 ID:Sko1Tj34
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

191 :名無し三平:2016/11/17(木) 22:55:41.46 ID:Sko1Tj34
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

192 :名無し三平:2016/11/17(木) 22:56:08.35 ID:Sko1Tj34
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

193 :名無し三平:2016/11/17(木) 22:56:26.28 ID:Sko1Tj34
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

194 :名無し三平:2016/11/17(木) 22:56:42.43 ID:Re8eB/8l
>174
フライラインとリーダーつなぐだけの奴で普通に釣れるよ

195 :名無し三平:2016/11/17(木) 22:56:56.90 ID:Sko1Tj34
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

196 :名無し三平:2016/11/17(木) 22:57:29.61 ID:Sko1Tj34
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

197 :名無し三平:2016/11/17(木) 22:57:52.72 ID:Sko1Tj34
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

198 :名無し三平:2016/11/17(木) 22:58:13.10 ID:Sko1Tj34
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

199 :名無し三平:2016/11/17(木) 22:58:39.23 ID:Sko1Tj34
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

200 :名無し三平:2016/11/17(木) 22:59:05.39 ID:Sko1Tj34
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

201 :名無し三平:2016/11/17(木) 22:59:27.63 ID:Sko1Tj34
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

202 :名無し三平:2016/11/17(木) 23:29:10.53 ID:Sko1Tj34
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

203 :名無し三平:2016/11/17(木) 23:29:26.55 ID:Sko1Tj34
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

204 :名無し三平:2016/11/17(木) 23:30:11.07 ID:Sko1Tj34
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

205 :名無し三平:2016/11/17(木) 23:31:03.16 ID:Sko1Tj34
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

206 :名無し三平:2016/11/17(木) 23:31:24.52 ID:Sko1Tj34
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

207 :名無し三平:2016/11/17(木) 23:31:54.31 ID:Sko1Tj34
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

208 :名無し三平:2016/11/17(木) 23:32:19.80 ID:2KaH5NUG
>>194
いや、そこはやっぱりスカジットとかデルタシューティングとか使い分けられるようになりたいな、と
でもまずはフルラインのスペイライン使いこなしてからですかね

209 :名無し三平:2016/11/17(木) 23:36:45.49 ID:gEG1ehXY
>>208
私もスペイやってみたいんですけどね。
難しいですか?

210 :名無し三平:2016/11/17(木) 23:49:21.09 ID:Wh5S8nAI
埋め立てバカが発狂するスイッチが何なのかが分からん。
ただ2chオーナーから見れば業務妨害されているんだから立派な犯罪行為

211 :名無し三平:2016/11/18(金) 00:34:00.98 ID:o19cZCq8
>>209
独学でもできるけど、やり方間違えて練習しても時間の無駄になってしまう。
「練習とは間違いや失敗を繰り返しながら前に進むものだ」という考えなら
それでもいいが、やはり経験者にアドバイスもらった方が楽だわな。

212 :名無し三平:2016/11/18(金) 00:42:19.26 ID:CAPkMP/t
>>211
やっぱり独学は厳しいですかね。
アドバイスどうも。

213 :名無し三平:2016/11/18(金) 06:23:35.65 ID:S1zxQre9
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

214 :名無し三平:2016/11/18(金) 06:23:57.46 ID:S1zxQre9
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

215 :名無し三平:2016/11/18(金) 06:24:16.95 ID:S1zxQre9
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

216 :名無し三平:2016/11/18(金) 06:24:38.71 ID:S1zxQre9
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

217 :名無し三平:2016/11/18(金) 06:25:10.05 ID:S1zxQre9
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

218 :名無し三平:2016/11/18(金) 06:25:36.96 ID:S1zxQre9
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

219 :名無し三平:2016/11/18(金) 06:25:54.30 ID:S1zxQre9
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

220 :名無し三平:2016/11/18(金) 06:26:17.73 ID:S1zxQre9
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

221 :名無し三平:2016/11/18(金) 06:26:50.93 ID:S1zxQre9
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

222 :名無し三平:2016/11/18(金) 06:27:08.06 ID:S1zxQre9
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

223 :名無し三平:2016/11/18(金) 06:46:45.87 ID:S1zxQre9
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

224 :名無し三平:2016/11/18(金) 06:47:10.88 ID:S1zxQre9
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

225 :名無し三平:2016/11/18(金) 06:47:37.00 ID:S1zxQre9
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

226 :名無し三平:2016/11/18(金) 06:48:07.59 ID:S1zxQre9
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

227 :名無し三平:2016/11/18(金) 06:48:41.83 ID:S1zxQre9
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

228 :名無し三平:2016/11/18(金) 06:57:32.98 ID:krRwUKuX
 
 
 時間帯とパターンからして 釣り堀キチガイの同志社義男の仕業だなこりゃあ
 
 

229 :名無し三平:2016/11/18(金) 15:04:19.40 ID:QgXGvGWM
>>111
たしかにフライ関係の商品は海外より日本の方が割高だとおもう。
完成フライもその例外ではない。

俺は、渋谷直人が自分で作ったフライを2000円だか3000円でイベントで売っていたのを見て、
その時から、こいつなに勘違いしてんだ?(笑)とあいつをバカにするようになった。

230 :名無し三平:2016/11/18(金) 15:15:12.84 ID:S1zxQre9
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

231 :名無し三平:2016/11/18(金) 15:15:31.64 ID:S1zxQre9
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

232 :名無し三平:2016/11/18(金) 15:15:53.74 ID:S1zxQre9
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

233 :名無し三平:2016/11/18(金) 15:16:16.51 ID:S1zxQre9
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

234 :名無し三平:2016/11/18(金) 15:16:35.37 ID:S1zxQre9
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

235 :名無し三平:2016/11/18(金) 15:17:04.75 ID:S1zxQre9
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

236 :名無し三平:2016/11/18(金) 15:17:21.93 ID:S1zxQre9
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

237 :名無し三平:2016/11/18(金) 15:21:12.02 ID:QgXGvGWM
>>229
くだらない既成の売り物に手を出さなければ
フライももっと楽しくなりますよ。

238 :名無し三平:2016/11/18(金) 16:08:35.24 ID:S1zxQre9
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

239 :名無し三平:2016/11/18(金) 16:08:53.64 ID:S1zxQre9
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

240 :名無し三平:2016/11/18(金) 16:09:29.35 ID:S1zxQre9
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

241 :名無し三平:2016/11/18(金) 16:09:41.46 ID:S1zxQre9
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

242 :名無し三平:2016/11/18(金) 16:15:32.79 ID:QgXGvGWM
>>237
おそらく向こう10年後くらいには、国内のフライ関係ビジネスは
消滅しているでしょうね、確実に。
関係雑誌も廃刊かな。

243 :名無し三平:2016/11/18(金) 17:02:27.32 ID:S1zxQre9
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

244 :名無し三平:2016/11/18(金) 17:02:52.83 ID:S1zxQre9
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

245 :名無し三平:2016/11/18(金) 17:03:11.43 ID:S1zxQre9
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

246 :名無し三平:2016/11/18(金) 17:03:26.79 ID:S1zxQre9
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

247 :名無し三平:2016/11/18(金) 17:13:21.23 ID:S1zxQre9
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

248 :名無し三平:2016/11/18(金) 17:13:40.67 ID:S1zxQre9
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

249 :名無し三平:2016/11/18(金) 17:13:56.07 ID:S1zxQre9
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

250 :名無し三平:2016/11/18(金) 17:14:10.13 ID:S1zxQre9
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

251 :名無し三平:2016/11/18(金) 17:14:29.36 ID:S1zxQre9
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

252 :名無し三平:2016/11/18(金) 17:14:48.31 ID:S1zxQre9
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

253 :名無し三平:2016/11/18(金) 17:15:06.55 ID:S1zxQre9
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

254 :名無し三平:2016/11/18(金) 17:27:32.01 ID:0pyIPOV1
どさくさに紛れてとんでもない自演を織り交ぜる同志社義男の人生

229 :名無し三平[]:2016/11/18(金) 15:04:19.40 ID:QgXGvGWM
>>111
たしかにフライ関係の商品は海外より日本の方が割高だとおもう。
完成フライもその例外ではない。

俺は、渋谷直人が自分で作ったフライを2000円だか3000円でイベントで売っていたのを見て、
その時から、こいつなに勘違いしてんだ?(笑)とあいつをバカにするようになった。


237 :名無し三平[]:2016/11/18(金) 15:21:12.02 ID:QgXGvGWM
>>229
くだらない既成の売り物に手を出さなければ
フライももっと楽しくなりますよ。


242 :名無し三平[]:2016/11/18(金) 16:15:32.79 ID:QgXGvGWM
>>237
おそらく向こう10年後くらいには、国内のフライ関係ビジネスは
消滅しているでしょうね、確実に。
関係雑誌も廃刊かな。

255 :名無し三平:2016/11/18(金) 17:35:44.77 ID:QgXGvGWM
あのう、ID:QgXGvGWM ですが、、、
自演してるわけじゃないんですけど。
>>つけないと、金魚のフンみたいになるでしょ。
なにせ、ゴミがすごいじゃないですか(笑)
だからあえてつけてるんです。それで自演に見えちゃったかな。

それと私、同志社さんではないです。
それと(笑)、書いてることは率直な私の意見ですが、なにか?

256 :名無し三平:2016/11/18(金) 17:38:31.84 ID:QgXGvGWM
追記です。

上記の通り、渋谷は嫌いです(笑)
それと業界やばいと思いますよ。
風前のともしびでしょ。
この辺でやめときます、すみません(笑)。

257 :名無し三平:2016/11/18(金) 18:04:11.79 ID:muI6pjoI
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

258 :名無し三平:2016/11/18(金) 18:05:17.81 ID:muI6pjoI
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

259 :名無し三平:2016/11/18(金) 18:15:41.22 ID:nKFdvWAI
渋谷を好きな馬鹿ってここにいるの?

260 :名無し三平:2016/11/18(金) 18:36:06.84 ID:muI6pjoI
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

261 :名無し三平:2016/11/18(金) 18:36:30.85 ID:muI6pjoI
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

262 :名無し三平:2016/11/18(金) 18:37:40.08 ID:muI6pjoI
腐れシブヤのケツ舐めるんか、あァ?

本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

263 :名無し三平:2016/11/18(金) 18:57:56.72 ID:ZoBHI23S
>>259
自分にアンカーうって「それが何か?」とかいう人ならいるみたいだけど
折角だから名前欄の意味教えてあげればwww

264 :名無し三平:2016/11/18(金) 19:35:04.63 ID:muI6pjoI
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

265 :名無し三平:2016/11/18(金) 19:35:19.95 ID:muI6pjoI
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

266 :名無し三平:2016/11/18(金) 19:35:39.15 ID:muI6pjoI
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

267 :名無し三平:2016/11/18(金) 19:36:00.77 ID:muI6pjoI
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

268 :名無し三平:2016/11/18(金) 19:36:20.61 ID:muI6pjoI
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

269 :名無し三平:2016/11/18(金) 19:36:39.12 ID:muI6pjoI
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

270 :名無し三平:2016/11/18(金) 19:36:55.85 ID:muI6pjoI
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

271 :名無し三平:2016/11/18(金) 19:37:16.45 ID:muI6pjoI
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

272 :名無し三平:2016/11/18(金) 19:37:34.36 ID:muI6pjoI
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

273 :名無し三平:2016/11/18(金) 19:43:44.80 ID:muI6pjoI
このスレとももうすぐお別れだね(笑)

本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

274 :名無し三平:2016/11/18(金) 20:38:30.19 ID:CAPkMP/t
>>256
>>259
フライ売ってた話だけど、つるやのイベントでしょ。
俺もそれ見た。
初心者くさいさえない60ぐらいのおっさんが、必死に食らいついて買ってた。
ああ、そんなもの買わなくてもいいのにと気の毒に思ったよ。
なんのことはない、特別なマテリアルを使ったわけでもない俺でもつくれるパラシュート。
ひいき目にみても高すぎる値段。
アホかと思った。

友太郎、あいつ一度ぶっ飛ばしてやってくれないか(笑)

275 :名無し三平:2016/11/18(金) 21:01:20.05 ID:PPCqp15G
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

276 :名無し三平:2016/11/18(金) 21:01:56.19 ID:PPCqp15G
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

277 :名無し三平:2016/11/18(金) 21:02:17.82 ID:PPCqp15G
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

278 :名無し三平:2016/11/18(金) 21:02:40.38 ID:PPCqp15G
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

279 :名無し三平:2016/11/18(金) 21:02:57.47 ID:JZnYXA8F
原因は女。女を連れて歩けない奴は去る。

280 :名無し三平:2016/11/18(金) 21:03:03.05 ID:PPCqp15G
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

281 :名無し三平:2016/11/18(金) 21:03:26.98 ID:PPCqp15G
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

282 :名無し三平:2016/11/18(金) 21:03:48.53 ID:PPCqp15G
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

283 :名無し三平:2016/11/18(金) 21:05:35.38 ID:PPCqp15G
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

284 :名無し三平:2016/11/18(金) 21:05:58.75 ID:PPCqp15G
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

285 :名無し三平:2016/11/18(金) 21:37:28.75 ID:PPCqp15G
さよなら、クソスレ(笑)

本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

286 :名無し三平:2016/11/18(金) 21:38:19.38 ID:PPCqp15G
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

287 :名無し三平:2016/11/18(金) 21:38:44.13 ID:PPCqp15G
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

288 :名無し三平:2016/11/18(金) 21:39:27.23 ID:PPCqp15G
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

289 :名無し三平:2016/11/18(金) 21:41:33.44 ID:PPCqp15G
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

290 :名無し三平:2016/11/18(金) 21:41:57.27 ID:PPCqp15G
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

291 :名無し三平:2016/11/18(金) 22:12:54.93 ID:PPCqp15G
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

292 :名無し三平:2016/11/18(金) 22:44:15.77 ID:PPCqp15G
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

293 :名無し三平:2016/11/18(金) 22:44:34.89 ID:PPCqp15G
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

294 :名無し三平:2016/11/18(金) 22:44:58.21 ID:PPCqp15G
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

295 :名無し三平:2016/11/18(金) 22:45:23.76 ID:PPCqp15G
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

296 :名無し三平:2016/11/18(金) 22:45:41.23 ID:PPCqp15G
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

297 :名無し三平:2016/11/18(金) 22:46:16.17 ID:PPCqp15G
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

298 :名無し三平:2016/11/18(金) 22:46:47.03 ID:PPCqp15G
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

299 :名無し三平:2016/11/18(金) 22:47:30.64 ID:PPCqp15G
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

300 :名無し三平:2016/11/18(金) 22:55:00.32 ID:MtZrVJrc
            ([[[[[)<
  ([[[[[)<              ([[[[[)<
        ([[[[[)<
([[[[[)<                    ([[[[[)<
             ([[[[[)<

   ([[[[[)<  おおっとここでダンゴムシの大群が!  ([[[[[)<

        ([[[[[)<             ([[[[[)<
  ([[[[[)<                       ([[[[[)<
           ([[[[[)<
([[[[[)<             ([[[[[)< 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:0be15ced7fbdb9fdb4d0ce1929c1b82f)


301 :名無し三平:2016/11/18(金) 22:58:35.99 ID:MtZrVJrc
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

302 :名無し三平:2016/11/18(金) 22:58:57.55 ID:MtZrVJrc
            ([[[[[)<
  ([[[[[)<              ([[[[[)<
        ([[[[[)<
([[[[[)<                    ([[[[[)<
             ([[[[[)<

   ([[[[[)<  おおっとここでダンゴムシの大群が!  ([[[[[)<

        ([[[[[)<             ([[[[[)<
  ([[[[[)<                       ([[[[[)<
           ([[[[[)<
([[[[[)<             ([[[[[)< 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:0be15ced7fbdb9fdb4d0ce1929c1b82f)


303 :名無し三平:2016/11/18(金) 22:59:45.16 ID:MtZrVJrc
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

304 :名無し三平:2016/11/18(金) 23:00:08.30 ID:MtZrVJrc
            ([[[[[)<
  ([[[[[)<              ([[[[[)<
        ([[[[[)<
([[[[[)<                    ([[[[[)<
             ([[[[[)<

   ([[[[[)<  おおっとここでダンゴムシの大群が!  ([[[[[)<

        ([[[[[)<             ([[[[[)<
  ([[[[[)<                       ([[[[[)<
           ([[[[[)<
([[[[[)<             ([[[[[)< 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:0be15ced7fbdb9fdb4d0ce1929c1b82f)


