5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

人殺しゴッドについて語るスレ [無断転載禁止]©2ch.net

1 :暴露人:2016/07/01(金) 12:45:59.61 0
… 無念 Name としあき 16/04/13(水)18:11:24 No.20861051 del
人殺しゴッドって何ですか?
… 無念 Name としあき 16/04/13(水)18:16:19 No.20861059 del
ソドムとゴモラの件や大洪水の件で大量虐殺をしたゴッド=ヤハウエのことです。

201 :言質:2016/07/14(木) 10:52:04.74 0
>>56-66
>>87-91
>>103
>>113-114
>>122-124
>>155
>>164-168

、、やっぱり、、江田島辺りから、、説明が難しすぎた、、。、、ルパンや城戸辺りは少し庶民臭くて意外に解りやすい、、。

202 :言質:2016/07/14(木) 11:14:58.52 0
、、江田島については、、私ですらみんなの前で普通に話そうとすると非常に手間取りだす、、。

、、やはり、、江田島は、、一番簡単なようで最も難しく怖い、、。

、、もう、、江田島の言うことは、、ルパンや城戸以上に、、いっそう、、解るとは限らない、、という事らしい、、。

、、江田島だけは、、エジプト系にも、、アーリア系にも、、同じ仲間のギリシャ系にも、、着いていけない、、。

、、、

、、江田島は、、インドに向かう前に一回限界値を切った、、。>>114

、、一世一代の一大事に限って、、ラオウが全然違った破壊力を放って覆すのが意志兵器のやり方だ、、。

、、インドに向かう前に、、ラオウが、、それまで江田島が気づくことがなかったところでおき続けてきた秘密を見せて、、

、、予定を江田島の存在の根拠もろとも覆すところで、、江田島に異次元の領域を見せた、、。

、、江田島は、、限界値を切った状態でインドに向かった、、。、、時間がない、、死ぬ前に急げ、、。、、数千年間の苦労が水の泡となってしまう、、。

、、江田島は、、私を後ろに連れてインドに着いた、、。、、インドではルパンが働いていた、、。

、、、江田島の後ろには、、壊れた人が沢山居る、、。、、捨てられて進化から置き去りにされて変わり果てた人たちだ、、。

、、まず、、その壊れた人たちが訴えることを聞かせた、、。、、エジプト・ユダヤ系がした悪さの話、、。

、、エジプト・ユダヤ系の関係は、、もう、、人間なんかじゃない、、あれは滅んでいくと、、叫んで訴えていた、、。

、、、そこで、、更に江田島が言い出した、、。、、インド人のお前達は、、全然違ったところでサウロン・ラオウに置かれていることについて知らない、、。

、、お前たちが違う前からなのは、、ウチラがお見通しだ、、。

203 :言質:2016/07/14(木) 11:34:23.49 0
、、このままでは、、インド人のお前たちは滅ぶ、、。

、、しかし、、ラオウの異次元の話をしてもインド人のお前たちが理解して相手にするとは限らない、、。

、、、

、、、実は、、江田島は、、インド人と着かず離れずので通すつもりだったのだが、、

、、ラオウが見せた異次元に気づいたときには、、エジプト・ユダヤ系は手遅れであり、、インド人・アーリア系でももう駄目だ、、

、、という事を直ぐに知った、、という事なのだ、、。、、ただし、、アーリア系については、、ギリシャ系のウチラがいたら助かるかもしれない、、

、、という事で、、最後の可能性にかけた、、。、、もう、、ギリシャ系のウチラがアーリア系を取り仕切りに行く、、と、、。

、、ギリシャ系とアーリア系の大同団結、、ということなのだが、、まず、、もっとも賢いアーリア系だからこそ、、

、、ギリシャ系が地球人類の究極の最高位であることを教える、、ということだ、、。

、、、アーリア系、、特に、、インド人は、、強すぎるために、、弱い人間の問題に気づかず、、サウロン・ラオウの術中に嵌っていくように出来ているという事だ、、。

、、それでは、、地球人類は成り立たないということだ、、。、、アーリア系は、、エジプト・ユダヤ系に勝てない、、。

、、それでもアーリア系が地球人類の究極の最高位であると主張すれば、、つまり、、地球人類に嘘を通したら、、

、、、それはアーリア系が地球人類を壊した問題だ、、。、、そして、、悪魔の下僕として、、ラオウに配置されている、、。

、、しかし、、アーリア系が、、ラオウの手中に収まりぬく前に、、最後に残ったインド人が壊され貫く前に、、

、、味方につけるところで、、ギリシャ系が動いたんだ、、と江田島は伝えた、、。

204 :言質:2016/07/14(木) 11:53:38.91 0
、、ただし、、それをインド人が理解する、、とは限らない、、。、、居丈高に見下して、、さっさと失せろ、、という反応をする、、。

