5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

人殺しゴッドについて語るスレ [無断転載禁止]©2ch.net

1 :暴露人:2016/07/01(金) 12:45:59.61 0
… 無念 Name としあき 16/04/13(水)18:11:24 No.20861051 del
人殺しゴッドって何ですか?
… 無念 Name としあき 16/04/13(水)18:16:19 No.20861059 del
ソドムとゴモラの件や大洪水の件で大量虐殺をしたゴッド=ヤハウエのことです。

140 :言質:2016/07/12(火) 15:27:23.79 0
>>138、、動物以下の種族となるヤツは、、もう、、そこに居ることがわかっている、、。>>4-6

、、そいつらは、、もう、、手遅れだ、、。

、、スプーちゃん、、。、、クマ、、。、、ヌケド、、。、、tanasinn、、。、、オエー鳥、、。、、等、、。

、、こいつらは、、もう、、誰から見ても、、手遅れだ、、。、、神々・悪魔からみても、、人から見ても、、動物から見ても、、手遅れだ、、。

、、そして、、地球人類の始末の問題も決まった、、。、、今後は、地球人類の人口は、、4分の1くらいに激減していく、、。

、、これは、、全然違う状況だ、、。

、、、

、、四大霊の話、、。、、シュタイナーの人智学が言い出したもの、、。

、、、人を痛めつけて壊して喜びながら進化していく、、というのが黒魔術の基礎なのだが、、

ttp://cgi.2chan.net/o/futaba.htm 二次元グロ画像掲示板

、、、シュタイナーは黙示録の秘密の講義で以下のように話している、、。

、、いつか試験管の中で植物を作る事が出来る日が来ると言う事に疑いを持っている人知学者は、
愚かだと思っているのです。その様な時はやってきます。神秘学の土台に立つ者は昔からそう言って来たのです。
今日、鉱物界を受け入れている様に、人間が植物性を自らの本質の中に受け入れる時が来ると言う事はご存知でしょう。
そして、今日、鉱物界の諸力を利用し、鉱物から家を築いているように、いつか人間は植物界の諸力をよく知って、
種子を手に取ったり、不可解な方法で自然の諸力の助けを借りる事無しに、植物の形姿や、もっと高次のものを実験室で製造する様になります。
しかし、実験室で生き物を作り出す可能性を時期尚早に導入する事を真の神秘学の土台に立つ者は黒魔術と呼んでいます。
人間は、進化の歩みの中で一歩ずつ成熟していかねばならないのです。

141 :言質:2016/07/12(火) 15:29:18.31 0
「人間は今日、鉱物的な物を創造している。将来、実験室の机が祭壇になり、科学的手順が秘蹟の行為になったとき、
人間は、実験室の机の上で生物を作り出すことが出来る」と言う神秘学の規則があります。
(恐らく、人間の精神と物質の関係が明らかにされるのは、今後、1500年後と推測されているが、
人間の能力と生命との関係は、それらより、数百倍の年月の果てしなくずっと後の事と言う事になっている。
既にDNAの遺伝子の研究と実験は、シュタイナ―的には逸脱行為とみなされることを意味する。)

、、、

、、シュタイナーのヤツ、、なに言ってるんだ、、?、、サバキリもしらないのか、、?

、、、既に、、カラダクリで神から操る技まで到達していたときに、、。

142 :言質:2016/07/12(火) 15:31:04.28 0
黒魔術: 黒魔術においては、アーリマンまたはシヴァとの結合がなされる。快楽を感じるために生き物を殺すことが黒魔術の始まりである。
メキシコのタオトルの黒魔術の密議では、儀式的殺害を通して超感覚的知識を獲得しようとした。
自分の歓心を世界的なものへと拡張しないで、オカルト的活動を行うと黒魔術が始まる。霊的な力の誤用が黒魔術につながっていくのである。
香水で人に暗示的な作用を及ぼすのも黒魔術である。黒魔術は自然界を貫く月進化期の力を用い、また人間のエーテル体に働きかけて、
意のままに操る。黒魔術の源泉は地球の第9層(地球核)にある。心魂界には、黒魔術によって作られた素晴らしく美しい天使の姿も見られる。

