5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

プエラリアについて語るスレ11 [無断転載禁止]©2ch.net

267 :スリムななし(仮)さん:2016/02/18(木) 16:00:17.16
ノコギリヤシ 「健康食品」の安全性・有効性情報 - 国立健康・栄養研究所
ttp://hfnet.nih.go.jp/contents/detail70.html

> 医薬品等との相互作用 - <理論的に考えられる相互作用>
> ・経口避妊薬やホルモン療法との併用で、それらの効果に影響を与えることがある (101) 。
> そのため、ホルモン補充療法を受けている人やホルモン感受性の状態にある人は、
> 慎重に使用する必要がある (63) 。 [...]

> 総合評価 - 安全性
> 経口で適切に摂取する場合おそらく安全である。
> 妊娠中・授乳中の摂取については、おそらく危険である。
> ノコギリヤシは抗アンドロゲン活性及び抗エストロゲン活性を持ち、
> 経口避妊薬やホルモン療法との併用で、それらの効果に影響を与えることがある。
> 抗血液凝固薬や抗血小板薬との併用で、出血傾向が高まる可能性、
> 臨床検査において、出血に関する項目に影響を与える可能性がある。

268 :スリムななし(仮)さん:2016/02/18(木) 16:18:22.63
食品成分の有効性評価及び健康影響評価
ttp://www.nutritio.net/healthfood/FMPro?-db=healthfood-bbs.fp5&-lay=main&-Format=detail.htm&hatugenID=47&-Find

> 2.ノコギリヤシの有効成分と生理活性作用 - 2) 抗エストロゲン作用
> 抗エストロゲン薬は、良性前立腺肥大症患者における
> 前立腺基質細胞の増殖を抑制する働きをしていますが、
> ノコギリヤシ抽出物は 細胞質および核内エストロゲン受容体を減少させ、
> 抗エストロゲン作用を示すことが報告されています(12)。

> 4.ノコギリヤシの有害作用と安全性
> [...] 一方、ノコギリヤシは抗男性ホルモン作用および抗エストロゲン作用を示すので、
> 妊娠中や授乳期の摂取は安全性に問題があると考えられます。
> また、α作用薬やホルモン療法に影響を与える可能性があるため、
> これら医薬品を服用している患者は医師と相談し、
> 必要に応じて定期診断を受けることも考慮すべきです。

187 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)