、、もっとも気高く強いアーリアの血筋のウチラが、、怖気づいて誰かの力を借りるようなことが有るわけがない、、と怒ったのだ、、。

、、、そのときに江田島は笑い出した、、。

、、江田島は、、笑いながらインド人を蹴散らしていった、、。、、このとき、、ルパンもインド人を威圧した、、。

、、巨人、、?、、背の高さ、、どっちが高い、、?、、といって、、インド人を突っつきまわしてインド人を泣かしながら聳え立った、、。

、、俺より背の高いやつは居ないようだな、、と、、ルパンはあきれた顔をした、、。

ttps://pbs.twimg.com/profile_images/3105754139/d30c1fa035756e7eb30a529d1e9e5771_400x400.jpeg
ttp://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/M/MarsKind/20090410/20090410221224.jpg

、、、

、、このとき、、サウロンが、、更に、、ギリシャ系とアーリア系を手中にしたものと確信して、、その景観を異次元へと一変させた、、。

ttp://img-cdn.jg.jugem.jp/192/1845290/20111008_837533.jpg
ttp://resize.blogsys.jp/d7ba959c4386684331e41e44328fbe8bdbb02fa8/crop1/210x210/http://livedoor.blogimg.jp/doyonojun/imgs/d/7/d7bb1a53.gif

、、そして、、突然、、インド人も英国人も人が一変して変わった、、。
ttp://livedoor.blogimg.jp/towerofretrogame/imgs/4/f/4f052ad2-s.png
ttp://i.ytimg.com/vi/I5N8SYh_c0o/hqdefault.jpg

205 :言質:2016/07/14(木) 12:01:11.58 0
、、アラビアなんか、、とっくの昔に、、ユダヤにやられている、、。

、、残っていたのはインドだったので、、英国人はインドに急いだということだが、、。

、、、なぜかインドだけは、、意志兵器の黒魔術の組織犯は、、別の理由で残していたらしい、、。

、、徹底的に壊され貫いていく人が居る傍らで、、そのことに気づかずに普通で居る人を、、

、、意志兵器の組織犯は、、必ず必要とする、、。、、まさしく、、切区と切下、、カラダクリ、、イカクイ・鍵最高、、。

206 :言質:2016/07/14(木) 12:02:54.88 0
、、ロビンマスク=アトランティス>>98=深きものども、、
       ∧
       ││  /|\
     ―亠亠./_. | _.ヽ
  /    /_. | | | | |._ \
 /    ./  | | | | | | || | _|
./   くV  | | | | | | | | || || |V7
    |ヘ  |_| |_| |_| | |_||_||_| /
    | |―┬―:、 ‐┴,‐:┬i│
    | |  `:―┘  └‐' |│
    | | ̄ ̄ ̄ ̄ | ̄ ̄ |│
    | |.      |    |│
    | └ヘ.     |    ハ.j
ゝ_/|/\|    |   |∧__
    |   \    |   ∧ \  \
    ∧   \ __| / | 〉  |

207 :言質:2016/07/14(木) 12:10:10.43 0
、、バラクーダ、、サウロンのAA無し、、。 >>206、、ロビンマスク、、というのはいやらしいヤツだな、、。