、、、ルドルフ・シュタイナー、、黙示録の秘密、、、。
『いかに組織的に黒魔術が育成されるかについて、ほんのちょっと暗示するだけで、皆様は、まわりの人を見渡して、
誰も、そのような黒魔術にちかづいていない事が解るはずです。組織的に育成される以外の黒魔術はただの道楽で、将来ごく簡単に強制されます。
しかし、今日、人々にそんをさせて自分が得をする為に、ある意味すでに黒魔術的行為が賞賛されているのは、悪しき事です。
また、黒魔術ではありませんが、黒魔術へと誘惑する見解があるのも悪しき事です。それは、唯物論的な考えの下ではびこる、
あるグループにおいてはびこる世界を支配している見解ですが、危険なもので無い限り、次の時代に取り返しがつくものです。
黒魔術の入学試験に合格した時に、はじめて深淵への危険な道を歩み始めるのです。黒魔術の入門は、
黒魔術師の弟子になって、全く意識的に可能な限り苦痛を与える様にして生き物を殺し、
苦痛を与えるときに満足を感じる様に訓練することによって果たされます。

143 :言質:2016/07/12(火) 15:38:58.31 0
誰も、そのような黒魔術にちかづいていない事が解るはずです。組織的に育成される以外の黒魔術はただの道楽で、将来ごく簡単に強制されます。
しかし、今日、人々にそんをさせて自分が得をする為に、ある意味すでに黒魔術的行為が賞賛されているのは、悪しき事です。
また、黒魔術ではありませんが、黒魔術へと誘惑する見解があるのも悪しき事です。それは、唯物論的な考えの下ではびこる、
あるグループにおいてはびこる世界を支配している見解ですが、危険なもので無い限り、次の時代に取り返しがつくものです。 >>

、、本当はそんなんじゃない、、。、、もう、、違う、、岩盤も割れている、、。

、、人を動物や植物や物質へと壊して捨てていく業の追及も有る、、。

、、全然違ったことになっているのに何を言っているんだ、、お前は違うから直ぐでいいから死ね、、

、、捨てて有るところで歴史に配置して見せさらしてやるということで、、配置された、、。

、、こんなヤツがヒトラーに勝てるわけがない、、。、、事実がわかっていないんだから、、。

、、事実はそういうことだ、、。

生き物を刺したり、切ったりして、生き物が苦しむのに喜びを感じるようになることによって、黒魔術に入門する事になるのです。
黒魔術について、それ以上の内容を語ることは出来ません。しかし、黒魔術の入門者が生体解剖の様に生き物を刺したり、
切ったりして殺すと言う事だけでも、皆様は、恐ろしい事だと感じられたでしょう。生体解剖をした人は欲界において、
犠牲にしたものの苦しみを感じる事によって、その悪が克服されるのですが、系統だった方法で生き物を切り刻み、
そのことに満足を感じる者は、黒魔術の急勾配の坂を転がり落ちていくのです。そして、そのことを通して、
次第に2本の角を持った獣に近付いていくのです。』

、、もう、、こんな話じゃないぞ、、。、、全然違ったことになってるぞ、、。

144 :言質:2016/07/12(火) 15:42:13.44 0
141ページ四大元素存在
「土の精グノーム、水の精ウンディーネ、空気の精ジルフィー、火の精サラマンダーのこと。妖精、精霊、自然霊ともいう。
道徳観念を持たない存在である。感覚界(物質界)の背後に四大元素存在の世界があり、四大元素存在は意識を物質界に、
身体を心魂界に有する。土の精は固定した輪郭を持ち、水の精は絶えず姿を変容させ、空気の輝きを発しては消え去る(火の精はアトランティス時代には知覚された)。
水の精は春に植物を土から引き出し、空気の精は植物と動物を成熟させ、火の精は種子を保護して、次の世代に渡す。
金属鉱脈や岩石の上に土の精・水・苔・石に水の精、動物と植物が接する場所に空気の精、人間が心地よく動物と接する場所に火の精が現れる。
土の精はアルカイの末裔、水の精は大天使の末裔、空気の精は天使の末裔であり、動物が死後、集団心魂に帰らなかったのが火の精である。
四大元素の存在は周期の霊に指揮されており、水の精はトローネに、空気の精はケルビームに火の精はセラフィムに仕える。
土の精は、物質的身体と、それ以下の3体、水の精はエーテル体・物質的身体と、それ以下の2体、空気の精はアストラル体・エーテル体・物質的身体と、
それ以下の体、火の精は人間と同じ4つの構成要素からなる。土の精は思考、水の精は感情、空気の精は意思にかかわり、火の精は血液の中に生きる。
土の精は全身が感覚であり、知覚と同時に思考を得る。湿った土の中に生きる根の精霊であり、宇宙の理念を植物を通して受け取る。