305 :名無し三平:2016/11/18(金) 23:00:34.33 ID:MtZrVJrc
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

306 :名無し三平:2016/11/18(金) 23:01:59.24 ID:PPCqp15G
ダンゴムシが出るようじゃおしまいだなw

本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

307 :名無し三平:2016/11/18(金) 23:15:57.09 ID:QiKlh8x/
暇人というのは人生をむだにしても平気らしいな

308 :名無し三平:2016/11/18(金) 23:24:39.45 ID:E8fyuU1a
バカめ(笑)
生まれてから死ぬまでの暇つぶしが人生だ

309 :名無し三平:2016/11/18(金) 23:25:09.61 ID:MtZrVJrc
セックスは好きだけど前戯がめんどくさい

310 :名無し三平:2016/11/18(金) 23:26:02.81 ID:E8fyuU1a
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

311 :名無し三平:2016/11/18(金) 23:28:29.75 ID:MtZrVJrc
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

312 :名無し三平:2016/11/18(金) 23:29:13.31 ID:E8fyuU1a
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

313 :名無し三平:2016/11/18(金) 23:34:27.12 ID:E8fyuU1a
前戯がめんどくさいけどSEXは好きだ

314 :名無し三平:2016/11/19(土) 07:52:31.45 ID:AyNe5v9L
            ([[[[[)<
  ([[[[[)<              ([[[[[)<
        ([[[[[)<
([[[[[)<                    ([[[[[)<
             ([[[[[)<

   ([[[[[)<  おおっとここでダンゴムシの大群が!  ([[[[[)<

        ([[[[[)<             ([[[[[)<
  ([[[[[)<                       ([[[[[)<
           ([[[[[)<
([[[[[)<             ([[[[[)< 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:0be15ced7fbdb9fdb4d0ce1929c1b82f)


315 :名無し三平:2016/11/19(土) 10:26:15.81 ID:5lNA295f
フナムシやんけ

316 :名無し三平:2016/11/19(土) 12:17:04.92 ID:eg6ilb6F
この業界とその周辺、我を崇め奉れな連中ばかりだからなあ。そりゃ衰退もするわ。

317 :名無し三平:2016/11/19(土) 23:49:50.89 ID:HqdnTfr+
>>256
僕も大嫌いです。
目つきが悪いですし。

318 :名無し三平:2016/11/20(日) 01:04:13.03 ID:su+Y/3S8
【ど〜でもいいフライマン】
@ど〜でェもい〜いですよw
 最も単純な構造のリールに、電動リール並の代金を躊躇いなく支払う鴨葱。
 ・・・これだったら、先祖供養の印鑑や、寝るだけで健康になれる磁気布団
    なんかも売れそうですよね。被害者意識がなければ詐欺にならないっ
    て言う典型例。
Aど〜でェもい〜いですよw
 ヤマメは0.2秒で毛バリを吐き出すと言いながら、ラインを弛ませる矛盾。
 ・・・もし0.2秒が真実ならば、ラインはピンと張るべきですよね。自分
    はこんなに難しい釣りをやってるんだって言いたいんですきっと。
Bど〜でェもい〜いですよw
 カッコつけてラインを振り回し、いつまでも投げない滑稽。
 ・・・フォルスキャストって言うんですか。直訳すれば、【もったい振り】
    その回数は、ギャラリーの数に比例するとのデーターも。
Cど〜でェもい〜いですよw
 C&Rで自然に優しいと言いながら、マテリアルになる為に命を奪われた希少動物の悲鳴。
 ・・・一匹のトラウトをリリースする為に奪われた多数の命は直視しません。
Dど〜でェもい〜いですよw
 外国の環境に合わせて進化した釣法を無理やり日本で行うこじつけ。
 ・・・なんか見てると痛々しい。和食をナイフ・フォークでぎこちなく食べてる姿を想像しますよね。

319 :名無し三平:2016/11/20(日) 08:19:54.39 ID:aAFAJQFD
>>318
つまり「日本人ならテンカラだろ!」って事か?
異議はない。

320 :名無し三平:2016/11/20(日) 10:12:46.96 ID:7NsPvXE+
>>318
> 外国の環境に合わせて進化した釣法を無理やり日本で行うこじつけ。
> ・・・なんか見てると痛々しい。和食をナイフ・フォークでぎこちなく食べてる姿を想像しますよね。

まあこれだよね。

321 :名無し三平:2016/11/20(日) 10:43:53.26 ID:pJOxj3jS
日本古来の渓流釣りの人口を考えれば、今現在のフライの渓流での人口は過剰だろ。
日本の渓流での釣りに適した川はごく一部であり、それを朝駆けで取り合っているのだから、
フライ人口特に低番手の釣りが衰退するのは仕方がない。
日本にはフライ専門店があるが、テンカラ、渓流釣り専門店が無いことを考えれば、フライ渓流の
人口が多すぎる。

322 :名無し三平:2016/11/20(日) 10:46:36.93 ID:413dDc6B
投げる練習に忙しくて本末転倒な人が多い釣り。スペイとかアホかと

323 :名無し三平:2016/11/20(日) 14:33:04.52 ID:+nGfLnIS
スペイは立派な追い込み漁だろ

324 :名無し三平:2016/11/20(日) 15:27:56.46 ID:TBqyA1bc
竿がブワッっと下品な音たててる内はヘタクソ
竿の復元ではなく腕の振りで投げているという事
オレも十年かかった

325 :名無し三平:2016/11/20(日) 15:40:44.49 ID:7NsPvXE+
>>324
>オレも十年かかった

ワロタ

326 :名無し三平:2016/11/20(日) 16:02:07.35 ID:ZbSMAfki
ほれほれ♪
シブヤの腐れキンタマとケツ舐めろ♪
糖質キチガイ♪


本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

327 :名無し三平:2016/11/20(日) 16:02:22.94 ID:ZbSMAfki
ほれほれ♪
シブヤの腐れキンタマとケツ舐めろ♪
糖質キチガイ♪


本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

328 :名無し三平:2016/11/20(日) 16:02:38.38 ID:ZbSMAfki
ほれほれ♪
シブヤの腐れキンタマとケツ舐めろ♪
糖質キチガイ♪


本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

329 :名無し三平:2016/11/20(日) 16:05:04.92 ID:ZbSMAfki
ほれほれ♪
シブヤの腐れキンタマとケツ舐めろ♪
糖質キチガイ♪


本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

330 :名無し三平:2016/11/20(日) 16:05:25.17 ID:ZbSMAfki
ほれほれ♪
シブヤの腐れキンタマとケツ舐めろ♪
糖質キチガイ♪


本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

331 :名無し三平:2016/11/20(日) 16:05:46.06 ID:ZbSMAfki
ほれほれ♪
シブヤの腐れキンタマとケツ舐めろ♪
糖質キチガイ♪


本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

332 :名無し三平:2016/11/20(日) 16:06:12.72 ID:ZbSMAfki
ほれほれ♪
シブヤの腐れキンタマとケツ舐めろ♪
糖質キチガイ♪


本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

333 :名無し三平:2016/11/20(日) 17:52:52.96 ID:pJOxj3jS
10年位ぶりにフライを再開する予定で、道具をもう一度買いなおしているが、
”渋谷”って人はそれほど影響力があるの?
小林重工の方が、断然凄いと思う。昔の”チェコソロバチア”なんて見たときは、
ひっくり返った。

334 :名無し三平:2016/11/20(日) 18:00:14.48 ID:uR+Gjw2v
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

335 :名無し三平:2016/11/20(日) 18:00:31.42 ID:uR+Gjw2v
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

336 :名無し三平:2016/11/20(日) 18:00:45.06 ID:uR+Gjw2v
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

337 :名無し三平:2016/11/20(日) 18:01:06.61 ID:uR+Gjw2v
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

338 :名無し三平:2016/11/20(日) 19:00:01.06 ID:tIL1A+Vi
>>333
いやいや(笑)
最近沈滞気味のフライ業界ですが、プロモーションも沈滞気味です。その中で、
某メーカーが宣伝塔としてつかっている唯一の人間の一人です。この人間くらいしか
宣伝マンはいないので、必然的に名が知れているに過ぎないみたいです。
岩井氏をご存知だとおもいますが、彼の二番煎じというか、完全コピー品です。
能力は往年の沢田氏や西山氏、小野氏にさえ劣る感じで、現役の杉坂氏や地方の無名ベテランたちにも劣るでしょう。
地元秋田の放流尺ヤマメを釣っては放し釣っては放しているだけで、フライフィッシャー
としての能力は極めて偏ったものらしいです。ちなみに、フライに対する横柄なコメントが
かなり不評を買っており、ごく一部の初心者からの人気はあるらしいですが、
それら初心者たちが万年初心者状態だというもっぱらの話です(笑)。

339 :名無し三平:2016/11/20(日) 19:16:16.44 ID:pJOxj3jS
>>338
フィッシングショーで西山さんを拝見したとき、魅力のあるレクチャーを行っていました。
小野さんは杉坂兄といつも一緒のイメージで、ハンチングハットを被っていたイメージがある。
沢田さんの店は敷居が高くて行けなかった。
加賀に行ったとき、里見さんがアドバイスしてくれて嬉しかった。
特に素晴らしかったのは、田代弟さん。何回かお店に行ったけど、いつもニコニコ対応してくれる」。

あの頃、ルアーは余所者を排除するイメージだったけど、フライは大人の集まりで、紳士的だった。


良い時代でした。

340 :名無し三平:2016/11/20(日) 19:41:47.06 ID:tIL1A+Vi
>>339
芦沢さんという方もいましたね。

まあ、どうしたものか残念なことに、そういう魅力的なお手本になってくれる人物が
その後、そして現在も現れていないみたいです(笑)。業界が量販ブランド的にフライフィッシングを
扱い始めてからは、がらっと雰囲気が変わり、現在に至っている感じですね。
でも、往年のフライ魂を脈々と引き継いでいるものも大勢いますので、
ぜひフライ復活なさってください。

341 :名無し三平:2016/11/20(日) 19:44:25.50 ID:uR+Gjw2v
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

342 :名無し三平:2016/11/20(日) 19:44:46.61 ID:uR+Gjw2v
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

343 :名無し三平:2016/11/20(日) 19:45:06.21 ID:uR+Gjw2v
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

344 :名無し三平:2016/11/20(日) 19:45:26.53 ID:uR+Gjw2v
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

345 :名無し三平:2016/11/20(日) 19:49:06.48 ID:uR+Gjw2v
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

346 :名無し三平:2016/11/20(日) 19:51:10.88 ID:uR+Gjw2v
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

347 :名無し三平:2016/11/20(日) 19:52:34.98 ID:uR+Gjw2v
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

348 :名無し三平:2016/11/20(日) 19:54:57.31 ID:mUSu/JzW
川で再生産行われてるのは、かろうじて北海道くらいで、あとは全部放流の釣り堀だからな。渓流釣り人口減ってくれないと。

349 :名無し三平:2016/11/20(日) 19:55:52.07 ID:uR+Gjw2v
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

350 :名無し三平:2016/11/20(日) 19:56:14.53 ID:uR+Gjw2v
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

351 :名無し三平:2016/11/20(日) 19:56:44.08 ID:uR+Gjw2v
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

352 :名無し三平:2016/11/20(日) 19:59:18.04 ID:uR+Gjw2v
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

353 :名無し三平:2016/11/20(日) 20:00:54.51 ID:uR+Gjw2v
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

354 :名無し三平:2016/11/20(日) 20:02:03.57 ID:tIL1A+Vi
>>348
いま、淘汰されているところでしょう。
変なメーカーのプロモーションも、目先の儲けばかりしか考えないことしか
できてないから、消滅必死。
その後、ごくわずかのフライ愛好家がひっそり楽しめればいい。

355 :名無し三平:2016/11/20(日) 20:02:50.96 ID:uR+Gjw2v
ほれほれ♪
シブヤの腐れキンタマとケツ舐めろ♪
糖質キチガイ♪

356 :名無し三平:2016/11/20(日) 20:03:10.03 ID:uR+Gjw2v
ほれほれ♪
シブヤの腐れキンタマとケツ舐めろ♪
糖質キチガイ♪

357 :名無し三平:2016/11/20(日) 20:03:25.39 ID:uR+Gjw2v
ほれほれ♪
シブヤの腐れキンタマとケツ舐めろ♪
糖質キチガイ♪

358 :名無し三平:2016/11/20(日) 20:03:44.05 ID:uR+Gjw2v
ほれほれ♪
シブヤの腐れキンタマとケツ舐めろ♪
糖質キチガイ♪

359 :名無し三平:2016/11/20(日) 20:05:11.21 ID:uR+Gjw2v
ほれほれ♪
シブヤの腐れキンタマとケツ舐めろ♪
糖質キチガイ♪

360 :名無し三平:2016/11/20(日) 20:22:11.67 ID:uR+Gjw2v
パンパかパーン!
報告します
このキチガイは
腐れシブヤにマッタク相手にされず
足元にすら及ばないでにケチョンケチョンにヤラレちゃったのを
根に持って朝から晩まで毎日発狂してま〜す(笑)

ほれほれ♪
シブヤの腐れキンタマとケツ舐めろ♪
糖質キチガイ♪
死んじゃえばいいのにね(笑)

あはは
腐れシブヤにもコテンパン
2CHでも毎度コテンパン
クズじゃんか、糖質キチガイじじい♪

死んじゃえば?

361 :名無し三平:2016/11/20(日) 20:26:56.60 ID:uR+Gjw2v
パンパかパーン!
報告します
このキチガイは
腐れシブヤにマッタク相手にされず
足元にすら及ばないでにケチョンケチョンにヤラレちゃったのを
根に持って朝から晩まで毎日発狂してま〜す(笑)

ほれほれ♪
シブヤの腐れキンタマとケツ舐めろ♪
糖質キチガイ♪
死んじゃえばいいのにね(笑)

あはは
腐れシブヤにもコテンパン
2CHでも毎度コテンパン
クズじゃんか、糖質キチガイじじい♪

死んじゃえば?

もちろん、クズの中のクズですから
直接本人に面と向かっては口も利けなませ〜〜〜ん(笑)
しょうがないから糞溜めの2chで毎日憂さ晴らしオナニー三昧!

はやく死ねばいいのにね♪

362 :名無し三平:2016/11/20(日) 20:37:48.64 ID:uR+Gjw2v
禁則設定中の皆さんにもおしらせ!
パンパかパーン!
報告します
このキチガイは
腐れシ○ヤにマッタク相手にされず
足元にすら及ばないでにケチョンケチョンにヤラレちゃったのを
根に持って朝から晩まで毎日発狂してま〜す(笑)

ほれほれ♪
シ○ヤの腐れキンタマとケツ舐めろ♪
糖質キチガイ♪
死んじゃえばいいのにね(笑)

あはは
腐れシ○ヤにもコテンパン
2CHでも毎度コテンパン
クズじゃんか、糖質キチガイじじい♪

死んじゃえば?

もちろん、クズの中のクズですから
直接本人に面と向かっては口も利けなませ〜〜〜ん(笑)
しょうがないから糞溜めの2chで毎日憂さ晴らしオナニー三昧!

はやく死ねばいいのにね♪

363 :名無し三平:2016/11/20(日) 21:00:10.75 ID:uR+Gjw2v
ふっふっふ

やっぱり今日もコテンパン

現実では足元にも及ばず糞溜め2chでオナニー

トットトくたばれ糖質キチガイじじい♪

挨拶挨拶^ - ^。

364 :名無し三平:2016/11/20(日) 21:01:05.55 ID:uR+Gjw2v
ふっふっふ

やっぱり今日もコテンパン

現実では足元にも及ばず糞溜め2chでオナニー

トットトくたばれ糖質キチガイじじい♪

挨拶挨拶^ - ^。

365 :名無し三平:2016/11/20(日) 21:05:05.23 ID:uR+Gjw2v
パンパかパーン!
報告します
このキチガイは
腐れシブヤにマッタク相手にされず
足元にすら及ばないでにケチョンケチョンにヤラレちゃったのを
根に持って朝から晩まで毎日発狂してま〜す(笑)

ほれほれ♪
シブヤの腐れキンタマとケツ舐めろ♪
糖質キチガイ♪
死んじゃえばいいのにね(笑)

あはは
腐れシブヤにもコテンパン
2CHでも毎度コテンパン
クズじゃんか、糖質キチガイじじい♪

死んじゃえば?