、、強すぎたり弱すぎたり、、ジャギと区別つかなかったり、、。

                       .,. -─- 、
                  /,;:;:;;;;;:;:;:;:;:`ヽ
                    ,'.:..:.:.:.;;;;;;rrrr、:.:.:ヽ
                  l::;ィ'´;;;;' `ヽ。-、ヽ.::!   おい、お前
                {ミレ'"´. ,.. ¨¨`,ィ;;彡.  >>1に乙と言ってみろ
                {ミ!. i i::i l.:::! l:l .l:! l;;彡
                 iト、i i:::iノ:::l/::l/::!ノ:::|
                 ヽ入     `VY           /l /l
             ト、    `1 ミヽニニ彡'´ L、、、,,_   _./ レ' ..!
          ト、. ! Vl ,..ィ´.:j! ',::,,,,,/ ,::′ ,' `ヽ`ヽ`Y´.:./l  ``ヽ
          | ヽ| 〃/.:.:.:.j!...',;,,/ ,::′,,,,,........リ ノ.:::l / .l.:.:.:.:./ト、
        ,.ィ´ヽ ノ/ /  ;;;'''゙゙゙゙`,.''''゙゙゙´    {: :i i!.::! ゝ ' /.ィ´ `ヽ
       ト、/ ト、, ´/ ./:::''  .人 ..:;;′ .人   .:i: :.! i!:::!.:.;.ィ彡'´ ;;   .゙、
      l ハ  V.:.:.i  / ,::   `Y´.;;;′ `Y´   .!,..ィ"´`ヽ〃;;;:;:;:;:;:;;:;゙゙゙´: .
        l/.::',.:./.:.:.:j. /''"´   ....;;;;;   人    (,,、、`Y.. ):::V´     : : :
       {  V「88j/     ...;;;;;;; .:.:`Y´     (´ _ノ(.. )::::::',、、、,,,__....: : : :
        〉;; ぃ.::.i l..... ........:.:.:.;;;)。k、ミヽ      (´ _ノ(.. ).::::::!: : :.:.:.:.;;;;;;;``
        /;;  .い.::i l;;;;;;;;,、、 '''゙""´   ..`゙゙゙゙゙'''''''''´( _ノ(.. ).::::ノ: :.:.:.:;:;;;;;;;;;;;;;;;
       ,′ノ人 jりi ;: : : : :''''';;;;ゞ ::;;   ...:.:.:.: .: .: .;;:i1 i爪ツ"´.:.:.;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

208 :言質:2016/07/14(木) 12:12:23.53 0
     /lllllllll!lllll゙!llllllii,: : : : .,: .. .i、,,,i,,iii,_,,,i,,ii,,: :,_:、: .
    /: :’: : :llll! .l!llllllillli,,lil!llllliiliiil゙!llllllllllllllllllllllllllliii,:ll!
    |,,i_,,,,iiii,lllll .l.゙!lil!llllllllli゙l!lllllllli,'゙!lllllllllllllllllllllllllllllll
     illlllllllllllllll゙l!  ヾ!li,゙!llllllli,'i゙lllllllli.!゙!llllllllllllllllllllllllllll
     lllllllllllllllllll.!  .ヾ!!!.゙゙゙゙゙゙,゙,ii==-llz...゙゙゙゙lllllllllllllllllll!
     !ll!lllllllllllll!! ;==‐ 、 .i'  ''ミyii/ノ ii/ lllllllllllllllllll
    ゙!'!!!!!llllllli,,il゙゙リ゙.l..、.i   - ̄ ̄    llllllllllllllllll!
          !lllllli ̄^゛ !.l             llllllllllllllllll
         ゙!!lllli,   !l′            llllllllllllllllll
         `゙゙!l、  ゙'‐   _,,.;;.    illllllll!lllllllll
           ヽ   ''"゙__ ;:;     , !!!!!゛ ,lllllll
            ヽ.      :   / !: : .,iilll!!!!
                lliii,_   _,,iiill“  l,il,iillllll!゙´
          ,,....i广''llllllllliiiiiilll゙゙゙´   llllllll!!!′
      ,v ィ'"゛    |゙゙.llllllllllll     ,illl!l″
    /''^´゛   .,,,  l_,,illllllllll゙    .,ii!!゙゙’
 .,,,..ノ″   ._ ...ミ゙''. ...;:;illlllllllllll!゛   rj./

209 ::2016/07/14(木) 12:14:06.43 0
    /   ,  |il,ヽ  \  `'‐、    \``''ー、. \
   /   /   |ヽ; \ \    ヽ     ヽ   \ `,ー=-
   /li.   |  l. | ヽ; \ ヾ 、         \   ヽ ゝ
  〈i゙i   |  | |  ヽ:,  ヽヽ \_ \      \.   i `ヽ,
.   |   l  i i   ヽ>  i. ;、ヽ、iヽ iヽ、     ヽ、 .|゙i, ヽゝ
    i,   i  、_|i      |_lヽ'_L」 |__i,       ヽヽ,!、|__i_
    〉、 ∧,、,ィ'_二ミ‐、 ,.‐''"~;:二ニェ,i    \   ヽi、l. | ̄
   ./. ∧/ ハヾi;(℃〉、i l  ∠_℃〉ノ'' i,     \``''ー;-ニゝ
  ,..:/ /'~ >、 i  ̄ ̄ ||      ̄   i       \、 `''ー-、
  i/ -'、イ'~∧. i,.    ||         l,、 i      ヾ,ー-、/
  \  `弋,ilヽ l,.    l」,..,        / 〉 l  ヽ \  ゝ、_
    `'i::....  `'ヽ,ヽ.  ‐;---─;:‐   /'~      \ \ i、_l
     ゙.i,   ...   ̄``ヾ`ニニ-'  /:::::|   i   ヽ `'‐、,.>--- 、_
      `ヽ、 ::::..    `ヽ,__,. ‐'~:::::::::::ヽ  |    \ /      `'-、
     _,. :::'ヽ、::: ,     l ,ト- 、:::::::::::::::i\ |  l.   >ゝ        `