145 ::2016/07/12(火) 15:45:08.28 0
地上的なものを嫌い、両生類の姿をとるのを恐れ、周囲に注意している。満月には鎧を着けて防御し、
新月にはすばらしい透明な姿になる。土の精の反感によって、植物は地上から芽生える。水の精は湿った水の中に生き、
植物の葉に働きかける科学者である。夢見るような意識で魚の姿になったり、絶えず姿を変え変容している。
そして、死んで大天使の中にいきたいと思っている。空気の精は光の浸透した空気・熱の中に生き、鳥の中に自我を感じ、植物に光をもたらす。
そして、天使たちに吸い込まれたいと思っている。火の精は熱・光の中に生き、鼻に光をもたらす。昆虫に共感を持ち、
昆虫のオーラになる。人間は眠りに入るときに土の精、夢のない眠りの中で水の精、目覚めるとき日光の中に空気の精、
そして思考が宇宙思考になるとき火の精とであう。四大元素存在は虹の赤・黄の部分から、恐れを持って出てきて、緑の部分に、勇気を持って入っていく。

事物の中に閉じ込められている四大元素存在は、人間が外界の印象を精神的に消化すると救済される。人間が自然を知覚すると、
四大元素存在は人間の中に入ってきて、人間が死ぬまで中にとどまる。救済された自然元素存在は、人間が死ぬと精神界にいき、
救済されない四大元素存在は、人間が再受肉するとき一緒に物質界に帰ってくる。欠ける月に捕らわれた四大元素存在は、
人間が内的な満足と調和的な世界観を持っていると、その人が死ぬときに精神界へと開放される。
ある種の四大元素存在は冬の太陽に捕らわれ、ほかの四大元素存在も人間の中に流れ込むが、人間が死ぬと、
その精神性によって精神界に帰っていける。ある種の四大元素存在は投獄されている状態にあり、ヤミを作り出し、不正な人間の中に入ってくる。
それらの四大元素存在は、人間が勤勉だと、昼へと帰っていける。四大元素存在が人間へと進化することはない
(地球進化の下降とともに、アーリマン的四大元素存在は木星進化期に人間段階に到達する)。地上で精神的自己を形成しなかった人間は、
木星進化期に四大元素存在になる。

146 ::2016/07/12(火) 15:45:43.80 0
今日、空気はアーリマン的四大元素存在に浸透されているので、かつてのような呼吸法による心霊体験は不可能である。
アーリマン的四大元素存在は、抽象的科学と技術を未来に保管するのを課題とし、霊媒の脳に居を占める。
地球の周囲に居るルシファー的な火の精と空気の精は、人間を天使もどきの道徳的自動装置にしようとし、
地下のアーリマン的な水の精と土の精は、潮の満ち干き・火山爆発・自身に関与している。邪悪な土の精と水の精は寄生虫を作り出し、
邪悪な空気の精は有毒植物を作り出し、邪悪な火の精は有毒果実を作り出す。アーリマン的四大元素存在は、
生死の規制を神に命じられている英米ではアーリマン的四大元素存在が人間の姿をとって現れ、秘密結社やカルト教団に関わる。」

147 ::2016/07/12(火) 15:46:28.30 0
「妖精、精霊、自然霊ともいう。道徳観念を持たない存在である。」

「四大元素存在が人間へと進化することはない(地球進化の下降とともに、
アーリマン的四大元素存在は木星進化期に人間段階に到達する)。
地上で精神的自己を形成しなかった人間は、木星進化期に四大元素存在になる。」

283 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)