もちろん、クズの中のクズですから
直接本人に面と向かっては口も利けなませ〜〜〜ん(笑)
しょうがないから糞溜めの2chで毎日憂さ晴らしオナニー三昧!

はやく死ねばいいのにね♪

366 :名無し三平:2016/11/20(日) 21:36:48.28 ID:pJOxj3jS
>>348
私としては、ゴルフと同じように会員制にしても良いと思うが。
しっかりと管理された渓流で優雅に釣りたい。
湯川は明治期、カンツリー倶楽部だったんだから、会員制管理釣り場があってもよい。
300万くらいなら出せる。

367 :名無し三平:2016/11/20(日) 21:44:07.01 ID:uR+Gjw2v
パンパかパーン!
報告します
このキチガイは
腐れシブヤにマッタク相手にされず
足元にすら及ばないでにケチョンケチョンにヤラレちゃったのを
根に持って朝から晩まで毎日発狂してま〜す(笑)

ほれほれ♪
シブヤの腐れキンタマとケツ舐めろ♪
糖質キチガイ♪
死んじゃえばいいのにね(笑)

あはは
腐れシブヤにもコテンパン
2CHでも毎度コテンパン
クズじゃんか、糖質キチガイじじい♪

死んじゃえば?

もちろん、クズの中のクズですから
直接本人に面と向かっては口も利けなませ〜〜〜ん(笑)
しょうがないから糞溜めの2chで毎日憂さ晴らしオナニー三昧!

はやく死ねばいいのにね♪

368 :名無し三平:2016/11/20(日) 21:44:15.36 ID:tIL1A+Vi
>>366
いいアイデアですね。
ただ、どうしても密猟者がでるんですよね。

369 :名無し三平:2016/11/20(日) 21:44:26.21 ID:uR+Gjw2v
パンパかパーン!
報告します
このキチガイは
腐れシブヤにマッタク相手にされず
足元にすら及ばないでにケチョンケチョンにヤラレちゃったのを
根に持って朝から晩まで毎日発狂してま〜す(笑)

ほれほれ♪
シブヤの腐れキンタマとケツ舐めろ♪
糖質キチガイ♪
死んじゃえばいいのにね(笑)

あはは
腐れシブヤにもコテンパン
2CHでも毎度コテンパン
クズじゃんか、糖質キチガイじじい♪

死んじゃえば?

もちろん、クズの中のクズですから
直接本人に面と向かっては口も利けなませ〜〜〜ん(笑)
しょうがないから糞溜めの2chで毎日憂さ晴らしオナニー三昧!

はやく死ねばいいのにね♪

370 :名無し三平:2016/11/20(日) 21:44:45.76 ID:uR+Gjw2v
パンパかパーン!
報告します
このキチガイは
腐れシブヤにマッタク相手にされず
足元にすら及ばないでにケチョンケチョンにヤラレちゃったのを
根に持って朝から晩まで毎日発狂してま〜す(笑)

ほれほれ♪
シブヤの腐れキンタマとケツ舐めろ♪
糖質キチガイ♪
死んじゃえばいいのにね(笑)

あはは
腐れシブヤにもコテンパン
2CHでも毎度コテンパン
クズじゃんか、糖質キチガイじじい♪

死んじゃえば?

もちろん、クズの中のクズですから
直接本人に面と向かっては口も利けなませ〜〜〜ん(笑)
しょうがないから糞溜めの2chで毎日憂さ晴らしオナニー三昧!

はやく死ねばいいのにね♪

371 :名無し三平:2016/11/20(日) 21:44:58.61 ID:uR+Gjw2v
パンパかパーン!
報告します
このキチガイは
腐れシブヤにマッタク相手にされず
足元にすら及ばないでにケチョンケチョンにヤラレちゃったのを
根に持って朝から晩まで毎日発狂してま〜す(笑)

ほれほれ♪
シブヤの腐れキンタマとケツ舐めろ♪
糖質キチガイ♪
死んじゃえばいいのにね(笑)

あはは
腐れシブヤにもコテンパン
2CHでも毎度コテンパン
クズじゃんか、糖質キチガイじじい♪

死んじゃえば?

もちろん、クズの中のクズですから
直接本人に面と向かっては口も利けなませ〜〜〜ん(笑)
しょうがないから糞溜めの2chで毎日憂さ晴らしオナニー三昧!

はやく死ねばいいのにね♪

372 :名無し三平:2016/11/20(日) 21:45:13.45 ID:uR+Gjw2v
パンパかパーン!
報告します
このキチガイは
腐れシブヤにマッタク相手にされず
足元にすら及ばないでにケチョンケチョンにヤラレちゃったのを
根に持って朝から晩まで毎日発狂してま〜す(笑)

ほれほれ♪
シブヤの腐れキンタマとケツ舐めろ♪
糖質キチガイ♪
死んじゃえばいいのにね(笑)

あはは
腐れシブヤにもコテンパン
2CHでも毎度コテンパン
クズじゃんか、糖質キチガイじじい♪

死んじゃえば?

もちろん、クズの中のクズですから
直接本人に面と向かっては口も利けなませ〜〜〜ん(笑)
しょうがないから糞溜めの2chで毎日憂さ晴らしオナニー三昧!

はやく死ねばいいのにね♪

373 :名無し三平:2016/11/20(日) 21:57:42.42 ID:pJOxj3jS
>>368
金網に電流を通した柵で覆うか、食べられない魚にする。
湯川の魚は硫黄臭くて食べられない。

無理かな?

374 :名無し三平:2016/11/20(日) 22:04:38.82 ID:Vmxv41iY
フライやめれ
ソープ行けw

375 :名無し三平:2016/11/20(日) 22:05:16.88 ID:tIL1A+Vi
>>373
それは危険すぎるw
密猟者が犠牲になったときやばいですよw

376 :名無し三平:2016/11/20(日) 22:05:31.53 ID:tIL1A+Vi
>>373
それは危険すぎるw
密猟者が犠牲になったときやばいですよw

377 :名無し三平:2016/11/20(日) 22:09:16.71 ID:pJOxj3jS
>>376
どちらにしても、今の環境では渓流釣りは過剰人口。
それに釣期も短すぎる。

フィッシングカンツリークラブができないかなぁ〜。

378 :名無し三平:2016/11/20(日) 22:21:37.21 ID:ylC3lyhy
>>377
嫌な野郎だなw

379 :名無し三平:2016/11/20(日) 22:25:59.37 ID:pJOxj3jS
>>378
なんで?
ゴルフにあるのだから、フライフィッシングにあっても良いと思うが?
会員権で300万ぐらいなら、車を買う感覚で十分納得できる。
渓流を1km位で十分。

時間予約で釣りができれば、ストレスが無くなる。

魅力ない?

380 :名無し三平:2016/11/20(日) 22:43:58.93 ID:uR+Gjw2v
パンパかパーン!
報告します
このキチガイは
腐れシブヤにマッタク相手にされず
足元にすら及ばないでにケチョンケチョンにヤラレちゃったのを
根に持って朝から晩まで毎日発狂してま〜す(笑)

ほれほれ♪
シブヤの腐れキンタマとケツ舐めろ♪
糖質キチガイ♪
死んじゃえばいいのにね(笑)

あはは
腐れシブヤにもコテンパン
2CHでも毎度コテンパン
クズじゃんか、糖質キチガイじじい♪

死んじゃえば?

もちろん、クズの中のクズですから
直接本人に面と向かっては口も利けなませ〜〜〜ん(笑)
しょうがないから糞溜めの2chで毎日憂さ晴らしオナニー三昧!

はやく死ねばいいのにね♪

381 :名無し三平:2016/11/20(日) 22:55:22.36 ID:tIL1A+Vi
>>379
結局、そういうのに嫉妬する人間がおおいから、
何かと邪魔されますよw
夢ですねw

382 :名無し三平:2016/11/20(日) 23:14:30.21 ID:mUSu/JzW
イギリスはそうだけど、一回するのに、何万とかだからな。さすがにちょっと。まあ、そういう場所もあっていいでしょうけどね。人規制して。

ただ、釣り人口多すぎではあるな。というか、リリースしない年寄りが多すぎなんだよ。あればあるだけとる、小さいのも根こそぎみたいなのが。餌釣りなんか、自分の食う分取ったらさっさと止めろやといいたいが。

383 :名無し三平:2016/11/20(日) 23:17:33.62 ID:mUSu/JzW
あと、フライ専用区間って、広まらないよなー。むしろ廃止の方向が多い気がする。
つまり、餌釣り師がクソ多いということだろう。そして、餌釣り師の釣りはにがそうが100%魚殺すからな。

384 :名無し三平:2016/11/20(日) 23:43:09.50 ID:pJOxj3jS
>>382
基本的にマスは海の魚と比べれば、決して美味しいとは言えない。
それでも食べるというのは、業というモノなんでしょう。
私は、渓流での釣りの特性である”魚のやる気”のバラツキが大きな障壁になっていると思います。
やはり、先行者がいれば、相当釣りづらくなる。その辺の時間配分、入渓ポイントを管理しなければ、
釣りとして成立しないと思います。
いくら魚がいても、やる気の無い魚は口を使いません。
やはり、そのようなシステムを管理している釣り場なら、ある程度の出費は納得できます。
東京湾でシーバスをボートをフライでチャーターすると、30000円かかり、2人で割っても15000円
係るのですから、その程度の出費なら、許容できます。

385 :名無し三平:2016/11/20(日) 23:59:47.49 ID:RH7vIkqy
>>320
と、良く言われてるけど
川なんて日本でも外国でもそこまで大きくは変わらないんじゃないかねえ
地球上ならどこでも山に降った雨水が渓に流れ込み、集まり海に流れる訳なんだし

とは言えフライフィッシングは渓流、源流向きより里川、本流、湖むけだとは思うけど

386 :名無し三平:2016/11/21(月) 00:06:21.11 ID:xvUKPDUt
>>377
300万出せるなら田舎の川が通った土地でも購入して、自分で放流すればいいんじゃない?

387 :名無し三平:2016/11/21(月) 00:44:31.04 ID:sdGw7lj2
外国だと私有地内を通る川とかあるからな
沿岸付近を買い占めて、サク打って、立ち入りできないようにすればいいかもしれん。まあ、金が腐るほどあったら、やってみたいな

388 :名無し三平:2016/11/21(月) 00:52:33.19 ID:sdGw7lj2
前にイギリスのを調べたけど、一回六万とかじゃなかったか。安い管理されてない川でできる権利とかもあったらしいが。川の管理人の人件費とか、いれると1万とかそんな値段じゃ無理だろ。

実質季節労働者のガイドだって三万とかからだぜ、最低。しかも川管理しない北海道とかでの場合だ。

真面目に再生産される川を目指すなら、人数制限と、護岸工事をとつぱらわないとダメだけど、後者は無理だろうし、人数制限は周辺土地が私有地にでもならないと無理やろ

結論、俺は年寄りが死ぬのと釣り人口が減るのを待つ

389 :名無し三平:2016/11/21(月) 09:02:04.25 ID:ziMBtrWe
釣り人の本質は「人に自慢したい」という事。
だから大物釣る為に大金費やしたり、食べもしないのに山ほど魚釣り上げて、
これ見よがしに近所に配りたがる。

そういう意味では川を売るというのはいい手かも。
(というか昔は川で釣る権利を区間毎で売ってたと聞いた事がある)
そうなれば釣りが下手でも、金持ちは優越感にひたれる。

という事で、金持ちにどんどん金を使わせるネタを提供するのには大賛成。
そうすれば、じゃんじゃん放流も増やせれるし、山間部の自治体にも金が入る。
株だの為替だのに金を使われるより、よっぽど経済が好転する。

390 :名無し三平:2016/11/21(月) 10:02:37.06 ID:cv2L50si
地元のおサンが率先して魚抜くから、桜鱒で有名な某河川域で禁漁期に平気で餌釣りしてるし。
魚道整備したり産卵床作ったりしてもこんなクソジジイいるんじゃなーと。

391 :名無し三平:2016/11/21(月) 10:57:31.58 ID:rW85Dsan
>>389
そんなんで経済が好転するとか何かのオマジナイですか?
後、出来もしない事をつべこべ言うのはともかく、やたらとエサ釣りの人を敵視する姿勢はどうかと思うけどね。

392 :名無し三平:2016/11/21(月) 13:26:57.31 ID:Q+th9Ee2
密漁じじいは法律で厳重に処分しないとなあ。
フィッシングカンツリークラブ案には賛成だ。
魚を含む環境の維持にはコストがかかるし、その一部を釣り人に負担させるのは当然じゃないかな。
ゴルフみたいに200−300万円ぐらいの負担なら、俺は払うぞ。

393 :名無し三平:2016/11/21(月) 13:27:25.72 ID:4LhKQM0s
フライ人口について現場で感じることだが。
私見を。

確かに高齢化著しい。もう10年で、彼らは川に立てなくなるとは思う。
ただし、そのあとの岩井のころにフライを覚えた連中が結構いる。
よって、向こう20年くらいは、そんなに人口は減らない。今のまま。
ただし新規参入者、特に30代以下の世代は確実に減っている。今の時代、なに
ひとつ不便はないはずなのに、情報過多が裏目に出て、かつそれら情報も薄っぺらいため、
どうしたらいいのか分からない、っていう皮肉な原因もありそうに感じる。
また、若手が少ないのは手本になる優良なプロがいないのも一因。国内外、往年のプロたちは亡くなったり
表舞台に出ている人は少ない。さらに悪いことに、新規参入者を育てるのではなく
自己自慢だけの癖のある人間の重用に終始する業界のやり方も関係しているだろう。

よって、当面フライ人口はいまのまま。20年後あたりから急減、消滅ではなかろうか。
ちなみにルアー、餌釣り人口はまったく変化を感じさせない、どころか増えていると思う。

394 :名無し三平:2016/11/21(月) 13:37:37.52 ID:N0N/U8wm
フライのショップは減ってるよね。都内や首都圏はどうか知らないけど。
ルアーやエサ釣りも商品は減ってきてると思う。

395 :名無し三平:2016/11/21(月) 16:22:44.72 ID:/GYn27c9
まあアウトドア全般に下火だわな。この6-7年でいきつけのアウトドアショップが2軒つぶれ、
スポーツ量販店でもキャンプ道具売り場の面積が縮小した。
キャンプもファッション性重視になってきたころフライが取り上げられる事もあったが、
ファッション感覚でやる釣りにしては敷居が高い、道具は面倒だし、ほとんどの人は投げられない。
かといってキャンプ場前の渓流でルアー引っ張っても釣れない。
#20のミッジ投げれりゃ大概の川でハヤくらい釣れるのになぁ。

396 :名無し三平:2016/11/21(月) 17:38:29.70 ID:/k6YDPMx
多分名前がわるい
素人だとどんな釣りなのか名前から判断出来ない

397 :名無し三平:2016/11/21(月) 18:59:48.78 ID:4LhKQM0s
釣りビジョンのフライ枠が縮小されているとおもいませんか?
伊勢正三シリーズの新作が今年なかったのが残念。

398 :名無し三平:2016/11/21(月) 20:19:06.72 ID:C86uIwPz
フライは、釣りのなかでも明らかに手間が多い釣りであることが、最も衰退した原因だと思う。
準備の手間、釣り自体の手間、時期を選ぶ手間、時間を選ぶ手間、場所を選ぶ手間、朝駆けの手間等、様々な手間が存在している。
これらの手間が快感になる者にしか、フライは継続出来ないお思う。

399 :名無し三平:2016/11/21(月) 20:36:20.32 ID:4LhKQM0s
そういう意味では、上述の会員制釣りクラブのアイデアは、気持ちはわかるしある意味理想??かもしれないんですが、
どこか面倒な思いをしないで楽しみたいという、結局フライフィッシングに相反する
心理にとらわれているという点で、既にフライしていないってことになるかもしれませんね(笑)。

400 :名無し三平:2016/11/21(月) 21:00:07.44 ID:Er9Nj7Ff
フライ衰退してんのかルアーなんかよりずっと面白いし奥が深いのになルアーマン引っ張るしかないな沈めてリトリーブならウェットで釣れよとな

401 :名無し三平:2016/11/21(月) 22:11:54.74 ID:sdGw7lj2
フライほど仕掛けが単純なのはないやろ。俺なんかリーダー直結だけど、困ったことないし

402 :名無し三平:2016/11/21(月) 22:37:08.68 ID:4LhKQM0s
>>401
リーダーはできあいのもの?それとも自作?
いつもどういうところでなに釣ってるの?