210 ::2016/07/14(木) 12:15:57.08 0
                    /.::::::::::::::::::::::::::::::.` 、
                   / .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.丶
                / .:..:....::::::ハ:::::.....:i:..:..:..:...:..:. ヽ
                i i....:.:.::l|:::l l|l:!l:..:.:l|:.::::l:::.:l::.:.: ',
.               | i:.::.:::::|l::| | l|::::::|l::::::|l|:::l::::::: l
                !.l:::::l::;;j_l!-_'--.、 ,r'-_-L:j:::::::,'
                ゙,゙i:::::l 弋l{i;;j!ミ |.|zi{i;;j!フ/::::/
                ハ i::l::|.   ̄  |.|  ̄ .,'::::/
        ___ r7''" }.:.:|::ト、   、_-_  /:/
       /| ((/⌒l/   l::.::|:.|'::゙:.、  --  ,/;/、、- 、
      / `|-'/^/) ( /ノ:::::l:::| ':::`::-, r::'/:::/ )ノ\-ヽ
      )  |r' / ノ  r''lヽ:::l|:::|    / |::/::/| )`i  \|
    ,i1!、ノ|/jl //⌒l( |  ゙vl:::|   / jイ:::{ l!X / _,j\
  // ト、 | ̄''-メ.、_ `i|   l::|-、  / |::::| !、ノ ,/ /  ̄
/ l レ、 ゙、゙|   )`i l`i l|   `'     l;/-,/ノ/_,,/
ry し、 〉、゙'|ー、/゙r7"r''| .|、          l|/// /
. 7   )>'" |`i //r'゙  |ノ|:\    r   __{ー'/`i )
ー`-'/    | l/ { し'⌒|/::o十──l──|o::::l `i `y'
 /      |  (` r⌒'y'::::::::|二ニ=-l=二|:::::::::l-''` /
 |       | ノ \/::::::::o|--__/_-lo:::/⌒i7

211 ::2016/07/14(木) 12:17:35.83 0
         ,.... -‐ ‐‐‐- - 、..
      ,..‐  ̄lllllllllllllllllllllllllllllllllllllll`ヽ、
    /llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllヽ
   /lllllllllllllllllllλllllllllllllllllllllllll:lllllllllllllllllllllllll 、
   illllllllllllllllllllll升llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllliヽ
  ,´llllllllll!!!!!llllll| 仆,ll::!:::::::|ll::::::::|:::ト、::::::,ヽ!!!!::::’,
 .´l:::!!::::::::::ll 1l| 'l ,.ll:::iii::::i,l:iiiiiii|iii|ヽiiiiii:::|:|:::::::: |
 |:::::||::::::::::ii|| il|,  ili ',lllllllll| illllllli|lll| illllllll|lillllllliil |
 |::ii:iiiilllllllllll|| i,|  `i..|i,.lllllll|└_二三!|llllll|llllllllllll:|
  |:lllllllllllll!!!.>-‐- 、,.  , γ,'二二' .._|llilllllllllll::|
  |::lllllllll1,-‐i|てテ)) ヽ`i i´ '∠i|てテル illllllllllllll:|
  |:llllllllll | `┴- ‐ ´  | !    `┴´ lllllllllllll::|
   |,llllllllllll|       i !       |lllllllllllll/
   ヽllllllllli|      τ',      |lllllllllll/
    从llllllゝ   ‐-----‐‐ ''  |llllllllllイ
     |llllllllll`ヽ、   ̄ ̄´  ,. イllllllllllll|
      |lllllllllllllllll ヽ     ,. ' |lllll::!!l:::lll|
      |ll:::::l:lllllllllllll|.:.:` -‐´.:.:.:.|lll!::::::l::ll:|
      !l::iiiii::llllll,.'´| .:.:.:.:.:.:..::.i.:.|llillllllllilllilll|
     |llllllllllll,.' ,. !     ,.! ,!llllllll/|lト..lllli
     ,lllllllllllll|  ヒ´    / , llllllll,l |ll| ヽ、lト
  ,. - '´ |lllllllll|  |     ´ ,llllllllll| |lll| `ヽ ` .,

212 :言質:2016/07/14(木) 12:24:52.00 0
>206-211 人間の意味も世界の意味も解らなくする究極の破壊力、、。

、、穢多・非人、、の領域で、、悪魔へと変ったもの、、犬鳴き、、を意志兵器の領域で普通の人に見せていった、、。>>99-102

、、、一回、、悪魔へと変ったものも普通の人に見せれるようにした、、。、、どんなものもどんな風に改造できるようにした、、。

、、進化を意のままに操るというのはそういうことだ、、。、、切下、、カラダクリ、、ということ、、。

213 :言質:2016/07/14(木) 12:37:48.69 0
>>201-205 

>>204  

、、一変して変った人間のうち、、青の犬の関係は、、たちまち、、悪魔の本性をむき出しにして、、

、、善人を捕まえて始末し始めた、、。 

、、アーリア系の枢軸は、、悲鳴を上げた、、。、、アーリアの血筋が滅ぶ、、と、、。

、、ちなみに、、ラグクラフト、、こいつもアーリア系、、。
ttp://www.digigi.jp/images/Lovecraft1934.jpg

、、江田島も、、ルパンも、、ひとまず、、その様子を眺めていた、、。

、、そして、、ルパンは、、俺がどこからぶっ壊れているかわかるか?、、といって頭の部分を指して、、

、、狂いが見えるだろ、、?、、と見せて、、私に話をしだした、、。(、、そいつは城戸であり、、

、、城戸が脳出血で死ぬことについてはしってはいたが、、それがルパンであることには気づかないので、、

、、当時の私には話しても通じないのだが、、。)

、、俺は、、こんな風にぶっ壊れているけど、、それでも、、やることが有るから、、こうして休まずに働いているんだ、、

、、色んな残酷なことはあるが、、それは俺にも理由があってのことなんだ、、といった、、。

、、もう、、エジプト・ユダヤ系については、、捨てたぞ、、。、、今からそれを見せてやるからよく見ておけ、、と言った、、。

、、あれが、、俺とお前を引き離しぶつけ合わせてぶっ壊したヤツだ、、。、、もう、、それは捨てたからあんなのを心配するな、、と、、。

214 :言質:2016/07/14(木) 12:51:42.38 0
、、ルパンは、、悪人どもに混じって一回徘徊し、、人体実験で始末されていく善人を見渡した上で、、

、、更に、、悪人を善人に見立てて、、人体実験で始末することを仕出かした、、。

、、このことで訳が解らなくなった犬どもにルパンは命じた、、反乱を鎮めるから、、

、、俺に逆らうヤツらを始末していくぞ、、と、、。、、これでインドの反乱はたちまちおさまっていった、、。

、、反乱の関係については、、特に本物の手遅れの悪魔のものは、、さっさと始末して、、整理して整えて見せた、、。

、、、

、、そして、、更に、、江田島が話を続けた、、。

、、見てのとおりだ、、あの領域でも、、ウチラは、、貴様らのように変わり果てることもなく、、正しく立ち回れるんだ、、。

、、しかしお前たちはそうではなく、、底なし沼に嵌っていく、、ということが解るだろう、、。

、、、あんな異次元の悪魔の領域を作り出してくれたおかげで、、我々も少しおかしくなった、、。

、、そんなことは繰り返すなよ、、といった、、。

215 :言質:2016/07/14(木) 14:44:46.03 0
、、江田島は話を続けた、、。

、、はじめは、、我々の敵対者であると思っていた人間についてもよく調べてみると我々の同属だったことに気づかされたり、、

、、上位の進化の位置付けの大物なのに、、壊れぬいて変わり果てていて、、普通の人以下であったりする問題が有る、、。

、、、同属が互いに敵対するように気づかれないように仕立て上げるものが居た事に後で気づかされたのだ、、。

、、強いものを目の当たりにしたときに、、まずその同属の弱いものに目をつけて気づかれぬように徹底的に壊しぬいて手遅れにした上で、、

、、、最後に、、親玉の息の根を止める、、というやり方をするものがいる、、。

、、これでは、、人間がなりたたない、、。

、、、こう言う領域の頂点の戦いは、、親玉同士がまずはじめにぶつかり合うべき問題なのだが、、

、、本当のことが全くわからない仕方で、、本当に壊しぬくことをひたすら通す事をするものが居たということだ、、。

、、、これが、、何を意味するのか、、という問題が有る、、。

、、調べてみれば、、見てのとおり、、進化とは無関係の異次元の領域から来ている人間であるということがわかる、、。

、、地球人類進化の最中枢部のほんのごく僅かの少数の大物は、、あれは、、進化のものとは異質であり、、

、、それが進化の流れに乗ったものとは別次元の何かへとなって行き決定づいて、、本当の意味で進化とは無関係のものとしてなくなっていく、、

、、ということがすぐに解るということだ、、といった、、。

、、そして、、それが何を意味するのか、、という問題がある、、。

、、本物の手遅れの実在についての議論の話、、。

216 :言質:2016/07/14(木) 15:21:23.74 0
、、今我々は、、本当の意味で進化とは無関係のものとしてなくなっていくものを目の当たりにしているということだ、、。