403 :名無し三平:2016/11/21(月) 22:37:12.38 ID:FJhU+x9v
ファッションから入った口だけど先ずキャスティングで面食らう

404 :名無し三平:2016/11/21(月) 22:43:26.38 ID:4LhKQM0s
>>403
たしかに、かつてはファッションに派閥というか流派があった。
サワダ系コスチューム、岩井系などなど。
そういうトレンドも今はなくなったね。

405 :名無し三平:2016/11/21(月) 23:03:49.90 ID:FJhU+x9v
服装も含めた西洋のちょっとカッコイイ釣りという雰囲気ですかね
でも見るのとやるのとでは大違い散々赤っ恥かきました

406 :名無し三平:2016/11/21(月) 23:15:00.63 ID:irx+C3Gu
>>404
そうだったんですか?
岩井さんのラガーシャツ、マチの高いベースボールキャップってカッコいいとは思わなかった。www
派閥というよりも、自分のスタイルを持った人が多く、それに憧れた人が真似をしたと感じました。

みんな大人でしたね。

407 :名無し三平:2016/11/21(月) 23:16:44.59 ID:Jy/7HqTQ
キャスティングとかタイイングとか面倒くさい割に、
さほど釣れないから人に勧めにくい。

408 :名無し三平:2016/11/22(火) 00:35:54.80 ID:fQUbUP5o
>>407
管釣りなら爆釣できるやん?

409 :名無し三平:2016/11/22(火) 01:03:41.17 ID:m6Sa4AJ6
>>408
それも時期、時間、温度、釣法など、様々な条件をクリアすればの話であって、
管理釣り場でもダメな時はダメ。

そこが面白い。

410 :名無し三平:2016/11/22(火) 01:15:28.68 ID:fQUbUP5o
>>409
そうかなー
管釣りルアーからフライに変えたら釣果10倍になったよ
適当な安物フライに激安ライン
中古フライロッドに貰い物リール
キャスティングもド素人だけど

411 :名無し三平:2016/11/22(火) 07:47:59.74 ID:C0ZLsOrn
>402
標準で4x 場合により5x、見切られてると思う時な。
長さは基本7.5 9は使うときは5xのときが多い
場所は北海道。今住んでる山口でもこれでしてるけど
もう、15年くらいにはなるか。

クソ長くて細いと、とりまわしにつかれるし、そんなことせんでも十分楽しめる。まぁ、少数派なのは自覚してます。ただ、長いラインシステムを賛美する気にはなれないなー

フライも自分では基本巻かないよ。面倒だからな。ただ、国内のフライショップのハックルのケチり具合にはげんなりして、時々、自分で巻きたくなる。

魚が食いたいものを投げれば釣れないなんてことはないよ。

道具といえば、一個だけ超オススメなのが、ケチャムリリースだ。ケッチャムリリースだったか?一瞬でリリースできるので、魚体を傷めないし、その分釣りに集中できる。使ってみると、今までリリースに随分時間使ってたなーと自覚できると思うよ

412 :名無し三平:2016/11/22(火) 08:44:20.18 ID:IHOfyclR
ケッチャムリリースはいいよね。今はティムコのを使っているけど。
管釣りでは必需品。

413 :名無し三平:2016/11/22(火) 11:37:23.68 ID:v1OyAClB
ストンフォ?と比べてどう?

414 :名無し三平:2016/11/22(火) 11:46:47.55 ID:IHRkbZlb
ケッチャムリリース使ってる友達いるけど、あんまり使い勝手いいとは言ってなかったなぁ。
とにかく魚が暴れてるうちは外れやすいし、針飲み込まれたら他の針はずしと大差ない。
俺のフライは小さいのばかりなので、針はずしはこれ使ってる。
http://store.shopping.yahoo.co.jp/naturum-outdoor/2715829.html
口元の針なら瞬間芸で外せるし、飲み込まれても口に突っ込んでひねればけっこう針外せる。

415 :名無し三平:2016/11/22(火) 12:21:47.45 ID:HuCkC9WR
北海道で鱒釣りだとどのみちフライに行き着くよな

416 :名無し三平:2016/11/22(火) 13:22:43.37 ID:Y4hdcJAz
ケッチャムは、ラインを引っ張ってフライのボディがすっぽり入るくらいぎゅっと押し込めないとダメ。
なので、細いのとかすごく小さいのを使ってると、中途半端になって、便利に感じないと思うよ

417 :名無し三平:2016/11/22(火) 13:51:55.71 ID:PTwUdWGm
>>415
ルアーだろ

418 :名無し三平:2016/11/22(火) 14:13:39.37 ID:HuCkC9WR
>>417
ルアーは下に見られるよフライマンからおっさんなら尚更下に見られるいい歳して釣れればいいのかよって顔されるわ

419 :名無し三平:2016/11/22(火) 14:23:40.60 ID:Y4hdcJAz
ルアーの方が大きいの釣れるけどな

420 :名無し三平:2016/11/22(火) 14:58:18.39 ID:hnpr1mga
俺はフライ専門だが、結局、特にモンスタークラスの大物なんかと格闘して勝つためには、
ルアーに行きつかないとだめかもしれないとは思う。ただ、フライが好きだからやってるだけ。
ルアーでもフライでも、優れた釣り師は何やってもうまいし、相手のやり方に一目置くよね。
一番悪いのは、フライでもルアーでも偏見で釣りしてるやつ。フライ業界にも○谷っていういやなやつがいる。
ルアー業界にもいない?俺様根性でフライをバカにしたり、同じルアーマンを蔑視するやつ。

421 :名無し三平:2016/11/22(火) 15:03:02.54 ID:f7+NXWIh
0426 名無し三平 (スッップ Sdb8-BRLe) 2016/11/22 12:21:25
パンパかパーン!
報告します
このキチガイは
腐れシブヤにマッタク相手にされず
足元にすら及ばないでにケチョンケチョンにヤラレちゃったのを
根に持って朝から晩まで毎日発狂してま〜す(笑)

ほれほれ♪
シブヤの腐れキンタマとケツ舐めろ♪
糖質キチガイ♪
死んじゃえばいいのにね(笑)

あはは
腐れシブヤにもコテンパン
2CHでも毎度コテンパン
クズじゃんか、糖質キチガイじじい♪

死んじゃえば?

もちろん、クズの中のクズですから
直接本人に面と向かっては口も利けなませ〜〜〜ん(笑)
しょうがないから糞溜めの2chで毎日憂さ晴らしオナニー三昧!

はやく死ねばいいのにね♪

反省反省
聞いてる?
あはは負け犬www

422 :名無し三平:2016/11/22(火) 15:03:46.60 ID:f7+NXWIh
0426 名無し三平 (スッップ Sdb8-BRLe) 2016/11/22 12:21:25
パンパかパーン!
報告します
このキチガイは
腐れシブヤにマッタク相手にされず
足元にすら及ばないでにケチョンケチョンにヤラレちゃったのを
根に持って朝から晩まで毎日発狂してま〜す(笑)

ほれほれ♪
シブヤの腐れキンタマとケツ舐めろ♪
糖質キチガイ♪
死んじゃえばいいのにね(笑)

あはは
腐れシブヤにもコテンパン
2CHでも毎度コテンパン
クズじゃんか、糖質キチガイじじい♪

死んじゃえば?

もちろん、クズの中のクズですから
直接本人に面と向かっては口も利けなませ〜〜〜ん(笑)
しょうがないから糞溜めの2chで毎日憂さ晴らしオナニー三昧!

はやく死ねばいいのにね♪

反省反省
聞いてる?
あはは負け犬www

423 :名無し三平:2016/11/22(火) 15:04:08.82 ID:f7+NXWIh
0426 名無し三平 (スッップ Sdb8-BRLe) 2016/11/22 12:21:25
パンパかパーン!
報告します
このキチガイは
腐れシブヤにマッタク相手にされず
足元にすら及ばないでにケチョンケチョンにヤラレちゃったのを
根に持って朝から晩まで毎日発狂してま〜す(笑)

ほれほれ♪
シブヤの腐れキンタマとケツ舐めろ♪
糖質キチガイ♪
死んじゃえばいいのにね(笑)

あはは
腐れシブヤにもコテンパン
2CHでも毎度コテンパン
クズじゃんか、糖質キチガイじじい♪

死んじゃえば?

もちろん、クズの中のクズですから
直接本人に面と向かっては口も利けなませ〜〜〜ん(笑)
しょうがないから糞溜めの2chで毎日憂さ晴らしオナニー三昧!

はやく死ねばいいのにね♪

反省反省
聞いてる?
あはは負け犬www

424 :名無し三平:2016/11/22(火) 15:04:33.42 ID:f7+NXWIh
0426 名無し三平 (スッップ Sdb8-BRLe) 2016/11/22 12:21:25
パンパかパーン!
報告します
このキチガイは
腐れシブヤにマッタク相手にされず
足元にすら及ばないでにケチョンケチョンにヤラレちゃったのを
根に持って朝から晩まで毎日発狂してま〜す(笑)

ほれほれ♪
シブヤの腐れキンタマとケツ舐めろ♪
糖質キチガイ♪
死んじゃえばいいのにね(笑)

あはは
腐れシブヤにもコテンパン
2CHでも毎度コテンパン
クズじゃんか、糖質キチガイじじい♪

死んじゃえば?

もちろん、クズの中のクズですから
直接本人に面と向かっては口も利けなませ〜〜〜ん(笑)
しょうがないから糞溜めの2chで毎日憂さ晴らしオナニー三昧!

はやく死ねばいいのにね♪

反省反省
聞いてる?
あはは負け犬www

425 :名無し三平:2016/11/22(火) 15:17:52.09 ID:kxKsu5TH
人生、勉強^ - ^。

426 :名無し三平:2016/11/22(火) 15:18:07.47 ID:kxKsu5TH
わかった^ - ^?

427 :名無し三平:2016/11/22(火) 15:33:07.49 ID:f7+NXWIh
0426 名無し三平 (スッップ Sdb8-BRLe) 2016/11/22 12:21:25
パンパかパーン!
報告します
このキチガイは
腐れシブヤにマッタク相手にされず
足元にすら及ばないでにケチョンケチョンにヤラレちゃったのを
根に持って朝から晩まで毎日発狂してま〜す(笑)

ほれほれ♪
シブヤの腐れキンタマとケツ舐めろ♪
糖質キチガイ♪
死んじゃえばいいのにね(笑)

あはは
腐れシブヤにもコテンパン
2CHでも毎度コテンパン
クズじゃんか、糖質キチガイじじい♪

死んじゃえば?

もちろん、クズの中のクズですから
直接本人に面と向かっては口も利けなませ〜〜〜ん(笑)
しょうがないから糞溜めの2chで毎日憂さ晴らしオナニー三昧!

はやく死ねばいいのにね♪

あはは負け犬www

シブヤを妬むじじい
浅ましいwww

428 :名無し三平:2016/11/22(火) 15:40:11.11 ID:f7+NXWIh
嫉むじじい浅ましいwww

429 :名無し三平:2016/11/22(火) 15:53:15.48 ID:kxKsu5TH
^ - ^

430 :名無し三平:2016/11/22(火) 16:04:24.68 ID:9XKSVtfT
>>418
さすが高尚なフライマン!
他の釣りは下に見る!

431 :名無し三平:2016/11/22(火) 16:28:10.95 ID:fAM4Aek4
>>420
他者を軽蔑するヤツはフライ業界より少ない気がする。
フライより歴史が浅いせいか、適当にやっててこだわりが無い感じ。

432 :名無し三平:2016/11/22(火) 16:33:45.12 ID:f7+NXWIh
妬むじじい浅ましいwww

433 :名無し三平:2016/11/22(火) 16:37:34.02 ID:f7+NXWIh
いい歳コイたじじいが
若僧に妬み、嫉み・・・

浅ましいねぇwww

434 :名無し三平:2016/11/22(火) 16:47:10.74 ID:kxKsu5TH
人生、勉強勉強^ - ^。

435 :名無し三平:2016/11/22(火) 16:48:00.47 ID:f7+NXWIh
妬むじじい浅ましいwww

436 :名無し三平:2016/11/22(火) 16:55:35.78 ID:f7+NXWIh
嫉むじじい浅ましいwww

437 :名無し三平:2016/11/22(火) 16:56:10.14 ID:hnpr1mga
>>431
フライもほんとうはオープンで許容性の高い人が多いんだけど、
そうでない、排他的な人間に限って、人一倍目立とうとするから、
傍から見ると、そういう人間ばっかりいる
ように見えてしまう。いやだよね。

438 :名無し三平:2016/11/22(火) 16:57:18.89 ID:f7+NXWIh
いい歳コイたじじいが
若僧に妬み、嫉み・・・

浅ましいねぇwww

439 :名無し三平:2016/11/22(火) 16:59:17.14 ID:f7+NXWIh
>>437
オマエが腐れシブヤに嫉妬じじいだろうが

浅ましいじじいだなぁwww

440 :名無し三平:2016/11/22(火) 17:13:41.13 ID:f7+NXWIh
>>420
>>437
よう、偽善者
浅ましいねぇwww

441 :名無し三平:2016/11/22(火) 17:21:23.89 ID:kxKsu5TH
羞恥心

442 :名無し三平:2016/11/22(火) 17:21:52.47 ID:kxKsu5TH
聞いてる?^ - ^

443 :名無し三平:2016/11/22(火) 17:47:51.72 ID:f7+NXWIh
嫉むじじい浅ましいwww

444 :名無し三平:2016/11/22(火) 18:07:49.10 ID:f7+NXWIh
いい歳コイたじじいが
若僧に妬み、嫉み・・・

浅ましいねぇwww

445 :名無し三平:2016/11/22(火) 18:17:18.54 ID:f7+NXWIh
いい歳コイたじじいが
若僧に妬み、嫉み・・・

浅ましいねぇwww

446 :名無し三平:2016/11/22(火) 18:18:20.95 ID:f7+NXWIh
妬むじじいwww
嫉むじじいwww

死ねばいいのに♪

447 :名無し三平:2016/11/22(火) 18:21:12.99 ID:f7+NXWIh
妬み嫉みのカタマリじじい
そして良い人ぶった偽善者

シブヤ嫉妬キチガイじじい

死ねばいいのに♪

448 :名無し三平:2016/11/22(火) 18:27:23.93 ID:kxKsu5TH
品格^ - ^

449 :名無し三平:2016/11/22(火) 18:50:33.74 ID:kxKsu5TH
わかった?

450 :名無し三平:2016/11/22(火) 19:49:08.70 ID:Rdx998P1
シブヤさんに妬みもってイヤガラセレス書き込みまくってる統合失調おじさんてコレでしょ?
この人ってよく生きてんなぁと思うよ
ズボシを刺されグーの音も出なくなったか
バカみたいに「勉強」とか「わかった?」とか苦し紛れに連発しまくるだけ
これが「キチガイ発狂発作」ってヤツですね
バカの見本としては国宝級ですね(笑)

451 :名無し三平:2016/11/22(火) 19:56:22.82 ID:kxKsu5TH
謙虚^ - ^

452 :名無し三平:2016/11/22(火) 19:59:06.11 ID:1lZl3OUM
謙虚^ - ^ 謙虚^ - ^ 謙虚^ - ^ (笑)
あぁ?

453 :名無し三平:2016/11/22(火) 20:01:02.02 ID:1lZl3OUM
>431
フライもほんとうはオープンで許容性の高い人が多いんだけど、
そうでない、排他的な人間に限って、人一倍目立とうとするから、
傍から見ると、そういう人間ばっかりいる
ように見えてしまう。いやだよね。

↑オマエが腐れシブヤに嫉妬じじいだろうが(大爆笑)
浅ましいじじいだなぁwww

あぁん?

454 :名無し三平:2016/11/22(火) 20:01:38.90 ID:1lZl3OUM
>431
フライもほんとうはオープンで許容性の高い人が多いんだけど、
そうでない、排他的な人間に限って、人一倍目立とうとするから、
傍から見ると、そういう人間ばっかりいる
ように見えてしまう。いやだよね。

↑オマエが腐れシブヤに嫉妬じじいだろうが(大爆笑)
浅ましいじじいだなぁwww

あぁん?

455 :名無し三平:2016/11/22(火) 20:05:49.04 ID:kxKsu5TH
^ - ^。

456 :名無し三平:2016/11/22(火) 20:19:54.94 ID:1lZl3OUM
>431
フライもほんとうはオープンで許容性の高い人が多いんだけど、
そうでない、排他的な人間に限って、人一倍目立とうとするから、
傍から見ると、そういう人間ばっかりいる
ように見えてしまう。いやだよね。

↑オマエが腐れシブヤに嫉妬じじいだろうが(大爆笑)
浅ましいじじいだなぁwww

あぁん?