、、見れば解るが、、あれははじめから進化の発想などのかけらもない性質のものだ、、。

、、あれは、、もとより、、はじめから何もかもが無へと向かっている、、という絶対的な世界観の領域のものだ、、。

、、、連中についてよく調べてみると、、遥か大昔からもとより、、そのような世界観の元に成り立ち現在にまで至ってきた、、という事が解る、、。

、、これが何を意味するのか、、?、、それは、、育まれ進化していく流れの神々とは別の、、

、、朽ち果てて無へと帰していく流れに乗った領域の神々があり、、神々には種類があり世界観にも種類があった、、ということだ、、。

、、、進化とは無関係な異次元といわれるもの、、それは、、進化の流れでは知りえない、、

、、在るものが無へと帰していくという領域のものであり、、そのような方向の営みの次元が有るということなのだ、、。

、、その領域で、、意志兵器の黒魔術の関係者たちは、、切区の無へと帰していく追求を営んでいた、、という事だ、、。

、、在るものが無へと帰していくという領域、、強烈無比の破壊力が渦巻いた絶対的否定の広がる宇宙の最果て、、。

、、確かに、、これは、、本当の意味で有るものがなくなっていく、、という事がすぐに解る、、。

217 :言質:2016/07/14(木) 15:27:20.64 0
、、、本当の意味で、、解るものも解らなくなっていく、、。、、当たり前のこともわからなくなっていく、、。

、、育み進化していく神々とは逆の、、壊し有るものもなくなっていくという方向を持つ神々が有る、、という事だ、、。

、、これは、、究極の恐怖だ、、。、、この領域では、、究極の恐怖の力でほとんどの人は変わり果てて何かになってしまう、、。

、、これが、、切区の営みの秘密、、。、、そして、、ネクロノミコン、、といわれているものだ、、。

ttps://i.ytimg.com/vi/cUvz33IuW1s/hqdefault.jpg
ttp://ebookstore.sony.jp/photo/LT00003511/LT000035111000446749_tl.jpg

、、この領域で持ちこたえられる人間は殆どいない、、。

、、ただし、、壊しぬくための悪魔の勢力として仕える時は力を与えられる、、。、、悪者ほど優遇される、、。

、、そこには、、神ですら知りえない、、神を超えた知性の秩序が有る、、。、、その領域で神々を別の仕方で見せる、、。

、、、実は、切区の目的は、、神でも知りえない神を超えた知恵の追求、、という誘惑の目的があったのだ、、。

、、江田島は、、サウロン・ラオウがこの領域で人を全て意のままに操り、、地球人類の完全支配を達成していたことを知った、、。

、、気に入らぬものは、、本当に壊してわからないようにしておき、、気づかぬものは気づくことのないように配置して、、

、、現実の全てを決定付けてきた、、。

218 :言質:2016/07/14(木) 15:30:54.29 0
、、神を超えた秩序の知性、、破壊の知恵、、。

、、このことで、、神々をも意のままに操ってきた、、。

219 :言質:2016/07/14(木) 15:51:46.64 0
、、、江田島は、、そのような領域に入り込んだら二度と出れない、、という事も直ぐに悟った、、。
、、その領域から逃げ切れるのは、、江田島のような本物の大物の一部の人のみだ、、という事だ、、。
、、このことについては、、ほとんどの人には説明しても信じてもらえず誤解されて大変なことになるだろう、、と直ぐに悟った、、。
、、そのような領域の問題は、、江田島でさえ目の当たりにするまでは、、話されても信用するわけがないということは、、
、、江田島が一番よくわかっていたからだ、、。

、、、

、、江田島はその領域で、、もはや残されたのはギリシャ系だけであるということに直ぐに気づいたということだ、、。
、、本当のことを知る方法は、、育む神々からだけではなくて、、悪魔からも知りうる、、という事だ、、。
、、どんなときでもかわりえずに残るもののみが、、もっとも重大なもの、、という事だ、、。

、、、

、、、ラオウ・サウロンの見せる異次元の領域での出来事は、、それは、、本当に人が無へと帰していく有様を意味していると判断した、、。
、、育つものと無へと帰していくものの分かれ目が有るということ、、。、、どうにもならない問題、、
、、避けられない不運もあれば、、もとより、、そうなっていく定めの分離の問題でも有るだろう、、と、、。
、、、その領域は有る一時期生じるものであり、、例外の問題であり、、我々の進化とは関係がないので意に介するべきではない、、
、、とも江田島は言った、、。、、従って、、このことは、、この時の話としてとどめて済ますことにする、、といった、、。
、、それは、、日常の意識のものではなくて、、異常事態のものであり、、例外の問題であり、、
、、その領域は人が壊れるので立ち入るべきではないという問題だ、、と、、。

220 :言質:2016/07/14(木) 16:17:02.64 0
、、、そして、、江田島は話を続けた、、。

、、神々の元で育まれ進化していくものがいる傍らで、、はじめから、、別の神々によって、、朽ち果てて無へと散っていくものがいる、、

、、という話は、、我々が普遍的な問題として世界中に通してきたものを覆している、、。

、、そして、、その事が世界中に知れ渡ったら、、もはや反乱は抑えられずに、、何もかもが成り立たなくなることだろう、、

、、従って我々はそのことについては話は避けることになる、、。、、しかし、、このことが知れ渡ったら我々は仲間からも殺されるだろう、、

、、といった、、。

、、しかし、、我々が抜けたら地球人類は成り立たないだろう、、。、、まだ我々はせねばならないことが残っているので、、

、、我々が先にすることをどこまでも実行していくべき問題だ、、といった、、。

、、従って、、ひとまずは、、地球人類にそのまま通していく、、という事だ、、。

、、、

、、我々が民主主義を行うのは、、気高さなどとは程遠い問題だ、、。、、我々の民主主義の目的は、、

、、弱いものでもそれなりにやって行けて残れるようにして、、出来るだけ本当のことがわかるように意図したものだ、、。

、、、万人に、、平等の可能性を与えることを一先ずは実行したのだ、、。

221 :言質:2016/07/14(木) 16:44:04.94 0
、、民主主義によって人は一先ず努力しだいでどうにかやって行けるようにしたものなのだ、、。

、、我々は、、そのような可能性を万人に与えたということだ、、と江田島は言った、、。

、、、

、、それでも無へと帰していく人がいる、、。、、それは、、もとよりはじめから自由意志とは無関係に最後まで残骸として分離するところで、、

、、神々の力によって決まっていたという事になるとすれば、、それはもとより、、自由意志なんかの話ではない、、。

、、成長以前のところで、、神の歪みによる狂いを生じることがおきるのであれば、、それはもう、、頼りになるものがない、、ということだけではない、、。

、、自己の意思決定もない、、どうにもならないところで、、、残骸まである、、という問題の話だ、、。

、、善悪ではなく、、もとより、、はじめから、、どうにもならない問題だ、、。

、、しかし、、だからと言って、、全てのものの価値観を覆しても意味がないだろう、、

、、現在は、、我々の積み重ねによって成り立っているのであり、、さもなければもとより何もない問題だ、、。


、、、しかし、、悪魔の僕として、、無へと帰していくもののみならず、、進化の資質が有るのに、、

、、神を別の理由で信じ込まされて、、尚且つ、、進化から外されて出来損ないとして見なされている人たちがいる、、。

、、そのように、、江田島は、、私の方に向いていった、、。、、エジプトが悪さをしたのだ、、と、、。

、、江田島は更に続けていった、、。、、今もっとも恐ろしい巨大な問題はそこに有る、、。

、、、そこには、、我々ギリシャ系のもっとも恐ろしい秘密が有る、、。

222 :言質:2016/07/14(木) 16:59:51.67 0
、、エジプト・ユダヤ系への裁きは我々の最も恐ろしいものとなるだろう、、。、、長い時間をかけて殺しぬき教えることになるだろう、、。