457 :名無し三平:2016/11/22(火) 20:20:34.04 ID:1lZl3OUM
>431
フライもほんとうはオープンで許容性の高い人が多いんだけど、
そうでない、排他的な人間に限って、人一倍目立とうとするから、
傍から見ると、そういう人間ばっかりいる
ように見えてしまう。いやだよね。

↑オマエが腐れシブヤに嫉妬じじいだろうが(大爆笑)
浅ましいじじいだなぁwww

あぁん?

^ - ^。

458 :名無し三平:2016/11/22(火) 20:21:17.13 ID:1lZl3OUM
>431
フライもほんとうはオープンで許容性の高い人が多いんだけど、
そうでない、排他的な人間に限って、人一倍目立とうとするから、
傍から見ると、そういう人間ばっかりいる
ように見えてしまう。いやだよね。

↑オマエが腐れシブヤに嫉妬じじいだろうが(大爆笑)
浅ましいじじいだなぁwww

あぁん?

^ - ^。

459 :名無し三平:2016/11/22(火) 20:22:21.12 ID:kxKsu5TH
^ - ^! ^ - ^!

460 :名無し三平:2016/11/22(火) 20:22:22.55 ID:1lZl3OUM
>431
フライもほんとうはオープンで許容性の高い人が多いんだけど、
そうでない、排他的な人間に限って、人一倍目立とうとするから、
傍から見ると、そういう人間ばっかりいる
ように見えてしまう。いやだよね。

↑オマエが腐れシブヤに嫉妬じじいだろうが(大爆笑)
浅ましいじじいだなぁwww

あぁん?
人生、勉強勉強^ - ^。
人生、勉強勉強^ - ^。

^ - ^。
^ - ^。

461 :名無し三平:2016/11/22(火) 20:23:16.35 ID:1lZl3OUM
>431
フライもほんとうはオープンで許容性の高い人が多いんだけど、
そうでない、排他的な人間に限って、人一倍目立とうとするから、
傍から見ると、そういう人間ばっかりいる
ように見えてしまう。いやだよね。

↑オマエが腐れシブヤに嫉妬じじいだろうが(大爆笑)
浅ましいじじいだなぁwww

あぁん?
人生、勉強勉強^ - ^。
人生、勉強勉強^ - ^。

^ - ^。
^ - ^。
聞いてる?^ - ^
聞いてる?^ - ^
聞いてる?^ - ^
聞いてる?^ - ^
聞いてる?^ - ^

462 :名無し三平:2016/11/22(火) 20:23:44.09 ID:1lZl3OUM
妬み嫉みのカタマリじじい
そして良い人ぶった偽善者

シブヤ嫉妬キチガイじじい

死ねばいいのに♪

463 :名無し三平:2016/11/22(火) 20:25:38.42 ID:1lZl3OUM
妬み嫉みのカタマリじじい
そして良い人ぶった偽善者

シブヤ嫉妬キチガイじじい

死ねばいいのに♪

464 :名無し三平:2016/11/22(火) 20:25:53.43 ID:1lZl3OUM
妬み嫉みのカタマリじじい
そして良い人ぶった偽善者

シブヤ嫉妬キチガイじじい

死ねばいいのに♪

465 :名無し三平:2016/11/22(火) 20:26:02.62 ID:kxKsu5TH
(^ - ^)!

466 :名無し三平:2016/11/22(火) 20:28:25.93 ID:1lZl3OUM
>431
フライもほんとうはオープンで許容性の高い人が多いんだけど、
そうでない、排他的な人間に限って、人一倍目立とうとするから、
傍から見ると、そういう人間ばっかりいる
ように見えてしまう。いやだよね。

↑オマエが腐れシブヤに嫉妬じじいだろうが(大爆笑)
浅ましいじじいだなぁwww
(^ - ^)!

467 :名無し三平:2016/11/22(火) 20:28:53.21 ID:1lZl3OUM
>431
フライもほんとうはオープンで許容性の高い人が多いんだけど、
そうでない、排他的な人間に限って、人一倍目立とうとするから、
傍から見ると、そういう人間ばっかりいる
ように見えてしまう。いやだよね。

↑オマエが腐れシブヤに嫉妬じじいだろうが(大爆笑)
浅ましいじじいだなぁwww
(^ - ^)!

468 :名無し三平:2016/11/22(火) 20:29:09.56 ID:1lZl3OUM
>431
フライもほんとうはオープンで許容性の高い人が多いんだけど、
そうでない、排他的な人間に限って、人一倍目立とうとするから、
傍から見ると、そういう人間ばっかりいる
ように見えてしまう。いやだよね。

↑オマエが腐れシブヤに嫉妬じじいだろうが(大爆笑)
浅ましいじじいだなぁwww
(^ - ^)!

469 :名無し三平:2016/11/22(火) 20:31:45.58 ID:1lZl3OUM
わかった?^ - ^
あぁん?

470 :名無し三平:2016/11/22(火) 20:32:15.42 ID:1lZl3OUM
パンパかパーン!
わかった?^ - ^
あぁん?

471 :名無し三平:2016/11/22(火) 20:32:49.75 ID:1lZl3OUM
聞いてる?^ - ^
あぁん?

472 :名無し三平:2016/11/22(火) 20:33:19.97 ID:1lZl3OUM
パンパかパーン!
聞いてる?^ - ^
あぁん?

473 :名無し三平:2016/11/22(火) 20:35:18.89 ID:1lZl3OUM
あ?

474 :名無し三平:2016/11/22(火) 20:37:01.32 ID:1lZl3OUM
パンパかパーン!
報告します
このキチガイは
腐れシブヤにマッタク相手にされず
足元にすら及ばないでにケチョンケチョンにヤラレちゃったのを
根に持って朝から晩まで毎日発狂してま〜す(笑)

ほれほれ♪
シブヤの腐れキンタマとケツ舐めろ♪
糖質キチガイ♪
死んじゃえばいいのにね(笑)

あはは
腐れシブヤにもコテンパン
2CHでも毎度コテンパン
クズじゃんか、糖質キチガイじじい♪

死んじゃえば?

もちろん、クズの中のクズですから
直接本人に面と向かっては口も利けなませ〜〜〜ん(笑)
しょうがないから糞溜めの2chで毎日憂さ晴らしオナニー三昧!

はやく死ねばいいのにね♪

あはは負け犬www

シブヤを嫉むじじい
浅ましいwww

475 :名無し三平:2016/11/22(火) 20:53:54.09 ID:V42Kqi46
爆発だなw

476 :名無し三平:2016/11/22(火) 20:55:02.58 ID:kxKsu5TH
(^ - ^)!

477 :名無し三平:2016/11/22(火) 20:58:56.38 ID:xX3qW+lS
今朝の地震で渋谷さんのあばら屋は大丈夫なのですか?
本当に心配しています(>人<;)

478 :名無し三平:2016/11/22(火) 21:04:41.07 ID:wLYWaFtZ
あ?

479 :名無し三平:2016/11/22(火) 21:11:27.72 ID:ihL5rcOE
>>477
御心配いただきありがとうございます。
もうガタガタです。
こうなったら、僕の商品をみなさんに思いっきり買っていただくしか
ありません!僕を儲けさせてください!皆さんお力で!
豪邸を建てたら、僕の渾身の漆塗り竿をさらに買っていただきますっ!

僕を尊敬してくれる日本のすべてのフライフィッシャーへ

480 :名無し三平:2016/11/22(火) 21:27:46.18 ID:ihL5rcOE
なお、漆は品切れです。
在庫は恥塗りになりますことご了承ください。
かしこ

481 :名無し三平:2016/11/22(火) 21:44:40.05 ID:wLYWaFtZ
ふっふっふ

コレが本性(笑)

偽善者キチガイじじい♪

482 :名無し三平:2016/11/22(火) 22:23:23.90 ID:1lZl3OUM
どうあがいても薄汚い本性は隠せない
嫉妬にまみれ発狂したキチガイじじい
若造のクソガキに嫉妬とは情けないクズ

浅ましいなぁww

483 :名無し三平:2016/11/22(火) 22:40:13.41 ID:ihL5rcOE
おまいら、ジジイのくせに
あこがれの沢田になれず、杉坂にも話すらしてもらえず、
仕方なく渋谷のスクールにいったが、相手にもされず、
俺ら渋谷を超える腕の若い世代に嫉妬満々wwww

早くタヒね。
なさけないなさけないww♪

484 :名無し三平:2016/11/22(火) 22:44:36.42 ID:ihL5rcOE
渋谷なんて論外だろwなんか一生懸命宣伝してうるさいが。
それよりおまいら糖質弄り、なさけないなさけない。
竿もろくに振れないやつは、糖質弄りの資格なしw

逝ってよし!!

485 :名無し三平:2016/11/22(火) 22:45:58.31 ID:ihL5rcOE
糖質爺さんがんばれよ。
あんたも糞だが弄り屋はそれ以上に糞wwwwwwwwwwwwww

486 :名無し三平:2016/11/22(火) 22:49:06.44 ID:ihL5rcOE
シブヤと糖質ジジイとジジイ弄り屋
なかよくいってよし!!

487 :名無し三平:2016/11/22(火) 23:15:11.17 ID:1lZl3OUM
ID:xX3qW+lS
>>477
ID:ihL5rcOE
>>479
>>480
>>483
>>484
>>485
>>486

↑コレ全部シブヤケツ舐めじじい(笑)
本物の糖質キチガイ。ハンパないわ
痛いねぇ、ツーかキチガイなぶりは最高に楽しいねぇ♪

488 :名無し三平:2016/11/22(火) 23:17:57.53 ID:1lZl3OUM
聞いてる?^ - ^ ああ?

489 :名無し三平:2016/11/22(火) 23:18:38.21 ID:1lZl3OUM
わかった?  あ?

490 :名無し三平:2016/11/22(火) 23:20:52.45 ID:1lZl3OUM
わかった?  ああ?

491 :名無し三平:2016/11/22(火) 23:21:11.10 ID:1lZl3OUM
わかった?  あああ?

492 :名無し三平:2016/11/22(火) 23:26:08.95 ID:1lZl3OUM
v(^ - ^)!v(^ - ^)!
v(^ - ^)!v(^ - ^)!
v(^ - ^)!v(^ - ^)!
v(^ - ^)!v(^ - ^)!
v(^ - ^)!v(^ - ^)!
あぁぁぁ? 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:0be15ced7fbdb9fdb4d0ce1929c1b82f)


493 :名無し三平:2016/11/22(火) 23:52:38.06 ID:ihL5rcOE
キチガイをからかうのはたのしいねwwwwww
涙目糖質キチガイ君ww
渋谷のケツなめるか?あん?

494 :名無し三平:2016/11/22(火) 23:54:01.67 ID:ihL5rcOE
みなさーーーん、糖質の実態でーす。♪

パンパかパーン!
報告します
このキチガイは
腐れシブヤにマッタク相手にされず
足元にすら及ばないでにケチョンケチョンにヤラレちゃったのを
根に持って朝から晩まで毎日発狂してま〜す(笑)

ほれほれ♪
シブヤの腐れキンタマとケツ舐めろ♪
糖質キチガイ♪
死んじゃえばいいのにね(笑)

あはは
腐れシブヤにもコテンパン
2CHでも毎度コテンパン
クズじゃんか、糖質キチガイじじい♪

死んじゃえば?

もちろん、クズの中のクズですから
直接本人に面と向かっては口も利けなませ〜〜〜ん(笑)
しょうがないから糞溜めの2chで毎日憂さ晴らしオナニー三昧!

はやく死ねばいいのにね♪

あはは負け犬www

シブヤを嫉むじじい
浅ましいwww



キチガイ最高♪

495 :名無し三平:2016/11/22(火) 23:55:18.56 ID:ihL5rcOE
腐れ渋谷に相手にされなかった糖質オヤジが
爆発してマース♪♪

496 :名無し三平:2016/11/22(火) 23:56:17.34 ID:ihL5rcOE
糖質さんは、自分が糖質であることに気付けないんですぅww

497 :名無し三平:2016/11/22(火) 23:56:21.70 ID:ECWMvtlW
俺は渓流ではフロロ0.4号でミノー投げてるわ

498 :名無し三平:2016/11/23(水) 00:05:14.74 ID:Lz+uehNM
今朝の地震で渋谷さんのあばら屋は大丈夫なのですか?
本当に心配しています(>人<;)


つまらんトラップしかけるなや♪

499 :名無し三平:2016/11/23(水) 00:06:49.26 ID:Lz+uehNM
荒らし屋糖質オヤジ、
徹底してやるよ♪覚悟しておけ♪

500 :名無し三平:2016/11/23(水) 01:02:48.31 ID:zs40Tt6e
すげーな、なんの意味もない行為にここまでできるとは

それはそうと、結局はドライが、フライを他の釣りと違うと思わせるところなんだよな、俺は。ニンフや、ストリーマーなら、結局のところ他との差はドライほどは感じない。

501 :名無し三平:2016/11/23(水) 01:53:04.94 ID:Lz+uehNM
>>500
ほんとうのフライをやる人は、ドライもニンフも同じ目線で見てる。
話題のw渋谷病だよ、それw。

502 :名無し三平:2016/11/23(水) 13:30:48.54 ID:G/efGNth
                    亠ァ厂|        `':,;..:..:.';.     ;'..:..:.,:'
                       ‐个 兀          `:;:.::.':.,   ,':.::.:,:'
`.:`.:''''..:.‐ :.:-:.:...,,,, __   、‐-、        __   ,.‐z_,-、   '':;;:::':, ,...;'::..:,;'  ,,.:':
..:..:...:..:..:...:...:...:.:..:...:...:..:.`_,,ノ └¬、'''.:.:‐:..,,ヾ、__)∠,ィク /,、   ';:''..:.:..:..:.:..:.'':;'':.:.,;.
.:..:...:..:..:...:...:...:.:..:...:...:..:.ヾ、_   <^'".:..:..:.:..: <`ヾ´~_  _~´ 〉'''':.::.;':.::...:.:..:..:..:...:.:.';' ,,
..:..:...:..:..:...:...: ,,;,;,;,,;:..:..:.:.:..: / /\ `ヽ、..:..:.:..:..:_ブ∧ ‐ ‐ /.:.:..:,;,::';..:..:..:.:..:..:..:...:.:.:''´:.:
:..:.:..:..,.:-〜' , 、m_)°.:.:.'ー-'..:..:..:`ー--',,;,;::.:.:ヽ、_i (_,/しヘヘ_) ´  '::;.:.::.:..:..:..:..:.:..,;'` ''
,;,,;,;/  <て_;:、。.:° ‐ '''' " ´ ´               ,;:''.:.:,:'' :;,._.:,;.,、:.'':.,,_
  / r'7ァッーヘ、_) ゚                      ,,:''.:.:,:'' , -〜''ヽ‐-‐、.:.:.''
-く  レ'/〈 °   。     ,ヘVフヽ、          ,,:''.:.:.:,:''  (_,ヘ、     ⌒
  V巛〈 ヽ  , 〜''ヽ    / e ヽノ\ヘ.      ,,:.''..::.:,:'' 。     と_刀Tゥー
_/ ヾ ヽ、 Y ァ个〜'。゚  ,少ー- 代ヽ、 ヾゝ   ,,.: '':.:/ヽ、' 。 ゚ (⌒⌒ー-く ノノ,!j
 {.   \ Y巛〈       ) lfgレ゙く  \''.:.::.:.:.:/ / 入 ゚ 。 `〜<ヾヾ、,`⌒ 〜
_, ヘ、  ヾ{ ヾト、      'ヾゝャgメl`   ヾヨ /〃/ _,,>    〉〉ノ `厂丁`
   \  \  ヽ、    `ゞへmfi_  ゞdf‐ '' ´      ////  ノ
─〜 ⌒ヽ、  \   ヽ、    ´`'‐ニ世三r<k´       _,,ノ,〆   /
    __,, へ、 \   ` ー- 、__      _,, --‐‐ ''´     _ - ´  /
 ̄ ̄      \  ` ー- 、 _     ̄ ̄ ̄       _, -〜< -一 ブ
          ヽ、、       ̄` ー─----── ´ ̄    _ -一 ´

503 :名無し三平:2016/11/23(水) 19:11:49.61 ID:Lz+uehNM
なんかすごいな荒れてて。
なになに?渋谷直人に嫉妬してるやつがいて?その嫉妬をバカにするやつがいる?
っていう構図か?くだらん。
渋谷ってよく知らんが、何かエポックメイキングなことでもしたか?すごいやつなら
俺の耳に聞こえてくるはずだが、聞いたことないぞ。ただ、行きつけのショップでの話だが、
取り扱いしたくもないのに、こいつの竿置かないと、取引してもらえないみたいなこと言ってたな。
そういう類の知名度だけのやつだろ。嫉妬される人間と思えんのだが。

504 :名無し三平:2016/11/23(水) 19:28:25.26 ID:zs40Tt6e
ほんとうのフライとか、意味わからんw別にウエットを否定しているわけじゃない。まあ、俺にはドライ以外は見えないんだから、他の釣りとたいした違いないというだけで、俺も冬や秋はやってたし。ウエットのほうが大きいの釣りやすいしな。

渋谷?フライ雑誌とかも買ったことないから、流行とかそもそもわからんw

505 :名無し三平:2016/11/23(水) 19:46:27.72 ID:Lz+uehNM
ドライでかかったときって、魚が態勢を立て直すまで若干時間がかかり、それから
逃走に入るっていうのがわかる。ウェットだと、そもそも態勢が出来上がって、すぐに
ダッシュに走っているのがよくわかる。つまりは、表層に体を出すってことは、よっぽど
腹が減ってるために危険を冒して出てきているんだよなあ。

506 :名無し三平:2016/11/23(水) 19:53:59.65 ID:qiEo5tZw
wwwwwwwww

507 :名無し三平:2016/11/23(水) 21:43:46.10 ID:vfOZFFuE
ID:ihL5rcOEと
ID:ihL5rcOEと
ID:Lz+uehNMは
同一人物なんだよ?
な?すごいだろ?

あらためて本物の統合失調症は凄いと思う

精神疾患罹病者はマジメに相手しちゃダメだわwww

508 :名無し三平:2016/11/23(水) 22:28:01.92 ID:JjjJPYxP
ほんと狂ってるヤツってのは気持ちが悪い
そこまでして自分がスレの主役になりたいもんかねぇ?
ガキならただ単にバカなだけだが、いいオヤジがやってるとしたらマジで気持ち悪い

509 :名無し三平:2016/11/23(水) 22:29:33.21 ID:Lz+uehNM
大笑いだわ。
引きこもりの変質者からかうのは面白いよ。
あのムキになった書き込みw
統失、結構。それで気が済むなら何度でも、どうぞどうぞ。

さあ、返スレはどうでるの?
早く書いてね、寝るからw

510 :名無し三平:2016/11/23(水) 22:31:40.49 ID:Lz+uehNM
>>508
いいおやじだよ、年齢100歳w
あんたもどうのこうのいって、ここのぞいてるんだろw
どう、おもしろいの?
ほんとのまともな奴はここにこないもんだよw

511 :名無し三平:2016/11/23(水) 22:33:59.62 ID:Lz+uehNM
IDいちいち確認照合してるやつ、超キモいわ。
目を皿のようにして追っかけしてるんだろうな。
そしてその成り行きをひっそりうかがう、、。
怖いね。

どう、ますます怖くなったw?

512 :名無し三平:2016/11/23(水) 22:37:49.13 ID:Lz+uehNM
421 :

名無し三平

2016/11/22(火) 15:03:02.54 ID:f7+NXWIh

0426 名無し三平 (スッップ Sdb8-BRLe) 2016/11/22 12:21:25
パンパかパーン!
報告します
このキチガイは
腐れシブヤにマッタク相手にされず
足元にすら及ばないでにケチョンケチョンにヤラレちゃったのを
根に持って朝から晩まで毎日発狂してま〜す(笑)

ほれほれ♪
シブヤの腐れキンタマとケツ舐めろ♪
糖質キチガイ♪
死んじゃえばいいのにね(笑)

あはは
腐れシブヤにもコテンパン
2CHでも毎度コテンパン
クズじゃんか、糖質キチガイじじい♪

死んじゃえば?

もちろん、クズの中のクズですから
直接本人に面と向かっては口も利けなませ〜〜〜ん(笑)
しょうがないから糞溜めの2chで毎日憂さ晴らしオナニー三昧!

はやく死ねばいいのにね♪

反省反省
聞いてる?
あはは負け犬www

513 :名無し三平:2016/11/23(水) 22:38:26.18 ID:Lz+uehNM
421 :

名無し三平

2016/11/22(火) 15:03:02.54 ID:f7+NXWIh

0426 名無し三平 (スッップ Sdb8-BRLe) 2016/11/22 12:21:25
パンパかパーン!
報告します
このキチガイは
腐れシブヤにマッタク相手にされず
足元にすら及ばないでにケチョンケチョンにヤラレちゃったのを
根に持って朝から晩まで毎日発狂してま〜す(笑)

ほれほれ♪
シブヤの腐れキンタマとケツ舐めろ♪
糖質キチガイ♪
死んじゃえばいいのにね(笑)

あはは
腐れシブヤにもコテンパン
2CHでも毎度コテンパン
クズじゃんか、糖質キチガイじじい♪

死んじゃえば?

もちろん、クズの中のクズですから
直接本人に面と向かっては口も利けなませ〜〜〜ん(笑)
しょうがないから糞溜めの2chで毎日憂さ晴らしオナニー三昧!

はやく死ねばいいのにね♪

反省反省
聞いてる?
あはは負け犬www

514 :名無し三平:2016/11/23(水) 22:40:31.81 ID:UGA936jJ
恥ずかしくなったの?

515 :名無し三平:2016/11/23(水) 22:44:12.78 ID:KSgqustl
日本でちゃんとフライ出来る場所なんて北海道以外だと限られてるもんねぇ

トラウトの居る渓流なんて狭い川ばかりだからテンカラのが向いてるっしょ

516 :名無し三平:2016/11/23(水) 22:46:18.50 ID:vfOZFFuE
ID:UGA936jJ
ID:Lz+uehNM

いつものキチガイ発作の始まり(笑)

オマエ、いつ死ぬの?

517 :名無し三平:2016/11/23(水) 22:48:46.81 ID:Lz+uehNM
パンパかパーン!
報告します
このキチガイは
腐れシブヤにマッタク相手にされず
足元にすら及ばないでにケチョンケチョンにヤラレちゃったのを
根に持って朝から晩まで毎日発狂してま〜す(笑)

ほれほれ♪
シブヤの腐れキンタマとケツ舐めろ♪
糖質キチガイ♪
死んじゃえばいいのにね(笑)

あはは
腐れシブヤにもコテンパン
2CHでも毎度コテンパン
クズじゃんか、糖質キチガイじじい♪

死んじゃえば?

もちろん、クズの中のクズですから
直接本人に面と向かっては口も利けなませ〜〜〜ん(笑)
しょうがないから糞溜めの2chで毎日憂さ晴らしオナニー三昧!

はやく死ねばいいのにね♪

反省反省
聞いてる?
あはは負け犬www

518 :名無し三平:2016/11/23(水) 22:49:09.67 ID:Lz+uehNM
パンパかパーン!
報告します
このキチガイは
腐れシブヤにマッタク相手にされず
足元にすら及ばないでにケチョンケチョンにヤラレちゃったのを
根に持って朝から晩まで毎日発狂してま〜す(笑)

ほれほれ♪
シブヤの腐れキンタマとケツ舐めろ♪
糖質キチガイ♪
死んじゃえばいいのにね(笑)

あはは
腐れシブヤにもコテンパン
2CHでも毎度コテンパン
クズじゃんか、糖質キチガイじじい♪

死んじゃえば?

もちろん、クズの中のクズですから
直接本人に面と向かっては口も利けなませ〜〜〜ん(笑)
しょうがないから糞溜めの2chで毎日憂さ晴らしオナニー三昧!

はやく死ねばいいのにね♪

反省反省
聞いてる?
あはは負け犬www

519 :名無し三平:2016/11/23(水) 22:50:09.00 ID:Lz+uehNM
腐れ恥塗り渋谷♪
あいつのケツなめるか?あん?

520 :名無し三平:2016/11/23(水) 22:51:05.24 ID:Lz+uehNM
腐れ恥塗り渋谷♪
あいつのケツなめるか?あん?

521 :名無し三平:2016/11/23(水) 22:58:38.49 ID:UGA936jJ
効いてる効いてるww

522 :名無し三平:2016/11/23(水) 22:59:09.12 ID:vfOZFFuE
ID:xX3qW+lS
>>477
ID:ihL5rcOE
>>479

>>486
ID:Lz+uehNM
>>509
>>510

>>520
↑コレ全部シブヤケツ舐め糖質じじい(笑)

偽善者というよりキチガイそのものwww

あはは、すごいよねぇ♪

礼儀、礼儀 ♪

523 :名無し三平:2016/11/23(水) 23:02:30.35 ID:dtxu2684
     〈`ー─-、_ノ^j
      `>     <__, ─-、____
     /            j         / ̄ ̄ ̄Tー‐─┬''⌒ヽー-- 、
    r'            /、   1   /      |  5   | 7  |    |9
    └---─、        /  ` ー──/   3   |    │    |    l |
            \    /       /     ┌┴─‐─┴┐ / 8  l |
          \  /   2   /ー─ ----l     6     |‐┤    l |
            V        /    4  └──‐──┘ |     l |
            し个 、   /                   |   ハ〈
                |  ` ーl─‐┬─----------──┬─イ´ ̄ヽヽヽ
              |   /ヽ  |             |   ハ    〉 〉 〉
                  |  /   | |                  |  / │ / 〈ノ
                | |   | |             | /  | /
             __/ |  __/  |10            __/  | __/  |10
               (__」 ゙ー-‐'           ゙ー-‐'(___」      人
                                            (__)
                                           (__)11
 1:肩ロース           6:ヒレ
 2:肩                7:ランプ
 3:リブロース         8:そともも
 4:ばら                 9:テール
 5:サーロイン           10:すね
 11:シブヤ

524 :名無し三平:2016/11/23(水) 23:10:30.20 ID:wRkUCMVy
>>515
昨今は北海道ですら厳しいよ
名の知れたポイントは休日はほぼ釣り堀状態
ヒグマの恐怖に怯えながら山奥行くしかない
思いっきりサオ振れる場所は少ないね

525 :名無し三平:2016/11/23(水) 23:13:44.12 ID:Lz+uehNM
渋谷って恥塗ってるん?
だよね?

526 :名無し三平:2016/11/23(水) 23:16:27.38 ID:KZkx5J8/
いい歳コイたジジイがこのザマ(笑)

これじゃシブヤじゃなくたって
だれ一人相手にしないだろwww

こんなキチガイがフライ衰退の元凶
はやく絶滅して欲しいwww

527 :名無し三平:2016/11/23(水) 23:18:28.29 ID:Lz+uehNM
>>526
いい歳コイたジジイがこのザマ(笑)

これじゃシブヤじゃなくたって
だれ一人相手にしないだろwww

こんなキチガイがフライ衰退の元凶
はやく絶滅して欲しいwww

528 :名無し三平:2016/11/23(水) 23:20:10.97 ID:Lz+uehNM
どうしてまあ、こんなに理性のない人間たちが
ここにやってくるのやらw

フライフィッシャーしかここには来ちゃいけないんだよ♪

ID:Lz+uehNMよ、消えろwじゃまだ。

529 :名無し三平:2016/11/23(水) 23:21:10.02 ID:Lz+uehNM
527 :

名無し三平

2016/11/23(水) 23:18:28.29 ID:Lz+uehNM

>>526
いい歳コイたジジイがこのザマ(笑)

これじゃシブヤじゃなくたって
だれ一人相手にしないだろwww

こんなキチガイがフライ衰退の元凶
はやく絶滅して欲しいwww



一丁前だね、糖質ってw
自分のことに気付けないなんてかなしいね。

530 :名無し三平:2016/11/23(水) 23:21:45.16 ID:Lz+uehNM
みなさーーーん、糖質の実態でーす。♪

パンパかパーン!
報告します
このキチガイは
腐れシブヤにマッタク相手にされず
足元にすら及ばないでにケチョンケチョンにヤラレちゃったのを
根に持って朝から晩まで毎日発狂してま〜す(笑)

ほれほれ♪
シブヤの腐れキンタマとケツ舐めろ♪
糖質キチガイ♪
死んじゃえばいいのにね(笑)

あはは
腐れシブヤにもコテンパン
2CHでも毎度コテンパン
クズじゃんか、糖質キチガイじじい♪

死んじゃえば?

もちろん、クズの中のクズですから
直接本人に面と向かっては口も利けなませ〜〜〜ん(笑)
しょうがないから糞溜めの2chで毎日憂さ晴らしオナニー三昧!

はやく死ねばいいのにね♪

あはは負け犬www

シブヤを嫉むじじい
浅ましいwww



キチガイ最高♪

531 :名無し三平:2016/11/23(水) 23:23:12.66 ID:Lz+uehNM
効いてる効いてる


だってw



アハハハハハh、

532 :名無し三平:2016/11/23(水) 23:23:59.49 ID:Lz+uehNM
怖気着いたかwwww

早く寝ろ

533 :名無し三平:2016/11/23(水) 23:24:48.84 ID:Lz+uehNM
明日病院だろ、おまいらwwww
早く寝ろってwwww

534 :名無し三平:2016/11/23(水) 23:30:12.15 ID:5QfCFTs4
ぜ〜〜〜んぶID:Lz+uehNM が
一人で書いてるんだが・・・・・

キチガイのやる事は意味不明www

535 :名無し三平:2016/11/23(水) 23:43:28.03 ID:Lz+uehNM
ぜ〜〜〜んぶID:Lz+uehNM が
一人で書いてるんだが・・・・・

キチガイのやる事は意味不明www



wwwwwwwwwww

536 :名無し三平:2016/11/23(水) 23:48:57.08 ID:Lz+uehNM
ID:Lz+uehNM

537 :名無し三平:2016/11/23(水) 23:50:22.95 ID:Lz+uehNM
ぜ〜〜〜んぶID:Lz+uehNM が
一人で書いてるんだが・・・・・

キチガイのやる事は意味不明www


おまえのような統失も意味不明

こわいね、こういうやつらが社会でのうのうとすまして生きていると思うとw

538 :名無し三平:2016/11/23(水) 23:53:12.56 ID:Lz+uehNM
ID:5QfCFTs4よ、おまえあした他人にぺこぺこする生活
なんじゃねw
悔しかったら、今ここに書いている勢いで周りを罵倒してみよw

できないよな怖くてwww

弱い者いじめしてきたんだろ。
今度はお前が虐められるぞ

あはははは

539 :名無し三平:2016/11/23(水) 23:53:57.69 ID:Lz+uehNM
さあ、ID終了です。
おやすみなさい。

540 :名無し三平:2016/11/23(水) 23:55:39.78 ID:ygMteA7e
薬飲んだのか?