、、、我々ギリシャ系は、、今後、、ゆっくりと地球人類を裁くことだろう、、。、、全てのものは、、我々ギリシャ系の怖さについてゆっくりと知ることだろう、、

、、地球人類は、、我々ギリシャ系こそ、、もっとも恐ろしい種族であるということを知るときがくるだろう、、。

、、我々ギリシャ系は、、同属の仲間までをも見捨てる凍りつく種族だ、、。、、そして、、余計なものは例え神といえども切り捨てる、、

、、それが我々のような種族なのだ、、と言った、、。

、、、そして、、インド人に怒鳴った、、。、、嘘をつくなよ、、我々を怒らせたら大変なことになるからな、、と、、。

、、今度我々に逆らったら、、その時は、、ギリシャ系の本当の恐ろしさを知ることになるだろう、、。

、、我々は例えアーリアの血筋と言えども、、滅ぼすことになるものは滅ぼす、、ということだ、、。

223 :言質:2016/07/14(木) 17:22:17.19 0
>>213-222 、、これが、、江田島の話、、。

ttps://www.777town.net/images/777news/2013/20130307egg_ep01_01.gif
ttp://ks.c.yimg.jp/res/chie-ans-260/260/884/091/i320
ttp://stat.ameba.jp/user_images/20130407/13/masamijojo/94/ab/j/o0480076512491460539.jpg
ttp://blogs.c.yimg.jp/res/blog-5a-3d/jeyandken/folder/1054729/42/32834542/img_2?1407829399

、、こいつのいうことは、、全然違う領域の学問に精通していないと理解できない、、。

、、江田島だけは、、私には予想外だった、、。

、、恐らく、、ストーンヘンジの遺跡の関係、、。、、そいつは、、天文のかけ離れた領域から来ているはずなんだ、、。

ttps://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/7/7a/Arthur-Pyle_King_Arthur_of_Britain.JPG アーサー王

ttp://i.gzn.jp/img/2008/04/11/stonehenge/982388_90303257.jpg ストーンヘンジ

、、大体以下の辺りからだろ、、?

アダムのカレンダー:世界最古の巨石遺跡? – HUNTER: 古代文明 ...
mystery-hunter.net/?p=284
2015/10/17 - 南アフリカのムプマランガにあり、いくつかの根拠によって75,000年前に作られたとされる直径30mのストーンサークルが立っています。
様々な天文的配置がこの遺跡で確認されていて、もしかしたら完全に機能的でほとんど手付かずに残された ...


、、文明が生じる遥か前に空を見上げていた、、と思われる、、。

224 :言質:2016/07/14(木) 17:22:34.12 0
、、、セイントなんていうのは、、文明が生じた後、、1万年前辺りからだ、、。

ttp://livedoor.blogimg.jp/surotenn/imgs/6/8/683c229c.jpg、、ここに城戸が居た、、。

、、、でも、、これは、、ルパンの方だ、、。

、、江田島のほうは、、江田島の城戸は城戸と言っても、、そっちの方は、、はじめは元気でも直ぐに危険を察知して引きこもって静かにしていたヤツだ、、。

、、、静かにしていて、、話しかけても答えない人だった、、。

、、実は、、3万年以前前には、、スパロボの関係もあった、、。
ttp://srwog.velv.net/char_images/ganeden.png
ttp://srwog.velv.net/char_images/ruach.png
ttp://www.carddass.com/crusade/image/cardlist/86014/CH-161_black.jpg

、、でも江田島のは、、そういうのとは一味違っていた、、。、、はじめは元気そうにウチラに合わせてはいたが途中で、、

、、引きこもる人だった、、。、、ただし、、最後まで残った人だった、、。

225 :言質:2016/07/14(木) 21:51:20.82 0
、、実は、、私はスパロボの関係にもセイントの関係にも両方居た、、。

、、セイントの関係は、、あれは散っていった、、。、、ただしスパロボの関係は残ったみたいだな、、

、、あれは、、民主主義における学会の中枢部の黒幕に相当している、、。

ttp://www.suruga-ya.jp/database/pics/game/978000888.jpg
ttp://kokusimusouosamari.web.fc2.com/3daimetop2.jpg

、、あんまり、、私はスパロボのほうは関係していなかった、、。、、私の周辺はイングラ・ムブリスケンあたりだ、、。

ttp://www.suparobo-anime.jp/images/ten/chara/ten_chara_img_05.jpg 私より一つ年上のはずだ、、。

、、一方、、私は、、ギリアムあたりだ、、。、、女ならマイ・コバヤシの場合も有るが、、エクセレン辺りのはずだ、、。

ttp://blog-imgs-59.fc2.com/s/t/o/stordoraken/Guiliam.jpg

、、、ミナセ・ダイテツ辺りの見方も有る、、。
ttp://rb.web5.jp/srw_og/004/055.jpg

、、アクア・ケントルムあたりのは、、クスハの関係だが、、ウチラの流れとはチョット違う、、。

、、あっちは学会の関係だ、、。、、天才の関係、、。
ttps://i.ytimg.com/vi/3ll_NhJsFgg/maxresdefault.jpg
ttp://kindertrash.com/image21.gif

283 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50


read.cgi ver 05.05 2022/08/31 Walang Kapalit ★
FOX ★