541 :名無し三平:2016/11/24(木) 06:38:37.13 ID:/vrZHM8i
もうわかってるから即NGIDに入れてる。

542 :名無し三平:2016/11/24(木) 18:39:48.86 ID:ovPOyHqp
うん、ブラウザーのIDNG機能で綺麗サッパリ消えるね。
ガイキチ君は保守要員て事で。

543 :名無し三平:2016/11/24(木) 18:48:59.73 ID:cqS3MFy3
フライで狙える魚はルアーから転向した。
釣具屋に振り回されるのがアホらしくなってね。
欲しい鈎を必要なだけ自分で作れるフライフィッシングは、自分のペースでできるので楽しいわ。

544 :名無し三平:2016/11/24(木) 21:05:13.75 ID:6M0iYr8B
ルアーは新製品を買わないとイケない気がしてくる、フライはオールドタックルにも存在感がある。

545 :名無し三平:2016/11/25(金) 01:01:35.30 ID:Jgiie1l4
以前フライに興味を持ち釣り具屋を回ったが何処にもフライ用品を置いてなく断念した。

546 :名無し三平:2016/11/25(金) 07:06:52.81 ID:lwy5Jjfp
気に入ってたルアーが絶版になって困ったことが何度もあって、ルアーが嫌になったわ。

547 :名無し三平:2016/11/25(金) 07:14:35.57 ID:XZKMZIwP
ルアーもオールドタックルは味があるけど、リールとか最新のは安物でも全然精度が違うのな。良くなってて驚いたよ。

548 :名無し三平:2016/11/25(金) 19:30:17.19 ID:vBPTQAhk
英国紳士がフライをする時はスーツにネクタイと、伝統を重んじたスタイル
で釣りに臨んだ。それはやはり自然に対して敬意を表していたからだろう。
ならば日本人も同じようにすればよかったのだ。
紋付き袴に下駄、それが無理なら剣道の恰好、もちろんきちんと面をつけて
キャスト前には毎回水面に向かって蹲踞、自分は空手なので毎回十字を切りながら
押忍!と水辺に向かって挨拶する。もしこのようなスタイルで日本独自
の発展を遂げていたら日本におけるフライフィッシングは明るかったので
はないか、そう思う。

549 :名無し三平:2016/11/25(金) 20:08:30.20 ID:m25PAWTK
馬鹿なの?
竹竿に漆塗ってるだろタコw

550 :名無し三平:2016/11/25(金) 23:57:41.18 ID:Rn5II52T
フライのリールは重量バランス用と大物のときのドラグ、ただし日本ではほとんど出番なしだからなあ
ただ、ひたすらふるわけじやないから、重さはどうでもいいような。

イカ釣りの竿とリール、セットで300gせんけど、投げたあと動かすから、こちらは軽さが正義

551 :名無し三平:2016/11/26(土) 01:41:56.19 ID:YkLHI+XI
テンカラ釣りで良いだろ

552 :名無し三平:2016/11/26(土) 06:46:29.44 ID:ovyd6ZMH
日本に渓流で使うならテンカラでいいよな。
渓流に限定しなければ、フライフィッシングは、あれはあれで面白いけど。

553 :名無し三平:2016/11/26(土) 09:06:50.03 ID:LDRNy6ZN
テンカラは竿長とライン長が一定なので、逆にフライタックルの方が融通きくかと。

554 :名無し三平:2016/11/26(土) 09:38:29.79 ID:FbM7h9EA
欧米のフライスタイルと同じ感じのを日本でやろうとすると清流でハヤ釣りが1番近いだろうな

555 :名無し三平:2016/11/26(土) 11:51:46.34 ID:lL2m/uMe
フライロッドとリールとフライラインを使ってフライフィッシングがしたいかどうかなんかじゃないのかな。
少なくとも37年前の俺はそうだったな。
当時高校生だった俺はいつの日か釣りに行く日を思い浮かべて、自室でキャス練まがいばかりしてたのを思い出すw
それで最近また始めて、やっぱり面白くてしょうがない。
だからって訳じゃないが20年くらい前の?ブームがサッパリ分からないんだが、とにかくフライのプロショップがそこそこあることにまず驚いた。
フライフィッシングの流行り廃りなんてどうでもいいけど、今せっかく頑張っているショップが残るくらいにはやはり盛り上がって欲しいと思うけどな。

556 :名無し三平:2016/11/26(土) 12:26:09.71 ID:uNtyizlq
どこもかしこも先生ばかりで、楽しくないんだよね。
ロッドやリールつついたりしてるのだけは今でも面白いけど。

557 :名無し三平:2016/11/26(土) 17:38:36.57 ID:uUXYa6Nt
>>553
フライは遠投できるけど、投げた後はラインが水面に寝る事になるんだよね。
だから自分とポイントとの間に障害物があると面倒。
川で引っかかった木の枝が水面に飛び出してる場所とか、上流から
絡まりやすいゴミが流れてきたりするとイラッとする。
テンカラだとラインを宙に浮かす事ができる。だから障害物の回避や
メンディングの手間もなくなる。
それに竿先チョンチョンと動かしてフライにアクションつける事もできる。
竿とラインが固定長ってのも、あらかじめ距離感がよくわかってるので
一発で狙ったポイントへ放り込める。
まぁテンカラの利点は良くわかってるんだけど、竿が長くて過去2回竿先を
折った事あるし、フライの方が投げ方のオプションが多くて色々楽しめる
から今はフライやってる。ダブルホールなんて芸当はテンカラには無理だからね。

558 :名無し三平:2016/11/26(土) 20:39:25.62 ID:uPD/itk5
フライのロッドとリールっていい値段するよな
あれってなんかちがうんかな。最近、海釣りはじめて
大手のロッド買って結構安くてできがいいのにおどろいとる。しかも、かなり軽いしな

559 :名無し三平:2016/11/26(土) 21:31:15.08 ID:uUXYa6Nt
俺はジージーと音がするフライ用リールが嫌いだ。
しかもこのタイプはドラグは無いに等しい。
なので自分は黒鯛の落とし込み釣りで使ってたタイコリールを
フライでも使ってる。けどこれも性能が良いモノはそれなりに高価。

短めの磯竿をフライのダブハンロッドとして使う事も考えないではないが
自分の持ってる竿ではティップが細すぎてフライライン乗せたら折れる
感じしかしない。

560 :名無し三平:2016/11/26(土) 21:32:12.53 ID:q1W13K9s
>>557
テンカラは掛けた後の取込みでライン掴むところがスマートさに欠ける。

561 :名無し三平:2016/11/26(土) 22:06:51.17 ID:uUXYa6Nt
>>560
それは認める

562 :名無し三平:2016/11/27(日) 00:46:01.65 ID:668myGGG
>>560
アユの友釣りでリーダーを長くするスタイルが、ああいう取り込み方するね。

563 :名無し三平:2016/11/27(日) 14:36:37.31 ID:5hGVRxdU
自分は沢登り+キャンプ+αで毛鉤釣りを始めた。こういう人も多いと思う。
今でも体力があればテンカラ片手に山登りしたい気はあるが、今は低地でフライで十分。
という事で、私がリスペクトしてるテンカラ師の動画をつけておく。

ご存知、瀬畑氏 https://www.youtube.com/watch?v=Y4JrjkAi_Wg
イケメン下田氏 https://www.youtube.com/watch?v=ulPkxnWntTY

源流を攻める方々なのでウェーダーではなく水抜けのいいズボンにゲーター姿。
何となく、こちらの方が日本風だなぁ

564 :名無し三平:2016/11/27(日) 18:23:57.22 ID:yUl4GKDd
>>560
テンカラは形式美だと思う。
フライはいくらでも創意工夫ができる。マーカー付けたり、ラインを底を這わせたり、

後は個人の好き嫌いですね。

565 :名無し三平:2016/11/27(日) 19:23:11.11 ID:uSMcJdw1
テンカラでラインを手でたぐって魚を取りこんでいるシーンを見るとリールがあったほうがスマートだと思う。
テンカラと同じ長さ(2.7から3.3メーター)のフライロッドで同じことができる。

566 :名無し三平:2016/11/27(日) 23:29:14.30 ID:5hGVRxdU
「自然相手の優雅な貴族のたしなみ的な趣味」というイメージからフライを
し始めた人もいるだろうけど(ゴルフみたいなものか)一昔前の日本人は、
「釣りは釣れてなんぼ」の価値観が大半だったと思う。
そこで岩井達が「フライは釣れる」という事をアピールするために頑張った。
でも毛鉤釣りというククリで捉えられると「テンカラでいいじゃん」となるので
テンカラと差別化する必要もあった。
その頑張りもあって、確かに20数年前フライにブームが訪れた。
しかし釣る事ばかりにこだわったため釣り方がマニアックに(難しく)なりすぎた。
渋谷の釣り方もその延長線上。お手軽に楽める印象はまったくない。

もし、釣りキチ三平のように小さな器に毛鉤を放り込む事を簡単にやってのけたり、
ラインを鞭のように自在に操る曲芸フライ師が現れていたらどうなっていただろう?
フライを投げる事自体がゲーム感覚で拡がっていたのでは?
そう考えると、今とはまた違った展開があっただろなと感じる。

567 :名無し三平:2016/11/28(月) 00:07:24.95 ID:3s+kGq7q
>>566
それは無いな。

568 :名無し三平:2016/11/28(月) 15:28:28.08 ID:g/wuEQ3j
>>566
その秋田の塗師だが、岩井がそうだったように、自分も釣りでひと山稼げれば
ていうような気持ちでやってるだけだろ。だからキャスティングというフライフィッシングにとって
核心となる部分に魂が籠もっていない。

569 :名無し三平:2016/11/29(火) 04:15:20.33 ID:jRNsrDKn
FFJよく読んだな
マーカーあたりから離れて今は船釣り

570 :名無し三平:2016/11/29(火) 08:40:07.99 ID:NBaB1VvL
>>568
>キャスティングというフライフィッシングにとって
>核心となる部分に魂が籠もっていない。

なぜそう思うの?

>自分も釣りでひと山稼げれば
>ていうような気持ちでやってるだけ

独善的な決めつけによる他者批判。
ほんと居酒屋でジジイ連中が政治談義してるのと一緒だな。
いいかげん情けないのは自分だと気付けよ。

571 :名無し三平:2016/11/29(火) 10:31:21.61 ID:3cjhXrKC
その塗師関連の某雑誌記事みたんだけどさ。
とにかく魚を上げることが第一で、キャスティングなんて正直二の次だ!なんて
書いてるんだが。
ならばテンカラ、餌釣りでいいじゃないかってことになっちゃうんだよね。
うーん、どういう意味でそういう表現をしてるのか理解に苦しむわ、あいつ。
さりげないアプローチにも、普段からのキャスティングの腕がでちゃうんだよなあ。


一般の初心者に迎合したつもりか?うっかり本音がでたのか?
自己弁解なんか?

あいつの浅はかさが露呈した記事だね。

572 :名無し三平:2016/11/29(火) 10:33:05.16 ID:3cjhXrKC
↑いい忘れた。某月刊誌の最新号でみたんだよ。

573 :名無し三平:2016/11/29(火) 11:16:25.40 ID:yewxn7pk
ケツ舐めれば教えてくれるぞ、キチガイ♪

574 :名無し三平:2016/11/29(火) 11:22:57.27 ID:4qFWW6Pu
>>571
>>572
妬ましいのぉ、嫉ましいのぉ
口惜しいのぉ、口惜しいのぉ
ケツ舐めたいのぉwww

575 :名無し三平:2016/11/29(火) 17:42:09.21 ID:tEY6+haK
渋谷のケツ舐めたやつは、いっこうに釣りがうまくならないそうです。なんたって、メーカーのケツを舐めているのが渋谷ですからね。

576 :名無し三平:2016/11/29(火) 21:06:59.29 ID:pmbr5vuH
>>575 口惜しいのぉ 、妬ましいのぉ、ケツ舐めたいのぉwww

577 :名無し三平:2016/11/30(水) 15:17:25.58 ID:yVhvlTE2
>>576
おまえは、腐れシブヤのケツをペロリンしたおかげで
ちょっとは釣りらしいことが出来るようになったんだもんな。
どうだ?シブヤのケツの味は?あん?

578 :名無し三平:2016/11/30(水) 17:10:19.44 ID:r9bhb5Hl
渋谷なんて知らんなあ。ニワカ者か?

579 :名無し三平:2016/11/30(水) 17:57:20.08 ID:L3llK+In
口惜しいのぉ 、妬ましいのぉ、ケツ舐めたいのぉwww

580 :名無し三平:2016/11/30(水) 19:57:27.13 ID:pqMauTwE
>>578
正体は無名の秋田の職人らしい。自称、平成日本のフライフィッシングのパイオニアだとか。
なんでも、自分のケツをなめた奴だけに、釣を教えてやると公言しているとの話もあるが、
教えを乞う人間たちには、フライフィッシングどころか、釣のセンス自体が乏しい傾向があるらしい。

581 :名無し三平:2016/11/30(水) 20:36:31.12 ID:kBi96G1G
>>580
(笑)口惜しいのぉ 、妬ましいのぉ、ケツ舐めたいのぉwww

582 :名無し三平:2016/11/30(水) 21:41:27.48 ID:qnBIuiYG
直人
安酒で酔っ払ってんのか?
この親不孝もんが!

583 :名無し三平:2016/11/30(水) 22:15:53.44 ID:kBi96G1G
>>582
(笑)口惜しいのぉ 、妬ましいのぉ、ケツ舐めたいのぉwww

584 :名無し三平:2016/11/30(水) 22:24:08.39 ID:qnBIuiYG
直人
間違って漆飲むなよ!

585 :名無し三平:2016/11/30(水) 22:45:39.71 ID:pqMauTwE
直人!ティムコに袖にされる日は来ると思う。
つまりは本来のおまえに戻るときだ。
でもな、やさぐれオヤジにはなるなよ。

586 :名無し三平:2016/11/30(水) 23:00:12.02 ID:kBi96G1G
(笑)口惜しいのぉ 、妬ましいのぉ、ケツ舐めたいのぉwww

587 :名無し三平:2016/12/01(木) 13:58:33.58 ID:Dom4jHkc
モーホーと基地外の巣窟だな

588 :名無し三平:2016/12/01(木) 14:54:29.30 ID:NZXQkqlY
渋谷はホモなの?

589 :名無し三平:2016/12/01(木) 15:11:43.61 ID:qjOriJc1
いったい渋谷ってどこのどいつよ??
フライフィッシングと関係あるのか??
ルアーかなんかのチャライ男がフライをかじって目立ってるとかか??

590 :名無し三平:2016/12/01(木) 15:16:49.43 ID:vOd0PFzN
>>589口惜しいのぉ 、妬ましいのぉ、ケツ舐めたいのぉwww

591 :名無し三平:2016/12/01(木) 15:17:15.45 ID:vOd0PFzN
>>589口惜しいのぉ 、妬ましいのぉ、ケツ舐めたいのぉwww

592 :名無し三平:2016/12/01(木) 19:24:41.88 ID:LoqKyWXt
直人、冬場くらいは真面目に仕事しろや。
食っていけないぞ。職人のプライドあんのか?
仕事しないなら、工芸士返上だな。

593 :名無し三平:2016/12/01(木) 19:49:51.75 ID:0XLvc1wP
>>592
口惜しいのぉ 、妬ましいのぉ
口惜しいのぉ 、妬ましいのぉ
口惜しいのぉ 、妬ましいのぉ
口惜しいのぉ 、妬ましいのぉ
口惜しいのぉ 、妬ましいのぉ

594 :名無し三平:2016/12/01(木) 19:53:59.02 ID:PdmP7gwf
>>592
ケツ舐めれば釣り教えてくれるぞ、キチガイ
ケツ舐めろや、糖質キチガイ♪

口惜しいのぉ、口惜しいのぉ、嫉ましいのぉwww

595 :名無し三平:2016/12/01(木) 19:57:05.76 ID:pLJdeg8c
二階が玄関なの?
一階は雪に埋もれちゃうの?

596 :名無し三平:2016/12/01(木) 20:13:26.32 ID:0XLvc1wP
(笑)あはは負け犬www

シブヤを嫉むじじい
浅ましいwww

597 :名無し三平:2016/12/01(木) 20:13:37.16 ID:0XLvc1wP
(笑)あはは負け犬www

シブヤを嫉むじじい
浅ましいwww

598 :名無し三平:2016/12/01(木) 20:13:56.52 ID:0XLvc1wP
(笑)あはは負け犬www

シブヤを嫉むじじい
浅ましいwww

599 :名無し三平:2016/12/01(木) 20:14:30.58 ID:0XLvc1wP
>>595
口惜しいのぉ 、妬ましいのぉ
口惜しいのぉ 、妬ましいのぉ
口惜しいのぉ 、妬ましいのぉ
口惜しいのぉ 、妬ましいのぉ
口惜しいのぉ 、妬ましいのぉ

600 :名無し三平:2016/12/01(木) 20:20:53.52 ID:YBr6ycei
糖質モーホーよ、
どうだ、あいつのケツの味は?ん?

601 :名無し三平:2016/12/01(木) 20:35:09.21 ID:YBr6ycei
直人、冬場くらいは真面目に仕事しろや。
食っていけないぞ。職人のプライドあんのか?
仕事しないなら、工芸士返上だな。

602 :名無し三平:2016/12/01(木) 20:36:47.21 ID:pLJdeg8c
家の前の道路狭すぎない?

603 :名無し三平:2016/12/01(木) 20:41:45.66 ID:YBr6ycei
幅1mの道だよ。

604 :名無し三平:2016/12/01(木) 22:17:05.03 ID:0XLvc1wP
禁則設定中の皆さんにもおしらせ!
パンパかパーン!
報告します
このキチガイは
腐れシ○ヤにマッタク相手にされず
足元にすら及ばないでにケチョンケチョンにヤラレちゃったのを
根に持って朝から晩まで毎日発狂してま〜す(笑)

ほれほれ♪
シ○ヤの腐れキンタマとケツ舐めろ♪
糖質キチガイ♪
死んじゃえばいいのにね(笑)

あはは
腐れシ○ヤにもコテンパン
2CHでも毎度コテンパン
クズじゃんか、糖質キチガイじじい♪

死んじゃえば?

もちろん、クズの中のクズですから
直接本人に面と向かっては口も利けなませ〜〜〜ん(笑)
しょうがないから糞溜めの2chで毎日憂さ晴らしオナニー三昧!

はやく死ねばいいのにね♪

605 :名無し三平:2016/12/01(木) 22:18:00.93 ID:0XLvc1wP
聞いてる? あぁぁぁ?

606 :名無し三平:2016/12/01(木) 22:18:41.06 ID:0XLvc1wP
ふっふっふ

やっぱり今日もコテンパン

現実では足元にも及ばず糞溜め2chでオナニー

トットトくたばれ糖質キチガイじじい♪

挨拶挨拶^ - ^。

607 :名無し三平:2016/12/01(木) 22:20:28.16 ID:0XLvc1wP
いい歳コイたじじいが
若僧に妬み、嫉み

んで発狂しまくり(笑)

あぁ〜〜〜〜〜〜〜ん?

608 :名無し三平:2016/12/01(木) 23:35:10.61 ID:YBr6ycei
直人、冬場くらいは真面目に仕事しろや。
食っていけないぞ。職人のプライドあんのか?
仕事しないなら、工芸士返上だな。

609 :名無し三平:2016/12/02(金) 09:14:12.88 ID:RLo1xLE9
>>563
俺は登山とFFやってて周りの影響で源流行きだしたんだけど
泳いだりヘツったり登ったりの時にFFだとロッドをいちいち
仕舞うのがめんどくてテンカラもするようになった
平地の渓流はFFが楽しいけどね

FBやってると瀬畑翁との間に共通の友達が6人位いるんだけど
なんか友達申請しにくいw

610 :名無し三平:2016/12/02(金) 09:22:18.44 ID:6+3F100r
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

611 :名無し三平:2016/12/02(金) 09:22:43.28 ID:6+3F100r
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

612 :名無し三平:2016/12/02(金) 09:23:01.71 ID:6+3F100r
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

613 :名無し三平:2016/12/02(金) 09:23:46.18 ID:6+3F100r
本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

614 :名無し三平:2016/12/02(金) 13:26:13.88 ID:TlqhBphh
しかし、あれほどフライフィッシング業界には知恵者がたくさんいて
いろんなアイデア、経験を国内外から披露してくれていたのに、昨今、
彼らは全く情報を発信しなくなったね。歳だからか。
その代わり、変などこの馬の骨とも分からんやつが、プロ面して、
必死に物売りしているのには笑えるわ。

615 :名無し三平:2016/12/02(金) 14:47:54.05 ID:6+3F100r
テメエはケツでも舐めてろ、糖質キチガイ♪

本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

616 :名無し三平:2016/12/02(金) 14:48:11.68 ID:6+3F100r
テメエはケツでも舐めてろ、糖質キチガイ♪

本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

617 :名無し三平:2016/12/02(金) 14:49:47.15 ID:6+3F100r
ふっふっふ
テメエはケツでも舐めてろ、糖質キチガイ♪

本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

618 :名無し三平:2016/12/02(金) 14:57:11.54 ID:TlqhBphh
しかし、あれほどフライフィッシング業界には知恵者がたくさんいて
いろんなアイデア、経験を国内外から披露してくれていたのに、昨今、
彼らは全く情報を発信しなくなったね。歳だからか。
その代わり、変などこの馬の骨とも分からんやつが、プロ面して、
必死に物売りしているのには笑えるわ。

619 :名無し三平:2016/12/02(金) 15:15:41.67 ID:6+3F100r
テメエはケツでも舐めてろ、糖質キチガイ♪

本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

620 :名無し三平:2016/12/02(金) 15:26:17.09 ID:6+3F100r
テメエはケツでも舐めてろ、糖質キチガイ♪

本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

621 :名無し三平:2016/12/02(金) 16:12:28.37 ID:TlqhBphh
しかし、あれほどフライフィッシング業界には知恵者がたくさんいて
いろんなアイデア、経験を国内外から披露してくれていたのに、昨今、
彼らは全く情報を発信しなくなったね。歳だからか。
その代わり、変などこの馬の骨とも分からんやつが、プロ面して、
必死に物売りしているのには笑えるわ。

622 :名無し三平:2016/12/02(金) 16:12:54.50 ID:TlqhBphh
悪いな、業界関係者さんよw

623 :名無し三平:2016/12/02(金) 16:29:04.25 ID:6+3F100r
テメエはケツでも舐めてろ、糖質キチガイ♪

本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

624 :名無し三平:2016/12/02(金) 16:36:51.17 ID:6+3F100r
いい歳コイたじじいが
若僧に妬み、嫉み

んで発狂しまくり(笑)

あぁ〜〜〜〜〜〜〜ん?

625 :名無し三平:2016/12/02(金) 16:49:12.66 ID:TlqhBphh
あーーーん、いい気持ちよーーーん若造いびりは♪
ヒヒヒヒヒっ、いつも反応早くてありがとな。
わしの暇つぶしにこれからも付き合ってくれや、ヒヒヒヒヒっ♪

626 :名無し三平:2016/12/02(金) 16:53:08.06 ID:6+3F100r
ふっふっふ

627 :名無し三平:2016/12/02(金) 17:09:29.57 ID:wwgKwBoj
これは他人にも渋谷を叩かせる作戦ですね
ここにはアンチしかいません

628 :名無し三平:2016/12/02(金) 18:45:30.70 ID:I1uLg57u
釣りの効率を求めるなら
テンカラや餌をやれってさ

629 :名無し三平:2016/12/02(金) 19:03:31.82 ID:+95HxmBR
今なんつった? 今なんつった?
なんだチミはってか!? え!? そうです、私がシブヤ弄りの変なおじさんです♪
変なお&#12316;じさん、だか&#12316;ら変なお&#12316;じさん…♪

630 :名無し三平:2016/12/02(金) 19:44:21.45 ID:MeRtW4fq
自宅前がビニールハウス

631 :名無し三平:2016/12/02(金) 21:27:00.71 ID:+95HxmBR
ロングティペット御殿を建てたい気持ちもわかるわ。
でも、無理だよ、君には。

632 :名無し三平:2016/12/02(金) 21:51:22.56 ID:ZRwXsMEC
ロングリーダー、ロングティペットって岩井さんとか、里見さんが始めたんですよね?
今さら、それで商売する事って出来るのでしょうか?

633 :名無し三平:2016/12/02(金) 21:59:15.09 ID:+95HxmBR
できません!
人まねシブヤの悪い癖です。
そこが、あいつに価値がないという最大の理由です。

634 :名無し三平:2016/12/02(金) 22:41:39.72 ID:I1uLg57u
出来るでしょ、その二人は既に老人の域だし
メディアは少しでも若いひとを使いたい

635 :名無し三平:2016/12/02(金) 22:47:25.06 ID:+95HxmBR
ならばもっと若い人を使いましょう。
人まねではないアイデアをひねり出せる頭のいい若者を!
老人の真似事しかできないやつはダメです。

636 :名無し三平:2016/12/02(金) 22:56:44.54 ID:+95HxmBR
いわば、業界のチンドン屋ですね。

637 :名無し三平:2016/12/02(金) 23:47:32.78 ID:9p6EV89G
>>634
しかし、彼が作った竿を買う人がいるのか?
私は、スコット、ルーミスから始まり、オーダーメイドのバンブーを経て、今はほとんど
天龍に落ち着いているが、日本人が作ったグラスの竿を買う気にはならないし、買う人も
極少数だろ。
また、ロングリーダー、ティペットって今や渓流での常識だし、今更何を言いたいのか?
と思う。

もちろん、渋谷さんの個人的否定をする気は無いが、そのようなレベルの人に踊らされるほど
フライをする人ってレベルが低くないと思うが?

638 :名無し三平:2016/12/02(金) 23:49:43.10 ID:9p6EV89G
>>628
フライフィッシングにおいて、効率を求めるのなら、魚のいる場所へ朝一番で釣りに行くこと
であって、テクニックは二の次だろ。

だから、フィッシングカンツリークラブが良いと思う。

639 :名無し三平:2016/12/03(土) 00:02:58.41 ID:p0H0IiU3
>>637
レベルの高い50代の客を相手にしていても、もう将来先細りだからだろ
せめて渋谷氏でって感じがある
その下はまだいないし。

640 :名無し三平:2016/12/03(土) 00:07:36.67 ID:IFp4oY+5
>>637

>日本人が作ったグラスの竿を買う気にはならないし、

www

641 :名無し三平:2016/12/03(土) 00:11:23.14 ID:b7lW/X/R
朝鮮人が作った竿を買うのか?

642 :名無し三平:2016/12/03(土) 00:13:44.49 ID:FBD3pNPv
>>637
私も全くまったく同意見です。
もっとも、彼のつくった?という商品にしても、どれだけ彼がデザインにかかわっているものやら(笑)。
こういう意見を述べると、老いた世代の考え方だと騒ぐ輩もいるが、フライフィッシングに世代も何も関係ない。
彼がどういう行動をとろうが勝手だが、思っているほど消費者はバカじゃないってこと、彼はどれだけわかっているのやら(笑)。

643 :名無し三平:2016/12/03(土) 00:28:46.39 ID:R8kF5w4d
さようなら、 糖質キチガイ♪

本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

644 :名無し三平:2016/12/03(土) 00:29:03.95 ID:R8kF5w4d
がんばれ〜〜〜!
糖質キチガイ♪

本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

645 :名無し三平:2016/12/03(土) 00:29:17.39 ID:R8kF5w4d
がんばれ〜〜〜!
糖質キチガイ♪

本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

646 :名無し三平:2016/12/03(土) 00:29:33.85 ID:R8kF5w4d
がんばれ〜〜〜!
糖質キチガイ♪

本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

647 :名無し三平:2016/12/03(土) 00:29:49.19 ID:R8kF5w4d
がんばれ〜〜〜!
糖質キチガイ♪

本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

648 :名無し三平:2016/12/03(土) 00:30:05.89 ID:R8kF5w4d
がんばれ〜〜〜!
糖質キチガイ♪

本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

649 :名無し三平:2016/12/03(土) 00:30:20.34 ID:R8kF5w4d
がんばれ〜〜〜!
糖質キチガイ♪

本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

650 :名無し三平:2016/12/03(土) 00:31:46.53 ID:R8kF5w4d
がんばれ〜〜〜!
糖質キチガイ♪

本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

651 :名無し三平:2016/12/03(土) 00:32:17.10 ID:R8kF5w4d
さようなら、 糖質キチガイ♪

本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

652 :名無し三平:2016/12/03(土) 00:32:35.20 ID:R8kF5w4d
さようなら、 糖質キチガイ♪

本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

653 :名無し三平:2016/12/03(土) 00:32:52.10 ID:R8kF5w4d
さようなら、 糖質キチガイ♪

本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

654 :名無し三平:2016/12/03(土) 00:33:06.94 ID:R8kF5w4d
さようなら、 糖質キチガイ♪

本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

655 :名無し三平:2016/12/03(土) 00:33:21.87 ID:R8kF5w4d
さようなら、 糖質キチガイ♪

本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

656 :名無し三平:2016/12/03(土) 00:33:58.64 ID:R8kF5w4d
さようなら、 糖質キチガイ♪

本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

657 :名無し三平:2016/12/03(土) 00:34:18.55 ID:R8kF5w4d
さようなら、 糖質キチガイ♪

本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

658 :名無し三平:2016/12/03(土) 00:34:35.73 ID:R8kF5w4d
さようなら、 糖質キチガイ♪

本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

659 :名無し三平:2016/12/03(土) 00:34:53.85 ID:R8kF5w4d
さようなら、 糖質キチガイ♪

本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

660 :名無し三平:2016/12/03(土) 00:35:14.04 ID:R8kF5w4d
さようなら、 糖質キチガイ♪

本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

661 :名無し三平:2016/12/03(土) 00:35:27.97 ID:R8kF5w4d
さようなら、 糖質キチガイ♪

本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

662 :名無し三平:2016/12/03(土) 00:35:44.89 ID:R8kF5w4d
さようなら、 糖質キチガイ♪

本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

663 :名無し三平:2016/12/03(土) 00:36:03.25 ID:R8kF5w4d
さようなら、 糖質キチガイ♪

本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

664 :名無し三平:2016/12/03(土) 00:36:27.70 ID:R8kF5w4d
さようなら、 糖質キチガイ♪

本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

665 :名無し三平:2016/12/03(土) 00:36:45.92 ID:R8kF5w4d
さようなら、 糖質キチガイ♪

本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

666 :名無し三平:2016/12/03(土) 00:37:02.52 ID:R8kF5w4d
さようなら、 糖質キチガイ♪

本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

667 :名無し三平:2016/12/03(土) 00:37:25.27 ID:R8kF5w4d
ふっふっふ
テメエはケツでも舐めてろ、糖質キチガイ♪

本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

668 :名無し三平:2016/12/03(土) 00:38:35.98 ID:R8kF5w4d
ふっふっふ
テメエはケツでも舐めてろ、糖質キチガイ♪

本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

669 :名無し三平:2016/12/03(土) 00:38:50.19 ID:R8kF5w4d
ふっふっふ
テメエはケツでも舐めてろ、糖質キチガイ♪

本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

670 :名無し三平:2016/12/03(土) 00:39:12.58 ID:R8kF5w4d
ふっふっふ
テメエはケツでも舐めてろ、糖質キチガイ♪

本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

671 :名無し三平:2016/12/03(土) 00:39:28.28 ID:R8kF5w4d
ふっふっふ
テメエはケツでも舐めてろ、糖質キチガイ♪

本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

672 :名無し三平:2016/12/03(土) 00:39:43.30 ID:R8kF5w4d
ふっふっふ
テメエはケツでも舐めてろ、糖質キチガイ♪

本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

673 :名無し三平:2016/12/03(土) 00:39:58.69 ID:R8kF5w4d
ふっふっふ
テメエはケツでも舐めてろ、糖質キチガイ♪

本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

674 :名無し三平:2016/12/03(土) 00:40:16.88 ID:R8kF5w4d
ふっふっふ
テメエはケツでも舐めてろ、糖質キチガイ♪

本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

675 :名無し三平:2016/12/03(土) 00:40:31.67 ID:R8kF5w4d
ふっふっふ
テメエはケツでも舐めてろ、糖質キチガイ♪

本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

676 :名無し三平:2016/12/03(土) 00:40:48.11 ID:R8kF5w4d
ふっふっふ
テメエはケツでも舐めてろ、糖質キチガイ♪

本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

677 :名無し三平:2016/12/03(土) 00:41:05.66 ID:R8kF5w4d
ふっふっふ
テメエはケツでも舐めてろ、糖質キチガイ♪

本研究は,地域で生活する統合失調症患者を対象とし,
精神症状が自尊感情を規定するのか,それとも自尊感情が
精神症状を規定するのか,それら因果関係モデルのデータへの
適合性を明らかにすることを目的とした。
分析対象は,横断的研究には109名,縦断的研究には
61名のデータを用いた。精神症状の測定には,信頼性と
妥当性が支持された9項目版BPRSを用いた。
横断的研究の結果,反応が低下した症状である
「鈍麻・減退因子」が,自尊感情と有意な負の関連があった。
縦断的研究の結果,1年後の追跡調査時点において
9項目版で測定した精神症状は自尊感情に有意な負の効果を示し
時間的先行性を検証できたことから
精神症状が自尊感情に影響を及ぼすといった因果関係が示された。
以上より,統合失調症患者の鈍麻・減退に伴う感情を
サポートすることは,彼らの自尊感情を回復させることに繋がると
示唆された。

The purpose of this study was to explore the relationships
between psychiatric state and self-esteem of schizophrenic
patients living in the community. Analysis was done with 109
schizophrenic patients in a longitudinal study and 61
schizophrenic patients in a cross-sectional study.
A nine-item version of the Brief Psychiatric Rating Scale
(BPRS) with its reliability and validity endorsed was used.
In the cross-sectional study, a "lethargy" factor was
negatively correlated with self-esteem, while in the
longitudinal study psychiatric symptom measured with
the nine-item version of the BPRS were negatively correlated
with self-esteem. Therefore, this result showed that
psychiatric symptom might negatively affect self-esteem.
The findings suggest that support for lethargic schizophrenic
patients may lead to enhancement of their self-esteem.

513 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)